島原から熊本までは、車と一緒にフェリーで海を渡ります。

フェリーの会社は2つ。

○ 熊本フェリーのオーシャンアロー
所要時間は約30分。
早くてボディーもカッコいい。

時刻表・運賃の詳細は熊本フェリーのオーシャンアロー船舶情報

○ 九商フェリー
所要時間は約60分。
ゆっくり、のんびりの旅にはいいね。料金はオーシャンアローよりも低料金。
時刻表・運賃の詳細は九商フェリー のサイトへ

島原フェリーターミナル

 

島原フェリーターミナル

私たちは13時50分発のオーシャンアローに乗ります。
切符を買ったあとになって同乗者も一緒にれるのか聞くを忘れてた。
受付に戻った時にはもう何人も客さんが並んでる。
ありゃ・・・・
と思ったら、切符を買った人がその友達らしき人に「みんなで車に乗ったまま乗船するんだって」と話していたのを立ち聞き!
ラッキー。

 

さて乗船券を購入したら、駐車場で待機ね。
私たちの目の前を自転車を押した青年が一人、乗船待機のスペースにやってきました。
背負ったリュックに、グルグル丸めた上着を縛ってあります。
一生懸命に走ってきたのかな。
係員のお兄さんと話をしているね。
青年は、ハイっと言って、フェリーターミナルに走っていきました。
まだ切符を買っていなかったのかな。

 

もう間もなく乗船が始まる。
彼はまだかなまだかな・・・・来た来た。
ターミナルから飛び出して来た。
青年は係のお兄さんと言葉を交わすと、”行って行って”と誘導されて、自転車の方に駈けていきました。
自転車は、一番先にフェリーに乗り込むようです。
旅はきっと彼を大きく成長させるでしょう。

 

それから次々と、車はクジラのようなオーシャンアローのお腹に入って行きます。
さあ、私たちもいよいよ乗船です。

段々近づいてきて・・・

オーシャンアロー

 

 

おお・・・

 

 

おお・・・

 

 

入りましたあ~。
なしてかワクワクするんだなこれが。

 

船の職員さんたちが、車を止める場所までこっちこっちと誘導してくれました。

階段を上がって1階フロアに。
旦那さんと席を決めたら、まずは船内を探検だべさ。

オーシャンアロー

 

オーシャンアロー

 

 

さらに階段を登って2階のフロアは、明るくて大きなシートやテーブルがあります。
家族や友人たちと一緒に楽しみたいなら2階のフロアがおすすめですね。

オーシャンアロー

 

 

こちらは、1階のフロア。
個別のシートがズラーっと並んでいます。
静かに海の景色を楽しみたいならこちらがいいですね。
写真に写っているシートは、その中でも船の先頭の部分でスペシャルシートです。
スペシャルシートだけは別に料金がかかります。たしか400円だったような??(うろ覚え)

オーシャンアロー

 

出航〜〜
デッキに出てみると、カモメ達も一緒に飛んでくれてる。
間近で見られてめんこいめんこい。
足をピタっとお腹に付けて飛んでるのもいれば、羽根の中にしまって飛んでるのもいる。

 

 

 

オーシャンアロー

 

オーシャンアロー

 

 

オーシャンアロー

愛煙家の方が数人、潮風に髪の毛がフサフサと揺れながらもここで一服していました。
灰皿が置いていあります。
愛煙家にも優しいオーシャンアローですね。

 

そうこうしている間にも熊本に到着。
船のお腹から飛び出した時に、カッコいいオーシャンアローの姿を写真に撮ろうと思ったら、ありゃ〜〜、柵やらなんやらで見えまっせーーん。
しっかり見ときたかったけど、まいっか。

 

 

オーシャンアロー

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへ

スポンサーPR



2

JR手稲駅の南口から、『サッポロテイネ』スキー場に行くバスが出ています。
冬の間は毎日、スキーやボードを抱えたカッコイ若者達が並んでる。

 

『サッポロテイネ』のある手稲山は、札幌冬季オリンピックの会場としても使われた山で、現在でも、当時の回転コースや女子大回転のコースを滑ることができます。
他に、初心者コースから『北壁』って言われてる上級者向けコースまで色々。
目的のコースのある場所のバス停で降りればいいわけね。

サッポロテイネ行きJRバス時刻表

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

手稲駅南口発サッポロテイネスキー場までの今期 時刻表(2016~17)です。
わわ、見にくい!
写真の下に時刻を記載いたしました。

サッポロテイネ行きJRバス時刻表

平日 9:10  10 :15   12:10   14:10   16:10

日曜 8:40  9:10  9:40  10:15  11:10   12:10   13:10   14:10              15:10   14:10

くわしいアクセスは SAPPORO TEINE のこちらのページで
PR


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私?滑ったさー、なんたって昔の手稲の小学校はスキー授業があったからね。
手稲っ子はみんな、スキーが滑れた!
エッジを効かせてシュッシュッシュルシュル~~~~ってなもんよ。

時々ボーゲンしてたかも・・・

よく考えてみたら、ほとんどボーゲン・・・・・

ずっとボーゲンだったかな??

コースはなだらかな『白樺コース』で、それでも止まらず、木と激突したこともあったような。

まま、とにかく、札幌は災害にも匹敵するという50年ぶりの大雪です。
手稲山は、スキーやボードを楽しむ人にとっては、きっと天国みたいになってると思いますよ。

 

JR手稲駅南口

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



2

スポンサーPR

 

スキー場『サッポロテイネ』へ行くなら、手稲駅の南口からJRバス『ていね山線』が期間限定で運行されています。

 

2016年の運行は、3月27日までのようです。
写真に撮ったので、『サッポロテイネ』へ行くぞ!という方はご参考に。

手稲山行きJRバス時刻表

 

 

手稲山行きJRバス時刻表

 

 

= 北海道の人気ブログが満載 =


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



4

PR

 

最新の時刻表の情報は SAPPORO TEINE のこちらのページで

 

JR手稲駅。Mr.ドーナツ前を歩いていたら、大きな声が聞こえてきました。
「ちがうちがう」
声の主はバスの運転手さんでした。
前のドアを開いて両手で×印を作りがら、アジア系の家族連れとおぼしきお父さんとやりとりをしていました。
お父さんは「ダメナノ?ダメ?」と首をかしげています。
状況が少しわかりました。

 

 

運転手さんは言葉がわからないので、たぶん『このバスじゃありませんよ』という事を伝えたかったのだと思います。
お母さんも手をつないでいる二人の子ども達もちょっと不安そう、それにこの気温じゃ寒いよね。
駅構内に入ると、今度はスノーボードを抱えた若者達が、スマートフォンとあたりを交互に見ながら話しをしています。
きっとスキー場に行きたいのね。

 

 

手稲には、1972年に札幌冬季オリンピックが開催された大きなスキー場があります。
以前は『テイネオリンピア』や『テイネハイランド』っと言っていましたが、今は新たにサッポロテイネ
と言ってます。
スキー場に行きたい彼らの気持ちはわかっても、言葉のわからない私は当然のごとく若者たちの横をすりぬけました。
ああ、こんな時、話しができたらなあ。

 

 

本当はね、日本人はみんな優しいんですよ。道を訪ねられれば、誰もがみんな丁寧に教えてくれるはず。
くれるはずなのにほれ、みんなおじけついちゃうわけよ。
外国の人を見ると、ついついすまして遠回りしちゃうんです。
フロリダの風さんみたいに英語ペラペラになれたら、な〜んて素晴らしいんでしょう。
私は英語は大の苦手で、最高成績は通信簿3だったも。トホホ。

 

 

そういえば、手稲駅周辺には外国語で書かれた目立った案内掲示板ってあったかしら。
スキー場行きのバスのは少ないから、乗り遅れたらけっこうキビシイ。
せめて冬の間くらい『サッポロテイネスキー場ハコチラデース』みたいな案内看板を置いたら、役に立つのではないでしょうか。
『お・も・て・な・し・だ・べ・さ』

 

 

2013手稲オリンピアスキー場JR時刻表01.png

手稲南口発『サッポロテイネ』行き、JRバス時刻表
2013手稲オリンピアスキー場JR時刻表02.png

 

最新の時刻表の情報はSAPPORO TEINE のこちらのページで

人気ブログランキングに挑戦中です!おもしろかったらポチっとね
人気ブログランキングへスポンサーPR