6

Pocket

PR

 

列車は、JR札沼線(学園都市線)の終着駅にすべり込みました。
『のびのびぼくじょう』?の看板を通過して、新十津川駅です。

札沼線2014-10-06-080.jpg

 

 

札沼線2014-10-06-081.jpg

 

 

終点まで乗っていた乗客は10数人ほどです。

札沼線2014-10-06-082.jpg

 

 

札沼線2014-10-06-083.jpg

 

 

おや?列車を降りたお客さんたちが、小さな子たちから、何かもらってる。
手渡されたおばちゃんも おじちゃんも、ニッコニコして嬉しそうだね。

札沼線2014-10-06-084.jpg

 

 

私もホームを降りて行くと、
園児の男の子が、恥ずかしそうに「どうジョ!」と絵はがきを手渡してくれました。
あらまあ、ありがとう・・・・
めんこい!!こんなお出迎えがあったなんて。
「どうジョ!」鉄道マニアとおぼしきお兄さんたちも、絵はがきを渡され思わずニッコリ。
絵はがきには『小さな駅長さんがいる新十津川駅』とありました。

札沼線2014-10-06-085.jpg

 

 

ウワサによると、午前9時45分着の列車のみ、こうして毎日、小さな駅長さんたちが出迎えをしてくれるんだそうです。
保育園のお散歩コースなのかもしれないですね。
この日は休日。それでも数人、先生と駅でお迎えをしてくれました。

札沼線2014-10-06-086.jpg

 

 

列車もうれしそう。
なんだか幸せそうに見えるんでないかい。

札沼線2014-10-06-090.jpg

 

 

札沼線2014-10-06-087.jpg

 

 

ç札沼線2014-10-06-089.jpg

 

 

札沼線2014-10-06-091.jpg

 

 

新十津川は、奈良県十津川村で起きた大水害のさい、被災民たちが村から離れて、北海道のこの地で築き上たものだそうです。
新十津川は、今でも十津川村を心の故郷として、交流をしています。

JR留萌線、留萌 ー 増毛の各駅の画像 >>

JR留萌駅の画像 >>

JR留萌線の終着駅、増毛駅の画像>>

小さな駅長さんのいる新十津川駅も含めたJR札沼線の画像 >>

江差線江差線のスタフ交換の画像 >>

 


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

2

Pocket

PR

 

JR札沼線(学園都市線)も終盤になりました。

 

 

石狩当別 = 北海道医療大学 = 石狩金沢 = 本中小屋 = 中小屋 = 月ヶ岡 = 知来乙 = 石狩月形 = 豊ケ岡 = 札比内 = 晩生内 = 札的 = 浦臼 = 鶴沼 = 於札内 = 南下徳富 = 下徳富 = 新十津川(終点)

札比内からは、アイヌ語の駅名が多くなります。

 
『ナイ』が着く言葉は、アイヌ語で『川』を意味する言葉だそうです。
同じ川でも『ベツ』という言葉で表現される川と、『ナイ』で表現される川があって、「ベツ」は氾濫などする危険な川、『ナイ』は洪水に強い川。
アイヌ語では同じものでも、性質によって言葉を使い分けるのですね。

これからは、ウィキペディアなどで調べた駅名の意味と一緒に見てみる事にしますね。
サッピナイ = 乾いた石ころだらけの川

札沼線2014-10-06-066.jpg

 

 

道路がすぐ横を走っています。
あら〜〜ドライバーのおじさんの顔見えちゃう・・・・
おじさんは、殺気を感じたのか、こちらをチラっと見ました。
あ、目が合っちゃったわ。
したっけさ、おじさんたら、いきなりアクセル踏んで、ビューっと走って行ってしまいました。
おもしかったのに残念だわ。

札沼線2014-10-06-067.jpg

 

 

晩生内(おそきない)・・・私は最初読めなくて、ばんせいない???なんて思ってましたら、”おそきない”って言うんだもね。
オソキナイ = 川口のがけが崩れている川。

札沼線2014-10-06-068.jpg

 

 

札沼線2014-10-06-069.jpg

 

 

札沼線2014-10-06-070.jpg

 

 

札的(さってき)・・・本当は サッテキナイ で、やっぱりナイが付いていたそうです。
サッテキナイ = やせる川。
浦臼町札的、ここにはなんと、『坂本龍馬家の墓』があるんです!
ホントなんですよ、見た事ないけど・・・・
坂本龍馬の養子である坂本直という人が亡くなったあと、その妻と息子が龍馬の甥である直寛を頼って北海道に移住、ここ浦臼で駄菓子屋さんをされていたそうです。

札沼線2014-10-06-072.jpg

 

 

おお〜、これは踏切です!

札沼線2014-10-06-073.jpg

 

 

浦臼(うらうす)も、本当はウライ・ウシ・ナイ= 網を干すところ or 川笹の多いところ。

札沼線2014-10-06-074.jpg

 

 

鶴沼。

札沼線2014-10-06-075.jpg

 

 

札沼線2014-10-06-075-2.jpg

 

 

於札内(おさつない) = オ・サツ・ナイ 川尻が乾く川。

札沼線2014-10-06-076-2.jpg

 

 

札沼線2014-10-06-076.jpg

 

 

南下徳富(みなみしもとっぷ) =  トックプト 「トック」は「でこぼこ」。「プト」は「川の入り口」。

札沼線2014-10-06-077.jpg

 

 

下徳富(しもとっぷ)。

札沼線2014-10-06-078.jpg

 

 

札沼線2014-10-06-079.jpg

 

 

北海道の地名で、『ナイ』『ベツ、ペツ』が付いている名前はアイヌ語なんだな〜と思ってみるといいですね。

 

 

どこまでも見飽きない田園風景も、とうとう次は終着、新十津川駅です。
このあと新十津川駅では、ちょびっと嬉しいサプライズが待っていました。

JR留萌線、留萌 ー 増毛の各駅の画像 >>

JR留萌駅の画像 >>

JR留萌線の終着駅、増毛駅の画像>>

小さな駅長さんのいる新十津川駅も含めたJR札沼線の画像 >>

江差線江差線のスタフ交換の画像 >>

 


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket