北海道・札幌発・だべさ通信5

砕けた氷に見る冬の札幌駅

氷の線路
Pocket

JR札幌駅。荒れた天気が続くと、滑り込む列車はみんなたくましく見える。
ほら、また来た。 普通列車が向こうのホームに滑り込みました。

何処をどんだけ走ってきたのやら、列車には雪と氷がびっしり張り付いています。あんたも、頑張って走って来たんだね・・・・


お客さんを下ろすと、また何事もなくゴゴゴ===っと走っていったけど、線路に残った流氷のような氷の残骸を見ると、北国の冬を走る列車たちは大変だ・・・なんて思うのでした。

氷の線路


PR

北海道ランキング
スポンサーPR
Pocket

2 Comments

  1. 片想い

    お早うございます
    極寒の中、列車でどちらへお出かけされたのでしょうかね
    列車に付く氷・雪目にしたことないものです 長く生きてきて、写真でも初めて観ました

    向こうのオームにも結構乗客見えました 札幌、やはり都会ののですね

    全く別のことですが、先日の日記に書いておられた「牡蠣カレー」 これも初めて知りました
    尾道土産でも食味されたとか、故郷尾道ですが、知りませんでした
    牡蠣も食べはしますが、好物というほどでもありません 伴侶は好きでよく料理には出ますが、黙って食べてます

    Reply
  2. ぽぷら (Post author)

    片思いさんへ
    おはようございます。線路上なので、列車を降りてしまうと、あとはなかなか見ることはないかもしれませんね。
    毎日の通勤通学で利用していると、真冬の札幌駅ではよく見る風景です。この時は列車の側面しか写すことができませんでしたが、吹雪に逆らってやってくる列車の正面も、なかなか勇ましく素晴らしいです。雪は、どれだけ頑張って走ってきたのかという痕跡を列車に残すので、それだけ列車が愛おしく感じるるのかもしれないですね。
    牡蠣カレーは観光客向けの商品だとは思いますが、夫は大喜びしてました。

    Reply

片想い にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA