4

Pocket

PR

 

道庁の赤れんが庁舎、庭を横断する事はよくあっても、建物の中に入ったのはもう何年も前のこと。
観光客の人達がけっこう出入りしているのにつられて、私もちょっとお邪魔してみる事にしました。

この建物は、アメリカ風ネオ・バロック様式という建築方法で1888年(明治21年)に建てられたそうです。一度、火事にあって、内部は焼けてしまったけど、レンガの壁はしっかり残ったそうです。では行ってみよう。

道庁赤れんが庁舎

 

■  赤れんがの★は北海道開拓の北極星

窓の上についている赤い★は北極星です。高い木がそそり立つ原野から見上げた空に、いつも輝いていた北極星は、北海道を開拓しようとした人達にとって、まさに希望の星だったことでしょうね。

サッポロビールの★のマークも同じ、開拓史の北極星です。
札幌の時計台にも★のマークがついていますよ。

道庁赤れんが庁舎の星

道庁赤れんが 入り口

玄関のノブ、最近なかなかないね、この形。

玄関のノブ

 

 

■ 重厚な建物は今も健在

玄関を入ると、正面には赤いジュータンの敷かれた広い階段があります。
ドラマのセットみたいだね。

道庁赤れんが

見上げるとこんな感じです。

161016doutyou8940

161016doutyou8937

■  古さが作る歪んで見えるガラス窓

2階に上がるまえに、階段の裏に回ってみましょう。
ここには、なんにもないんだけどね、とても素敵な絵がみられるんです。
左の絵じゃなくって、窓のほうをご覧下さいませ・・・・
向こうに見える建物が歪んで見えませんか?

道庁赤れんが

161016doutyou2-8964

 

 

1階の『休憩室』と書かれた部屋は、お土産物屋さんになっています。
ここはお土産物やさんの窓。

赤れんが窓

 

 

以前、聞いた話ですが、建物にはめてある窓ガラスは、できるだけ当時のものをそのまま使っているそうです。
昔は、1枚1枚手作りだったので、ガラスの板には少しの厚みの違いや歪みがでるそうです。
それが、窓の外の景色を歪ませて、こんなふうに見えるわけです。

さて、階段を上がって2階に行ってみましょう。
2階の部屋は資料室しなっています。
私が以前来たときとは、昔懐かしい石炭ストーブなんかが展示してあったんだけど、もう、すっかり内容は変わっていました。
正直、パネルが多いな・・・

道庁赤れんが

ここは、歴代の知事さんのお部屋です。
イスやソファがいっぱい置いてありますが、座ってはいけません。

道庁赤れんが

 

 

161016doutyou8968

 

 

知事さんの席の後ろの窓は、寒さを通さないための2重窓です。
そのせいか、外のレンガがまるで油絵のような絵画的景色。

161016doutyou8969

161016doutyou8971

ガラス窓

 

 

札幌に住んでいながら、まだ一度も入った事がない方もいるかもしれないですね。資料室には、北海道の観光や歴史の資料などが展示されていますが、建物の雰囲気を味わうのもなかなかいいです。

ちょっと待ち合わせの時間に余裕があるときに、立ち寄ってみてはいかがでしょ。

161016doutyou8981

<入場は無料>

北海道庁に展示されていた石炭ストーブ

面白かったらポチっとね。

スポンサーPR



Pocket

Pocket

PR

今日の札幌は、この季節にしては暖かく、歩いていると上着がいらないくらいの陽気でした。
道庁の赤れんが前の『札幌市北3条広場(アカプラ)』のイチョウの木も、だんだん緑が薄れてきたようで、そろそろ金色に変身する準備を始めたようです。

道庁前

 

遠くのイチョウの木の下で、上と下を交互にキョロキョロしているおじさんがいます。
下を見てからまた上を見て下を見て、”このへんか?” みたいに腰をかがめて、木の向こう側に回ってみたりもしている。

道庁前道庁前の銀杏

 

もしかして、銀杏?
歩きながら少しずつ近づいていくと、その木の枝だけオレンジ色が見え隠れしています、やっぱし銀杏だわ。
おじさんは、銀杏を拾いたかったんでないかい。
でもさ、まだ時期は早いっしょ。そんなに落ちてはいないと思うな。
そこに、ひとりのおばさんが、おじさんに声をかけました。
おじさんは木の上を指差して、少し何かを話してからどこかに行ってしまいました。

 

 

残ったおばさんは、やっぱりあたりをキョロキョロして、銀杏を探しているようです。
でも、みつからなかったんだべね、少し探してから、どこかに行ってしまいました。

 

 

次に、私がその木の下に来たとき、見上げてみれば、おお! 銀杏が鈴なり!
落ちてなないべか。
遠くから見たときの、あの冷淡なおじさんへの気持ちがどっかに吹っ飛んで、
歩きながら、目の玉だけがキョロキョロ動いて、木の後ろ側も覗いちゃったりしてる自分がいる。
やっぱり落ちてないか・・・
私ったら、結局さっきの おじさん や おばさん と同じ事をしている。
だってねだってね、小さなものでも、お得にゲットできるものなら、なんでも欲しい。
そんな自分が、こんな時にも現れちゃうのであった。

161016doutyoumae8930.png

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket