2

Pocket

スポンサーPR

 

先日、撮影に行った現場は、大きな建物でした。
ホールは体育館みたいに広くて、旦那さんは、隅っこの角でカメラを構えています。
私はというと、写真の中に入っちゃう余計なものを画角の中から避けるために、チョロチョロと動く。

 

 

設備屋さんが置いていった部品の入った段ボール箱は隣の部屋に移動させる。
壁際に置いてある脚立の足も、ちょっとだけ写っちゃうので、それもよける。
雑巾も落ちていたりする。

 

 

カメラを覗いている旦那さんに身振りで聞いてみる、”どう?これで画角からはずれた? オッケー?”
旦那さんは、『消化器!!』と指をさしている。
あ、そうかこれもか。
壁に置いてある消化器を持って、カメラの死角になる柱の裏側に隠しました。

 

 

”どう?”
オッケーオッケー、両手で大きな丸のポーズがでました。
あとは私が隠れるだけね。
サササ・・・っと小走り、奥の影に忍者のように隠れて、あとは息を止めるだけ(待つだけ)。

 

シーン・・・・・・

シーン・・・・・・

 

もういいかな・・・・まだかな・・・・オッケーの声が聞こえない・・・・・
旦那さんは、ヘンな写り込みがないか回りの様子を再度確認しているようです。

 

 

それにしても、まだかな・・・・・・もういいかな・・・・
ちょっとだけ、顔を出す。
パシャ!!
「写ったべ!」
!!すぐに引っ込めた。

 

 

今のカメラはデジタルだから、何枚シャッターをきっても大丈夫でいかったね。
あとで撮影した写真を確認していたら、向こうの影から、怪しい半分顔出し妖怪が写っていたのだった。

 


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

4

Pocket

スポンサーPR

新築された車の整備工場の撮影に出向きました。
工場内は奇麗に整理されていたので、備品の出し入れもなく、撮影はスムーズに進み、あとは洗車場を残すのみです。

 

 

洗車場のシャッターが上がると、モップのお化けみたいな洗車機が現れました。
あ、試運転をしたようで、床が水びたし。
これはもう雑巾で拭くしかありません。
建築屋さんのお兄さんも2人加わって、床の水を拭き取っては排水溝に絞る作業を開始。
洗車場とはいえ、新築の床は靴を脱いで入るので、最初は全員、濡れないようにとつま先立ち。
ゴシゴシ・・・ジャジャジャ〜〜
わ、冷たい・・・・でもね、結局みんな、靴下もびっちゃびちゃさ。

 

 

じゃ、外に出ましょうか。
作業が終わった頃には、みんな歩く音がビタビタいってる。
出口まで来たのはいいけれど、この足どうする?

 

 

したっけさ、建築屋さんのお兄さんは、何事もなかったのように、すーっとそのまま靴に足を入れました。
もう一人のお兄さんも、靴下を履いたままの足を、ギュっと一度しぼってから靴を履きました。
旦那さんも、そのままサっと靴に足を入れちゃった。
私も靴下を脱いでいるヒマもなく、みんなの流れで靴を履く。

 

 

カメラを調整し向きをととのえ、余計な物が写り込んではいないか、水が反射している部分はないか、よーく確かめて・・・
みんな、シャッターを切り終わるのをじっと待つ。
足、気持ち悪い・・・・
4人はその時間、なんとも言えない靴の中の感触を共有しました。
こういうのも、仲間意識っていうのかな。
パシャ・・・パシャ・・・
これで撮影は無事に終了。
「終わりました」の声に、みんな一気にさっと解散。早く靴脱ぎたい・・・・

 


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

4

Pocket

スポンサーPR

 

数日前の事です。
建物の外観の写真を撮る為に、郊外の現場に行きました。
外が寒かったので、私は一足先に、車の中で待つことに。
旦那さんが戻ってくるまで、スマホをポチポチと暇つぶしです。

 

 

したっけさ、ンガァ〜〜!! という声が聞こえたと思ったら、旦那さんがすんごい怖い顔してこっちに突進してくる。
歯を食いしばり、ナナメ前かがみになりながら、カメラを装着したままの三脚を握って迫ってきます。
バン!とそのまま車に手をついたかと思うと、ククク〜アア・・・・・と、なんとかドアを開け、カメラを車に入れました。
それから自分が乗り込んで、歯を食いしばったり、大きく口を開けたりしながらウウウとかククク〜〜〜とか言って苦しんでる。
いったい何が起きたというんだろう。

 

 

ここからは、もだえながらの旦那さんの話 >>

「イテ〜〜〜・・・撮影が終わったから車に戻ろうとして歩き始めたべや。したっけさ、イテテテ  突然、右の足首がグキ〜〜!!ってなったもなーウウウウ・・。段のある所を斜めに踏んだんだなきっと・・・イタイ〜〜〜」
段差に気付くのが遅れ、右の足首を内側にひねってしまったようでした。
「だけど、カメラ持ってるべや。壊したらマズイと思って必死でこらえたべさ」

 

 

体をはってカメラを守ったんだね。
お父さん、えらいね!頑張ったね!
大事なカメラが壊れたら困るもね!

 

ところが、その日の晩から、痛みに加えて足首が腫れてきました。

万が一、骨が折れていたなんて事にでもなったら心配です。

 

来月の旅行、おじゃんかも。
あ、いえ、もーちろん、旦那さんの事が心配です。

 

「病院に行ってくるか・・・」と言いながらも、急ぎの仕事が優先で、2日、3日、とたちました。
おかげさまで、今ではだいぶよくなって、この様子だと、快方に向かっているようです。

 

 

最近、自分でも思いますが、体が思うように動いてくれない事がしょっちゅうです。
例えば、物を取ったときにヒジが別な物にぶつかったり。
狭い所をすり抜けられずに、足の小指をぶつけたり。
階段を降りるときに、一瞬、踏み外しそうになったりもする・・・などなど・・・

 

 

知らない間に感覚と体の間にズレが生じて、けがをしやすくなっているのではないでしょうか。
なるべく慌てず、ゆっくり進むようにしなくっちゃ。
今度は私かもしれないもの。

 

= 北海道の人気ブログランキングに挑戦中 =


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



Pocket

2

Pocket

スポンサーPR

 

大きなマンション内部の撮影です。
旦那さんの子分の私は、図面をチェックしながら機材を持って、何種類もの部屋や施設などを、金魚のフンみたに行ったり来たり。
昼間の撮影は、けっこう時間がかかります。

 

 

この部屋は、外からの日差しが強すぎて、床にクッキリハッキリと日差しがうつり込んでいるね。
パンフレットなど、アットホームな雰囲気の写真にしたい時は、日の差し込む部屋はとても素敵です。
でも、今回のような建築としての写真の場合は、設計図通りにできているか、設備は間違いなく設置されているか、などが重要です。

 

 

あまり強い日差しが一部分にあたっていると、そこだけ壁紙の模様が見えなくなったり、床の一部が明るすぎて色が飛んでしまったりします。
部屋の壁紙や床など、全体がキチンと写った写真にするには、なるべく光りが均等に部屋を明るくしている時に写すのが一番。
でも限られた撮影日や時間の中で太陽を説得するなんてできないもね。

 

 

今日は、けっこうな速さで雲が動いていました。
「これじゃあちょっと日差しがキツすぎだ」
そうだね、太陽が雲にかからないかな・・・・・
・・・・まだかな・・・まだかな・・・

 

 

5分・・10分・・・15分・・・・
あ〜あ・・・・
ちょっとダラけて、部屋をウロウロする。
こんな素敵な対面キッチンいいなあ・・・
新築のマンンションの設備だものね、なにもかもがしゃれているんでないかい。
ピカピカのキッチンを指でスーっとなでてみる。

 

 

と、そのとき、太陽が雲に隠れて、床の写り込みが消えました。
「おお、今だ・・・」
私は写真に写らないように、慌ててキッチンの陰に隠れる。
カメラの死角にいたとしても、回りのガラスに自分が写ってしまうので、とにかく物陰に隠れなくっちゃいけません。
パシャ・・パシャ・・・・
やっと、この部屋の撮影が終りました。

 

 

暖房の入っていない建物での4時間半。
途中で1度は休憩したけど、けっこうキツイ。
特にこの歳になりますと、お手洗いが気になります。
歳と お日様には逆らえない・・・というお話よ。

= 北海道の人気ブログが満載 =


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



Pocket

2

Pocket

スポンサーPR

 

今日も寒い一日でした。
ニュースでは、円山動物園で、足湯に入りながら猿山が見られる催しがあったそうで、そ気持ち良さそうな人間の様子を、おサルがガラスにへばりついて見ている映像が流れました。
羨ましい・・・って、おサルさん、思ったべね。

 

今日は、一階部分のほとんどが駐車場になっている大きな施設の撮影に行ってきました。
冬でも完成したばかりの建物に暖房が入っていることは少ないのですが、そこは暖房がきいててほっとしちゃった。
撮影は順調に進み、残りは一階部分の駐車場だけとなりました。

 

駐車場は寒いから、早く終らせてしまいたいね。
電気はどこ?どこ?
あちこちウロウロしているうちに、少しだけ灯りがつきました。
もしやここでも人感センサー?
駐車場の天井の灯りはすべて、またしても私達泣かせの人感センサーの照明でした。
天井の左、中央、右と3つの部分に別れているようです。

 

駐車場内を動くしかない。
旦那さんが腕をグルグル回すと、手前の灯りの3分の1がパっとつきました。
私が奥のほうへ行って腕をグルグル回すと・・・・つかない・・・
ヘンだね、私小さいからセンサーにひっかからないのかしら。

 

腕をグルグル&小走り・・・こうかな・・・こうかな・・・
昔話『ツルの恩返し』の最後で飛んで行っちゃうツルのように、駐車場をパタパタ・・・パタパタ・・あ、ついた!
さらにパタパタ・・こっちもついた!あとはカメラの前から自分が消えるのみ、サササササ。
ほれ旦那さん、今のうち。パシャパシャ。

 

広い範囲での人感センサーは、中年のツルにはちょっとしんどい。

 

= 北海道の人気ブログが満載 =


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



Pocket