Pocket

サピカは、札幌市営地下鉄、市電、北海道中央バス、JR北海道バス、しょうてつバスで使えるICカード。
私もついに『サピカ』をいうものを使い始めました。

 

サピカ

サピカが買えるのは札幌市営地下鉄の券売機や定期券の発売所。
それからバスターミナルや営業窓口です。

 

でね、私は券売機で購入したんだけど、不安だったから友人に付いて来てもらっちゃった。
初回は、2000円での購入になるそうです。(次回のチャージからは1,000円単位で最高20,000円までチャージできる)
そのうちの500円はデポジット。デポジット??ってなんだ?と思ったら、『預かり金』の事を言うんですと。
サピカが必要なくなってカードを返すときには返金されるそうです。

 

デポジットだかデバジッコだか知らないけれど、最初っから『預かり金』って言ってくれた方が、私たちのような年齢の者にはわかりやすいんだけどね。
最近は、サピカだとかキタカとか、エスタにアピア。
新種のカタカナが多くてわけがわかりません。(年齢的なグチか?<(_ _)>)

 

 

券売機をポオチポチポチ・・・・
生年月日、名前(無記名でもよい)、電話番号・・・・・ピピ
ポトン・・
おお〜出ました。
サピカは、切符の金額の10%がポイントとして貯まるというオマケつきだからお得です。

 

 

さていよいよ、地下鉄の改札を通るよ。
みなさん、慣れた手つきでピッピっと通って行くね。
でも私には、あのカードをタッチする楕円形のテーブル部分が、小さな的(まと)に見えてくる。
あそこにピッと、若い人のようにスマートに改札を通ってみたい。

 

 

人の波に混じって改札に飲み込めれて進む。

・・・・・ピッ・・・・・

おお〜〜通れた!(当たり前です)

 

 

一度できたらもう慣れたもんよ。
地下鉄を出る時にはすでにスマートに、ピッ・・・・
バスへの乗り継ぎだってピ!
これならもう大丈夫。
今まで、私の目には見えにくいバス先頭の料金表示を、いくら?いくら??と目を細めながら確認する事もないし、
乗り継くときに、”乗車運賃+乗り継ぎ料金=いくら???” と、アセって計算する事もない。
小銭がなくて、車内の両替機を使ったときに、指の間からお金が落ちて、”すいませ〜〜ん” とか言ってオロオロすることもない。

あとは、使う時になって
”あれ?サピカない?” と、カバンの中をゴソゴソかまかさないように(かきまぜないように)準備しておくことが重要です。
スマートにね。

※ サピカのチャージはセイコーマートでもできるそうです。お買い物もね。
サピカとはサッと取り出して、ピッと利用できるSAPPORO(さっぽろ)のICカードという意味だそうです。
サピカの詳しいことは公式ページサピカってなに?へ >>


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



Pocket

Pocket

砂川市に、すんごく大きなポークチャップというものを食べさせてくれるお店があるんですと。
『Cake & Cafe笑飛巣(えびす)』というお店らしい。
どんなもんだか食べてみたいね。

食がだんだん細くなってきた今日この頃ではございますが、分けて食べればいいっしょや。
そこで先日、砂川を通った時に寄ってみる事にしました。

そのお店は、住宅街の中にありました。
店内は清潔感があってカワイイ雰囲気です。
さっそく『厚さ7cm、重さ600g。
ご提供まで20分くらいの時間も頂きます』の張り紙を発見。
嬉しいことに、1つのポークチャップを二人で食べられるように、ご飯とスープを二人分、添えてくれるメニューもあるんだね。

ポークチャップ + ごはん、サラダ、×1 =1650円
ポークチャップ + ごはん、サラダ、×2 =1950円

「お待たせいたしました」
わわ、わーお。

ポークチャップ

さすが、しっかり中まで焼けていますね。
もっと脂でギトギトしているかと思いきや、そうでもない。
たっぷりかかっているトマトソースがスッキリしていて食欲もそそりますよ。
若い人なら、十分に食べられるかもね。

ポークチャップ

そうは言っても、やはり二人で食べれば美味しさが倍増するのが、この大きなポークチャップのようが気がするな。
この歳の私たちでさえテンション上がったポークチャップ。
若い人同士、友達や、大好きな彼や彼女と一緒に食べたら、
ワー! おっきい〜! すっご〜い!! ・・・・
そりゃそりゃもう話しに花が咲くこと絶対ウケあい!

 

笑飛巣(えびす)は女性一人でも気軽にランチができる雰囲気が明るい店内。私たちが入った時にも、一人でランチタイムを楽しむ女性がいましたよ。
食べていたのはポークチャップではなかったけどね。

 

ポークチャップ


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



Pocket

2

Pocket

あっちこっちとお裾分けをした畑のフキも少なくなって、今日は残りのフキを刈りました。
婆ちゃんが残してくれたフキは、毎年のことながら瑞々しくて美味しいです。
何より、ほっぽらかしても育ってくれるところがいい。

 

手頃なフキを包丁でスパっと切ったら穴を見る。
あら、虫くってるわ。ダメだこりゃ、ポイッ!
こっちのフキはどう?あららこれもだ。ポイッ!

虫の食ったフキ

 

この虫食いの穴の中には、本当に虫がいるのかな?
今まで虫に食われたフキは何度も見たけど、張本人は見たことない。
ためしに黒い部分を割ってみる・・・と、
黒くなってしまったフキの穴のトンネルの中に、なにやら白くて長ひょろいものを発見・・・

 

クネ・・・・
おお〜動いた!
よーく見ると、イモ虫みたいな虫がクネ・・・と体をくねらせました。
それからは動かずじっとしている。

 

 

犯人はこいつだったのか。
何かの幼虫みたいだね。
クネ・クネ・クネ・・・
おお!本気になれば、けっこう動けるんだ。

フキの穴にいる虫

虫に食われていないきれいなフキだけ選んでも、我が家で食べるには十分な量です。
けれど、虫に食べさすのはしゃくにさわるから全部切ってしまいましょ。
スパ スパ スパッ・・・
それから1本1本 中を覗いてみて、穴のきれいなものだけを収穫しました。

フキ

フキには細胞を修復する抗酸化作用や新陳代謝を促進させる働きがあるそうです。
夏に向かって体調を整えるのにふさわしい効用だね。
季節のものを季節に食べる。
それが理にかなっているような気がします。
夕食には、さっそく煮たもんね。

フキの塩漬けそれでも余ったフキは、塩漬けにしてとっとくんだもーん。

 


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



Pocket

2

Pocket

断捨離タンスの中の洋服を整理してみる事にしました。
するとね、去年、一度も着なかった服に出くわします。
一度も履かなかった厚手のタイツやジーンズにも。

 

 

あら、このTシャツは結局着なかったな。
パっと広げてマジマジみる・・・・
えり回りも袖も、ヨレヨレと波うっています。
もう、何年前に買ったのかさえ覚えちゃいない。けど、こういうTシャツこそ、畑の草むしりのときとかさ、掃除のときのとかに着るといいかもしれないっしょ。
ダメダメ。毎年そう思いながら、結局 着ることなく2シーズン?いや3シーズンも過ぎているかも?

 

 

あこれ!
激安通販で買ったワンピース。
紺色のノースリーブにカーディガンもセットされていて、髪の長いモデルさんが着ていたっけ。
ヒールを履いた片方の足を少し曲げて、左手は指先を伸ばして胸元に、右手はひと差し指をスーっと流れるように外に。
そんなポーズが上品だったもね。

 

 

”売り切れご免!今だけの大特価!"  980円送料無料!!
おお〜買っちゃうポチポチポチ!!

 

そんな誘惑に負けて届いたワンピースは、私が着たら、出来たての縛られた焼豚のように、縫い目の間が膨らんでいました。
おかしいな、確かLサイズを注文したハズなのに・・・・・と思って表示を見てもLサイズになっている。
私の考えていたLサイズの規格ではなかったようでした。

 

 

あ、これはいつだか買ったジーンズ。
忘れてたわあ、今度から履こうっと。
試しにその場で履いてみると・・・・・!!
フン!ウェストのボタン をはめるときに出た小さな気合い。
ぽっこりお腹はボタンをはめることによって上下に分割され、さらに規格外の焼豚のような状態に。
買った時は確かにピッタリだったのに。
そ、そっか、去年よりもさらに2キロ太ってしまったしな・・・・・

 

 

そんなワケで、投げるべ!(捨てるわ)。
大きなゴミ袋を用意して、洋服の断捨離作戦開始!
痩せれば着られると思っている(いさぎよくない)どー・・・・・っしても投げられない洋服意外は捨てる事に成功。

 

 

ギューギューで、取り出しては押し込み、取り出しては押し込みだったタンスの中は、まあスッキリ。
引き出しを開けた瞬間に、どこになにが入っているのがパッとわかり、余裕のスペースも生まれました。

 

なーんて気持ちがいい・・・・
だけど・・・そんな空間を見ていると、
『どうぞどうぞ、ココが空いておりますよ』と言われているように思えてくる。
電車の座席じゃないけれど、せっかく空いているんだから座ったほうがいいんでない?
何か新しいものを入れたくなってきちゃいました。
たしか、あそこのお店でバーゲンやっていたような・・・・

 


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



Pocket

Pocket

まだ5月というのに本州ではもう真夏日だとか。
札幌はというと、やっと初夏の風が感じられるようになりましたが、林の中は今が春です。
競うように、花が咲いては次の花へと、その移り変わりから目が話せません。

 

雪解けを待ちきれずにに咲くのがナニワズ(オニシバリ)の花。

オニシバリ

 

 

コブシが咲き始めると、

 

フクジュソウも追いかけて
フクジュソウ

 

4月の終わり頃になると、林を彩るのは紫色のカタクリ・・と、

カタクリ

 

空色のエンゴサクが混じり合って。
エンゴサク

 

 

雪解けの小川が流れる傍で咲くのはイチゲが咲いて、

イチゲ

 

日のあたる場所ではツツジと桜のピンク色は道行く人を和ませる。

ツツジ

 

桜

 

見上げればハウチワカエデに赤い小さな花が咲き、
ハウチワカエデ
エンレイソウも林のいたる所に彩りをそえる。
この紫色のエンレソウと
エンレイソウ
白いオオバナノエンレイソウが混ざり合って
オオバナノエンレイソウ」
この、コジマエンレイソウが生まれたんですって。
イイトコドリで美しい〜。コジマエンレイソウ

 

 

個性的なフッキソウ

フッキソウ

 

花束のように仲間で集まって咲くニリンソウ。

ニリンソウ

 

 

続いて、気付けば1本の茎に5つの花が咲くレンプクソウが足元に。

レンプクソウ
花の姿がスゲガサをかぶった踊り子のように見えるのでその名前がついたというヒメオドリコソウ。
ほらねほらね、ウチワを持った踊り子たりが輪になってヨヨイノヨイって踊ってる。

ヒメオドリコソウ

 

 

大きな花が中央の小さい花をかこむように咲くオオカメノキ。
オオカメノキ

日陰の木漏れ日が好きなスミレが咲き出して。
スミレ

そうそう、地面を見たら木の上も見ないと見逃しちゃう。
イタヤカエデの花は緑色。

イタヤカエデ

 

そして、ここ数日で わわっと咲き始めたのが、ヒトリシズカ。
ヒトリシズカ
マイズルソウ。
マイズルソウ

クルマバソウ。
クルマバソウ
ルイヨウボタン
ルイヨウボタン

 

エゾムラサキ。
つぼみが連なって咲く順番を待っています。
サソリのシッポみたいに丸まさっているので、さそり型花序(かじょ=花が集まっていること)』というそうです。
なるほど〜、サソリのシッポみたいです。

エゾムラサキ

テングクワガタかコテングクワガタ(どっちかわからない)。

気がついたらフキノトウは種を飛ばしてた。
フキノトウ

タンポポも、もちろん。
タンポポ
ナナカマド
ナナカマド

色んな花がどんどん咲くもんで、ややもすると、見逃しちゃう。
ちょっとキョロキョロしただけで、こんなに楽しめるんだから、林の散歩は止められません。
エゾリスにも会えるしね。あ、こんにちわ。
あら今日は、ちょっと色っぽいんでないかい?

エゾリス

 


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



Pocket