Pocket

『白ひげの滝』は、地下水が岩のすき間から流れ落ちる落差30メートルの滝で、標高600メートルのところにあります。
その水を受け止めているのがブルーリバーという別名を持つ美瑛川。
その理由は、『青い池』と同じように、川がコバルトブルーをしているからです。
ブルーリバーはやがて、『青い池』の水と合流します。

 

 

「ここからすぐだよ」
白金温泉をチェックアウトしたあと、旦那さんが言いました。
『それなら見てみたいわあ』

『青い川』に落ちる『白いひげ』の滝か・・・・・
なんだか神秘的なイメージが湧ちゃうわ。

「でもなあ、この天気だべ?」
そうなんです。この日、5月8日の美瑛町白金温泉の天気はなんと、み・ぞ・れ・・・・
ホテルから白ひげの滝までは車でたったの3分くらいでしたが、5月のみぞれは、体が暖かい春モードに切り替わっているから、寒さがしみる。
でも、せっかく来たんだもね。

ブルーリバー橋

 

このブルーリバー橋の上から白ひげの滝が見られるらしい。
ちょっと気合いを入れて車を降りる。
行ってみよう!スタスタスタと早歩き。髪の毛も上着も、とたんに濡れてきちゃいました。
ウウ・・・さむっ・・・・

 

 

そして、ついに神秘のベールが・・・・・ががーーん
みぞれのペール・・・・

白ヒゲの滝

 

でもね、みぞれで霞んだ景色だけれど、確かに、白いヒゲの滝が見えましたよ。
このお天気だもの、川の色がコバルトブルーに見えなかったのも仕方ないね。
手前、右下に見えている白い部分は、たっぷりついた湯の花でした。
きっとあのへんからも温泉が出ているんでしょうね。

 

白ヒゲの滝

 

 

(30秒くらい景色にひたる・・・・)
よし見た見た、車まで急ぎ足!!さむ〜〜〜〜〜!!

丘のまち美瑛町は、札幌からだと日帰りのライブコースだけれど、ゆっくり時間をとって白金温泉に入ったり、大雪山の空気にひたったり、白ひげの滝を眺めたりするのもいいなあと思いました。


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



Pocket

Pocket

ゴールデンウィークあとの平日は、白金温泉の『白金観光ホテル』はとても居心地が良かった。
夏の登山シーズンにも、美瑛のお花畑にもまだ早い。大雪連邦のふところの中にあるせいで、春はまだ下界から登山途中です。

回りにはまだまだ雪が残っている寒さというのに、ホテルの方たちは外で出迎えてくれました。

大雪山白金観光ホテル

 

この日 泊まった部屋は洋室。
部屋のカギは、見慣れた形の差し込みタイプ。
電気でないポットには、熱いお湯が入れられていました。
私たちの年齢になると、こういうのが あずましい(くつろげる)んです。大雪山白金観光ホテル

 

大雪山白金観光ホテル

 

 

大雪山白金観光ホテル

テーブルの上に ウォーターハンマー現象(水撃作用)発生のご理解とお詫び と書かれたパンフが置かれていました。
ウォーターハンマー現象?
『暖まった蒸気が配管の中を通るため、温度差で膨張や収縮し、つなぎめなどにぶつかり音をたてることがあります・・・
不快な音をお感じになりましたら・・・・』

 

大雪山白金観光ホテル

 

ウォーターハンマー現象っていう名前がついていたんだ・・・
高校生のとき、朝、まだ空気の冷たい教室に入ると、カンカン キンキン 誰かが金属の管を叩いているような音が聞こえて来る。
するとしだいに、ここからあたたあかい空気がでてきます。
難しい現象のことはわからなかったけど、暖房が入ると鳴る音です。
女学生だった私は、友達といっしょに、スカートをかぶせて暖まったもんでした。

大雪山白金観光ホテル

夕方になって、カンカン キンキン
しばらく聞いていなかった音だけれど、自分の耳にはいつものように聞こえる鳥のさえずりのようなもの。
けれど、本州からの観光で訪れた人や、若い人たちには、耳慣れない不思議な音に聞こえるに違いないですね。

 

お湯は言うまでもございません。
だって、大雪連邦の地下を通ってきたお湯に入るのですから、大雪の山々に
暖められてい気分でしたよ。
朝は5時ころに目がさめたもので、露天風呂で大雪の空気を吸おうと思いまして、さっそく内風呂で暖まっておりましたら『露天風呂は朝6時からです』といまごろ書いてあることに気付きまして、出直しで、朝風呂2回という新記録も生まれました。

 

私たちが宿泊したこの日は、宿泊客も多くなかったせいか、白樺の白い林をゆっくり見ながら食事ができました。
夕食は若者には物足りないかもしれないけれど、私たちにはありがたい内容です。

大雪山白金観光ホテル

 

 

大雪山白金観光ホテル

 

こちらは翌日の朝食。

大雪山白金観光ホテル

 

翌朝はなんとみぞれ!!
こんなに格安で泊まったのに、やっぱり外で見送ってくれました。

ありがとうございました。

 

大雪山白金観光ホテル

 
白金温泉 大雪山白金観光ホテル


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



Pocket

Pocket

白金温泉の手前にある十勝岳望岳台に寄りました。
道路わきに雪が見え始め、標高が高くなってきたのがわかります。

 

十勝岳望岳台防災シェルターへの道路

 

途中で『立ち入り禁止』のゲートの横を通る。
この先って雪に埋まってるけど道路なのね。
十勝岳

なんだなんだ???キツネ?!
ヒョコヒョコと道路に出て来ました。

キタキツネ

 

 

キタキツネ

 

 

キタキツネ

道路、渡りたかったのかな。
驚く様子もなく、すごすごと道路わきに寄ってくれました。
すんませんね・・

 

 

十勝岳(2,077m)は、毎年のように小噴火が繰り返されている活火山。
ここは、十勝岳望岳台です。

さむ!車を降りると風と空気が下界と違う。
登山の入り口にしかだっちゅうのに真冬の寒さです。
慌てて上着をはおる。山を甘く見ておりましたね。

十勝岳望岳台

 

十勝岳望岳台

 

十勝岳望岳台

 

 

十勝岳望岳台に、昨年新しく十勝岳望岳台防災シェルターが完成しました。

十勝岳望岳台防災シェルター

 

十勝岳望岳台防災シェルター

 

十勝岳望岳台防災シェルターは、十勝岳が噴火した時の避難場所として、昨年(2016年10月19日)十勝岳中腹の望岳台に建てられました。
登り見た目は普通の平屋の建物だけど、水道、水洗トイレ、浄化槽はもちろん、非常食やヘルメット、飲料水も備蓄。
自家発電機も備え、万が一のときは100人程度が収容可能だそうです。

十勝岳望岳台防災シェルター

 

十勝岳望岳台防災シェルター

 

十勝岳望岳台防災シェルター

 

 

中は広々、今は登山のシーズンではないせいか、人影はまばら。
私たちがいる間にやってきたのは、車が1台と、オートバイに乗った旅人がひとりでした。
まもなくすると、彼は写真の撮っている私の横をスすり抜けて、ブウォ〜〜ンとエンジン音とともに走り去っていきました。
しだいに静けさに吸い込まれていくオートバイの音と、放物線を描くようにモヤの中に消える小さな影。
かっこいい・・・旅人って、絵になるわあ・・・・・・・

十勝岳望岳台防災シェルター

 

十勝岳の1962(昭和37)年の噴火のときは、噴石による死者もでたそうです。
登山をする人はもちろんですが、たくさんの観光客もやってくるので、そんな時にもし噴火したら大変!
相手はなんたって活火山ですから、ケンカしても勝てっこないもね。

活火山の登山というと、御嶽山の噴火のことが思い出されますね。
この建物がシェルターとして使われないのが一番だけど、もしもという時は、その威力を発揮してもらいたいですね。

 
90歳になる母も、車から外にでて景色を眺める。
「ひや〜、たいしたもんだねえ」
本当にねえ、さすが北海道だわねえ。でも寒いから、そろそろ温泉に行きましょうか。
ここから白金温泉へは車で3分ほどです。

 

 


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



Pocket

4

Pocket

美瑛にある『青い池』。
行かれた方も多いのではないでしょうか。
この日は時々雨が落ちていましたが、みんなの日頃の行いがいいせいか、バスが駐車場に着くと同時に止んでくれました。

 

青い池

 

 

バスの駐車場から10分くらい、雑木林の中を歩いて行くと青い池です。
見えてきた見えてきた、立ち枯れた木が鏡のように水面に映る池。
うわあ〜〜〜
それまでスムーズに歩いていた人たちが一斉にカメラを出してパチパチ。
人の流れが淀んでしまうほどです。

 

青い池

 

 

青い池

青い池は、十勝岳の噴火による堆積物が、泥流となって被害を出さないようにと作られた、普通のえん堤です。
クールバスクリンを入れたわけでもないのに、こんなに青い。
付近の湧き水や美瑛川の水の成分が混ざり合って、偶然、このような青に色になったんだそうです。
なので近くには、お店やさんもお手洗いもないので注意しないとね。

 

 

青い池

 

 

青い池

赤や黄色の花畑を見たあとの、こんなブルーはまたまた目にしみる。
誰かの「カッパがいるみたい」って言う声が聞こえました。
カッパ?!
私は、池から登場する女神を想像していましたよ。
すると、今まで想像していた女神さまが、いつのまにか頭にお皿を乗せています。
ありゃりゃ・・・
カッパでも女神さまでも、青い池は、色んな想像力をかきたててくれそうです。

 


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

4

Pocket

美瑛の四季彩の丘には、カラフルなリボンを転がしたような丘が広がっていました。
向こうのほうに見えるのは、これからが見頃の花畑のようです。
広い丘を歩くのはしんどいという方には、耕運機にひっぱってもらって四季彩の丘を巡る事もできるところがいいですね。

美瑛

 

色彩の丘

 

色とりどりの花が植えられていますが、中でも、ひときわ鮮やかだったのが、金魚草(キンギョソウ)という花でした。
日常では見ることのない広〜く鮮やかなピンクの世界に、こちらの目の玉はびっくりしてまぶしいくらい。
金魚草というだけあって、シッポをゆらゆら、体をくねくねさせながら泳ぐ金魚に似ています。

 

金魚草

 

もしこれが本物の金魚だったら、すんごい数になるだろうなあ。

頭の中に、金魚の大群が現れました。
さらにこのつぼみも満開になったなら・・・おお、すんごい数の金魚だ!

金魚草

 

丘の向こうまで、ずっとずっと金魚草。
あとは白い色だったり黄色だったり。
四季彩の丘は、まるでパレットの中に落っこちたかのような色の世界でした。
よかった金魚草で。

 

美瑛

 

美瑛

 

美瑛 色彩の丘

 

この花は花びらいっぱいのコスモスだそうです。

美瑛

 


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket