8

Pocket

PR

 

 

法事の時、北海道では黒飯(こくはん)が折りに入って出される事が多いです。
お赤飯に入れるのは小豆だけど、黒飯は黒豆を使います。黒飯と言っても、ご飯そのものには黒い色はつかないので、白いご飯と黒豆のおこわです。

これがね、とっても美味しいの。お赤飯より好きって人はけっこういます。
ウチの旦那さんもそうです。
それはきっと、うすい塩味が効いているからなんだね。
そうそう、豆餅の餅になる前バージョンみたいな・・・感じ。
それに、お赤飯ならスーパーでも売られているけど、黒飯は売られていないのでなおさらなのかもしれないです。

 

 

北海道は他県の文化の集まりなので、たいていは何処かの県とつながりがあるもんだけど、黒飯はどうなんだべかね。
もしかしたら海道独自の文化なのかもしれません。
機会があったら是非食べてみてね。

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへ

スポンサーPR



Pocket

5

Pocket

PR

 

この礼服を買ったのは嫁にきた時だから、かれこれ30年にもなろうとしています。
背中にファスナーがついているワンピース。でも、当時と比べて今では体重が2キロ増えたので、ちょびっとウェストがキツイかな。

 

今日の法事の時も、余裕のない胴まわりに、いくばくの不安を抱えながらも、立ったり座ったりお膳をいただいたりしていました。
しばらくしたら腹もいっぱい、ジュースも飲んだ。
するともう、礼服のウェストはぴっちぴち。体重はたったの2キロしか増えていないのに、このピチピチさは、体重よりも体型か?
これ以上食べたらファスナーがえらい事になるかもしれないという不安にかられました。
もう飲み食いはやめよ。

 

その時、ハッハッヘ~ックション
うう、その瞬間、ファスナーに大きな圧がかかりました。
!!・・・ああ、よかった、ファスナーが裂けるかと思った。
できる事なら新しいのは買わずにこの礼服でがんばりたい。
でも、ウェストの切り替えが部分が、なんだかボンレスハムみたいだよ。
たった、2キロしか太っていないのにさ!

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへ

スポンサーPR



Pocket

5

Pocket

PR

 

それは午前中に起きた事でした。
「母さん、ぞうきん流しちまった」
元気なく婆ちゃんが事務所に入ってきました。
え、流したってどこに?
「トイレさ・・バケツの水ごと流しちまって・・あっと思ったんだけどもな、見えなくなっちまって」
詰まっちゃったの?
「詰まった・・・水が流れんも・・・」

 

 

とにかくトイレに行ってみました。ゴム手袋を履いてさぐってみたけど届きません。
そうだ、トイレの吸引するやつがあったわ。
その他に針金も持って再びトイレへ。
シュボシュボ!だめだわ、針金にもひっかからない。
仕方ない、最後の手段だね。

 

 

しばらくしてやってきた修理屋のお兄さんは、トイレの構造や、つまり具合によっての修理費を、あらかじめ詳しく説明してくれました。
「まず、外側から試して取れた場合は低度な修理費です」
ほうほう。
「次に、その奥で詰まっている場合は、便器を取り外さなくてはならないので、中度の修理費です」
うお、これが中度ですか・・。
「次に、もうすでに配管まで落ちてしまって、そこで詰まっていたなら、他の排水と混じって逆流の可能性もあります」
ぎゃ、逆流・・・・

 
「そういう場合は高度な料金になります」
おお~、それは高度だ。
「おら、母さんがいない間に、また水流したもな。だから、奥の方に行ってるべよ」
何とかしようとハッチャキ(必死)だった婆ちゃんは、またもややってしまったかもしれない失敗に、増々しょぼんとなりました。

 

 

当然、外側からの手探りでは、ぞうきんは取り出せず、中度の扱い。便器を取り外す事になりました。
なんとか中度でおさまって・・・婆ちゃんと二人で、修理屋さんの作業を見守ります。
すると、ガタ・・と外した一番下から、かろうじて掃除していたぞうきんが見つかりました。
おお!なんとか中度だべさ!ありがとうございます!
修理屋さんのおかげで、また普段の生活に戻る事ができました。
でも婆ちゃんは、しばらくの間しょんぼりしています。「これなら餅がいっぱい買えたべよ」

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへ

スポンサーPR



Pocket

2

Pocket

PR

「雨続くな・・・こりゃきっと入梅だべよ」
あら婆ちゃん、素敵な言葉を知ってるね。
北海道で生まれた私の中には、もともと梅雨というものが存在しないから、そんな季語は思いもつきません。
ニュースや天気予報の中だけで聞く、内地(本州)の言葉です。

 

でも、北海道でも梅雨の影響を受けるためなのか、数日間、雨の日が続く時があります。
雲の間を突き抜けるような6月の真っ青な空も、7月に入ってしばしのお休み。空気はひんやりしていて、雨が上がったかな・・と思っても、またシトシト降る。『蝦夷梅雨』と言う言葉は、今の時期の事を言うのかな。

 

梅雨入りの事を『入梅』と言うらしいので、数日間で終わる蝦夷梅雨からみれば、入梅はとっくに過ぎているのかもしれないけれど、婆ちゃんの口から何気なく出た日本の季語の美しさに、ちょっとホワワワンとした気持ちになりました。

坂の上から町の様子を見下ろすと、小さく見える大きな木が、遠くに行くほど霞んで見える。まるで夢の中に入りこんだようだね。

 
面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへ

スポンサーPR



Pocket

8

Pocket

PR

 

さて昨日は、厚田から車は北上。北に進むほど海が青く光り始めました。
2年前に行った苫前の熊事件のあった場所にハンドルをきりました。

 

うっそうとした山道の行き止まりにあるその現場は、まぶしい日差しもさえぎる林の中です。景子と娘さんは、静かに車から降りると、事件の現場を模した小屋に歩いていきました。
私も恐る恐る後をついて行く。
もし熊が現れたら、一番美味しそうな景子を置いて逃げられるもんね。

10.7.7kuma001.jpg

 

以前来た時はには怖くて見に行けなかっけど、今回はちゃんと、熊の爪痕も見てきました。木は成長しているのでしょうが、それにしても、巨大な爪跡です。

あ、それは景子の手だよ。熊さんみたいだけど。
その景子の手のひらと、木に深くえぐられた爪痕を比べてみて下さい。
熊の手のひらは、景子の顔より大きいに違いありませんね。

10.7.7kuma002.jpg

 

 

私達が到着してからすぐあとに、おじさん達数人がやってきました。
「そういえばここさ、去年、本当の熊が来たんだってよ」
え~!そうなんですか!
そ、そろそろ戻ろうか・・・・・

 

 

「今、自分達が生きている時代に感謝だね」 景子の娘さんが言いました。
「北海道の開拓に来た人が、どんだけ大変だった事かって事だよね」景子が言いました。
最初はちょっと冗談を言ってた おじさん達も、付近を歩いたり、腕をくんで看板の内容を読んだりしているうちに、「本当に昔の人は偉かったよなあ」とぽつりといいました。そこにいる誰もが、同じ気持ちになっていたようです。

 

 

それじゃあ私達はこれで。
いつになく、車の中は幸せな時代に生きている自分達に感謝する話題でいっぱいになりました。
10.7.7kuma003.jpg

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2年前に来た時に、惨劇苫前羆事件(その1)の事を書きました。
そのブログ『だべさ通信2』は消えてしまったので、もう一度、アップしておく事にしました。2008年6月18日up

「獣害史最大の惨劇苫前羆事件」留萌から内陸に30キロほど入った三渓という所にそこはありました。その付近は『ベアロード』と名付けられていて、熊のプーさんにも似た可愛い案内板が、『あと○○キロ』などと書かれて置かれています。けれど、事件現場が近づくにつれ、微笑ましい看板などとは似ても似つかぬ雰囲気が漂います。

8.6.18kuma001.jpg

 

 

農家が点々と存在するアスファルトの道がいつしかとぎれ、砂利道になりました。道幅は狭くなり、うっそうとした木々が道の両側から迫ってきます。雨がしだいに激しくなってきた頃に到着した行き止まり。今にもヒグマが出てくるような、そんな雰囲気です。

8.6.18kuma002.jpg

 

 

 

 

ここは、実際にあった現場に、当時の模様を再現したものです。
以下は、この場所に建てられていた説明文『開拓にまつわる史実』を、ある程度略して書いてみます。
『大正4年12月、冬眠をする事ができなかったヒグマが、10人を殺傷した事件がありました。
ヒグマは、9日に太田家に侵入し母子を襲いました。翌日、その通夜に再び現れたあと、その足で明景家宅を襲ったのです。ここには付近の女性や子供達10人が避難していたのです。激しい物音と地響き、窓のあたりを凄い勢いで打ち破り、イロリを飛び越え、巨大な熊がくずれ込んできました。
ランプは消えて逃げ惑う女性達に巨熊は襲いかかったのです。

8.6.18kuma003.jpg

 

 

8.6.18kuma004.jpg

 

 

8-1.6.18kuma005.jpg

 

 

臨月の婦人は「腹は破らんでくれ」!!「のど食って殺して」と絶叫し続け、ついに意識を失いました。
この巨熊も、事件発生後、6日目にあえない最後を遂げたのです。
巨熊は金毛を交えた黒褐色の雄、身の丈2.7メートル、体重340キロ、年齢は7,8才と言われています。』

8.6.18kuma006.jpg

 

 

この家から少し入った所に、実際に熊が木に付けた爪痕が残されているそうですが、もう、恐くってここが精一杯。

8.6.18kuma008.jpg

 

 

8.6.18kuma007.jpg

 

 

この事件の詳細は詳しく語られていて、私は最初、興味本位だったんです。でも、ここに来てみて、本当に胸が苦しくなりました。
当時の時代に生きた先人達に、頭が下がる思いです。

アスファルト道路まで戻った時、若者達の車とすれ違いました。楽しそうにお喋りしています。さっきまでの私の顔かもしれないな。
最初は興味本位でもいいんだよ、それを知るきっかけになるんだもの。だから、この場所の意義はとても重要だと思うの。改めて今の時代に生きてる幸せな自分を確認する。そして、先人達に感謝したくなる、ここに来た誰もが、きっとそう思うに違いないと思いました。

(2008年5月6月18日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

5月1日、羽幌に行った帰り道。
あれ?開館しているのかな。外から見ると中は真っ暗。でも戸はそっと開けられる。
「やってますか?」
「はいはいどうぞ」奥から、おばさんの声がして、パチパチっとライトがつきました。ここは苫前の郷土資料館。以前は役場か何かで使われていたような、年期の入った建物です。でも、ここに来たかった理由がありました。

 

去年の夏に、私達は、ほんの興味本位から、「獣害史最大の惨劇苫前羆事件」のあった苫前の 三渓という場所を訪れました。
でも、そこで感じたものは、北海道人にとっては、まさに開拓の原点でした。

9.5.1tomamaekuma04.jpg

 

その日からの開館で、お客さんは、私達夫婦で、たったの二組目。
「この事件のあった時、私の父親は4歳で、まさに、あの事件のあった三渓に住んでいたんですよ。ほら、『射止め橋』というのがあったでしょ、あのあたり。私が今、この仕事をするってわかっていたら、もっと父ほ話を聞いておくんだったわ」受付のおばさんが話してくれました。

 

 

さて、牛のような、いやもっと大きさのヒグマの剥製が置いてありました。
彼の名前は『北海太郎』。いかにも強そうな名前。
説明文には、『体重500キロ、鼻先から尾の付け根までが身長で2.43m。歯を調べる事によって、年齢は18歳であることがわかる。現在確認されているヒグマの最高年齢は34歳、母熊は25~27歳である』と記されていました。

 

おっかないっしょ!こんなのに出会ったら、死んだフリしたってもうダメよ。
それに、ヒグマって本気をだすと、時速50キロの早さで走るんだってさ。
腕の一振りで、人間の首なんか、吹っ飛んじゃうらしいです。

9.5.1tomamaekuma01.jpg

 

爪だけで、こーんなに大きいの。ボールペンの半分くらいの長さがありました。
資料館には、当時の様子を再現した部屋が作られています。
こんな祖末な壁だもん。ヒグマなんかあっという間に侵入できちゃう。
それに、よくまあ、この家で、冬を越したもんだわね。

9.5.1tomamaekuma03.jpg

 

資料館の奥には、ヒグマが襲ったという集落の模型が置かれていました。
なるほど、こういう順路で、民家を襲っていったのか・・・・ん?
リカちゃん?リカちゃんでしょや!
模型に使われている真っ白い顔の村人ABCは、私の友達だったリカちゃん達です。小屋の中でおびえているのは、黒マジックで顔を書かれたワタル君。
プハ~! 思わず目テン。おっかしいっしょ!

9.5.1tomamae05.jpg

 

でもちょっと素敵。だってほら、よく見て見てごらん。
村人達の服も小物も、みんな手作りです。一針一針縫ってあります。こんなリカちゃんが、いくつも置かれているんです。
限られた予算で手作りした光景が目に浮かぶ。
ちょっとの時間、恐ろしい熊事件のことを忘れちゃった。

 

私は今まで、北海道の観光と言えば、美味しい食べ物と奇麗な景色しか浮かびませんでした。 でも、自然は時として凶暴にもなる。北海道の開拓は、ヒグマとの戦いでもあったのです。
今にもそこから巨大熊が飛び出してきそうな現場を、是非多くの人にも知ってもらいたいと思います。
観光バスにも来てほしいと思いました。そしたら、小熊を見つけて駆け寄ったり、エサをやったりなどする事は、絶対になくなると思うのです。(2009年5月6日)

 
面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへ

スポンサーPR



Pocket