Pocket

玄関前で、車に乗り込もうとしていた旦那さんが言いました。
「あれ?猫が畑でウンチしてるぞ!」

ええ!!

見ると、我が家の畑の中ほどで、白黒猫がまさに腰をかがめて用をたしているところでした。
”ええ!” という声と同時に、猫がこっちを振り向いたよ。
うす緑色に透き通った目を大きく見開き、そういう体勢なのに顔はこわばって見えるぞ。
猫は、や、やべえ~~~と思ったに違いない。

 

 

「こらーー!」
サンダル履きで必死で走るも、敵は私の走るスピードを予測できたのか、それともスローモーションに見えたのか、その体勢をビクとも動かさない。(きっとやめられなかったのかもね)
到達する2、3歩前になって、猫は軽くなった体を弓矢のようにくねらせ、あっと言う間に飛んで逃げて行きました。
猫はきっと、” 余裕だね、ちょろいもんよ・・” って思ったべね。
クッソ~~

 

 

そしてそこにあるものは、クソ・・・・ う、うわああああ~~
そして、く、くっさ~~・・・・・・・・・・
しばし呆然としている間にも、その匂いに誘われたのか、さっそく金色に光ったハエが飛んできました。

 

 

ウチの畑は草ボウボウだけど、唯一、ここだけは土をおこしていた場所。
トイレにするには、フカフカでちょうどいい場所だもね・・・・。
とか、感心している場合じゃございません。
けしからん!!

 

 

猫に畑で糞をさせない方法はないものか。
そういえばさ、猫よけに水を入れたペットボトルを置けばいいって話しあるよね。
さっそく調べてみました。
なになに・・・『水を入れたペットボトルは全く意味がありません。猫よけどころか、レンズ効果で火災にもなりかねない』
あらやそうなのか。

 

 

『ノラ猫の行動範囲は50~100mくらいで生活している』
んん、確かにこの猫、時々このあたりをウロウロしているのを見るわ。

 

 

猫を近づけないようにするには、柵を設けたり、トゲトゲのマットを敷きつめたり、人間には聞こえないけど猫が嫌がる超音波を出すという機械もあるそうです。
でもさあ、なるべくお金は使いたくないなあ。
お金をかけずに猫を寄せ付けない方法でなくっちゃ。

PR



 

■ 猫を近寄らせない方法は、猫にとって落ち着かない状況をつくること

『基本的に猫が落ち着いてトイレができない状況をつくるのが一番』
なるほどなるほど。
人間だって あずましく(ゆったり落ち着いて)トイレしたいもね。

 

 

○ 『猫が一度でもトイレに使った所は、他の猫もトイレとして使う習性があるので、匂いを消すか、猫のイヤがる匂いをつける』
え!猫の公衆トイレになっちゃうってことか。

 

 

○ 『酢やハーブ、正露丸といった、猫が嫌がる匂いとされているものでも、猫はすぐ慣れてしまう』
猫にもマンネリは効かないのね。

 

○ 『猫が糞をした場所に、例えば鉢を置いたり板を置いたりして、物理的にトイレをできなくさせる』
ん、ん、それはすぐにでもできそうだわ。

 

 

○ 『こまめに猫を見張って追い払うなどして、猫に、”ココはイヤな場所”だと思わせる』
ずっと見張っているのは無理だけど、見つけたときは、鬼ババアの怖~い顔してコラ~~っ!!と追い払おう。

 

 

『結論・・・猫は、追い払うのではなく、猫に諦めてもらうことが重要である』
これは長期戦になりそうな気配だわ。

 

 

『 注意 = 猫には仕返しをするという習性があるので、ヘタに怒らせると、いろんな場所にも次々と糞や尿をする場合がある』
なに、仕返し!
今度から、優しく コラ・・・って言おうかな。

 

 


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

Pocket

急だけど、今日は外で焼き肉したい!
冷凍庫から豚バラ肉と鶏モモを出して、畑からシシトウをもいで、おむすびを作る。
なーんでか知らないけど、炭で焼いたお肉って美味しいんだよなあ〜。
物置にはバーベキューコンロと折りたたみテーブル、イスが、すぐ使えるところに置いてあります。

炭火

 

炭の炎から聞こえるキンキンとう音が心地よい。
肉には塩コショーをパッパとふればオッケーさ。
「ほれ、焼けたぞ」
旦那さんが私の紙皿にポイ!と肉を置いてくれました。
アチチアチチ・・・・
特売の肉なのに、こんなに美味しいのは、高温度と強力な遠赤外線の力で焼いてくれてるからなんですと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
PR



■ どーっしても相手を振るわせちゃう遠赤外線

遠赤外線ってなにさ??
寒い季節になると、コタツや肌着とかで、”遠赤外線で暖かい!” なんていう言葉を、よく聞きますもね。

 

 

遠赤外線は電磁波の一種である。
電磁波って電子レンジのあの電磁波かい??
そうそう、電磁波には分子を振るわせる性質がある。

 

 

そういえば、分子の ”おしくらまんじゅう” って聞いたことがあるわ。
電磁波が食べ物の中に侵入すると、分子たちはどうしてもムズムズと振動したくなるそうで、その摩擦によってで熱が発生し、食べ物が熱くなるというわけです。

 

ちなみに、七輪に炭を入れると、七輪の遠赤外線がハンパなく強くなるそうですよ。
炭と七輪は最強のコンビなんですね。


■  高温で表面からも一気に焼く

加えて、ガスコンロの火がだいたい250度くらいに比べて、炭は300~600度の高温。
ウチワなんかでパタパタ!!ってやれば、一気に1000度も夢じゃなくなるほどの高温になるそうです。
だから、焼いたお肉は、外からも中からも同時に早くしっかり焼ける。

 

 

■ カラっとパリっと焼ける

さらに、ガスには水素が含まれているので水分が出てしまうのに対して、炭火には含まれていないため、カラっとパリっと焼き来上があるそうです。
なるほどね、だから炭火で焼いたものは美味しいんですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安いお肉でもすんごく美味しく焼いてくれるんだも、炭はある意味、庶民の見方ですね。
感心しちゃってハートが震えちゃったかも。
もしや遠赤外線のせいかしら?
いいや、そりゃたぶんね、年齢的にも不整脈のせいだべさ。


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

2

Pocket


PR




今日ね、宅配便を頼もうと思って取りに来てもらったんです。
「まいどさまで〜す」
今日来てくれたのは40代後半〜50代くらいとおぼしき女性でした。

 

『これ、お願いします』
「ハイ、お預かりします!』
彼女は端末の機械うぃピッピッピと操作しています。
「冷凍ですね」
『はいそうです』
ピッピピ

 

彼女が作業をしている間は声はかけられないけど、何かしらの和む会話もちょびっとしたい。
黙っているのもなんだか気が引ける。

 

彼女は操作を終えると、ポケットからメガネを取り出し、伝票を覗き込むようにして足りない文字を書き足しました。
私はすかさず、
『私も老眼なんですよ。小ちゃい字は困るもね』ホホホ・・・なんて言ってしまいました。
私の予想では、このあと
「ホントですよね〜、歳はとりたくないですよね〜 ははは・・・・」となるはずでした。

 

 

ところが、実際の彼女は
「・ ・ ・ ・ 」
そのあとは、「ではお預かりします」と、ひとこと言って荷物を抱えて行っちゃった。

もしや、老眼ではなかったのか?
近眼とか、そういうたぐいだったのかな。
私の勝手な思い込みで『老眼』て言っちゃったけど、もしかしたら、彼女は私が思っていたよりも、うんと若くて  ” 老眼なんて失礼な・・・” と思ったかもしれない。

 

ああ、私はいつもこうやって、余計な一言を言ってしまうのです。
こんな余計は一言で、あとで後悔しないためにはどうしたらよいのでしょう。
そこで思う

 

 

『余計な一言を言わない4つの心得』

 

■ 安易なウケ狙いはするな

初対面の相手には、安易にウケを狙おうなんてしてはいけない。
自分は面白いと思っても、相手が面白いかどうかわからないじゃないか。
オジさんギャグがシラ〜〜〜とシラけるのと同様、オバさんギャグだって同じなのよ。
もし失敗すると、そのあとの時間をどん底にしていまう恐れがある。

 

■ 何気ない言葉が相手を傷つける

どん底ならまだしも、何気なく言った一言が相手を傷つける場合もある。
例えば、
「赤ちゃん、まだできないの〜?」 とか「女の子なの?じゃあ、次は男の子だね〜」とかね。
これはオジさん、オバさんが言う、よくある痛恨のミス。
あいさつ変わりのつもりで言っちゃうんだよね。
よけいなお世話だよね。

 

言葉が出るまえに、一度グっとこらえて、ひと呼吸するクセをつけよう。
そうすれば、考える余裕ができて、安易な言葉が口から出るのを抑えることができる。

 

■ 相手を褒める材料を探せ

相手との沈黙の時間をどうにかしようと思ったときは、農耕民族の日本人特有の天気の会話『今日は暑いですねえ』などと、さしさわりのない話題をすることでよい。

その時間の中で相手を観察し、褒められる所を探そう。
『あら、そのピアス、かわいい』とか、『今日のヘアスタイル決まってるネ』とかね。
お世辞でも、褒められたら誰だって悪い気はしないもんね。

 

■ 話しは最後まで聞くんだ

話しが盛り上がると、ついつい調子にのっちゃって、相手の話しが終わらぬうちに、『だけどね・・・・』と、口をはさみたくなる。さらには話しの途中なのに『違うよ』なんて否定しちゃいたくなるときもある。

 

そんな時も、ググっと1、2秒こらえよう。
相手の言うことを最後まで聞いて『なるほど、そういう考え方もあるんだね』と相手を尊重し、それから自分はこう思うよ・・と説明をするようにしよう。

 

年齢が増すごとに、なーんか気が短くなってきているように感じる今日この頃。
そんな自分を自覚して、余計な一言を言わないように気をつけなくっちゃ。
NHKのほうが面白いと感じてきたのも、そのせいかしらと思っちゃった。


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

Pocket

今年もお盆がやってきました。
墓石には、○○家先祖代々と刻まれていることが多いけれど、最近は『心』とか『愛』とか、家制度にこだわらない言葉が刻まれているお墓が多くなりましたね。

墓地

PR




■ ○○家、先祖代々と刻まれだしたのは明治に入ってから

今日の北海道新聞に、興味深いお墓のことが書かれていたのでご紹介しますね。
現在のような石のお墓が作られるようになったのは、江戸時代の中頃からだそうです。
当時は棺桶ごと埋める土葬が普通でしたから、1つのお墓には個人ひとりか、夫婦ふたりだけが入っていたそうです。

 

明治になって死者が火葬にされようになると、骨だけになるっしょ。
だから1つのお墓に何人も入れられる。
明治時代は一般でも『家制度』を重要と考えた時代でもあったので、そのあたりから『○○家の墓・先祖代々』などと刻まれるようになったそうです。

 

 

■ 江戸時代より前は質素な共同墓地

それじゃあ、江戸時代よりもっと前の人達は、死んだらどうしちゃっていたの?と思いました。
ずっと昔の人達も土葬でしたが、一般庶民の場合は、それぞれの地域の共同墓地みたいな所があって、埋葬したあとは土を盛って、木や石を置いたりするだけだったとか。
今のような立派な石のお墓ではないので、時が経ち、世代も変わると、しだいに記憶から消え去られてしまったようです。

 

さて現代はというと、家を継ぐ子どもが少なくなったっしょ。
例えば、ひとりしかいない娘さんが、お嫁に行けば、だいたいは名字が変わる。
息子がいても、独身で暮らす人もいっぱいいる。
子どもが家族を持ったとしても、お墓からずーっと遠くに住んでいたなら、お墓参りには行けやしない。
現代は、明治の人たちが願った世の中ではなくなったのです。

 

 

■ 合同墓の時代がやってきた

ここにきて、にわかに注目され始めたのが合同墓です。
子どもに負担はかけられない。
遠くにお墓を買ってもお参りにいけない。
墓守をする人がいない。
夫や夫の先祖と一緒の墓になんか入りたくないもん!・・・などの色んな理由から、合同墓を利用する人がどんどん増えているんだとか。

 

お墓は『家制度』のこだわりから抜け出し、再び遠い昔の日本人が行なっていた共同墓地とも言える『合同墓』に移り変わろうとしているのかもしれませんね。

 

ちなみにね、小樽市合同墓だと1体につき、かかる金額は5,000円。
https://www.city.otaru.lg.jp/simin/koseki/boti/

札幌の平岸霊園合同収納塚にいたっては、あまりの人気で、このたび増設しました。
1体につき9,100円。(地下鉄『南平岸』駅下車徒歩約10分)
http://www.city.sapporo.jp/hokenjo/f3seikatu/boen/documents/goannai.pdf

ん、駅からは近いし、ココいいね ・ ・ 考えとこ。

 


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

2

Pocket

20年使い込んだガスコンロを交換することにしました。
ホーローの台の表面は所々はげて、焦げ目もこびりつき、とうとう点火もできなくなりました。
今まで家族の食卓を支えてくれてありがとうね。

 

さっそくガスやさんがカタログを持ってきてくれました。
おお・・・すんばらしいコンロばかりですね。
天板の表面がピッカピカ。

PR




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ ガスコンロの天板の種類

※説明しよう
コンロの天板は4種類あるそうです。
○ ガラストップ(クリアガラス)= 現在の主流。耐久性があって掃除もラク。
○ パールクリスタル(ハイパーガラスコート) = 色彩が鮮やか。ガラストップ同様に耐久性があって掃除もラク。
○ ホーロー = 昔はこれが主流だった。キズが付きやすい。(今までのコンロはこれだったわ)
○ アルミトップ = 熱伝導が良く汚れが焼付きにくい。工事費込みで十数万もかかる高級タイプ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ガス屋さんはさっそく説明を始めました。
「こちらのコンロは高火力で中華料理も美味しくできるタイプです」
ほうほう、それはいいですね。

 

「こちらは洗練された機能も充実したタイプです」
へえ、すごいね。高級マンションにいるみたいなおしゃれなコンロ。

 

「こちらは、シンプルに操作できるタイプのスタンダードタイプです」
『高火力のいいわあ、洗練された機能ってのもいいし・・・で、お値段は?・・・・!!
こ、このスタンダードタイプでお願いします』
「わかりました。スタンダードタイプですね」
は〜・・・・小さなため息が出ちゃいました・・・

三日後に、スタンダードタイプの ガス ビルトイン コンロがやってきました。
タンダードタイプでも、私には豪華そのもの。
さっそくガス屋さんの説明です。

 

 

■ 現在のガスコンロは安全性が抜群

「まず、タイマーですね、時間がくると自動的に火が消えます」
タイマー!
これを使えば、お鍋の底を焦がすこともなくなるかもしれない。

 

「それからこれが温度調節ですね。天ぷら油の温度を一定に保ってくれます」
そんなことまで!なんておりこうなんだ!
『したら、いちいちガスの火を調節しなくてもいいんですか?』
「はい、センサーが感知して、火が勝手に小さくなったり大きくなったりします」
なんてすごいんだ、スタンダードなのに。

 

「それからグリルですが、もちろん両面焼きで・・・」
両面焼き!
「最初に火をつけた時点でタイマーが作動します・・・えっと・・・8分からスタートですね、もちろん時間は調節できますよ」
コンロにもタイマーが!
これでもう、テレビに夢中なって、魚を炭にしちゃう事もなくなりそう。

 

「1分前になりましたら、ピッピッピと知らせてくれます」
お知らせまでしてくれるの!!  すごいよスタンダード。

 

あれから新しいガスコンロは、毎日、安全に気を配ってくれています。
日進月歩の世の中だったんですね。
まったく、浦島太郎のようです。
なんだか料理が上手になったような き・ぶ・ん・・・。

ガスコンロ


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket