8

PR

 

函館観光の名所、五稜郭タワーは98m(避雷針まで頑張ると107m) 。
この新しいタワーは2006年に完成したそうです。
先日、函館に行ったとき、友人の景子と登ってみました。

13.10.18函館001.jpg

 

 

下の階はホールも広々、チケットを買ってエレベーターで展望2階まで直通です。

13.10.18函館002.jpg

 

 

13.10.18函館003.jpg

 

 

今のエレベーターは凄いね、ス〜〜〜〜・・・・っと、まるで動いていないみたいなんです。
それに一気に登っても、血が下がっちゃうみたいな感覚もないわ。

” お待たせ致しました。展望2階に到着でございます”
うわ、土方歳三さんのお出迎えです。
美男子ですね。

13.10.18函館004.jpg

 

 

13.10.18函館005.jpg

 

 

13.10.18函館06.jpg

 

 

13.10.18函館007.jpg

 

 

ほら〜見えました。タワーの下は五稜郭です。
戊辰戦争最後の函館戦争の舞台になった五稜郭は、ヨーロッパをモデルにした要塞だそうです。
手前の三角部分を除いてみると、きれいな五角形をしています。
本当は、五角形のすべての角の間にも、手前にあるような三角部分を作るはずだったそうです。

13.10.18函館008.jpg

 

 

旧幕府軍がこの五稜郭を一時占領しましたが、そのかいもなく、時代は明治に変わりました。
旧幕府側として戦った土方歳三は永年35歳でした。
今だに、どこに埋葬されたのかは、わかっていないそうです。

五稜郭タワーには、下が見える窓もありました。
最初はこわ〜〜〜と思ったけど、慣れちゃえば、な〜んもさ。
景子が乗っても、私が乗っても大丈夫でした。

13.10.18函館009.jpg

 

 

五稜郭公園には、当時の本物の大砲もありました。
時代のボタンの掛け違い。
私達は偶然にも、観光で訪れる事ができる時代に生まれました。

13.10.18函館010.jpg

 

 

13.10.18函館011.jpg

 

 

13.10.18函館012.jpg

 

展望室は2階建て。
展望2階から展望1階に降りるには階段を利用します。

さらに、下りのエレベーターは、地上2階どまりなので、これまた下りは階段。
もちろんエレベーターも使えますが、原則、『体の不自由な方』の為なので、階段を降りる事がキツい方は受付に相談したほうがいいみたいです。

人気ブログランキングに挑戦中です!おもしろかったらポチっとね
人気ブログランキングへ

スポンサーPR