6

Pocket

スポンサーPR

 

久しぶりに、昼は外食。
席についてまもなく、ビーッ!ビーッ!ビーッ!突然、携帯が鳴りだしました。
なになに??
「揺れてるぞ・・・」旦那さんが言うとまもなく、今度は鈍感な私にもわかるような揺れになりました。
グラグラグラ〜〜〜〜

 

札幌でも小さな地震は時々あるので、多少の揺れなら冷静です。
レストランのお客さんたちにも、変わった様子はありません。
そのうち治まるべさ・・・

 

したっけさ、治まるどころか、今度はもっと大きくゆっさゆっさと揺れ出した。
天井から下がっている看板が、ブランコみたいに右へ左へ。
厨房の方から、「火を止めて!」という声が聞こえました。

 

こういう時って、ただ、おお〜〜ってじっとしているしかできないもんですね。
奥の席の熟女たちだけが「地震!地震!」って、大きな声をあげています。
大きな揺れだけの時間は、ほんの10秒くらいだったかな?
小さな揺れが大きくなって、それが終息までの時間は、おおよそ、1分あるかないかくらいではなかったかと思います。
最近の札幌にはなかった大きさ。ニュースでは、2012年以来の震度4だそうです。

 

地震が治まってから、ウェイトレスさんが、私たちの向かいの席にいた年配のご夫婦に、
「大丈夫ですか?」と声をかけていました。

 

この地震で、震度5だった浦河あたりでは、お店の商品が落ちるなどがあったようですが、大きな被害も津波もなく、よかったです。
いつも、ぼ〜っとしていてはいけないですね。
今日の地震は、気持ちを引き締めなさいと、言っていたのかな。

 

= 北海道の人気ブログが満載 =


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



Pocket

2

Pocket

スポンサーPR


 

お盆の墓地は、色とりどりのお花が飾られて賑やかですね。
我ぽぷら家のお墓は、住んでる場所と同じ名前、手稲墓地にあります。
なむなむ・・・・・家族をどうぞお守り下さいませ・・

 

 

手稲墓地は、この地域の開拓当初からという事もあって、明治・・というお墓も珍しくありません。
区画もバラバラで、中には何かの理由で墓石もなくなり、石を積み重ねただけのお墓もあります。
ほら、そこのお墓はきれいに掃除されていて、花や供物もたくさんあがっているけれど、隣りのお墓は、かしがって(斜めになって)石のすき間から草が伸びています。
文字も薄くなって読み取れません、訪れる人がいないのでしょうか、ちょっと寂しそうです。

 

 

けれど、その土地だけでしか生きられなかった時代は終りました。
都会に住む子どもが地方に住む年老いた親を呼び寄せる場合もあるでしょうし、夫婦が、ややもすれば両方の親の負担を背負わなければならない場合もあるでしょう、様々な事情があるもんね。
我が家はたまたま近くに住んでいただけの事で、これがずーっと離れた所ならどうなっていたことか。

 

 

岩手の、婆ちゃんの故郷では、何百年も続いたお宅がいっぱいあって、そこでは、自宅の敷地内に先祖代々のお墓が並んでいます。
中には、ストーンサークルのように、墓石が円を描いて幾つも建てられているお宅もあります。
昔は、生まれた場所が土に帰る場所・・・が、当たり前だったんですもね。
日本の人口がどんどん減っている中で、いつしか草に埋もれてしまう墓地もでてくるでしょう。
そうなった時には、未来の人達が『昔の墓地の跡を発見!』なんて事になるのかも。

 

 

そういえば、お城の石垣には石に混じって古い時代の石棺も埋め込まれていました。
いつかの旅行の時にガイドさんに教えてもらった事です。
見れば確かに、そこだけ長四角。

 
使えるものはちゃっかり使う、それが石棺でもなんでもいいわけよね。
今から先のとんでもない未来、復元されたお城という建物の石垣にの中に、うっすらと何かが刻まれている石も混じるかもしれない。
『ぽぷら家先祖代々の墓』。

 

 


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



Pocket