4

Pocket

PR

 

道庁の赤れんが庁舎、庭を横断する事はよくあっても、建物の中に入ったのはもう何年も前のこと。
観光客の人達がけっこう出入りしているのにつられて、私もちょっとお邪魔してみる事にしました。

この建物は、アメリカ風ネオ・バロック様式という建築方法で1888年(明治21年)に建てられたそうです。一度、火事にあって、内部は焼けてしまったけど、レンガの壁はしっかり残ったそうです。では行ってみよう。

道庁赤れんが庁舎

 

■  赤れんがの★は北海道開拓の北極星

窓の上についている赤い★は北極星です。高い木がそそり立つ原野から見上げた空に、いつも輝いていた北極星は、北海道を開拓しようとした人達にとって、まさに希望の星だったことでしょうね。

サッポロビールの★のマークも同じ、開拓史の北極星です。
札幌の時計台にも★のマークがついていますよ。

道庁赤れんが庁舎の星

道庁赤れんが 入り口

玄関のノブ、最近なかなかないね、この形。

玄関のノブ

 

 

■ 重厚な建物は今も健在

玄関を入ると、正面には赤いジュータンの敷かれた広い階段があります。
ドラマのセットみたいだね。

道庁赤れんが

見上げるとこんな感じです。

161016doutyou8940

161016doutyou8937

■  古さが作る歪んで見えるガラス窓

2階に上がるまえに、階段の裏に回ってみましょう。
ここには、なんにもないんだけどね、とても素敵な絵がみられるんです。
左の絵じゃなくって、窓のほうをご覧下さいませ・・・・
向こうに見える建物が歪んで見えませんか?

道庁赤れんが

161016doutyou2-8964

 

 

1階の『休憩室』と書かれた部屋は、お土産物屋さんになっています。
ここはお土産物やさんの窓。

赤れんが窓

 

 

以前、聞いた話ですが、建物にはめてある窓ガラスは、できるだけ当時のものをそのまま使っているそうです。
昔は、1枚1枚手作りだったので、ガラスの板には少しの厚みの違いや歪みがでるそうです。
それが、窓の外の景色を歪ませて、こんなふうに見えるわけです。

さて、階段を上がって2階に行ってみましょう。
2階の部屋は資料室しなっています。
私が以前来たときとは、昔懐かしい石炭ストーブなんかが展示してあったんだけど、もう、すっかり内容は変わっていました。
正直、パネルが多いな・・・

道庁赤れんが

ここは、歴代の知事さんのお部屋です。
イスやソファがいっぱい置いてありますが、座ってはいけません。

道庁赤れんが

 

 

161016doutyou8968

 

 

知事さんの席の後ろの窓は、寒さを通さないための2重窓です。
そのせいか、外のレンガがまるで油絵のような絵画的景色。

161016doutyou8969

161016doutyou8971

ガラス窓

 

 

札幌に住んでいながら、まだ一度も入った事がない方もいるかもしれないですね。資料室には、北海道の観光や歴史の資料などが展示されていますが、建物の雰囲気を味わうのもなかなかいいです。

ちょっと待ち合わせの時間に余裕があるときに、立ち寄ってみてはいかがでしょ。

161016doutyou8981

<入場は無料>

北海道庁に展示されていた石炭ストーブ

面白かったらポチっとね。

スポンサーPR



Pocket

Pocket

PR

今日の札幌は、この季節にしては暖かく、歩いていると上着がいらないくらいの陽気でした。
道庁の赤れんが前の『札幌市北3条広場(アカプラ)』のイチョウの木も、だんだん緑が薄れてきたようで、そろそろ金色に変身する準備を始めたようです。

道庁前

 

遠くのイチョウの木の下で、上と下を交互にキョロキョロしているおじさんがいます。
下を見てからまた上を見て下を見て、”このへんか?” みたいに腰をかがめて、木の向こう側に回ってみたりもしている。

道庁前道庁前の銀杏

 

もしかして、銀杏?
歩きながら少しずつ近づいていくと、その木の枝だけオレンジ色が見え隠れしています、やっぱし銀杏だわ。
おじさんは、銀杏を拾いたかったんでないかい。
でもさ、まだ時期は早いっしょ。そんなに落ちてはいないと思うな。
そこに、ひとりのおばさんが、おじさんに声をかけました。
おじさんは木の上を指差して、少し何かを話してからどこかに行ってしまいました。

 

 

残ったおばさんは、やっぱりあたりをキョロキョロして、銀杏を探しているようです。
でも、みつからなかったんだべね、少し探してから、どこかに行ってしまいました。

 

 

次に、私がその木の下に来たとき、見上げてみれば、おお! 銀杏が鈴なり!
落ちてなないべか。
遠くから見たときの、あの冷淡なおじさんへの気持ちがどっかに吹っ飛んで、
歩きながら、目の玉だけがキョロキョロ動いて、木の後ろ側も覗いちゃったりしてる自分がいる。
やっぱり落ちてないか・・・
私ったら、結局さっきの おじさん や おばさん と同じ事をしている。
だってねだってね、小さなものでも、お得にゲットできるものなら、なんでも欲しい。
そんな自分が、こんな時にも現れちゃうのであった。

161016doutyoumae8930.png

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

4

Pocket

スポンサーPR

 

朝になったら外は真っ白でした。
湿った雪で、道路はベチャベチャ。通る車がジャジャーっとシャーベットになった雪を跳ね上げています。

 

街へ出かけるので慌ててブーツを出しました。
髪も濡れちゃいそうだから、傘もさして出かけましょう。
水がしたたるベチャベチャのおババになったら、リアルに山姥になっちゃうもね。

雪のバス停

 

ところがです、しばらく歩くと、靴の中がちょっと冷たい。
あちゃ、この靴、しみてきてる?
土踏まずの部分の靴下が濡れているみたいです。
横断歩道に踏み出す所は、車の避けたベチャベチャ雪が固まっていていやだなあ。
あらら、靴の中の冷たい部分が拡大してきたみたい。

 

まずは札幌テレビ塔の東側にある、神社の前を通る。
七五三というより初詣が似合いそうな景色です。
北海道神宮??ここにも北海道神宮があるのか???と思ったら、頓宮(とんぐう)って書いてあります。
あとで調べてみたら、頓宮(とんぐう)とは「仮りの宮」という意味で、いわば北海道神宮の出張所。
北海道神宮までは遠いという人のために、ここでもお参りできるように建てられた神社だそうです。

雪道

 

神社

 

うわあ、雪がくっついてる。
あんた誰・・・

北海道神宮 神社

 

さて1つ目の用事を済ませたので、ここからは地下通路を通って行きましょう。
こういう天気の時は地下は歩きやすくて助かりますね。

地下通路

 

再び地上に上がって道庁赤れんがの前を通過。
雪囲いの職員さんも大変そう、急がなくっちゃいけないもね。

雪の北海道庁

 

道庁の前の池もすんごい状態です。
カモが雪の積もった水面を進んでいます。胸でガガガっと押しながらまるで流氷観測船みたい。
足、冷たいっしょ。
実はさ、私も冷たいのよ。

冬の道庁の池

 

冬の道庁の池

 

二つ目の用事を済ませて帰宅した頃にはもう、靴の中はビッチャビチャ。
靴下を脱がなきゃ上がれない状態です。
新しい靴を買わなくっちゃいけないみたいだね。

 

いきなりドカっときた雪に、狛犬も雪囲いのおじさんも、カモも私も、みんな戸惑っているみたい。

= 北海道の人気ブログが満載 =


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



Pocket

4

Pocket

この夏、車道が広場に生まれ変わった道庁赤レンガ前。
長さはちょうど1丁分。幅も広いから、いろんな催し物ができそうですね。
正式には『北3条広場』だけど、一般公募で決まった名前が ” 赤れんがプラザ ” を略したもので通称「アカプラ」だそうです。

14.9.30道庁.jpg

 

 

入り口に置いてある、この大っきい石は芸術???それとも車よけ??

 

 

それにしても、名前の公募では、当初はビックリしちゃった名前がありました。
例えば、北海道のサッカーチームのコンサドーレ。
単純に、道産子の逆さ読みだも。
”コンサドーレに決まりましたあ!”とニュースで聞いたときには、マジカ??と思ったけれど、聞き慣れると、これがまたカッコ良く聞こえてきちゃうから不思議。
慣れってすごいわ。

 

 

もっとすんごいのが、ススキノにある観覧車、ノルベサ。
『ノル』はフランス語で『北の』という意味で、『ベサ』は、北海道の方言で、私もよく使う『〜べさ』という言葉。
そのまま読んでも『乗るべさ』って、北海道弁になっちゃう。
『ノルベサ』は観覧車だもの、そりゃ乗るべさ。
この名前を聞いた時にはホントどってんこいちゃいました(たまげちゃいました)。

 
PR

 

 

『北3条広場』も、こんな調子で名前を付けちゃえば、『アズマシイベサ』(あずましいべさ=居心地がいいわね)とか、『インデナイカイ』(いいんでないかい=なかなかいいよ)とか、『ナマラアヤイイ』(なまら あやいい=すんごくカッコわね)なんて名前になったかも!・・・・んなことはないか。

 

 

狸小路から見える、この観覧車がノルベサ。
14.9.10狸小路002.jpg

 

 

 


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket