北海道・札幌発・だべさ通信5

楽天Edyを使って賢くポイントを貯めるには

Pocket

長女夫婦が私達に銀色のグラスをプレゼントしてくれました。
「あらあ、どもありがとうね」
娘婿は「いやあ、Edyも使って貯めた楽天ポイントで買った物なので・・・」
エディ?? なにそれ。
楽天では時々通販で買い物をするからポイントが付く事は知っていたけど、楽天Edyはよく知らなんだ。

 

 

楽天Edyでさらにポイント

 

楽天Edyは電子マネー。
娘夫婦は近所のドラックストア『ツルハ』で、孫のオムツやらの日用雑貨をよく買うんだと。
ツルハは楽天ポイントがつくお店なので、たとえば1000円のお買い物をした場合はポイントカード(又はアプリ)を提示すれば10ポイント(100円で1ポイント)が付きます。
でも、お金を楽天Edyにチャージして、そこから1000円の支払いをすると、さらに5ポイント(200円で1ポイント)が付き、合計15ポイントつくのです。
(※ ツルハはツルハグループのカードも提示すると楽天ポイントとツルハポイント両方のポイントも貯まる)

 

スポンサーPR



 

 

クレジットからチャージでさらにポイント

 

ここでミソなのが、チャージの方法。
チャージのできるお店で現金でチャージする方法もあるけれど、楽天のクレジットカードを持っているならクレジットカードから楽天Edyにチャージする。
たとえば1000円分を楽天クレジットからチャージすると、1000円分の10ポイントがつく。

 

例)1000円分クレジットで10ポイント→楽天ポイントのつくお店でのお買い物1000円で10ポイント→楽天Edyで5ポイント
合計25ポイントがつくってこと・・・賢く使えば3重のポイントが付くわけ。
微々たるポイントながらも日々の買い物ならチリも積もれば山になるもね。

 

 

現金を支払わず、電子マネーを経由させることでポイントが上乗せされるなんて、なんという世の中だ。
そのからくりは、還暦過ぎたジジババたちには頭がこんがらかってよくわからん。
でもまてよ、そういえば私も楽天ポイントがつくMr.ドーナツや、マクドナルドも時々利用するじゃないか。
それに、楽天Edyで支払いのできるホームセンター『ホーマック』にもちょくちょく買い出しにいく。
これは私も楽天Edyもやったほうがお得な気がしてきましたよ。
現金を使わない方が、お得に生活ができる世の中になってきているのね。

婿よ。いくら  ”ポイントですから” と言ったって、そうそう簡単には貯まるわけはないのだし、せっかく貯めたポイントを私達の為に使ってくれてありがとうね。
これからは、小さな王子にオモチャのひとつも買ってあげられるように、ばーばも賢くポイントを貯められるように勉強するね。

 


北海道ランキング

PR


Pocket

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA