2

Pocket

20年使い込んだガスコンロを交換することにしました。
ホーローの台の表面は所々はげて、焦げ目もこびりつき、とうとう点火もできなくなりました。
今まで家族の食卓を支えてくれてありがとうね。

 

さっそくガスやさんがカタログを持ってきてくれました。
おお・・・すんばらしいコンロばかりですね。
天板の表面がピッカピカ。

PR




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ ガスコンロの天板の種類

※説明しよう
コンロの天板は4種類あるそうです。
○ ガラストップ(クリアガラス)= 現在の主流。耐久性があって掃除もラク。
○ パールクリスタル(ハイパーガラスコート) = 色彩が鮮やか。ガラストップ同様に耐久性があって掃除もラク。
○ ホーロー = 昔はこれが主流だった。キズが付きやすい。(今までのコンロはこれだったわ)
○ アルミトップ = 熱伝導が良く汚れが焼付きにくい。工事費込みで十数万もかかる高級タイプ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ガス屋さんはさっそく説明を始めました。
「こちらのコンロは高火力で中華料理も美味しくできるタイプです」
ほうほう、それはいいですね。

 

「こちらは洗練された機能も充実したタイプです」
へえ、すごいね。高級マンションにいるみたいなおしゃれなコンロ。

 

「こちらは、シンプルに操作できるタイプのスタンダードタイプです」
『高火力のいいわあ、洗練された機能ってのもいいし・・・で、お値段は?・・・・!!
こ、このスタンダードタイプでお願いします』
「わかりました。スタンダードタイプですね」
は〜・・・・小さなため息が出ちゃいました・・・

三日後に、スタンダードタイプの ガス ビルトイン コンロがやってきました。
タンダードタイプでも、私には豪華そのもの。
さっそくガス屋さんの説明です。

 

 

■ 現在のガスコンロは安全性が抜群

「まず、タイマーですね、時間がくると自動的に火が消えます」
タイマー!
これを使えば、お鍋の底を焦がすこともなくなるかもしれない。

 

「それからこれが温度調節ですね。天ぷら油の温度を一定に保ってくれます」
そんなことまで!なんておりこうなんだ!
『したら、いちいちガスの火を調節しなくてもいいんですか?』
「はい、センサーが感知して、火が勝手に小さくなったり大きくなったりします」
なんてすごいんだ、スタンダードなのに。

 

「それからグリルですが、もちろん両面焼きで・・・」
両面焼き!
「最初に火をつけた時点でタイマーが作動します・・・えっと・・・8分からスタートですね、もちろん時間は調節できますよ」
コンロにもタイマーが!
これでもう、テレビに夢中なって、魚を炭にしちゃう事もなくなりそう。

 

「1分前になりましたら、ピッピッピと知らせてくれます」
お知らせまでしてくれるの!!  すごいよスタンダード。

 

あれから新しいガスコンロは、毎日、安全に気を配ってくれています。
日進月歩の世の中だったんですね。
まったく、浦島太郎のようです。
なんだか料理が上手になったような き・ぶ・ん・・・。

ガスコンロ


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

2

Pocket

スポンサーPR

 

事務所を兼用している我が家も、気付けばもう20数年。
サビでボロボロになった玄関を、とうとう取り替える事にしました。
朝から始まった取り付け工事も夕方には終わり、我が家には似つかわしくないほど未来的なドアに変身しました。

 

 

■ 鍵は4種類

「取り付け終わりましたんで鍵の説明だけさせてもらいます」
鍵の説明?・・

「まずは、これ。カードキー、ドアのボタンを押してからカードをかざすと」
ピ!ガチャ
ほう・・・・・・
ビジネスホテルなどでよく使うヤツね。でもさ、こういう機械って慣れない中年は、なーんか不安です。
確か、普通の鍵でガチャっと開けるドアをお願いしたはず・・・

 

「次はこれ、カバンに入れてるだけでいいです、ドアを開けるときはドアのボタンを押すだけで感知します」
ピ!ガチャ おお~
消しゴムみたいな形で、旦那さんが車で使っている電波で飛ばす鍵だね。

 

「そしてこれはシールキーです」
シールキー!直径1センチにも満たないタダのシールなのに、好きなものにペタっと貼っちゃえば鍵にになるだって、へ〜〜。
すごいけど、ガチャって入れてクルっと回す、あの、あずましい鍵は・・・・

 

「で、あとがこれです」
よかった、シリンダーキーだけど、見慣れた形の鍵の登場だ。
「この鍵を使う場合は、取っ手の上の部分のカバーを外し、鍵を差し込んで開けます」
いちいちカバーを外すのか。めんどくさっ。

 

今の時代は、センサーの鍵が主流ってことなんですね。
まったく浦島太郎状態です。

 

 

 

■ 鍵の説明書は読んでおこう

「あとは、説明書を読んで下さい」
業者さんから手渡されたのは、電気製品を買ったときと同じような厚みのある説明書。
サイトからダウンロードして下さいと言われるよりはマシかもしれないけど、説明書なんて読まなくってもちゃんと開くんだからいいんでないかい。

 

ところがです。
夕方仕事から戻った旦那さんが言いました。
「おい、外に出る時は必ず鍵を持たないとダメだぞ、車に荷物を取りに行って戻ったらよ、閉め出されたべや」
ええ!!
新しいドアは、家の主人を無視し、数十秒間施錠されないままでいると、自動で鍵がかかってしまうのであった。
じゃあ、ゴミ出しに出る私は、そのうち絶対閉め出されちゃうわ。
説明書を読んで自動ロックは止めさせなくっちゃ。

 

どんどん進化する鍵ですが、私が知ってる一番古い鍵と言えば『つっかえ棒』。
引き戸の玄関に、内側から長いボコをナナメに立てかけるだけの鍵。
あと、戸の片方に取り付けた輪っかに、もう片方に付けたL時のフックをかけるという鍵もありました。

 

戸の重なった部分にネジ式の棒を差し込む鍵もありましたよ。
こんなヤツね。
これは札幌の時計台の窓です。

160916-tokeidai

 

 

北海道では、鍵をかける事を 『じょっぴんかる』 と言っていました。
今の若い人は使わないでしょうね。

 

そのうち、顔や指紋を認識するセンサーの鍵も一般に使われるようになるかもしれない。
だんだん歳をとって顔がたるんでシワが増えたら、ドアは怪しんで
”アイコトバ ヲ イッテクダサイ” なんて言っちゃうかもね。
合い言葉なんて思い出せないし・・・

 

だってここはうちだべさ!
”アイコトバ ヲ カクニンシマシタ”
ピ!ガチャ

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket