2

Pocket

スポンサーPR


 

札幌から浅草・鎌倉1泊2日の旅 (番外編)

 

 

宿泊したのは東京のビジネスホテルでした。
1階のフロアに、自由にコーヒーが飲めるしゃれたコーヒーメーカーが設置されています。
部屋に荷物を置くと、さっそくコーヒーを飲もうとフロアに降りました。

 

 

まずは紙コップをここに置いて・・・と。
それからこのピカピカのボタンを押してスタート、ポチ!
ん?ギュー ポチ!!
なして押ささらないんだべ(押せないんでしょう)。
こなったら ぐぐポチ〜〜〜!!ちょっと口もとんがって力が入る。
そのとき、ちょうどフロントの女性が通りかかりました。
”あのすみません、コーヒのボタン押してみたんですけど出なくって、入れ方を教えて頂けませんか・・・・?”

 

 

彼女は、私が押していたところではなく、その上の黒いボタンをポチっと押しました。
なに!ここにもボタンがあったのか!
しかもボタンには、そこそこ大きく「START」と書いているではないですか!
コーヒーは、すーっとカップに落ちて、あたりにいい香りが漂いました。
彼女は、「このボタンは、ちょっと長押ししないと出てこないんです、申し訳ございません。でももうこれで大丈夫です」と言いました。
私がボタンだと思っていたそれは、コーヒーメーカーのただのプレートでした。

 

 

でも、よく考えてみると、横からきた彼女には、私がヘンな所をグイグイ押しているところが、見えていたのではと思いました。
だから、
『お客様、そこはボタンではございませんよ、ココですよココ』と言ってもよかったのかもしれない。
北海道弁で言うならば
『どこ押してんのさ、そんなとこ押ささるわけないべさ、はんかくさいんでないかい?(アホじゃないの?)』
となるかも。

 

 

たぶん彼女は、見て見ぬフリをする心使いをしてくれたのでしょう。
”長押ししないと出てこないので・・・・”
その後、何度かコーヒーメーカーを使いましたが、いつもタッチするだけで、香りの高いコーヒーが、糸のようにスーっと流れ落ちました。

 


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

2

Pocket

スポンサーPR


札幌から浅草・鎌倉1泊2日の旅 (10終)

 

北鎌倉駅のすぐ傍にある『東慶寺』は、群馬県の満徳寺とともに、2つしかない幕府公認の縁切寺の一つでした。
江戸時代までは女性からの離婚はできなかったので、このお寺に駆け込みました。

 

 

『東慶寺』は尼寺で男子禁制。お寺が妻を保護して、足掛け3年といいますから2年から3年このお寺で修行をつむことで、離婚が許される事が多かったそうです。
男尊女卑が常識だった時代、きっと命がけで逃げるようにやってきたのではないでしょうか。

 

 

女性にとって、唯一の切り札だった縁切寺。
見ている景色が、駆け込んだ女性たちと同じ視線なんだと思うと、現代に生きている自分と違いを感じずにはいられませんでした。
明治5年(1872年)に女性からの離婚請求権が認められるようになるまで、縁切寺のこの制度は続いていたそうです。

縁切寺001.jpg

 

 

縁切寺002.jpg

 

 

縁切寺003.jpg

 

 

門をくぐるとまっすぐな参道が。
縁切寺004.jpg

 

 

縁切寺0044.jpg

 

 

縁切寺006.jpg

 

 

縁切寺008.jpg

 

 

ここまでくると、横に本道の入り口があります。
東慶寺縁切寺010.jpg

 

 

縁切寺007.jpg

 

 

鎌倉では、最後まで雨が止む事はありませんでした。
さっきまで、冷たい雨がイヤだったけど、気づけばそんな事も忘れてる。
最後がこのお寺でいかったわ。

 
甘っちょろいおばちゃんの心が、ちょっとだけ、神妙になりました。
一泊二日の旅ではありましたが、おかげで心残りができました。
という事は、もう一度おいでと鎌倉が言っている、という事だよね。
いつかまた、行ってみたいと思います。

 


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



Pocket

4

Pocket

スポンサーPR


札幌から浅草・鎌倉1泊2日の旅 (9)

 

けっこうキツイ雨が降り出したので、鎌倉駅まで戻りました。
ここから、鶴岡八幡宮までの通りが小町通といって、またまたいろんなお店が続いていました。
でも、この頃には雨と風が強くなり、傘では用は足りず、ついに100圴で用意したビニールカッパの登場です。
これが、事の他暖かかったんです。
いかった〜。

小町通鶴岡八幡宮001.jpg

 

 

小町通は雨風のせいか、人通りも少ないみたい。

小町通鶴岡八幡宮003.jpg

 

 

”はんなりいなり”の出店のおじさんも寒そうだね。
この雨じゃ、あんまり売れなさそう・・・
”はんなりいなり!!” そうだ、お昼はこれだね、 お腹もすいたしひとつ下さい!

小町通鶴岡八幡宮002.jpg

 

 

ビニールガッパをつたってポロポロと雨が落ちるくらいの雨。
やっと小町通を抜け、鶴岡八幡宮までやってきました。

小町通鶴岡八幡宮004.jpg

 

 

小町通鶴岡八幡宮005.jpg

 

 

小町通鶴岡八幡宮008.jpg

 

 

あ、巫女様!
雨の巫女様も、とってもきれい。
雨に濡れた前髪を手でよけながら、きれいな巫女さまに、しばし目を奪われてしまいました。

小町通鶴岡八幡宮006.jpg

 

 

小町通鶴岡八幡宮07.jpg

 

 

でも、かじかんだ手がこわばってる。
どこかで ”はんなりいなり” が食べられる場所ないかな・・・・
あ、座る所ある!
ベンチに腰掛け、”はんなりいなり” を食べました。
したっけさ、食べ終わってから、『休憩所、ご自由にお使い下さい』の看板みっけ。
悲し・・・この看板は見なかった事にようっと。

小町通鶴岡八幡宮幡009.jpg

 

 

”はんなりいなり” は、なが〜いおいなりさんなんだね。
それを食べやすいように切ってありました。
これがさ、味がちゃんと、ご飯にしみて美味しいんだわ。
雨ガッパの帽子の部分から、ポタポタと雨粒が落ちたけど、”はんなりいなり” が美味しいから許しちゃるさ。

 

 

ここからは、バスで北鎌倉に向かいます。
見たかったお寺はいくつか省略したけど仕方ないもね。
あとひとつ、『縁切寺』 で知られる 『東慶寺』が北鎌倉の駅のすぐ傍なので、最後にそちらに立ち寄ってみる事にしました。

 


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



Pocket

4

Pocket

スポンサーPR


 

札幌から浅草・鎌倉1泊2日の旅 (8)

鎌倉で一番古いと言われている杉本寺。
本堂が立てられたのはなんと、西暦734年だそうです。

15.4.13鎌倉杉本寺0001.jpg

 

 

美しい竹林とか、大きな大仏とかはないみたい。
でも、上の方に目をやると、息を飲んじゃうほどに美しい石段が見えました。

15.4.13鎌倉杉本寺0002.jpg

 

 

15.4.13鎌倉杉本寺0003.jpg

 

 

あそこに見える石段を見てみたい。
拝観料は200円で、杉本寺に続くその石段を間近で見る事ができます。

15.4.13鎌倉杉本寺0005.jpg

 

 

石段は、今は人が通る事は禁じられているので、石の上にも苔は広がっています。
この石段が波打つまでに、いったいどれくらいの時間と人が、ここを踏んで行ったことでしょうね。

 

さて今度は、脇にある階段をつかって本堂まで上がってみる事にします。

15.4.13鎌倉杉本寺0007.jpg

 

 

15.4.13鎌倉杉本寺0010.jpg

 

 

15.4.13鎌倉杉本寺0008.jpg

 

 

瓦と石段とがマッチしてきれい。

15.4.13鎌倉杉本寺0009.jpg

 

 

15.4.13鎌倉杉本寺0012.jpg

 

 

15.4.13鎌倉杉本寺0013.jpg

 

 

15.4.13鎌倉杉本寺0014.jpg

 

 

杉本寺を見終わる頃には、雨粒が だんだん大きくなって、風もでてきました。
注意しないと、傘がひっくり返っちゃう。
気温も下がって、寒く感じる。
このまま歩くのはキビしいので予定変更、一旦鎌倉駅まで戻る事にしました。

15.4.13鎌倉杉本寺0016.jpg

 

 

 


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

6

Pocket

スポンサーPR


札幌から浅草・鎌倉1泊2日の旅 (7)

 

美しい竹のある風景として知られているのが報国寺。
『竹寺』として親しまれているそうです。

001-竹寺.jpg

 

 

002-竹寺..jpg

 

 

大粒の雨で、傘がないと歩けないけど、それが幸い!
旦那さんが以前来たときは、そりゃそりゃすごい人だったそうですが、この日は少ないみたいでした。

003-竹寺..jpg

 

 

004-竹寺..jpg

 

 

雨に濡れている庭園も、なかなかいいんでないかい。

005-竹寺..jpg

 

 

006-竹寺..jpg

 

 

竹林へ続く遊歩道。
普段は歩道に列ができるそうですが、このときは暗いけれど、あずましく(心地よく)散歩ができました。

007-竹寺..jpg

 

 

019-竹寺..jpg

 

 

008-竹寺..jpg

 

 

奥に進むと、お茶を頂けるお休み所がありました。
聞くと、入り口の所で販売しているお茶券が必要だとの事で、慌てて戻って券を購入!
(お寺の入場料200円、お茶券500円)

020-竹寺..jpg

 

 

中にはカップルが一組だけ。
私の座った席からはこんな眺めが。

017-竹寺..jpg

 

 

010-竹寺..jpg

 

 

011-竹寺..jpg

 

 

聞こえるのはシトシトという雨の音と、隣のカップルの小さな会話だけ。
軒の端から雨粒がポタポタ落ちて、濡れて濃くした緑と私との間に、しずくのカーテンができました。
なんちゅう、わびわびの世界・・・・・

013-竹寺..jpg

 

 

012-竹寺..jpg

 

 

北海道で竹林が見られるのは、せいぜい函館の一部くらいでしょうから、目に焼き付けておこうと思いました。

さて、庭園を進むと見えてくる洞穴みたいなものは、足利義久の墓と伝えられているそうです。

016-竹寺..jpg

 

 

すっかり、わびさびを感じた帰り道。
石の階段の途中に、ヒモで縛った丸い石が置いてあることに気づきました。
あ、これ、テレビで見た事ある!

015-竹寺..jpg

 

 

『通行止め』の意味なんだよね。
「関守石 (せきもりいし) 」 とか 「止め石」 と呼ばれるものです。
ポールやロープでじょっぴんしなくても(通行止めにしなくても)、この石を置く事で、通行を遠慮してもらうというわけです。
スイっとまたいで行けるけど、良心にまかせるという日本人の質の高さが感じられますね。

 

 

雨は止む気配すらありません。
足もと見ずに歩いたもんで、靴の中はこの時すでに、しっかりしっとりしてました。
まいっか、次は美しい階段があるという杉本寺へとつづく・・・

 


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



Pocket