Pocket

石狩手話フェスタ2017に行って来ました。
会場となった石狩市花川北コミュニケーションセンターホールには、手話を知らなくても話せるブースがいくつもあって、沢山の人が通訳さんに教えてもらいながら会話を楽しんでいました。

 

石狩手話フェスタ

 

手話は、今は普通に使われているけれど、昔からあったにもかかわらず、長いこと禁止されていました。
その理由は、口話法(こうわほう=口の動きで読み取る方法)よりも劣っていると思われたからだそうです。
『口の動きで読み取る』と聞いて、読唇術という言葉を思い出しませんか。
テレビのサスペンスなんかでさ、遠くに見える容疑者の口の動きを双眼鏡で見て・・・
” 「港で・・3時に・・と言ってます!」「そうか、よくやった、」 ”  なんてね。

 

 

時が流れて、やっと手話が認められたのは、たったの24年前1993年のことだそうです。
それまでは、手話を使っていると叱られたりもしたんだって。
健聴者の私にはわからなかったけど、たとえば『タマゴ』と『タバコ』のように、口の動きが一緒なものもあるので、口話(こうわ)法だけではとてもわかりにくい。
筆談もあるけど、かったるいよね。
国のお役人は健聴者、ろう者(耳の聞こえない人たち)の声は聞こえなかったんですね。

 

そしてやっと、手話が『言語』として認められたのは2011年。つい最近じゃん!!
そんなわけで、『言語』として認める条例をで初めて制定した県は鳥取県。
市町村として、初めて手話基本条例制定したのは、石狩手話フェスタの行なわれた北海道の石狩市です。

 

 

会話が声の日本語なら、手話は声の使わない日本語。
最近になって、私たち健聴者同士にとっても、覚えておくと便利と思うようになりました。
例えば、満員電車の中で、いつまでーも大きな声でおしゃべりしているおばちゃんたちのとなりに座っちゃった時は、勘弁して・・・・って思っちゃう。
それからツアーバスの中での 身内の自慢話と大笑いするおばちゃんたち。ガイドさんの言ってる事が聞こえんでしょ!
こういうときこそ、少しでも手話を使えば、まわりに迷惑がかからないで済みますね。

 

 

あとほら、この歳になると、医療的な処置で喋れなくなっちゃうかもしれません。
そういう時も、手話がわかれば効力が発揮できますよ。
シュシュ( ”トイレ” の手話)・・・・・シュシュ(”歩けない” の手話)・・・・シュシュ( ”すんません、お願いします” の手話)。
最近では、手話のわかる看護士さんの多くいるもんね。

 

 

そうそう、それからね、手話を使っている人って、とくに、女性は美人が多いような気がする。
ほんとほんと。
どうしてだろうって思っていたんだけど、それは、表情が豊かだからだと思う。
手話は半分パントマイムだから、身振りと表情筋をメッチャ使います。
私の知ってる女性は同年齢にもかかわらず、ほっぺたが垂れてない!
口元があがってる!
羨ましいです。

 

なんの話しだっけ?
そうそう石狩手話フェスタ。
手話体験のブースの他にも、消防署の若い救急隊員さんが、”耳の聞こえない人を手話で会話しながら救急車で搬送した話し”を手話で話しました。
カッコイイわあ・・・・と見入っちゃった。
声の日本語、声無しの日本語、どちらも自然に使い分けができるような世の中になれば、耳の不自由な人に出会っても慌てることがなくなるね。
それに美人も多くなるかも。
そんな世の中になると、もっといいね。

 


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



Pocket

2

Pocket

スポンサーPR

 

駅に向かって歩いていたら、私の横を通ったのは、同じ手話サークルの西山さんでした。
お互い、顔を見合わせ、おお!
西山さんは、私と同年代くらいの男性で、ろう者です。
サークルでは積極的に手話で話すことはしないけど、もの静かで、おだやかな存在です。

 

 

いきなり会っちゃっても、私の手話は会話なんて出来るレベルじゃございません。
通訳なしでは会話は難しいに決まってる。
どうしよう・・・・

 

 

お、ほほほほ・・・・・ここはまず笑顔。
西山さんも、手話でシュッ!(こんにちは)
ボーっとしていた私の脳みそは、きなり瀬戸内海の渦潮に放り込まれたみたいに混乱しちゃった。

 

 

間がもてないので、またもや お、ほほほほ・・・・・。何を話したらいいんだろう。
あ、あの (手話で) ”あなたの・・・お宅は・・・どちらですか?”
これは初級の最初に習った手話で、このくらいしか思いつかなかった。

 

 

西山さん・・・シュシュ!(西区ですよ)
そうか、西区か・・・

 

・・・・・・・・・

 

続かない・・・・この次はどうすればいいんだ・・・・

” じゃあ、ここまでは・・・車・・・ですか?”
渦に かまかされながら(かき混ぜられながら)知ってる手話にしがみつく。
西山さんはニコニコしながら・・・シュシュ!(いえいえ、JRですよ)
そうですか・・・・

 

・・・・・・・・・

 

答えが早すぎる!
その先が進まないじゃないか。
かと言って、長い文章を言われてもわからないし。

 

手話ができないもどかしさで、ついに渦潮の中にクルクルと沈没か・・・・
ああ~もう手話ができないんじゃ、しゃーない。
「西山さん、歩くの早いですね、足、私より長〜いもね」
ついに手話の領域をはみだして、歩きながら足をホっと上げたり、歩くかっこうをスタスタっとしてみたり、身振り手振りで自分の足の短さと、西山さんの足の長さを比べて見せました。

 

「ほらね、私、こんだけなのに、西山さんの足、こーんなに長い」
どこまでが手話でどこまでがそうじゃないのか、もうわからない。
理解してくれたのかな。西山さんは、ニコニコしているだけでした。

 

そのうち、駅までやってきました。
さようなら・・・
ああ、もうちょっと冷静ならば、スムーズに会話できたかもしれないのに。
想定外の事が起きてしまうと、頭が真っ白になってしまう、土壇場に弱い私であった。

 

今になって考えてみると、よそから見た人は、随分とヘンな動きをしているおばちゃんに見えたかもしれないです。
今度、手稲の周辺で、誰かにヘンな動きをしているおばちゃんがいたら、それは私かもしれません。
本人はまじめにやっているつもりなので、もし見かけても、勘弁しておくんなせい。

 

= 北海道の人気ブログランキングに挑戦中 =


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



Pocket

2

Pocket

スポンサーPR

聾(ろう)の方たち(耳の不自由な方たち)とお会いする機会があり、居酒屋さんにおじゃますることになりました。
私の席の向かいの男性も、その隣の女性も ろう者でした。

 

”ぽぷらです、こんにちわ”(これは大丈夫、手話できる)
二人とも、私にもわかるようにゆっくりと、手話で話して下さいます。
『手話はいつから始めましたか?』
”昨年からです。まだまだヘタです”
『そうですか、焦らずゆっくり覚えて下さいね』
”は、はい、よろしくお願いします”

 

始めは初級レベルの手話だったけど、そのうち、もう私には何を話しているのかわからなくなっちゃった。
シュシュシュのシュ!パパパのパ!
な、なになに?
傍にいた通訳さんが教えてくれたので助かりました。

 

彼はスマホを取り出すと、誰かとフェイスタイム(テレビ電話)を始めました。
え?私にも話してみよって?
スマホをこちらにサっと向けると、むこうで、彼の奥様がニコニコしてる。
”こ、こんにちは”
『がんばって』って言ってる。
”は、はい、がんばります”
なるほど!スマホって便利だ!

 

『僕の口の動きだけで何といっているか答えてみて下さい(通訳さん)』
彼はそう言って、手話をせずに口だけを動かしました。
”わかりました タ・マ・ゴ って言ってます!”
『いえいえ、僕は タ・バ・コ って言ったんです。口の動きだけでは伝わらないでしょ。でも以前は手話は禁止で、口の動き(口話)だけで理解しなさいって習ったんです。でも今は手話も使えて便利だよ。(通訳さん)』
そうなんだ、生まれつき耳の聞こえない人だと日本語を聞いた事がないのだから、口の動きだけて言葉を覚えよというのは大変だよね。

 

それから、子どもの頃のことや、ろう学校の事など、いろんな話を通訳さんを通して聞く事ができました。
『僕はね、子どもの頃、ハナたらしてたよ』
男性は、鼻に指をあててから(下がる)のしぐさ。
わかるわかる!
”私も、時々、ハナたらしてました”
『エー!はっはっは・・・・・』

 

そのうち、席のこっちとあっち、そっちと向こうでも、会話をしている人がいる。
誰が誰と話しているの?
すごい、手話は声を出さずに遠くの人ともスラスラ話せちゃう。
時間が過ぎる頃にはもう手話どころじゃない、身振り手振りで終わっちゃった。

 

帰宅して、なーんかお腹がすいてるのに気づきました。
手の動きから目が放せなかったので、料理をあんまり口に運べなかったんだね。
私としたことが、珍しい事もあるもんだ。
でもまたひとつ、見えなかった世界が少し見えました。

= 北海道の人気ブログが満載 =


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



Pocket

4

Pocket

スポンサーPR

 

少しの事になりますが、長女が家にやってきたときの事です。
「ウチのアパートの隣りに男の人が住んでいるんだけど、時々やってくるその人のお母さんが耳が不自由で、手話で話していたよ」と言いました。
私が昨年、習い始めたばかりの手話で挨拶をしたら、まるっきり疑いのマナコで大笑いをした彼女でしたが、間近で見た本物の手話に驚いたようです。

 

 

『へえそうなの。あなたの名字の ”山本” はね、こうやるの。覚えとくといいかもね』
・・・山・・本・・
右手で山を描いたあとに、合わせた両手を開けて、本を開くポーズをする。
ま、こんなもんさ・・・スラスラやって見せる。
いかった、できて。
実は偶然、習ったばかりだったんだもん。

 

 

それから数日が過ぎたころ、長女からメールがきました。
” あのね、お母さんの言ってた ”山本” って手話あるっしょ、あれやったらメッチャ喜んでくれた! ”
そりゃよかった!
一緒に動画もついています。
ほうほう・・・長女が指文字を使って名前を現しています。 ”よしこ”
おお、読めるよ、教えてもらったんだね。

 

 

手話の初心者ながら、初めてお役に立てたような気がしました。
でもさ、今度 長女が来た時に、更なる難しい手話を教えてよなんて言われたら困る。
そうなったら、いいフリこかず正直に『すみません、5級程度 の質問にして下さい』って言うしかないわ。

 

= 北海道の人気ブログが満載 =


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



Pocket

3

Pocket

スポンサーPR

 

私あての封書が届きました。

もしや・・・・・

手話検定5級合格証!

 

受けてよかったねー。
5級は、手話で挨拶と簡単な会話ができる程度です。

私は、今まで、耳が聞こえないという事は、音が小さくしか聞こえない、もしくはまったく聞こえないという事だけと思っていました。
ところが、それだけじゃない。

 

人によって、高い音が聞こえなかったり、低い音が聞こえなかったり、もしくはその両方が聞こえなかったりする場合もあるそうです。
私の先生は、子どもの頃の病気で、高い音と低い音が聞こえないそうです。
中間の音はなんとなく聞こえるけれど、その音の範囲は人によって違うとか。

 

次に、音の大きさわかるんだけど、わからないという人もいます。
昔の駅のスピーカーみたいな感じかなと思いました。
そういう人に対しては、耳元で大きな声でしゃべっても、ただうるさいだけですね。
途中で聞こえなくなった人は日本語が聞いたことがありますが、生まれつき耳の聞こえない人は、日本語を聞いた事がないのです。

 

手話検定5級は、手話の基本の基本だけだけれど、おかげで、知らなかった世界をいろいろ教えてくれました。

= 北海道の人気ブログが満載 =


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



Pocket