PR



 

厳しい暑さが続くと、窓は開けっ放しでついつい不用心。
近所のお宅にドロボウが入ったって聞いたのは、去年の夏の暑いときでした。

「○○さんち、ドロボウに入られたんですって、それも真っ昼間」
え~~!
カギ、壊されちゃったんだ。

「いやあ、それがね、開けてたベランダから入ってきたらしいよ」
ベランダ開けたまま外出しちゃったの?

「ちがうちがう、奥さん、ソファーで昼寝してたんだって」
ひえ~!ドロボーは昼寝してた奥さん気付かなかったのかしら。
それとも、ガーガーいびきをかいて完全爆睡してたから、どうせ起きやしないべ・・とでも思ったのかな。
それにしても襲われなくて良かったよね。
奥さんがもし気付いてさ、
『あんた誰?!』とか言って、ドロボウが『みーたーな~~~』って包丁でグサ!と刺されて命取られちゃ大変だもね。

高校野球のテレビに熱中するあまり、奥の部屋の開いた窓から誰かが入ってきたとしても気付かない、なーんてことが起こらないとも限りません。
とにかく、夏は家も心も無防備になってしまいます。

昨年2016年の空き巣の被害は一戸建てが一番多いそうです。
その手口は、鍵がかかっていない戸や窓からの侵入と、ガラスを破っての侵入がダントツ。
でも中には、このお宅のように、人がいても侵入してくるドロボウもいるってことも忘れてはいけませんね。
留守宅を狙うのが『空き巣』なら、人がいるときに入ってくるずうずうしいのは『居る巣』?

人が居るのに留守のフリをするのが居留守。
人が居るのに家に忍び込むのも『居る巣』???
ま、まあいいわ、とにかく、夏のお昼ねの時は、玄関の戸締まりはもちろん、奥の部屋の窓は閉めるなどの注意も必要ですね。
ラジオやテレビをつけておくのもいいかもです。
あと、閉じたまぶたに目玉の絵を書いておくとか・・・・

 

 


北海道ランキング

スポンサーPR



先日、内地からのお客様が来たときに、そばつゆで出したのがこの『めんみ』。

めんみ

以前、内地から嫁いできた人が、「北海道に来て美味しいって思ったのが『めんみ』」って言っていたのを思い出したもので、あえて『めんみ』を用意してみました。
『めんみ』はキッコーマンから販売されている、濃縮タイプのそばつゆです。
もう随分まえから使われている道民のお墨付きみたいな存在。
北海道限定で販売されていたんて、大人になるまで、ちーとも知らなかった。
今では色んなそばつゆがあるけれど、『めんみ』は今も健在です。

 

 

おそばを茹でて、お客様には何も言わずに『めんみ』を薄めて出しました。
したっけさ、
「ぽぷらちゃん、このつゆ、美味しいね、なんちゅうの?」とおばちゃんが聞いてきました。
おお!やっぱし?!
初めての味に、お客様の女性軍団は盛り上がりました。

 

 

「これ、お土産に買っていきたわ」
なるほど!主婦にとって めんつゆ は必需品だもね。
『めんみ』は確かに、本州へのお土産にはいいかもしれない!!

 

 

ということで、みんなでスーパーに買い出し。
棚にズラリと並んでいた『めんみ(360m)』を12本全部と、お徳用サイズ(1.8L)2本をお買い上げ。
『めんみ』たちは津軽海峡を渡って行きました。
今頃は、「北海道の味だよ〜」なんて言われながら、おソバにチョイチョイと使われているのかな。
キッコーマンめんみ >>

人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



2

PR



「甘酒は飲む点滴と言われているんですよ」
飲む点滴!?
お米屋さんのお兄さんが教えてくれたことは、甘酒大好きおばさんが甘酒を飲む理由として、これ以上すばらしいものはございません。
そうです、私は暑さの厳しい夏のを乗り切るために、わざわざ甘酒を飲んでいます。
あーおいし。

麹で作った甘酒

 

それにしても、点滴に例えられるほどの栄養ってどういうことなんでしょうね。
ってことで、あちこち調べてみることに。
なになに・・・
『甘酒には、点滴に含まれる成分のぶどう糖や豊富なビタミンB郡、アミノ酸などがたっぷり入っている』
なるほど〜、成分そのものが点滴に似ているんだね。

 

 

『しかも甘酒に含まれるビタミンB群は、体への吸収率がなんと90%以上』
きゅ、90%以上!!
へ~~、そりゃすんごい、そりゃ点滴って言われるわ。

 

 

『甘酒にはブドウ糖が20%近い割合で含まれており、食事の前に飲むことで血糖値が下げられ食欲が抑えられ、結局はダイエットにも繋がる』
ダイエット!!そりゃ飲まないわけにはいかないっしょ。

 

 

『さらには豊富な食物繊維による便秘解消』
便秘もかい!
まだまだ特徴は色々あるようですが、とにかく、疲労回復や免疫力のアップなど、体にはいいこと尽くめだそうです。

 

 

 

それから、甘酒にはの2種類があることも知りました。
我が家で時々作る『酒粕に砂糖を入れて作る甘酒』と、『米麹を発酵させ砂糖は入れない甘酒』。
今回飲んでるコレがそうね。
どっちの甘酒もいいけれど、酒粕から作る甘酒の方は、お砂糖ガンガン入れちゃいそうなので、そのへんが用注意ですね。

 

 

ああ〜〜美味しかったー。
もしかしたら、点滴多めに栄養補給しちゃったかしら。

麹で作った甘酒

宝石米のアサヅマ オリジナルの甘酒。
米(麹)のみで作られていて、砂糖不使用、無添加だそうです。

 

 

 


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



去年植えたほおづきに花が咲きましたよ。
ほおづきは、花が終わって実の外にできる赤ちょうちんみたいな部分が可愛いいけど、その花はというと、よく見たことがないです。
普通は、実よりも花の方がもてはやされるのにね。

 

ほおずき

 

漢字で書くと『鬼燈』とか『酸漿』と書くそうです。
『鬼燈』と書くほおづき は『オニのあかり(ともしび)』という意味かな?
鬼はオレンジ色した可愛らしい灯りをともすんだね。

 

『酸漿』と書く ほおづき は『すっぱい おもゆ (液体)』という意味になるのかな?
誰かが ほおづき を食べたときに感じた印象なのかしら。

 

ほおづきの深いオレンジ色が、闇を照らす灯りのように見えて、しかもそれは鬼たちがともした灯りのようだと想像したその人は芸術家。
オレンジ色した実がとても美味しそうに見えて、食べてみようかと考えて、口に入れたら酸っぱくて、中から汁が出て来たことが印象に残ったその人は冒険家。

 

同じ物なのに、見方によってまったく別な世界感になるって面白いね。
もしかしたら ほおづきも、” 花よりも実の方を美しく人間に見せるという世界観の違い” を利用して、自分たちが生き残るすべを見つけ出した・・・のかもしれないね。

 

 

ほおずきの花

 


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



2

PR



自宅の前にジンギスカンコーナーを手作りしちゃったせいちゃんから、”食べにおいで” とお誘いを受けました。
壁や天井、かまどに至るまで、すべてが手作り。
赤ちょうちんを下げた演出なんてニクいんでないかい!!

 

ジンギスカン鍋

 

 

■ ジンギスカン鍋の中央が、山のように盛り上がっているワケ

おお!せいちゃん、本格派ジンギスカン鍋あるっしょ!
鍋は鉄製で、中央が盛り上がった山型です。
こんな形をしている理由は、『昔、兜を使って肉を焼いたから』とか、『肉の油を下に落とすため』とか言われているけど、実は科学的にもすんごい理由があるそうですよ。

 

例えば、底の平たい鉄板やフライパンなどの場合だと、火をつけると熱は中央から外側へと広がります。
ところがジンギスカン鍋の場合は、盛り上っている空洞の中に熱が閉じ込められ対流するので、すんごい高温になる。
高い温度で焼くことで羊の肉の臭みが消えて、さらに香ばしさが引き立ち、美味しさがアップするのです・・・・と、以前 所さんの目がテンでやっていましたっけ。

 

 

■ 羊の肉には『マトン』と『ラム』がある。

羊毛を取る役目を果たしたあとの羊を食べたのが、北海道ジンギスカンの始まりだそうです。
だから最初は大人の羊肉『マトン』だけだったんでしょうね。
2歳以下の子羊の肉は『ラム』と呼ばれています。
しっかりした噛みごたえのマトンに比べて、ラム肉は柔らかくで、臭みも少ないと言われています。
美味しいのはどっちとなると、好みかな。
” ジンギスカンと言えばマトンだべさ ” と思っている道産子の方が多いような気がするけどね。
この肉はマトンね、タレをつけて食べるの。

 

ジンギスカン

 

 

■ ジンギスカンの肉は丸い方がテンション上がる

肉の形がまん丸なのは、肉を筒型状に形成してからスライスしたものだからです。
こうすることで、細かな肉も無駄にしないって済むんだって。
この肉を見ると、私なんか、いかにもジンギスカンて感じがしてテンションがあがっちゃう。
でも悲しいかな、現在は、肉の殆どが輸入に頼っているんですって。

 

 

■ ジンギスカンの焼き方で新事実!

奥様に「ぽぷらさんちってどうやって焼くの?」と聞かれました。
聞けば、せいちゃんの焼き方は、ジンギスカン鍋の上全体にモヤシを敷き、その上に肉を置いて時間をかけて蒸し加減で焼く、『蒸し加減方法』。
一方奥様はというと、鍋の回りに野菜を置き、中央に肉を直接置いて、ジュージューとすばやく香ばしく焼きあげる『短時間方法』。

 

我が家は奥様と同じ、短時間方法でした。
早く焼いて食べたいもんね。
『蒸し焼き方法』は、語り合いながらゆっくりとした時間を楽しむ大人の時間に最高の焼き方。
一方『短時間方法』は、食べ盛りの子ども達や、飲むより食べる方が好きという人達向きの焼き方でした。
なるほど、奥が深いね、ジンギスカン。

 

ジンギスカン

 

せいちゃんが、ビールを注ぎながら言いました。
「手稲が札幌市と合併してから今年で50年になるんだってさ」
へ〜そうなの、昔は札幌郡だったよね。

 

「近所の人も、昔のことを知る人は少なくなったよ。僕のことを○○さんちの息子とか言ってくれる人もいなくなってさ」
そりゃそうだね、私のことを、名前で ”ぽぷらちゃん” と呼んでくれた同級生のお母さんも、昨年亡くなった。
だからなおさら、同じ時間を一緒に過ごした幼なじみがいる幸せをしみじみ感じる。
未来とは本当に不思議なもんですね。

 

 


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR