Pocket

ゴールデンウィークあとの平日は、白金温泉の『白金観光ホテル』はとても居心地が良かった。
夏の登山シーズンにも、美瑛のお花畑にもまだ早い。大雪連邦のふところの中にあるせいで、春はまだ下界から登山途中です。

回りにはまだまだ雪が残っている寒さというのに、ホテルの方たちは外で出迎えてくれました。

大雪山白金観光ホテル

 

この日 泊まった部屋は洋室。
部屋のカギは、見慣れた形の差し込みタイプ。
電気でないポットには、熱いお湯が入れられていました。
私たちの年齢になると、こういうのが あずましい(くつろげる)んです。大雪山白金観光ホテル

 

大雪山白金観光ホテル

 

 

大雪山白金観光ホテル

テーブルの上に ウォーターハンマー現象(水撃作用)発生のご理解とお詫び と書かれたパンフが置かれていました。
ウォーターハンマー現象?
『暖まった蒸気が配管の中を通るため、温度差で膨張や収縮し、つなぎめなどにぶつかり音をたてることがあります・・・
不快な音をお感じになりましたら・・・・』

 

大雪山白金観光ホテル

 

ウォーターハンマー現象っていう名前がついていたんだ・・・
高校生のとき、朝、まだ空気の冷たい教室に入ると、カンカン キンキン 誰かが金属の管を叩いているような音が聞こえて来る。
するとしだいに、ここからあたたあかい空気がでてきます。
難しい現象のことはわからなかったけど、暖房が入ると鳴る音です。
女学生だった私は、友達といっしょに、スカートをかぶせて暖まったもんでした。

大雪山白金観光ホテル

夕方になって、カンカン キンキン
しばらく聞いていなかった音だけれど、自分の耳にはいつものように聞こえる鳥のさえずりのようなもの。
けれど、本州からの観光で訪れた人や、若い人たちには、耳慣れない不思議な音に聞こえるに違いないですね。

 

お湯は言うまでもございません。
だって、大雪連邦の地下を通ってきたお湯に入るのですから、大雪の山々に
暖められてい気分でしたよ。
朝は5時ころに目がさめたもので、露天風呂で大雪の空気を吸おうと思いまして、さっそく内風呂で暖まっておりましたら『露天風呂は朝6時からです』といまごろ書いてあることに気付きまして、出直しで、朝風呂2回という新記録も生まれました。

 

私たちが宿泊したこの日は、宿泊客も多くなかったせいか、白樺の白い林をゆっくり見ながら食事ができました。
夕食は若者には物足りないかもしれないけれど、私たちにはありがたい内容です。

大雪山白金観光ホテル

 

 

大雪山白金観光ホテル

 

こちらは翌日の朝食。

大雪山白金観光ホテル

 

翌朝はなんとみぞれ!!
こんなに格安で泊まったのに、やっぱり外で見送ってくれました。

ありがとうございました。

 

大雪山白金観光ホテル

 
白金温泉 大雪山白金観光ホテル


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



Pocket

Pocket

実家の場所は、札幌の中でも雪の多い所です。
除雪は一昨年まえから業者さんにお願いしているのですが、それでも、今年の雪はケタちがい。
細かなところの除雪はしなくちゃならず、私たちが訪ねた時も、姉が家の裏の雪をせっせと除雪しているところでした。
母と一緒に生活してくれている姉には感謝しなくちゃ。

 

あのお宅の物置に積もっている雪はすんごいね。
70センチくらいはあるかしら。

物置に積もった雪

傍にある公園は、冬の間は雪捨て場になっています。
ご近所の人達が、それぞれ雪を捨てにやってきます。

おお、なんだこの雪の壁は。
除雪機の跳ね上げた雪が要塞のようになっていますよ。
その間にあるのは通路はまるで渓谷のよう。

 

雪の公園

 

 

雪の公園

 

 

渓谷を抜けると、そこは雪国の雪に埋もれた公園であった。
あの赤く見えるのはもしや背の低いジャングルジム。

雪の公園

 

 

背の低いブランコ。
んなわけはございません。雪で埋もれているんです。
子どもは楽しいかもしれないけれど、大人はそれどころじゃないよね。

 

雪の公園
1月が終わると、冬将軍は最後の力を振り絞って、またまたドカっと雪を振らせるだろうな・・・・
雪かきで肩もギクギクしてるし、ハ〜・・・・と、ちょっと弱気になる。

しかーし、こっちは絶対に負けませんわよ。
春になれば寝てたって、雪は溶けてくれるもね。

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

2

Pocket

大雪のあとは、JR手稲駅(札幌)の北口広場にはいつも迷路ができる。(西友の連絡通路から)

手稲駅北口広場

 

 

手稲駅の南口から続くイチョウの木は、葉が落ちて身軽になったというのに、またまた雪をどっさり背負う。

雪の積もったイチョウ

 

どこかのお宅の松。
夏は枝ぶりを競っているけれど、冬はどれだけ雪をてんこ盛りに持てるかで競っている。

雪景色

 

この道は歩道。左は国道5号線。
でも、ここでは手をあげてもタクシーは止められない。

冬の歩道

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

Pocket

先日まで『今回の雪は、昨年が少なかったために多く感じるかもしれませんが、この冬の雪の量は平年並みでしょう』と言ってた気象庁でしたが、今朝は『この冬の積雪量は、12月としては観測以来の大雪となりました』だって。

PR

 

誰が悪いわけでもございませんから、昨夜のこんな風景も、ま、仕方ないかと、心の中で『きれいきれい』と余裕をもたせておりました。

雪景色

 

 

でもね、今朝、カーテンを開けたらこんな景色が・・・・

雪景色

いや〜な予感・・・・
ゴミを出しに行こうとドアを開けたら、何もないはずなのに、クククっという感触。
ドアが開かさらない(開けることができない)。
恐る恐る、中途半端に開いたドアから外を覗いてみたら、このありさまでございました。

 

もちろん、誰が悪いわけでもございません。ございませんが・・・・

なんだべ!!

 

雪の玄関

 

 

たった一晩だけで38センチだそうです。
この雪は、暖かく湿った雪。
上白糖が積もったようにしっとりずっしり重たい雪です。
これは車かなんなのか。

雪が積もった車

 

 

 

とりあえず次男が道を作ってくれましたが、まるで渓谷のようだべさ。
雪につけた道
これから雪かきが待っております。
と、とにかく・・・・・がんばる・・・・およよ・・・

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

6

Pocket

スポンサーPR

 

テレビに映し出された吹雪の映像に、もしや北海道かと思うほどで、目がまん丸になってしまいました。
西日本は記録的な寒波で、九州でも10cm以上の雪が積もったそうですね。
南国の魚たちも、あまりの寒さで仮死状態になっちゃったと聞いて、人間ならずも動物たちも、困惑している様子がうかがえました。
北海道からみれば雪は日常的な風景ですが、めったに雪の降らない場所ではその分、ダメージも大きいでしょうね。

 

 

以前、本州に住む叔母がお孫さんと来た時に
「千歳空港に着いたらまず、孫に冬靴を買わせたのよ」
と言っていた事を思い出しました。
靴底の平らな夏靴では、いくら北海道人の私達でも、歩くのはちょっと大変。
やはり、靴底ギザギザの冬靴でなくっちゃ歩きづらいです。

 

 

逆に、北海道人にとって、夏の30度を越した本州の気温は、解けちゃうほどに暑く感じます。
特に、高い湿度も加わるので体調がくずれやすく、そりゃそりゃ大変なものがございます。
以前、真夏の岩手県に行った時は、暑さと湿度で、もうダメかと思った事があったもね。

 

 

北国に住む人には北の気候にあう体が、南国に住む人には南国の気候にあう体が、ちゃんと備わっているように思います。
今回の寒波では、西日本で暮らしている方々にとっては、北海道人が感じる寒さ以上に、とーーーっても寒く感じられるのではないでしょうか。
寒さには重ね着がいいですよ。
雪路を歩く時はゆっくりすり足で歩けば転びにくいです。
どうぞ、充分にお気をつけて。
春はもうすぐです。

 

 

= 北海道の人気ブログが満載 =


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



Pocket