Pocket

白糠町(しらぬかちょう)は、道東の太平洋側にある町。
私は、通り過ぎたことしかないんだけれど、ちょうど札幌市内で『しらぬかまるごと体験マルシェ』っていう催しがあったので、立ち寄ってみました。

 

白糠のアクセス地図

 

 

チーズやお酒など北海道ならではの海産物などが並んでるその隅で、小さな布にアイヌの刺繍を縫っている女性がいます。

独特の模様が美しいね、思わず覗き込んでしまいました。

 

 

「一緒にやりませんか?」
え、いえいえ、私は見ているだけで・・・
「体験コーナーですからどうぞどうぞ、ここに座って下さい」
こう見えても私、細かな作業はものすご〜くヘタくそなんでございます。

 

 

小さな布にはちゃんと線が書いてあります。
「この通りにチェーンステッチをすればいいんですよ」
小さな布は、コースターになるようです。

 

 

「アイヌ刺繍は、縫い始めと縫い終わりには必ずこのように止めるんです」
先生がお手本を見せてくれました。
それは、刺繍の端は、必ず長い十字を作ること。
「これは、魔除けの意味なんですよ」
そうなんですか・・・・

アイヌ刺繍

 

縫い始めは先生がお手本を見せてくれたけど、ここからは自分でやらねば・・・・
そうは言ってもねえ、刺繍なんていったい何十年ぶりだべか。
あ、曲がった・・あ、大きさが違う・・・今度はミミズみたいになったべさ。
まいったなあ・・・

糸がなくなったもんで、針に新しい糸を通すことに・・・・・通らない!極度の老眼!!
見かねた先生が、「糸通しをどうぞ」って差し出してくださる始末・・・縫う前にそっからかい!

 

そうこうしている間にも、となりの奥様は美しくできあがり!
”わあ〜、すてきですね!”
「いえいえ・・曲がっちゃって・・・でも嬉しい〜」奥様は美しく出来上がったコースターをバッグに入れて席を立ちました。
まもなく、あとから来た奥様もできあがり。
私は結局、ここまで縫うのに1時間かかったのであった!
なんちゅう不器用さ。これじゃあ指導して下さる先生も困っちゃったべね。
で、でも、貴重な体験をさせて頂きました。
ありがとうございました。
アイヌ刺繍

札幌の南区にあるアイヌ文化交流センターに行ったとき、アイヌの人達の洋服に、白老や日高など、地域によって異なるという話を聞いた事がありました。
私が今回教えて頂いた刺繍の地域は白糠ですから、道東地方という事になります。
さっそく、以前のブログをみてみましたら、似てる!!
道東の地域に住むアイヌの人達の文様でした。

アイヌ文化交流センターに行ったこと

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへ

スポンサーPR



Pocket

1

Pocket

朝、窓に差し込んでいる朝日が嬉しい。
今日の札幌の日の出は6時18分だそうです。
元旦の日の出が7時6分だそうだから、約50分も早く夜が開けています。
東側の窓に近寄って、”朝だ朝だ”と朝日を顔に受けました。

PR

 

ついこの間までは、早起きでもないのに朝は暗かったし、午後は、気付けばもうあたりは薄暗かったもね。
そんな毎日が続くと、気持ちがだんだん沈んできちゃう。
すっかり気持ちが落ち込んでしまったら、それはもしかしたら『季節性情動障害』かもしれない!!
冬に多い症状で『冬季うつ病』なんて言い方もあるそうです。
確かに、そういわれてみれば、なんかこう・・・・・寂し〜〜くなるときもあるもなあ。

 

 

他の症状としては、気力の低下、過食、炭水化物や甘いものが欲しくなる(結果、体重が増加する)のが特徴だそうです。
もしかして私、これかっ?
最近、気力がわかないのに、どーも食欲だけは旺盛だもの。
日照時間が短くなることで、体内時計がくるってしまうのが原因ではないかと言われているらしい。
人は、光の刺激が減ってしまうと、脳の活動も低下してしまうそうです。
ますます私の症状に近いかも。

 

2月になると、日照時間はぐ〜んと長くなります。
12月がたったの85,9時間だったのに対して、2月はなんと104時間。
ということは、2月は『冬季うつ』から解放される季節なんですね。

 

天気の良い日は朝日を浴びて、外にでて、冬季うつを解消しましょ。
そしたら気力もUP! 食欲も落ち着いて、体重増加もおさまるに違いない!
『冬季うつ』だったらだけどさ。

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへ

スポンサーPR



Pocket

Pocket

スーパーで安かったタコの頭。
一個まんまで380円でした、ウレシイ!

茹でてあるので、手触りはプニョプニョ。
このままお刺身で食べられます。
夕食に出して残ったら、明日でもタコ焼きにすればいいもんね。

タコの頭

 

 

本州では、タコの頭はあまり食べる習慣がないそうですね。
足にはゼリー状のものがあるけれど、頭の部分にはありません。
だから噛みごたえがあります。しかも安い。
スミをはく『おちょぼ口』みたいなところも全部食べます。
こちら北海道では、生寿司(握り寿司)のネタにも使われているんですよ。

タコの頭

 

ン?『おちょぼ口』みたいな形だけれど、ここは確か口?じゃないですよね。

タコの頭

調べてみなくっちゃ。
タコの口は・・・『足の付け根に囲まれたの中心部にある』
そうそう、そうだった。
とすると、『おちょぼ口』みたいなこの部分は・・・・漏斗(ろうと)というんだ。
『ここはタコが水やスミをはく部分である』
なるほど〜、そう言われればスミをプワ〜〜〜っと吐いているところをテレビで見た事があります。

 

 

『漏斗は排泄器官であるため、海水やスミの他にも、卵や糞も漏斗から排泄されている』
糞も!
つまりは、お尻の穴のみたいなもんなんだ。
『敵に出会ったときは、勢いよく海水を噴射させるジェット水流によって、素早く逃げる役目も果たす』
なかなか重宝なお尻の穴・・・あいや、器官ですね。
知ってるようで知りませんでした。

 
そんな事など、ちーとも考えず、夕食では漏斗の部分も頭のてっぺんも、家族でパクパク食べちゃいました。
気付けばきれいさっぱり残ってない。
タコ焼きは、また次回のお楽しみということで。


面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへ

スポンサーPR



Pocket

4

Pocket

長女は、4月に里帰りをして、お産をする予定です。
時々実家に戻る彼女を見ていると、自分の頃に比べて随分と世の中も変わったもんだと思い知らされます。

 

まず、産科の待合室にはご主人と来ている妊婦さんが、あんがい多い。
上の子の世話をしてくれたり、診察室にも入って先生の話を一緒に聞いているようです。
ウチの旦那さんは一度もなかったわ。昔だから責めはしないけどさ。
今ではお産に対する考え方が変わってきたんだね。
優しい男性が増えました。

 

それから、お腹の赤ちゃんが順調に育ってくると母親がもらう母子手帳ってあるっしょ。
今は父子手帳もあるんですって。
その父子手帳を見せてもらったら『○ヶ月のときの赤ちゃんは、約○○グラムです』なんていう赤ちゃんの様子や、
『そろそろ安定してくるころですので、温泉などでリラックスできる外出もよいでしょう』など、母体をいたわる内容も書かれていました。
出産は、もう女だけの仕事ではなくなったんですね。

 

今日は長女に付き添って病院へ行ってきました。
診察が終わって帰るのかと思いきや、
「お母さん、今日は分娩室の見学と説明があるから一緒に見に行こう」って言うんです。
なに、分娩室の見学??そんなのがあるんかい。

 

分娩室なんか見学してどうすんだべ。
遠い昔、自分がお産をしたときの事が思い出されました。
陣痛がきて、絶えて絶えて、生まれる寸前になると分娩台に移動したっけ。
金属の医療器具が生々しく置いてあるような分娩室を想像しながら、長女の後をすごすごついて行きました。

 

大きなデザインガラスの自動ドアが開くと、明るくて落ち付いたフロアがありました。
そこに係の女性がやってきて、「どうぞ、こちらが分娩室ですよ」と案内してくれます。
廊下には、木目の大きなドアのついた部屋がいくつか並んでいて、ドアを開けると、そこはまるで応接室?
静かな音楽が流れていて、中央にあるベッドは優しいピンク色。
陣痛から分娩まで、希望さえすれば家族と一緒に過ごしながらお産ができるんです。
昔の、あの室内の様子からは遠く及ばない最近の医療施設に、私の方がびっくりしちゃいました。

 

この病院では、お産のあとの5日間の入院も、希望すれば落ち着いた個室で過ごすこともできます。
案内の女性が、
「今何週目ですか?そうですか!じゃあお待ちしていますね」と、長女と楽しそうに会話をしながら歩いています。
お産に限ったことではありませんが、周囲の環境や雰囲気が及ぼす精神的な影響も、医療にとっては大切ですね。

 

長女の話によると、友人の○○ちゃんは、家族で泊まることができる病院でお産をしたそうです。
住んでいる所は病院から遠く、二人目のお産ともなると、家にご主人と小さな子を残していくのは心配。
でも家族が一緒だと、母親も小さなお姉ちゃんも、もちろん、ご主人も安心だもね。

 

北海道には産科のない町がいくつもあります。
女性達が安心してお産ができる仕組みがないと、地方の過疎化は止まらないのかもしれない。
お見合いツアーばかりにまどわされるほど、女性達はけっして甘くないのだよ。

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

Pocket

朝、起きて、カーテンを開けたらまずは外の様子をうかがってみる。
西から東に横殴りの細かな雪が飛んでいます。
まるで、雪の日の新幹線・・・・・

 

いやーな予感で窓の下を見ると、ハ~・・・・・よろけちゃう。
やっぱし雪が積もってるも。
思わずアゴが上がっちゃうほど、青江三奈もビックリの大きなため息。
心はとっくに春モードに切り替わっているもんで、雪投げモードはどっかに行っちゃったもね。
そういえば、2月は吹雪が多い月だった。

 

先日テレビで言ってたけれど、ため息を付くと、その6秒後には指先の血行がよくなるんだって。
実験ではまったくもってその通りだったけど、実際はどうなんでしょうか。
試しに、もひとつ大きなため息をしてみたけれど、効果の実感はないなあ。
は〜〜・・・は〜〜〜・・・はあ〜〜〜〜!
もしかして、心に吹いた北風が血液を冷やしちゃっているのかもね。

 

人力ラッセル車、いさ、出陣。
玄関先は吹きだまり。しっとり重い雪が5cmくらい積もっています。
ガガガガガ・・・・・・・・と押したらまた戻って、ガガガガガ・・・・・・
このくらい、な、な〜んもさ。

 

雪かき

 

20分も雪を押してやれば、事務所の前は広くなりました。
ほーら、体がポカポカしてきたよ。
血行を良くするには体を動かした方がいいに決まってる。

 

は~終わった。
最後にもひとつ、おまけに大きなため息がでてしまいました。
背がじんわり。顔がポッポ。
でもなあ、できればだけど、ため息だけで血行が良くなれたら、なんぼでも青江三奈しちゃるのになあ。
タラッタ タララランララン ア〜ン ッア~ン

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへ

スポンサーPR



Pocket