2

Pocket

空
PR



そのJRバスは札幌駅行き。
途中、地下鉄ターミナルを経由します。
夕方だから、学生さんが多いね。
座席はいっぱい、立っている人もけっこういます。

 

当然、ターミナルで降りる人も沢山いるはずです。
私も、そこで降りる予定でした。
手稲駅を発車したバスは、地下鉄ターミナルの1つ手前のバス停を発車しました。
”次はターミナル、ターミナルでございます。お降りの方はお知らせ願いマス”

・  ・  ・  ・  ・  ・

・  ・  ・  ・  ・  ・

 

ん?

誰か、ピンポン押さないの?
学生さん達は友達同士でおしゃべりをしていたり、スマホをいじっていたり、黙ってバスに揺られていたり。
他のお客さんも、誰もボタンを押しません。

 

 

そんなはずないよな。
いつも地下鉄に乗り継ぐ人達はいっぱいいるもの。
はは〜ん、もしかしたら、” きっと誰かが押すだろう ” ってこと?
そういうピンポンを押さない自分もココにおります。

 

 

バスはターミナルに近づいてきました。
・   ・   ・
ほれ、もうすぐターミナルに着いちゃうよ。誰もボタン押さないの??
私がボタンを押せばいいのにさ、なぜだかこらえている自分がいる。
ターミナルはお客さんの乗り降りも多いから、運転手さんは、たとえ誰もボタンは押されていなくても必ず止まるとは思いますが、なんだか気持ちが焦ってしまいます。

 

 

” 左に曲がります ”
ああ、もう着いちゃう。ほれ、だれか、だれか・・
ターミナルへの入り口が近づいてきました。
どしたのどしたに、なして誰も押さないの?・・・・

・   ・   ・

そして、バスがいよいよターミナルの建物に入ろうとした時でした。
指が・・・・ああ、仕方ない

ピンポ〜〜〜ン   ” 次、止まります ”

バスはターミナルに吸い込まれ、定位置に止まるとプシュ~とドアが開きました。
ドヤドヤドヤ・・・
ほ、ほら、みんな降りるんでしょや。
なのに、なしてみんな知らん顔しているのよ。

 

 

べつに、私がボタン押したからと言って、どーってことないことなのに。
なんだかさ、我慢大会で負けちゃったような気分になったのは、どうしてかしら。


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

4

Pocket

PR




ピンポ〜ン。はい。
たまたま玄関にいたもので、相手が誰ともわからずに開けてしまいました。
そこに立っていたのは知らないおじさん。
私が開けた扉の取っ手をググっと引き寄せ、膨らんだ黒いボストンバッグを玄関の中にドサっと置きました。

 

もうこっちのもんだと思ったのか、おじさんはその場でしゃがみこみ、
「あのさあ、奥さん・・・じゃねえや、おねえさんだよね〜 おねえさん」
そこまで大きな声で『奥さん』と言っておきながら訂正するか?普通。

 

 

おじさんはバッグのチャックをシャッと開けると、中にはオレンジが6個くらい入ったビニール袋が2つ入っています。
「オレンジ持ってきたんだけど」
『え、オレンジ、ウチは食べないからいりません』

 

「なに、食べねえってか?」
このおじさんは、本当に物売りなのか、それとも押し売りなのか?
ぶっきらぼうに大きな声で売り込むおじさんに押し売り感が脱げきれない。

 

いや、それだけならまだしも、
”金だしな・・・” とかなんとか言われるかもしれない。
イザとなったらどう見たって私よりも爺ちゃんだから戦えなくもないけれど、武器を持ってたら怖いっしょ。
幸い奥には次男がいたので、大声で叫べばなんとかなる。

 

でもここは、穏便に帰ってもらわなくっちゃね。
『ウチね、みんなオレンジ食べないんです』
そう言うと、おじさんはチェッと舌打ちをして、今開けたバッグのチャックをシュっと閉じると、バッグをひったくるようにして出て行きました。
・・・・・・・・・・こわ!!
でも、強盗でなくていかったね。

 

 

今度からは絶対に気をつけよ。
それに、おねえさんて言われたくらいじゃ動じませんわよ・・・ちょっとしか。


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

2

Pocket

PR



長男は、今年も北海道マラソン2017に参加するために旭川から戻って来ました。
でも今回は、東京にいたときのマラソンチームのメンバーも4人、我が家に泊まることになりました。
聞けば、明日行なわれる北海道マラソンと、エグザエルのコンサートがかぶっちゃっているために、札幌のホテルはどこも満員!部屋がなかなか取れない状態だとか。
したらどうぞ我が家へ・・ということになったのです。

 

北海道マラソンの参加者は、フルマラソン(定員17000人)とファンラン(11.5kmの定員3000人)の合わせて2万人だそうです。
そうでなくても、マラソンが行なわれるときはホテルの予約が殺到するのに、加えてエグザエルのコンサートでしょ。
観光など、普段の宿泊客もいるもね。
札幌や小樽は勿論、その近郊のホテルも満員だそうです。

 

我が家にやってくる若者たちの中には北海道が初めてという人もいるので、ご飯には何を出そうかと、旦那さんと張り切っちゃう。
夕張とまではいかないまでも赤肉メロン出そうかな。
ジャガイモ美味しいから、肉じゃがなんかも作っちゃう?
旦那さんは、「鮭とホッケ、トウキビ(トウモロコシ)も買うべ」と言いました。
いいねいいね!
ガラナも冷蔵庫に入れとく?
「オレ、買っといたわ」
さっすがあ、お父さん!ガラナは北海道限定のコーラに似ている飲み物です。

 

それを長男に言うと、「夕飯食べてくるし、マラソン当日の朝はあまり食べないから」とバッサリ。
そ、そうですか・・・・
それに、明日の北海道マラソンが終わったら、みんなで打ち上げをするんだと。
それまでは、各自で体調を管理しないといけない。
確かにおっしゃる通りでございます。

 

かくしてやって来た若者たち。
今はみんなで楽しそうにおしゃべりしているみたいです。
若い人達が集まると家の雰囲気が違うね。
明日はみんな、無理をせずに楽しんで下さいね。

 


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

2

Pocket

夕方のバスターミナル。
同じバスから降りた男子高生が、私の横をスッ・・と追い越して行きました。
彼の汗にまみれた匂いが、ふわわわっとする。
ん? ・・・(自分のことはさておいて)

 

PR



オヤジ臭やオバさん化粧臭、あと、お風呂入ってない臭いとかは困るけど、思春期の男の子の匂いは、大人への成長の証だと思うのです。

ウチの2人の息子たちもね、臭いがしました。
小さい頃は、どんなに汗をかいたってお風呂に入ればスッキリだったのに、高校生あたりから、男の匂いがだんだんしてくる。
洗濯物にも、それぞれの部屋にも、それぞれの匂いが染み付いてくるのです。

 

 

  実験・・女は男の体臭を嗅ぎ分ける

以前、なんかのテレビで『女性は自分に合う男性の匂いを本能的に嗅ぎ分ける』という、一見ヘンだけど真面目な実験をしていました。

 

被験者は若い男女それぞれ5人。
男性たちが一日着た肌着をね、ボトルの中に入れておくわけ。
次に女性達が登場して、肌着の入ったボトルの匂いを順番に嗅いでいきます。

 

 

女性だちは、恐る恐るボトルの匂いをかいではウウッてなっちゃうんだけど、不思議なことに、ウウッってならない匂いのボトルがあることに気付きます。

 

例えばA子さんは、3番までのボトルにウウッってなったけど、4番目のボトルの匂いだけは(いい匂いじゃないけど)嫌いじゃないと感じたのです。
次のB子さんは、2番目のボトルの匂いを、C子さんは5番目のボトルの匂いを嫌いじゃないと感じました。
つまり、女性たちが ” 嫌いじゃない ” と感じる匂いのボトルがバラバラだったのです。

 

 

■ 人間も動物であるということ

自然界ではメスは強くて大きなオスを選んだり、体の色が鮮やかだとかダンスが上手なオスを選んだりしますよね。
あと、お互いの匂いをかいだりする動物もいる。
それと同じことが人間にも言えるというのです。

 

子孫を残すということが女性の自然の摂理であるならば、当然、強くて丈夫な子を生むことが大事なことになります。

 

 

見た目の好みも大事だけれど、” 嫌いじゃない ” むしろ、なーんかわかんないけど引きつけられる匂いと感じてしまうことで、自分にとって強い遺伝子を残せる男性を本能的に感じ取っているのではないか・・・
というのがこの実験の結論です。

 

逆に言うと、男性は思春期から大人になるにつれて、” コレがオレの匂いだぜ ” と、女性にアピールするために、男の匂いがしてくるとも考えられるわけです。

 

 

この実験に、私は う~~ん と納得した。
そう言われれば、自分が乙女の頃の旦那さんの男くささは嫌いじゃなかったかもしれないし、息子達がそれぞれに違う匂いがするということもうなずける。

 

 

だから男子諸君よ、自分の体臭を無理に消したり、コロンとかベシベシ付ける必要はないのだよ。
それは君が君であるという証だとおばちゃんは思う。
毎日、清潔にしてさえいれば、いつか、本当に君にあった女性が現れるのだから。

 

あれれ?じゃあ、おじさん、おばさんの加齢臭や老人臭には何の意味があるんだろう。
ブルブルブル(身震い)・・・・
そりゃ消した方がいい消した方がいい。


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

Pocket

ガリガリ君の当たり棒

PR




今日は実家の母と姉を伴って、遅い墓参りを済ませました。
札幌は晴れ、気温は26度、風もそよそよと吹いていましたが、炎天下はやっぱりしんどいね。
札幌市内を数カ所回って実家に戻りました。

 

あ〜あ、しんど。
「ガリガリくん食べよ〜!」
10歳年上の姉は、ガリガリ君がだ〜い好き。
いつも10個は買ってストックしておくらしい。
91歳の母を筆頭に、ギリギリ60代、ギリギリ50代の私と旦那さん。
そら豆みたいな体格をした4人がどっかとソファーに沈めると、ガリガリ君ソーダ味にかぶりつきました。

 

『ねえ、ガリガリんてさあ、当たりあるんでしょ。ホントに当たるんだべかね〜』と私がガブリ。
「今までいっちども当たったことないわ」と姉がガブリ。
ま、そうだわね。なかなか当たるもんじゃないさ。

 

ごちそうさま。
食べ終わったボッコ(棒)を、袋に入れようとしたときに、ボッコが茶色っぽいのに気付きました。
これは文字か?・・・・・当たり?
『ほれほれ見てごらん。これ、当たりって書いてあるよね』

 

 

姉は私の差し出した当たり棒を見て
「なに、当たったの?持ってって取り替えてこなくっちゃ!」と、テンションがあがるあがる。
ガリガリ君のあたり棒を持っていくのは子どもを想像していたけれど、もうすぐ70歳でも嬉しいものは嬉しいみたい。
そういう私も人生うん十年。
子どもの頃からお菓子の当たりを引くのは憧れだったもね。

 

 

「このガリガリ君を買ったのは、○○スーパーだったかな、○○市場だったかな?どっちに持って行ったっていいよねえ、当たったんだから」
『いいんじゃないの?レシートだってとってあるわけじゃないしねえ』
(※ガリガリ君ホームページによると、『購入された店舗でお早めにご交換ください。』とありました)

 

もうすぐ70歳になろうとする姉は、このあたり棒を子どものように嬉しさいさんで ”当たりました!” と言って出すのかな?
それとも、大人という意識が邪魔をして、ちょっと恥ずかしそうに出すのかな。
どちらにしてもガリガリ君は、子どもも大人も、みんなドキドキさせてくれるアイスであることは確かですね。

 


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket