生まれ変わった美しすぎるシューパロ湖

夕張での仕事の合間に立ち寄ったシューパロ湖。
シューパロ湖は大夕張(おおゆうばり)ダムによって作られた湖でしたが、今年3月(2015年)、大きな夕張シューパロダムが完成したため、大夕張ダムは湖に飲み込まれ、シューパロ湖はさらに巨大な湖に生まれ変わりました。
農作物用として使われる水、湛水(かんすい)は、日本で2番目に広い面積で、
水位も以前に比べると30m以上も高くなったそうです。

 

新しいシューパロ湖誕生の影には、橋や学校、人の暮らしがありましたが、今はすべて水没し、残された木々だけが、まるで雪化粧でもしたかのように白く立ち枯れ、その姿を湖面からのぞかせています。
その姿があまりにも美しすぎて、気がつけばいっぱい写真撮っちゃっていました。

151007シューパロ001.jpg

 

151007シューパロ002.jpg

 

151007シューパロ003.jpg

 

151007シューパロ004.jpg

 

151007シューパロ006.jpg

 

151007シューパロ008.jpg

 

スポンサーPR

 

151007シューパロ012.jpg

 

151007シューパロ010.jpg

 

151007シューパロ0013.jpg

 

151007シューパロ018.jpg

 

151007シューパロ025.jpg

 

湖の木の間から見えるのは、月じゃなくって道路標識?

151007シューパロ005.jpg

 

シューパロ湖が見える高台に、夕張市立鹿島小学校、鹿島東小学校、夕張東高等学校、夕張私立鹿島中学校の閉校記念碑がありました。

151007シューパロ019.jpg

 

151007シューパロ022.jpg

 

151007シューパロ021.jpg

 

とにかくトンボがすんごくいっぱい飛んでいます。
でも、私がいつも見ているトンボじゃなく、糸とんぼ???
このあたりは、このトンボたちの楽園のようです。

151007シューパロ014.jpg

 

151007シューパロ025.jpg

 

151007シューパロ016.jpg

 

参考>>夕張シューパロダムは『重力式コンクリートダム』です。
重力式コンクリートダムというのは、とにかくいっぱいコンクリートを使って川をせき止める工法です。
北海道弁で言うところの『ツッペ』ね。
川の両サイドの岩盤が弱い地形に使われる方法で、コンクリートを大量に使って水をせき止めます。

 

もう一つ、『アーチ式ダムと』いう種類のダムがあります。
有名なのは黒部ダム。アーチ型になっていますね。
川の両サイドの岩盤が丈夫だと、ダムをアーチ型にして、水圧を両側の岩盤に分散させて支えてもらう事ができるので、ダムの厚みがなくても大丈夫というわけです。

151007シューパロ028.jpg

 

= 北海道の人気ブログが満載 =


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



生まれ変わった美しすぎるシューパロ湖」への4件のフィードバック

  1. すみれ

    自然って凄いなぁと 思いました
    水没している木々も根が濡れっぱなしなのに 朽ち果てていません 
    山々は紅葉していて・・水没している木々は裸木だけれど?静かにそこに佇んでいます
    素敵な風景 見逃さず撮ってくれて 目の心の保養になりました感謝!
    戦没者慰霊碑なども?・・・もしかして移動したのかなぁと ふと思いました

    返信
  2. ぽぷら

    すみれさんへ
    そうかもしれませんね。
    シューパロ湖が見える高台には、この場所で行きた証として、いくつかの記念碑が立っていました。
    本当なら紅葉したかったかもしれない木々でちょっと可哀想にも重いってしまいました。

    返信
  3. ame-ame-ma

    シューパロ湖きれいですね。
    このような場所があることしりませんでした。
    私も、近日中に行ってみたいとおもいます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA