林の中で出会ったおじさんは、カメラを片手に、しゃがんで何かを写しています。
おじさんが立ち上がったところで、
『あの、何か、珍しいものでもあるんですか?』と、ズウズウしく聞いてみました。

 

 

 

「え?、ああ、いえいえ、ヒトリシズカは咲いてますか?」
白い可憐な花を咲かせるヒトリシズカという花は、先日まで林のあちこちに咲いていましたが、今はもう時期が終わっています。
『花はもう終わっているんですよ』
「あ、そうなんですか」

ヒトリシズカ

おじさんは、ちょっとがっかりした様子でしたが、
「あの、ここにはよく来るんですか?」と訪ねてきたので、
『ええ、家が近くなものでよく散歩に・・』と答えました。

 

「あの、もしかして、ブログやってません?」
『はい、やってます』

 

「ここの公園の花とかリスとか載せてません?」
『は、はい、載せてます』
「ぼく、見てるんですよ、ブログ」
『え〜!』
おじさんは、ありがたいことに、私のブログを見て下さっているとのことでした。

 

後にも先にも、偶然出会った人に ”ブログ見てます” と言われたのは生まれて始めて。
こういう時の顔は、いったいどういう顔をすればいいの??

 

 

”化けの皮がはがれちゃあー仕方がない。ほれ、こんなババアよ。”
と、自分をさらけ出すか、それとも、
”あら、そ、そうなんですか・・ほほ、ほほほほ・・・・・”と、化けの皮をかぶり続けるか。
いえいえ、いつもの自分意外、代わりようがございません。

 

 

おじさんは、アセる私の気持ちとは裏腹に、私が知らなかった花の名前を教えてくれました。
それが、この花。
ピレネーフウロというそうです。

ピレネーフウロ

ウィキペディアによると、”日本に帰化した花で、札幌市と小樽市でのみ定着が報告されている”ということでした。

 

 

 

ピレネーフウロ

 

 

今のところは、まだ札幌と小樽だけだったのね。
公園のみならず、近所の家の回りなど、そこいらへんに雑草のごとく咲いているから、てーっきり何処にでも咲く雑草だとばかり思っていました。

ピレネーフウロ

 

ピレネーフウロは、ハート形の花弁が5枚の花で大きさは1センチくらい。
背の高さは30センチ以上のものもあって、近所の家の壁ぎわなんかには、もしゃもしゃ生えていました。
このままきっと、生息範囲を広げていくのではないでしょうか。
名前を教えてくれたおじさん、ありがとうございました。


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



「お母さん、とうとう○○ちゃん、誰かと話し始めたよ」
ぷっくりと一回り大きくなった王子様の動画を長女が送ってきました。

 

 

生まれて2ヶ月が過ぎ、動画の中の彼は、元気に手足をパタパタさせて、しきりに空中を混ぜ混ぜしています。
アア〜〜〜ウウ〜〜〜
確かに、誰かと話しをしているように見えるね。
『赤ちゃんは生まれて少し大きくなると、誰かと話しを始めるよ』
長女は、以前私がそんな話しをした事を思い出したのでしょう。

 

 

自分の子ども達が赤ん坊のとき、家事の合間に声のする方に目をやると、赤ん坊がしきりに誰かと話しをしているように見えた事が何度もありました。
不思議なことに、その視線の先は1点に注がれ、覚えたばかりの高い声、低い声を上手に使ってア〜ウ〜と会話をするのです。
話し相手はいったい誰?
光る大きな羽根を持った妖精か?
それとも、あの世から遊びに来た先祖さまか?

 

 

動画を見ながら、彼の視線の先をマジマジと見ても私には何も見えません。
やっぱりね、純粋無垢な赤ん坊だからこそ、そこにいる誰かが見えるんだろうな。
こんなに嬉しそうに手足をバタつかせているところを見ると、相手はもしや・・・・・・婆ちゃんかも。

 

 

大人になって、世間のしがらみや損得の中で生き始めると、透き通った心に霞がかかってくる。
もし、私の心に何のけがれもなかったら、赤ん坊のようにご先祖様に会うことができるんだろうか・・・・・
はっ・・・やっぱしいいや見えなくて。もし見えたら怖くて眠れなくなっちゃうもん。
赤ん坊って、すごい度胸してるなあ。
これからも、時々やってきて話し相手になってあげて下さい。
あやしてくれてありがとう。

 


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



2

畑のほんの一角にしかなかったはずのミョウガ。
それが5月になってみると、予想外にあちこちから芽を出しました。

こんなにあっても仕方がない。
根っこをほじくりかえしたところ、鉛筆よりも太い根っこが、まあ掘っても掘ってもでてきます。
汗をふきふき、スコップで根っこをほじくり返すこと1時間。
気付けば、根っこばかりで大きなゴミ袋にふたつも。
心の中で、”今日のところはこのへんで勘弁しておいてやるわ” と、ちょっとお情け気分に言ってやった。

 

 

したっけさ、ひと月もしたらなんと、根っこをほじった回りから、ミョウガの芽がわさわさと伸びてきたんです。
結局、前回掘ったのは根っこ集団の中心部だけだったようです。
このままでは、畑が占領されかねない。
ミョウガはまるでSF映画のエイリアンのように、密かに畑の地下を制服しようとしているのであった。

ミョウガの新芽

もうこうなったら容赦しないわ。
スコップで掘ってはポイ掘ってはポイ。
結局、今日もゴミ袋に2つ、根っこをほじくりました。

ミョウガの根

 

数日まえ、ホームセンターに行ったらミョウガの苗が沢山売られていました。
我が家のようにほったらかしにしておくと、2、3年でどんどん増えて畑のエイリアンになってしまうので注意して下さいね。
成長すると、1m以上のジャングルみたいにもなります。
そうだ、鉢植えという方法もあるかも・・。

 

今日ほじくった根っこの山。
ミョウガの根

こちらは、昨年の写真。
地面から花が直接咲いて、このつぼみが普段食べているミョウガです。
ミョウガ


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



2

札幌の地下鉄東西線の終点はバスターミナルになっています。
エスカレーターがツーっと上がって、ターミナルの広いフロアが現れました。
よいしょっと。
エスカレーターを上がり終え、振り返って、我が家方面行きのバス乗り場を確認しました。

 

 

すると、おお!すでに停車してるしょや!
お客さんも全員乗っています。
待って!動くな、発車するな!
お願いだから待っててくださいね〜。
サササっと猛ダッシュ。
バスの前方から走っている私は、運転手さんには必ず見えるはず。
けなげな姿が見えるのだから、まさか無情にも目の前でプシュ〜っとドアを閉める事なんかしないよね。

 

 

はたして、バスはしっかりと私の来るのを待っていてくれました。
よっしゃ間に合った!
バスの自動ドアは開いていて、ササっと飛び込む事ができました。
握っていたサピカをピ!
セーフ!!・・・・いかったいかった。
ちょっとだけ、ハアハアと肩で息をしながら近くのシートにドッカと腰を下ろす。
私が乗っちゃえばもういいです、どうぞ動いて下さい。

シーン・・・・
ん?

シーン・・・・
ん?

エンジンがかかってない。

時計を見ると、バスは発車するまでには、あと2分の余裕のがあったのです。
ゆっくり歩いてこれたのにね。
そんなこととは気付かずに、必死にバスに猛ダッシュしたなんて。
私が乗り込んだあと、乗客のおじさんがひとり、ゆっくり余裕でバスに乗り込みましたとさ。

 


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



2

旦那さんが入院して最初に入った部屋は404号室。
404!『4=死』が2つもある!
とかく、不吉な数字にこだわる日本の病院が多い中、この病院はついに、わずらわしさをバッサリと切り捨ててくれた。
ちなみに414号室もありました。(9(苦)号室も確認しておけばいかった)

 

 

昔から4という数字は『死』とも読めるし、9という数字は『苦』とも読めるという理由で、不吉な数字とされてきました。
そのため、病院などでは4と9のつく部屋番号の部屋を外すところが多いようです。
したらさ、4階や9階はどうなっちゃうのって感じよね。
気にすればするほど、世の中恐ろしくて生きてられなくなっちゃいますね。

 

 

普段は4も9も特別気になることはないのに、病院では不吉に感じてしまう。
人というのは、目には見えない大きな ”不安” を抱えてしまったとき、ささいな文字のゴロ合わせにさえ敏感になってしまうのではないでしょうか。

 

 

そんな数字も最近では『4=良い』と考える傾向にあると聞きました。
さらに9と合わせるとすんごいよ。
4と9で『シあわせがクる』幸せが来る!!
おお〜すんばらしいゴロ合わせ!
49号室が大人気になっちゃうかも!

 

 

もし4という数字にかかわって、何か悪い事が起きたとしてもそれは偶然。
それでもまた悪い事が続いたとしても、ただ運が悪かっただけのこと。
これ以上続く事なんて、確率的にもメッタにないに決まってる。でも、2度あることは3度あるって言うしな・・・・
いえいえ、3度目の正直とも言いますよ。
ん〜〜〜
その時の状況で、ポジティブな方を選べばいいわけね。

 

 

追伸・・旦那さんは無事退院いたしました。<(_ _)>


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR