2

Pocket

先日、北海道留萌本線の駅、『恵比島駅(えびしまえき)』に立ち寄りました。
留萌本線は、深川駅から留萌を通って増毛駅までを結んでいます。

『恵比島駅』は、1999年4月から放送されたNHKの朝ドラ『すずらん』の舞台『明日萌駅(あしもいえき)』になったところで、当時撮影されたセットがそのまま残っているところ。
前回訪れたのは2005年、あれから10年もたったんだ。

151004えびしま0144.jpg

 

あ、残ってました!10年前と同じ、そのまんまです。
え?どれがセットかって?
左側にあるのが朝ドラ『すずらん』のセット。右にある小さな建物が本物の駅舎なんです。

 

恵比島駅の駅舎はもともと車両をそのま使っていた駅だったのですが、ずぐ隣に撮影用セットの駅『明日萌駅』があるので、景観を損ねないようにと、カムフラージュしたそうです。
そう思ってよく見ると、確かに右にある小さな建物は貨車ですね。
板が貼ってあってミノ虫みたいです。

私は朝ドラすずらんのことは知らなかったもので、初めてここに来たときは、格子のガラス窓や石炭ストーブ、切符を買う窓口など、あまりの懐かしさに感激しちゃいました。
よくまあここまで当時の雰囲気をだしたもんだわ。

あ、汽車(列車)が来た!!

151004えびしま015.jpg

 

スポンサーPR

 

さっそく、明日萌駅に入ってみましょう。

151004えびしま003.jpg

 

151004えびしま004.jpg

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『= 明日萌駅 =
「すずらん」の主要舞台となった明日萌駅。明日萌という地名は架空の地名ですが、アイヌ語の「アシ・モイ」(新しい淀み、新しい淵)に由来しており、少しでも明日へ希望が持てるようにという願いが込められています。
この明日萌駅に捨てられていた主人公 ”萌” は駅長に拾われ、多くの人たちに限りない愛情を注がれ、成長していきます。』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

運賃表に書かれている駅名は、本当の駅。
でも、文字は昔の書き方をしていますよ。
現在の『岩見沢』は『岩見澤』ってなってる。
上野までが書かれているのが面白いですね。
これは青函連絡船の運賃も含まれているって事でしょうね。
1382円ですって。

151004えびしま006.jpg

 

駅舎の中は10年前に来た時と殆ど変わっていませんでした。

151004えびしま007.jpg

 

151004えびしま008.jpg

 

151004えびしま009.jpg

 

この駅長さんや、主人公の萌の人形もそのまんま。

151004えびしま010.jpg

 

151004えびしま013.jpg

 

151004えびしま012.jpg

 

主人公 ” 萌 ” も、ずーっと汽車を待っていました。
10年前に来たときは、線路のむこう側にピンクやムラサキ色したルピナスの花がいっぱい咲いていたのを思い出しました。

151004えびしま014.jpg

 

本当に、汽車はやってこなくなってしまうけれど、 ” 萌 ”はこれからも、ずっと待ち続けるのでしょうか。

151004えびしま001.jpg

 

駅前にある旅館の建物も残っていました。
今は、カフェになっているようです。

151024ebisima.jpg

 

= 北海道の人気ブログが満載 =


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



Pocket

2

Pocket

スポンサーPR


北海道の日本海側は江戸から昭和の始めにかけて、ニシンが人々の生活の糧として活気に満ちていたそうです。
北海道のJR留萌線、留萌(るもい) ー 増毛(ましけ)間は、そんな日本海側を走っている鉄道です。

 

 

道内をよく知っている旦那さんとはうらはらに、いつもポカ〜ンと車の助手席に乗っている私は、どんな駅があるのかも知りません。
「駅回るか?」
行こう行こう!
車を各駅停車してくれる事になりました。
先日出かけた留萌駅から増毛駅までの各駅をすべて一挙にご案内しますね。
プチ旅行気分でおつきあい頂ければ幸いです。

 

 

車は北海道の日本海側にある留萌(るもい)駅から、終着、増毛(ましけ)駅まで走ります。

150702留萌本線地図.jpg

 

 

留萌(るもい)(明治43年開業) =  瀬越(せごし)(大正15年開業)= 礼受(れうけ)(大正10年開業) = 阿分(あふん)(昭和62年開業) = 信砂 (のぶしゃ)(昭和62年開業)= 舎熊 (しゃぐま)(大正10年開業)=朱文別(しゅもんべつ)(昭和62年開業)= 箸別(はしべつ)(昭和62年開業)= 増毛(ましけ)(大正10年開業)

 

 

留萌から車を走らせていると、ちょうど走っている列車に遭遇!

150614-01留萌線瀬越001.jpg

 

 

カーブを曲がると、いきなり海が広がりました。
踏切の横が瀬越駅でした。
瀬越駅は、毎日、海を眺めて建っているんですね。

150614-02留萌線瀬越002.jpg

 

 

150614-03留萌線瀬越003.jpg

 

 

150614-31留萌線瀬越004.jpg

 

 

こーんなに景色がいいと、時間も忘れてしまいそうですね。

遠くに見える風車群がきれいです。

150614-05留萌線瀬越005.jpg

 

 

次の駅に到着です、礼受(れうけ)駅。
レウケとは、『曲がっている所』というアイヌ語だそうです。

150614-06留萌線各駅-礼受006.jpg

 

 

ちょっと小高い坂を上がります。
すぐ傍に住宅がありました。
まるで、自家用の駅みたい。
駅舍は、コンクリートの土台の上に置かれた貨車を利用しています。
以前はここにも、ちゃんとした駅舎が建っていたんでしょう。
このお宅はもしかしたら、この貨車の駅を管理もされているのかもしれませね。

 

 

礼受駅に到着すると、そこにはなんと、さっき私たちと一緒に走っていた列車が止まっていました!!
お〜!よっしゃ。

150614-07留萌線各駅-礼受001.jpg

 

 

150614-08留萌線各駅-礼受003.jpg

 

 

さて、再び日本海を南下します。

150614-09留萌線各駅-礼受004.jpg

 

 

次の駅は阿分(あふん)駅に向かいます。

150614-10留萌線各駅-あふん001.jpg

 

 

むこうの家の外側に、木の塀が建ててありますね。
海岸付近は、とにかく風の強い所で、冬には雪が横から吹き付けます。
とくに、昔ながらの建物は、このように木の塀を建てたり囲ったりして、風や雪から家を守っているところがあります。

150614-11留萌線各駅-あふん002.jpg

 

 

ここが阿分駅。アイヌ語で『入り込んでいる』という意味だそうです。
駅には海抜を記したプレートが付いています。
阿分駅のある所は海抜18mと表示されています。

150614-12留萌線各駅-あふん003.jpg

 

 

駅の裏には立派な学校がありました。
ここは阿分小学校で、この春(2015/3付き)をもって閉校になっています。
誰もいない学校を見るのは、なんだか悲しくなる。
沢山の生徒さんが通っていたんでしょうね。

150614-13留萌線各駅-あふん004.jpg

 

 

さて、次の駅は、信砂(のぶしゃ)駅。『野を流れる川』という意味だそう。
うっかりすると見落としてしまいそうな駅です。
ホームがないと、駅には見えないかも。

150614-14留萌線各駅-のぶしゃ001.jpg

 

 

150614-16留萌線各駅-のぶしゃ003.jpg

 

 

さらに次の駅に進みましょう。
ありました、舎熊駅。
この駅も列車の車両をそのまま駅にしてあります。
でも、以前は駅舎が建っていたようです。

150614-17留萌線各駅-舎熊001.jpg

 

 

150614-18留萌線各駅-舎熊002.jpg

 

 

150614-19留萌線各駅-舎熊003.jpg

 

 

のどかな舎熊駅前です。『魚を干す竿』という意味だそうです。
このあたりで、アイヌの人たちが魚をいっぱい干していたのかもしれませんね。

150614-20留萌線各駅-舎熊005.jpg

 

 

次の駅は、あ、そこだ〜!朱文別駅。

150614-21留萌線各駅-朱文別001.jpg

 

 

イタドリが大きくなって、小さな駅が見えにくいです。
ホームが一段高くなっているので、駅がわかりずらいです。
でも、列車の運転手さんはわかるよね。

150614-22留萌線各駅-朱文別002.jpg

 

 

さて、そろそろ終着駅が近づいてきました。
箸別(はしべつ)駅です。
駅の階段下にはポカンと広い空き地が。
昔はここが駅前広場だったのでしょうか。
150614-23留萌線各駅-箸別001.jpg

 

 

150614-24留萌線各駅-箸別002.jpg

 

 

150614-25留萌線各駅-箸別003.jpg

 

 

150614-26留萌線各駅-箸別005.jpg

車は増毛線の終着駅、増毛駅に向かっています。

150614-27留萌線各駅-ましけ001.jpg

 

 

増毛駅到着。
線路はここで終わっています。
150614-28留萌線各駅-ましけ002.jpg

 

 

150614-29留萌線各駅-ましけ003.jpg

 

 

150614-30留萌線各駅-ましけ005.jpg

 

 

列車の車両を、そのまま駅舎として使っていた駅がありましたね。
コンクリートの土台の上には、どんな駅舎が建っていたのかな・・・。
この海がニシン漁で賑わっていた頃の人々の暮らしを、ちょっと想像したりしてみました。

 

JR留萌駅の画像はこちら >>
JR留萌線の終着駅、増毛駅の画像はこちら >>
小さな駅長さんのいる新十津川駅も含めたJR札沼線の画像はこちら >>
江差線の画像はこちら >>

 


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



Pocket

4

Pocket

スポンサーPR


北海道新聞に、『JR留萌線の廃止検討』という見出しが載りました。

『まず 留萌(るもい)―増毛(ましけ)、18年度までに』
ついにきたか・・・
昨日はその留萌線の町、『留萌』まで行ってきましたが、列車ではなく車を使いましたもね。
今回は、留萌駅にも入ってみる事にしました。

150629留萌駅002.jpg

 

 

構内は2つに分かれていて、半分は改札、あとの半分は、おそば屋さんのある待ち合いのスペースになっていました。
このおそば屋さんが、なかなかの人気らしいですよ。
さらに、昭和39年当時の留萌駅舎や石狩沼田駅など、当時の留萌線を知る方にとっては懐かしい写真も展示されていました。

150629留萌駅003.jpg

 

 

150629留萌駅004.jpg

 

 

150629留萌駅005.jpg

 

 

150629留萌駅006.jpg

 

 

150629留萌駅007.jpg

 

中でも、私が興味を引かれたのが、昭和44年の留萌鉄道『新雨竜駅』の運賃表。
それによると、なんと、札幌までの運賃が、500円だったのです!!(156.7Km 現在の運賃は、5,360円)

150629留萌駅009.jpg

 

 

よくまあ、数字を消さずにとってありましたね。
旭川までは240円、函館までは1520円、青森まではなんと1900円だったことがわかります。
青函連絡船の運賃も入れて?ってことだよね。
今、この金額だったら、どんどんとあっちこっち行っちゃうのにね〜。
今はもう消えてしまった駅、『万字』 の駅名も、ここにはしっかり載っていました。

150629留萌線014.jpg

 

 

今の留萌は、お正月や贈答用の高級カズノコの加工で日本一だそうです。
そこまでは無理だけど、お昼は留萌産の糠にしん(糠につけたニシン)と数の子の佃煮、塩は宗谷の塩を使ったというおむすびを頂きました。
あ、これはニシンの糠漬けだ、塩味がいいあんばいです。

150629留萌駅012.jpg

 

 

150629留萌駅013.jpg

 

 

めったにお目にかかれないかもしれないけれど、もし、高級数の子が食卓に登場したときには、パッケージの後ろをちょっと見てみて下さい。
それはきっと、日本海が香る留萌の町からに違いないでしょう。

150629留萌駅010.jpg

 

JR留萌線、留萌 ー 増毛の各駅の画像はこちら >>

JR留萌駅の画像はこちら >>

JR留萌線の終着駅、増毛駅の画像はこちら >>

小さな駅長さんのいる新十津川駅も含めたJR札沼線の画像はこちら >>
江差線の画像はこちら >>

 


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



Pocket