2

雲仙温泉地獄谷。

あれ、湯気でない?
おお、道路の脇から湯気が登ってる。
車は雲仙温泉地獄谷の駐車場に入りました。
歩道から湯気が上がってる。

雲仙温泉 地獄谷

 

歩いて行ってみると、わわわ・・・・温かい湯気が足の下から上がってくる。
不思議な世界だわあ。

湯気の中を通過!
雲仙温泉 地獄谷
あったかいねえ、面白いねえ。
あんまりゆっくりはできないんだけれど、遊歩道を歩いてみよう。

雲仙温泉 地獄谷ボッコボッコと湧いているお湯は温泉の最高温度は98度。
吹き出している噴気の最高温度は120度だそうです。

 

 

雲仙温泉 地獄谷

 

なになに、「その昔、島原城下で大変裕福な生活をしていたのに密通をしたあげく、夫を殺してしまったお糸という女がいました。お糸が処刑されたのちに地獄が噴出・・家庭を乱すと地獄に落ちるぞ』・・・・か。

ふ〜〜ん。
お金がたっぷりあるんだったら夫を殺す必要ないのにね。
お糸さんには お金以上の、よーっぽどの事情があったんだわきっと。
この歳になりますと、お金と愛情の天秤が揺らぐのでございます。

雲仙温泉 地獄谷

さて、遊歩道を行ってみよう。

少し歩くと東屋が見えてきました。
大きな声でガヤガヤしている団体さんがいるね、外国の人達だわ。

団体さんがドヤドヤとすれ違って行ったあとというのに、歩道の真ん中に猫がいる。

あれまあ、熟睡なのか慣れっこなのか、あれだけの団体さんにも動じずに寝ているなんて。
ここは彼女(彼?)の指定席なんだね。

あ、温泉卵!

雲仙温泉 地獄谷
目の前の卵屋さんで温泉卵(2個200円)を買っても、すぐ傍に人がやってきても、猫は動じず、な〜んもさ。

雲仙温泉 地獄谷
温泉卵は、黄身がしっとり。

結論!雲仙温泉地獄谷は、すご〜く猫に優しい温泉です。

雲仙温泉 温泉卵

 

 

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



4

スポンサーPR


 

真夜中、半分開けた窓の外から ンニャ〜 ンギャ〜と声がする。
あ、ネコ鳴いてる・・・・・・・。もしや窓の下あたりか。
布団の上でゴロンと体を半回転させ、タオルケットを胴体に巻き付ける。
どーせそのうち、どっかに行っちゃうしょ・・・夢ウツツ・・・・zzzzz。

 

 

ンニャ〜 ンギャ〜〜〜〜ンギャ〜〜
いやいやいや、ちょっと鳴き声大きいっしょ。
ンギャ〜〜 オギャ〜〜 ウンギャ〜〜〜〜ギャオギャオギャオ〜〜〜
うう・・うるさい。
ウンギャオウンギャオ、コレデモカ ウンギャオ〜〜〜!!

 

 

いったい今何時?3時50分!!
カーテンのすき間から見える景色が、しらじらと物影を現してきていました。
ウンギャオウンギャオ、コレデモカ ワオワオ ウンギャオ〜〜〜

 

 

心優しいおばさんにだって我慢の限界ちゅうもんがある!
本当は体を起こすのがおっくうだったから、どっかに行ってくれるのをお願いしていただけだけど、もうこうなったらしょうがないわ。
パジャマ姿だけど、ま、いいわ。
布団からはい出し、用心の為に傘を持ち、外へ出て窓の下に行ってみました。
すると、壁の下に大きなおまんじゅうのようなかたまりが2つ。
漬物石・・じゃない、やっぱしネコだ、ネコの丸めた背中だわ。

 

 

傘の先で、ちょっと地面を叩いてみる。トントン・・・
ギョロ!二匹のネコが一緒にこっちを振り向きました。
わ、目、光ってる・・・
しかし、ここで、おじけづくわけにはいかない、私は人間だも。
再び傘の先で地面を叩き、「ちょっとあんたたち、ここをどこだと思ってんのよ!」・・・と、小声で言ってやった。

 

 

すると大きなネコは、一瞬、姿勢を低く頭を下げて身構えたかと思うと、すんごいスピードで向こうのお宅の敷地に走さり去りました。
それって、捨てゼリフのポーズか?
残ったもう一匹のシマネコは、じっと私を見たまま身動きしない。
一匹だったらちょろいもんさ。

 
一歩近づき、トントントン、
「あんた、ここをどこだと思って・・」
といきなり、シュシュシュシュ!!っと私の横をすり抜けました。
ヒェ!
両手が一瞬に舞い上がっているうちに、ネコは飛ぶような早さで足元をすり抜け、どっかに行ってしまいました。

 

 

ああ、これでまたゆっくり眠れるわ。
布団にたどり着き、再びタオルケットを胴体に巻き付け、丸まさりました(まるまりました)。
それにしても、真夏というのに全身毛皮を着ている猫は、暑くないのでしょうか。
あーよかった人間で。
私が巻くのはお腹回りだけだもん。

 


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。

4

スポンサーPR


朝、ゴミ出しから戻ってくると、雪の上に猫の足跡を発見。
婆ちゃんの玄関の階段下まで点々と続いています。
腰をかがめて覗いてみる。

 

 

暗いけど、目が慣れてくると奥の方に大きなおまんじゅうみたいな茶色いシマシマが、多きくなったり小さくなったりしているのが見えました。
やっぱし猫!丸まさって(丸まって)寝ているようです。

 

 

”もしも〜し、ミャーミャー、ネコネコ”
彼か彼女か知らないけれど、猫はちょっとだけ顔をあげて、上目使いでこっちを見ました。
”悪いけど、ここはあんたの家じゃないよ”
けれど、猫は私の忠告にも動じずに、うつろな目でこっちを見ているだけです。
今度は階段のヘリをコンコンやってみました。
それでもまったく動きません。
おかしいな、ノラ猫だったらもっと警戒するだろうに。
弱っているのかな?もしかして、ここが死に場所??
わわ、そりゃ困る。

 

 

明日にっなって覗いてみたら、ここにあんたがそんな目をして 、口がグワ〜舌がベロ〜とかなって、グタ〜となっていたら困る。
”あんた、具合悪いの?”
猫は、半開きの目を私に向けて、この世の終わりのような表情で訴えているようでした。
朝は何かと忙しいから、とりあえず旦那さんに報告。

 

 

9時を過ぎた頃、猫どうだった?と聞いてみました。
「ああ、すんごい早さで逃げていったぞ」
”え!元気だったの?”
「オレが行って覗いたべや」
”うんうん”
「階段のヘリをカンカン叩いたっけよ」
”ほうほう”
「こっちに向かって突進して来てよ」
”え〜!”
「ギョエっと思ったら足元すり抜けて飛んでったわ」

 

 

私があんなに声をかけたのに、階段のヘリをカンカンやったのに、あの半開きのマナコはもしや、寝ぼけマナコってやつだったんだべか。
なんちゅう度胸の座ったヤツじゃ。
でもさ、ウチの階段の下で、グワ〜〜ってならなくっていかったわ。
なんだか今になって、も少し寝かせてやってもいかったな〜なんて思っちゃった。

 


人気ブログランキングへスポンサーPR