2

Pocket


PR




今日ね、宅配便を頼もうと思って取りに来てもらったんです。
「まいどさまで〜す」
今日来てくれたのは40代後半〜50代くらいとおぼしき女性でした。

 

『これ、お願いします』
「ハイ、お預かりします!』
彼女は端末の機械うぃピッピッピと操作しています。
「冷凍ですね」
『はいそうです』
ピッピピ

 

彼女が作業をしている間は声はかけられないけど、何かしらの和む会話もちょびっとしたい。
黙っているのもなんだか気が引ける。

 

彼女は操作を終えると、ポケットからメガネを取り出し、伝票を覗き込むようにして足りない文字を書き足しました。
私はすかさず、
『私も老眼なんですよ。小ちゃい字は困るもね』ホホホ・・・なんて言ってしまいました。
私の予想では、このあと
「ホントですよね〜、歳はとりたくないですよね〜 ははは・・・・」となるはずでした。

 

 

ところが、実際の彼女は
「・ ・ ・ ・ 」
そのあとは、「ではお預かりします」と、ひとこと言って荷物を抱えて行っちゃった。

もしや、老眼ではなかったのか?
近眼とか、そういうたぐいだったのかな。
私の勝手な思い込みで『老眼』て言っちゃったけど、もしかしたら、彼女は私が思っていたよりも、うんと若くて  ” 老眼なんて失礼な・・・” と思ったかもしれない。

 

ああ、私はいつもこうやって、余計な一言を言ってしまうのです。
こんな余計は一言で、あとで後悔しないためにはどうしたらよいのでしょう。
そこで思う

 

 

『余計な一言を言わない4つの心得』

 

■ 安易なウケ狙いはするな

初対面の相手には、安易にウケを狙おうなんてしてはいけない。
自分は面白いと思っても、相手が面白いかどうかわからないじゃないか。
オジさんギャグがシラ〜〜〜とシラけるのと同様、オバさんギャグだって同じなのよ。
もし失敗すると、そのあとの時間をどん底にしていまう恐れがある。

 

■ 何気ない言葉が相手を傷つける

どん底ならまだしも、何気なく言った一言が相手を傷つける場合もある。
例えば、
「赤ちゃん、まだできないの〜?」 とか「女の子なの?じゃあ、次は男の子だね〜」とかね。
これはオジさん、オバさんが言う、よくある痛恨のミス。
あいさつ変わりのつもりで言っちゃうんだよね。
よけいなお世話だよね。

 

言葉が出るまえに、一度グっとこらえて、ひと呼吸するクセをつけよう。
そうすれば、考える余裕ができて、安易な言葉が口から出るのを抑えることができる。

 

■ 相手を褒める材料を探せ

相手との沈黙の時間をどうにかしようと思ったときは、農耕民族の日本人特有の天気の会話『今日は暑いですねえ』などと、さしさわりのない話題をすることでよい。

その時間の中で相手を観察し、褒められる所を探そう。
『あら、そのピアス、かわいい』とか、『今日のヘアスタイル決まってるネ』とかね。
お世辞でも、褒められたら誰だって悪い気はしないもんね。

 

■ 話しは最後まで聞くんだ

話しが盛り上がると、ついつい調子にのっちゃって、相手の話しが終わらぬうちに、『だけどね・・・・』と、口をはさみたくなる。さらには話しの途中なのに『違うよ』なんて否定しちゃいたくなるときもある。

 

そんな時も、ググっと1、2秒こらえよう。
相手の言うことを最後まで聞いて『なるほど、そういう考え方もあるんだね』と相手を尊重し、それから自分はこう思うよ・・と説明をするようにしよう。

 

年齢が増すごとに、なーんか気が短くなってきているように感じる今日この頃。
そんな自分を自覚して、余計な一言を言わないように気をつけなくっちゃ。
NHKのほうが面白いと感じてきたのも、そのせいかしらと思っちゃった。


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

Pocket

長女が王子様と一緒にやってくる途中、汽車(JRの列車)の中からメールをよこしました。
ピロ~~ン
長女・・[ 今、快速に乗りました ]

 

駅で待ち合わせをして一緒に買い物をしようと思っていたので、こういう時はメールって便利ですね。
しかもスマホは、しゃべればちゃんと文字に変換してくれるので、文字を打つのが苦手な私にはとても重宝です。
さっそく『了解です。着いたら教えてね!』としゃべって送信ピロ~~ン!

 

ところが、送信したあとのメールの文字を見て、あれれ!!
[[ 妖怪です!着いたら教えてね! ]]
妖怪?
スマホを握りしめ、コイツ私の言ったことをちゃんと聞いとらんかったのか・・私は了解!と言ったのよ。
発音、悪かったのかな・・・・

 

ま、娘だからね、妖怪と了解の違いくらい わかってくれるさ。
・・・・でも、いちおう訂正しておこうかな。今度はちゃんとポチポチと指で打って・・・
『訂正、妖怪ではありません。今はちょっと妖怪っぽいけどね。実は、草かぶれか虫さされか何かにやられて、今、くちびる、腫れてます、これでもだいぶ良くなりました』送信ポチ!

 

ピロ~~ン
長女・・[電車の中で笑わせないで下さい、変人に見られそう』
そのあとに、プハハ〜っと大ウケしているイラストが・・・・・]
そこまでウケる内容か?

 

電車から降りて来た彼女は、私の唇をみて
「あら〜」と再びウケる。
いいよいいよ、笑われたって。
王子様には笑って欲しいんだも〜ん、ほーれ、ばーばーだよ〜・・・・

 


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

Pocket

婆ちゃんと生前に仲がよかったお婆さまが二人、午後から来ることになっていました。午前中のうちに、草むしりでもやるか。前回は腕が草にかぶれで大変はことになったので、今回はしっかり手袋はいて(はめて)腕カバーもしたもんね。

 

 

しゃがんでグイグイベシベシとカマをふるうと、伸びた草が顔にまとわりついてきました。
まったくもう・・・・・
一仕事終えて、午後1時。
タクシーが家の前に止まりました。
「いらっしゃいませ、ぞうどぞうど・・・・」

 

高齢のお婆さんたちは、不自由なヒザと四苦八苦しながらも、仏壇の婆ちゃんに手を合わせて下さいました。
急須にお湯を注いでいるとき、なーんか唇に違和感がありました。
「どうぞおかまいなくね・・・」
『いえいえ、お茶でも・・・』

 

 

おかしい、感覚がヘン・・・・歯医者さんに麻酔されたときみたいな感じがする・・・
ちょっと後ろを向いて唇を触ってみると、どうも右側の方が膨れてるようです。「あらあ、美味しいおまんじゅう」
『ど、どうぞどうぞ、食べてみて下さいね』

 

 

今度はスキを見て、鏡を見てみると、・・・・・・・・ありゃりゃ!!
下唇の右側だけが、ポップコーンのカケラでもくっつけたみたいに、プックリと大きく膨らんでいます。
昔、ソフィアローレンていう、大きな唇が魅力的な女優さんがいましたが、そんなもんでない。
さっき草取りをしていたとき、引っ張った草に唇をひっかかれたような気がしたけどけど・・・それか?

 

 

「美味しいおまんじゅうね」
『そ、そうですかあ、よかったですう~』
会話に、なかなか集中できません。
オホホと手を口にあて、その場をなんとかつくろいました。

 

 

お客様が帰ったあと、
『お父さん、唇 腫れたわ、これ・・・』と見せると、

 

「あ”~ このあいだから草かぶれやったり風邪ひいたり、唇 腫れたり、忙しいやっちゃな」と言われました。
私はなにも、忙しいとは思いませんが。

小さな花


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

4

Pocket

数日前からノドが痛いなあと思っていたら、咳も出るようになりました。
ま、今までの経験だと、そういうときは飴を口に放り込み、咳が出れば水を飲んで早く寝れば大丈夫だあ・・・・のはずでした・・・・・・

 

ところが三日過ぎても治まるどころか、次の日の朝は声が出ず、昼は喉が傷み、夕方から夜にかけては咳が止まらず、特に夜中は咳で何度も目がさめる始末。
はあ~・・・・朝方ついに布団をはい出し、ソファーにぐったりと転がった。
喉が痛くて、ツバも飲み込めないじゃないか。ゲーホゲーホ・・・
私の体の免疫細胞たちはいったい何をしているんだ?ゲーホゲーホ・・・

 

もしや、悪い病気かもなあ・・・・・
だとしたら・・・・今のうちに、アレ、捨てといた方がいいかな。
それから、あのことやこのことも言っておいた方がいいかも。

はあ〜それにしてもなあ、若いときなら三日も休めば山を越えたのに、ますます深みにハマっていくなんて。
免疫細胞と言っても私と同じ歳なのだから、相手に負けちゃう方が多くなってきたのかしら。

 

結局、病院に行って薬をもらってきました。
するとさすが薬の効果。
飲み始めてから少しずつ喉の傷みも改善し、咳も少なくなりました。

 
でも、症状が良くなるにつれて別な症状が・・・
朝の薬は飲んだっけ?飲まなかったっけ?
ご飯のあとにゴチャゴチャやっている間に、薬をのんだのかどうだかわからなくなっちゃって、残りの数を数えなくちゃならなかった。
ん〜〜〜 こういう物忘れは、なかなか治りにくい。


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



Pocket

4

Pocket

寄り合いの席。
1時間くらいが経過したころ、ノドがくっついちゃったのか、ゲホゲホと咳がでて止まらなくなってしまいました。
下向いてもウウ   ゲホゲホ・・・
口を両手で抑えてもゲホゲホ
止まれ~~止まれ~~~ ウウ・・・・ゲホゲホ・・・・
そのうち、涙も出て来ちゃう。
仕方なく退席して、バッグからあめ玉を取り出してくちに放り込み、咳が治まったところでそっと戻りました。
歳のせいかな、どこもかしこも乾いてくるようです。

 

 

ああ、こんな事がおきないように、お茶でも買って用意してくればよかった。
その場にいたどこぞの奥様は、ピンク色したおしゃれな水筒のフタをクルクルっと開けては飲み物を飲んでいました。
水筒か・・・・なんだかおしゃれに見えるんでないかい。
水筒なら、中身は自分で入れられるから経済的だしね。

 

 

水筒と言えば、遠足などの時に子ども達に持たせた水筒を思い出しました。
幼稚園の頃は、プラスチック製でフタがコップになっているやつ。
暑い日だと、中の水もぬるくなっていたもね。
学校に入ってからはステンレス製の水筒でした。

 

 

スーパーで、さっそく、あの奥様の持っていたような水筒を探してみる。
あらまあ、素敵でおしゃれなステンレスボトルがありますね。
今度は自分のために、水筒を用意する時が来るなんて思いもしませんでした。
でも、なかなかおしゃれで いいんでないかい。

 


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



Pocket