5

美瑛・富良野のツアーの最後に寄った深山峠(みやまとうげ)。
バスを降りる時にみんなに券が配られました。

深山峠

 

なに?アイス割引券、50円引き。
『割引〜』とか『セ〜ル』『大特価〜』は、主婦にとっては強力な呪文。あっというまに、ほーらもうかかってる。
アイス屋さん、どこ?景色も見ずに、まずアイス屋さんを探しちゃう。

深山峠

 

 

ジェラードの種類は色々ありますね。
ミルクはもちろん、ハニーキャラメル、蕎麦の実、ハスカップなど、いろいろ。
蕎麦の実のジェラードってどんな味なんだか食べてみたい。

深山峠のアイス

 

蕎麦の実ジェラードをカップに入れる様子をじっと見ながら、手渡してもらって回りを見ると、みんなはもうデッキに行っちゃってる。
慌てて追いかけ、よっこいしょっと腰掛けてから一口すくって食べてみると。
・・・・ん〜、香ばしいんでないかい!写真をとろうっと。

 

 

ジェラードを持つ左手を思いっきり向こうに伸ばし、ちょっとのけぞっちゃって右手のカメラを覗く。
向きはこうかな?こうかな・・・
「ぽぷらさん、なーにしてんの?」
え?
振り向いたら、A子さんが笑いをこらえてこっちを見ています。
「アイスの写真を撮ろうと思って・・・」
「したらココ(デッキの手すりの上)に置けばいいべさ」
あ、そ、そうか・・・

深山峠のアイス

 

ジェラードばかりに気を取られていたのでしょうか、気がつけば、きれいな深山峠の写真はあんまり撮っていなかったのでありました。。

深山峠

 


人気ブログランキングへスポンサーPR



4

美瑛にある『青い池』。
行かれた方も多いのではないでしょうか。
この日は時々雨が落ちていましたが、みんなの日頃の行いがいいせいか、バスが駐車場に着くと同時に止んでくれました。

 

青い池

 

 

バスの駐車場から10分くらい、雑木林の中を歩いて行くと青い池です。
見えてきた見えてきた、立ち枯れた木が鏡のように水面に映る池。
うわあ〜〜〜
それまでスムーズに歩いていた人たちが一斉にカメラを出してパチパチ。
人の流れが淀んでしまうほどです。

 

青い池

 

 

青い池

青い池は、十勝岳の噴火による堆積物が、泥流となって被害を出さないようにと作られた、普通のえん堤です。
クールバスクリンを入れたわけでもないのに、こんなに青い。
付近の湧き水や美瑛川の水の成分が混ざり合って、偶然、このような青に色になったんだそうです。
なので近くには、お店やさんもお手洗いもないので注意しないとね。

 

 

青い池

 

 

青い池

赤や黄色の花畑を見たあとの、こんなブルーはまたまた目にしみる。
誰かの「カッパがいるみたい」って言う声が聞こえました。
カッパ?!
私は、池から登場する女神を想像していましたよ。
すると、今まで想像していた女神さまが、いつのまにか頭にお皿を乗せています。
ありゃりゃ・・・
カッパでも女神さまでも、青い池は、色んな想像力をかきたててくれそうです。

 


人気ブログランキングへスポンサーPR



4

美瑛の四季彩の丘には、カラフルなリボンを転がしたような丘が広がっていました。
向こうのほうに見えるのは、これからが見頃の花畑のようです。
広い丘を歩くのはしんどいという方には、耕運機にひっぱってもらって四季彩の丘を巡る事もできるところがいいですね。

美瑛

 

色彩の丘

 

色とりどりの花が植えられていますが、中でも、ひときわ鮮やかだったのが、金魚草(キンギョソウ)という花でした。
日常では見ることのない広〜く鮮やかなピンクの世界に、こちらの目の玉はびっくりしてまぶしいくらい。
金魚草というだけあって、シッポをゆらゆら、体をくねくねさせながら泳ぐ金魚に似ています。

 

金魚草

 

もしこれが本物の金魚だったら、すんごい数になるだろうなあ。

頭の中に、金魚の大群が現れました。
さらにこのつぼみも満開になったなら・・・おお、すんごい数の金魚だ!

金魚草

 

丘の向こうまで、ずっとずっと金魚草。
あとは白い色だったり黄色だったり。
四季彩の丘は、まるでパレットの中に落っこちたかのような色の世界でした。
よかった金魚草で。

 

美瑛

 

美瑛

 

美瑛 色彩の丘

 

この花は花びらいっぱいのコスモスだそうです。

美瑛

 


人気ブログランキングへスポンサーPR



2

富良野と言えば『北の国から』でとても有名になりました。
ラベンダーが咲く頃は、観光バスが渋滞するくらいのすごい人気。
美瑛と合わせて、ラベンダーが見頃を迎える一足先に、サークルのみんなと美瑛、富良野の日帰りツアーに行ってきました!
曇り時々雨の天気予報は、こういうときに限って的中しちゃう。でも、な〜んもさ!
まずは、富田ファームへ。

 

バスから降りると、もうあたりからいい香りが漂ってきます。
ラベンダー『濃紫早咲』ってプレートが付いていました。
まだつぼみのラベンダーも、これから次々と咲き始めますね。

美瑛

 

 

ラベンダー

 

 

ラベンダー畑

 

 

富良野

 

 

ラベンダー畑

 

富田ファームの花図鑑
によると、この黄色い花はデイリリーというそうです。

富良野

 

こちらはカリフォルニアポピー。

花畑

 

 

富良野
富良野の花畑

 

 

ラベンダーアイス(250円)です。
香りはキツくなく、口当たりもなめらかだね。

ラベンダーアイス

 

 

ラベンダーアイス

 

 

アイスが付いちゃった手を洗おうと、お土産屋さんの横にある水道を使いました。
すんごい、立派な蛇口!しかも置いてあったラベンダー石けんの香りがすんごくいい!
コレ買おうっと!・・・・お土産屋さんの思うツボにまんまとはまり、石けんをふたっつ買いました。

富良野

 

 

富良野

 

 

ラベンダー石けん

 

 

富良野

 

 

売店の玄関の天井です、芸術作品みたい。

富良野

 

 

富良野

 

 

ラベンダーの切り花はもちろん、鉢植えやポプリなどなど、他にもラベンダー商品が色々ありました。
広い花畑を歩いたり、お土産物やさんを見たり、ここでの2時間はけっこう短いです。
さて、バスは次のお花畑へ移動します。

富良野地図

 


人気ブログランキングへスポンサーPR