2

Pocket

先日、北海道留萌本線の駅、『恵比島駅(えびしまえき)』に立ち寄りました。
留萌本線は、深川駅から留萌を通って増毛駅までを結んでいます。

『恵比島駅』は、1999年4月から放送されたNHKの朝ドラ『すずらん』の舞台『明日萌駅(あしもいえき)』になったところで、当時撮影されたセットがそのまま残っているところ。
前回訪れたのは2005年、あれから10年もたったんだ。

151004えびしま0144.jpg

 

あ、残ってました!10年前と同じ、そのまんまです。
え?どれがセットかって?
左側にあるのが朝ドラ『すずらん』のセット。右にある小さな建物が本物の駅舎なんです。

 

恵比島駅の駅舎はもともと車両をそのま使っていた駅だったのですが、ずぐ隣に撮影用セットの駅『明日萌駅』があるので、景観を損ねないようにと、カムフラージュしたそうです。
そう思ってよく見ると、確かに右にある小さな建物は貨車ですね。
板が貼ってあってミノ虫みたいです。

私は朝ドラすずらんのことは知らなかったもので、初めてここに来たときは、格子のガラス窓や石炭ストーブ、切符を買う窓口など、あまりの懐かしさに感激しちゃいました。
よくまあここまで当時の雰囲気をだしたもんだわ。

あ、汽車(列車)が来た!!

151004えびしま015.jpg

 

スポンサーPR

 

さっそく、明日萌駅に入ってみましょう。

151004えびしま003.jpg

 

151004えびしま004.jpg

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『= 明日萌駅 =
「すずらん」の主要舞台となった明日萌駅。明日萌という地名は架空の地名ですが、アイヌ語の「アシ・モイ」(新しい淀み、新しい淵)に由来しており、少しでも明日へ希望が持てるようにという願いが込められています。
この明日萌駅に捨てられていた主人公 ”萌” は駅長に拾われ、多くの人たちに限りない愛情を注がれ、成長していきます。』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

運賃表に書かれている駅名は、本当の駅。
でも、文字は昔の書き方をしていますよ。
現在の『岩見沢』は『岩見澤』ってなってる。
上野までが書かれているのが面白いですね。
これは青函連絡船の運賃も含まれているって事でしょうね。
1382円ですって。

151004えびしま006.jpg

 

駅舎の中は10年前に来た時と殆ど変わっていませんでした。

151004えびしま007.jpg

 

151004えびしま008.jpg

 

151004えびしま009.jpg

 

この駅長さんや、主人公の萌の人形もそのまんま。

151004えびしま010.jpg

 

151004えびしま013.jpg

 

151004えびしま012.jpg

 

主人公 ” 萌 ” も、ずーっと汽車を待っていました。
10年前に来たときは、線路のむこう側にピンクやムラサキ色したルピナスの花がいっぱい咲いていたのを思い出しました。

151004えびしま014.jpg

 

本当に、汽車はやってこなくなってしまうけれど、 ” 萌 ”はこれからも、ずっと待ち続けるのでしょうか。

151004えびしま001.jpg

 

駅前にある旅館の建物も残っていました。
今は、カフェになっているようです。

151024ebisima.jpg

 

= 北海道の人気ブログが満載 =


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



Pocket

4

Pocket

PR

 

ホテル神居岩温泉に泊まった翌日は、ホテルのバスが留萌の街を一通り回って下さいました。

留萌駅から、いっせい散策それ〜〜。

13.9.20留萌007.jpg

 

 

13.9.21るもい01.jpg

 

 

市場に

13.9.20るもい04.jpg

 

 

お土産物屋さんに

13.9.20るもい03.jpg

 

 

13.9.20留萌009.jpg

 

 

そこで出会ったのはカズモちゃん?
KAZUMOちゃんは数の子なんだね。留萌はなんと数の子の生産が日本一なんですって!
ちなみに、お正月にはかかせない数の子はニシンのコッコ(卵)。
それで誕生した留萌のゆるキャラが、このKAZUMOちゃんだそうです。
数の子のお母さんが赤いおんぶひもで赤ちゃん数の子をおんぶしています。
バッテンが、けなげでしょや。
昔し育ちにはなんとも なじむんでないかい。
13,9,20るもい02.jpg

 

 

数の子はコッコなのに、なして数の子のお母さん??・・・とか、そんな事は考えてはいけませんね。

留萌の街が一望できる千望台

13.9.20留萌010.jpg

 

 

そして、昼食は前日にも来た黄金岬。

13.9.20留萌0011.jpg

 

 

13.9.20留萌0012.jpg

 

 

13.9.20留萌0013.jpg

 

 

13.9.20留萌0015.jpg

 

 

ホテルの方が作ってくれた石狩鍋の美味しいこと。
潮風にあたりながらの昼食、本当にありがとうございました。

13.9.20留萌0014.jpg

 

人気ブログランキングに挑戦中です!おもしろかったらポチっとね
人気ブログランキングへ

Pocket

2

Pocket

PR

 

ホテル神居岩は、留萌市街を抜けて、山の谷間をややしばらく(多少の時間をかけて)奥に進ん

だ所にありました。マイクロバスは、最後のつづら折り右カーブで、全員の体をゆっさと左に押してから、今度は大きく車体を左に回転させて、ホテルの正面に到着です。
『いらっしゃいませ・・・』

13.9.20留萌001.jpg

 

 

深い山に囲まれたホテル神居岩は、大き過ぎず、小さすぎず、いつか来た事があるような、そんな雰囲気漂うホテルだね。
靴はロッカーに入れて・・・あら。100円入れなくていいんだ。
お部屋のカギは。差し込んでガチャガチャやれば、いつかは開いちゃう安心タイプ。
入り口にはお手洗い。床の間の影に、鏡と白い陶器の洗面台が設置されていました。

 

 

あずましい(居心地がいい)・・・・・・・。
靴のロッカーの100円玉を出すのに、慌ててカバンをゴソゴソしたり、オートロックのガキにドキドキする事もない。
なんて、あずましいんだ!

13.9.20留萌003.jpg

 

 

13.9.20留萌002.jpg

 

 

泉質は単純硫黄冷鉱泉とナトリウム塩化物泉の2種類だそう。寝風呂はかなり心地よし、漢方薬湯は薬草の匂いがする濁ったお湯が疲れを癒してくれそうです。もちろん、透明なお湯もあって、全部のお風呂を制覇。よしよし。
廊下で、同じ寄り合いの鈴木さんとすれちがいました。
「あらぽぷらさん、寄合長さんたちが、あっちで卓球してるみたいよ、一緒にどう?」

 

 

卓球会場は食堂入り口の通路です。
ピンポン ♪♪ ピンポン♪♪
ほほう、 寄り合い長さんは腕に覚えがあるらしく、70歳を過ぎているのにヘラ(ラケット)をクイッと切る(カットする)のが上手です。
「どうです、ぽぷらさんもいかがですか?」
” あら、そうですか。卓球なんて久しぶりなもんでちゃんと打てるかしら ”
「それじゃあいきますよ」優しく ピンポン♪♪・・・・
”それ!” 返してピンポン♪♪・・・・

 

 

「おお、上手じゃないですか、ホイ」 ピンポン♪♪・・・・
” いえいえ、オホホ・・・それ!”  ピンポン♪♪・・・・
奇跡的にピンポンラリーは3回ぐらい続きました。
「それ!」
今度はさっきより、ちょっと強く当たりました。
”ほい!!” ピンポン♪♪・・・・

 

 

顔じゃ笑っているけど心じゃ はっちゃき(真剣勝負)。
寄り合い長さんが打つ「それ!」コキ〜〜〜〜ン!!
※ここからはスローモーションで。
” あ・・あ・・あ・・・玉が み・え・な・い・・・・・・ ”
体は動かず、ヘラを持ったコウモリみたいに固まりました。

 

 

コッキ〜〜〜〜〜ン・・・・・
なんと奇跡は起きて、私のヘラのどっかに当たったみたいです。
玉は卓球台のエッジにぶつかり、あっちの方にはじかれ飛んでいきました。
お、お〜〜〜〜〜!
「ぽぷらさん、やるね」
”いえいえ、偶然でして、おほほほ。では次の方どうぞ”

 

本当はね、狙ったんだよ。
やっぱし、温泉来たなら卓球だべさ。 つづく・・・

ホテル神居岩の詳細

 

人気ブログランキングに挑戦中です!おもしろかったらポチっとね
人気ブログランキングへ

Pocket

4

Pocket

PR

 

 

寄り合いの皆さんと、一泊で留萌(るもい)市へ行ってきました。
留萌へは、ホテルからのマイクロバスにのって、ひたすら日本海沿いの国道231号線を北上。
日本海を望む海岸線は、海に沈む夕日が、そりゃそりゃもう美しくて、恋人達の聖地と呼ばれているくらいです。
もし、何百カップルの恋人達が国道をズラ〜〜〜〜っと埋め尽くしても、夕日は二人の愛を平等に照らしてくれるほど、海岸線は続いています。

 

 

ホテルに着いた私たちも、さっそく日没に合わせて黄金岬へ出かけました。
海からの風が心地よくて、恋人達が寄り添うにはちょうどいいんでないかい。
雲はあるけど、ほら、もうすぐ日が沈みますね。
しんみり・・・・・

13.9.20留萌02.jpg

 

 

そのとき号令が
「ハイ集合〜!夕日をバックに写真撮るよ〜。ぽぷらさん、写真撮ってちょうだい」
” え!は、はいわかりました。”
「したらこのあたりに集まるか。ハイ皆さん集まって〜〜」
夕日が見える柵の前に皆さんが集まりだしました。

 

 

でもほら、今まさに太陽は地平線に・・・・
ザワザワザワ・・・・。
「わたし端でいいですウ〜」
「そんな事言わずに中へどうぞ」
「いえいえ、とんでもない」
「じゃあ私は前に座って・・・」

 

 

ああ、なしてこのタイミングで記念写真なんて。
私と夕日との間には大きな壁が出現。
「お~い、写真とるよ~はやくおいでよ~~~暗くなるよ〜〜〜」
夕日よさらば・・・・

 

 

顔で笑って心はポッキリ。
”それじゃあ皆さん撮りますよ、ハイ!チーズ ”
パシャ!!
”オッケーです!”
ザワザワザワ
「私ったら目つぶった、いやだもうホホホ」
「私もつぶっちゃったかも〜ハハハ」

皆さんが解散して、そこに現れた光景は・・・・・・
・・・・・・オーマイガッ・・・・
「それじゃあバスに戻りま〜〜〜〜〜す」

 

13.9.20留萌01.jpg

 

北海道留萌特選数の子の街留萌から直送です♪

人気ブログランキングに挑戦中です!おもしろかったらポチっとね
人気ブログランキングへ

Pocket