北海道・札幌発・だべさ通信5

猛スピードで橋を渡る男の子の幽霊

Pocket

PR



「ここだぞ、子どもの幽霊」へえ、ここなの・・・・
旦那さんがなんのことを言ったのか、すぐにわかりました。

橋ここは札幌市内の橋。
私が乙女で旦那さんがまだ青年だったころの、今で言うところの都市前説みたいな話しなんだけどね。
それはある日の間夜中のことだったんだと。

 

 

一台のタクシーがこの橋を渡り始めたとき、バックミラーに小さな影が見えました。
運転手は、それはきっと車がオートバイだと思ったので、
” 夜なのにライトも付けずに走るなんて・・・” とあまり気にしませんでした。

 

タクシーが橋の中ほどにさしかかり、再びバックミラーを見ると、その影はさっきよりもタクシーに迫っているではありませんか。
” 随分とスピードを出しているな ”
夜中で車は殆ど走っていなかったこともあり、運転手はアクセルを踏みました。

 

ところがその影は、タクシーに距離を放されるどころか、だんだんと迫ってきたのです。
怖くなった運転手はさらにアクセルを踏みました。
スピードメーターは時速70キロを越していたようです。

 

気付けば影はタクシーのすぐ横に迫って来ました。
運転手が怖々見てみるとそれは・・・・おとこの子・・・・
3歳くらいの子が三輪車に乗ってタクシーを追いかけているのです。
今にもタクシーに追いつきそうです。
あまりの恐怖に気が動転した運転手でしたが、橋を渡ったとたんに、不思議にその子は消えてしまいました。

 

運転手は戻るとすぐに、その話を同僚にしました。
すると彼はこう答えたのです。
「ああ、あそこは出るんだよ、あの橋で事故になった男の子の幽霊さ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホントの話しかどうかは知りません。
でもね、何人ものドライバーさんが見ているという、当時はちよっと有名なお話だったようです。

 

あれから40年にもなりますね。
今ではその男の子の幽霊の話しは聞いたことがありません。
もしかしたら、大人になったから免許を取って、自動車でこの橋を渡っているから誰も気付いていないのかもね。

 


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

2 Comments

  1. 野のはな

    ひぃ~~~い
    毎日暑いんですけど一気に涼しくなりました~~~
    ぽぷらさんならではのオチが優しい・・・ その子が
    大人になって安全運転してたらいいですね

    Reply
  2. ぽぷら (Post author)

    野のはなさんへ

    こんにわ!
    返信 遅くなり申し訳ありませんでした。
    野のはなさんのおっしゃるように、安全運転してたらいいですね。
    それに車だったら、他の車からみても普通だから誰にも気付かれずに走っていますね。

    お盆も終わり、こちらは何となく、吹く風が秋を思わせます。
    残暑も続くと思いますが、お体ご自愛を。

    Reply

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA