2

夕方の4時ころ、手稲駅を通ったら、カッコいい列車が止まってる。
特急 スーパーとかち。札幌 = 帯広を結ぶ列車です。
手稲の車輛基地をでて、
これから札幌駅へ向かうようです。
あとから時刻表を見たら、この列車は18:32分に札幌駅発、帯広21:21分着のスーパーとかち7号ではないな?と思いました。

 

スーパーとかち

 

8年くらいまえに、初めてスーパーおおぞら(札幌 = 帯広 =釧路)という特急列車に乗ることになったときは興奮しました。しかもそれが、振子特急というものだと知ってさらに興奮!
なんかしらないけど、すごいねすごいね、でも振子特急ってなに??

 

振り子特急とは・・・
車やオートバイ、自転車なんかもそうだけど、カーブになると遠心力で体が傾きますよね。
スピードが早いほど、オートバイなんか地面スレスレまで傾いちゃう。
つまり、車輛を傾けて走行すれば、早さを落とさずに曲がることができるわけです。
急カーブにさしかかる ==  振子の原理で車輛が傾く==スピードを落とさなくてもいい ==  ということは、早く目的地に行ける== 特急!!

 

 

そうなのかっ!!
それで、実際に乗ってみると、
お!・・おお〜〜〜〜〜〜
あ!・・・おお〜〜〜〜〜〜
カーブになると自分の体がナナメになるのがわかりました。
ブランコに乗って振られているような感覚です。カッコいい・・
どころが一緒に乗っていた婆ちゃんが、ひどく酔っちゃって・・・
途中で「降りる〜〜」と何度も言っていた婆ちゃんを思い出します。
婆ちゃんは列車を降りてからも大変でした。
どうも、当時の振子特急はその独特の揺れに酔う人が続出したそうです。

 

 

ウィキペディアによると、この車輛キハ261系気動車は、『2014年(平成26年)8月30日ダイヤ改正をもって本系列の車体傾斜装置の使用は取りやめられ2015年度以降の本系列の増備分については車体傾斜装置を搭載しない』とありました。
現在は、早さよりも乗り心地の良さが大切にされる時代になったということでしょうか。

 

 

 

ところで、先頭車輛にもドアが付いていますよね。
これは、実際に起きた事故の教訓から、非常口として付けられるようになったそうです。
使われない扉であってほしいですね。

 


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



2

ニセコ フロマージュ 生サブレ。

ニセコ フロマージュ 生サブレ

 

 

” 使用している生乳はニセコ産のしぼりたて生乳100%。
デンマーク生まれの製法で手造りされたまろやかな酸味のあるチーズと、濃厚なホワイトチョコレートをくわえて、しっとり焼き上げた生サブレ。 ” だそうです。

 

さっそく袋から出してみると、しーっとり・・・
端っこを持っていると、しんなり曲がって折れてしまうほどの柔らかさです。
とくに、中心にいくほど、しっとり感が増しています。
サブレの甘みには、スッキリとしたお茶や紅茶と合いそうですね。

ニセコ フロマージュ 生サブレ

旦那さんには
「ん、なかなかやるな・・」と好評でした。

どれどれ、私も・・
『ん〜〜〜〜 なかなかやるね』・・と、同意見!

 

 
<とうきび(とうもろこしと羊蹄山2012/8 >

 

 


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



6月の風が甘い香りを運んできました。
見上げると、おお〜アカシヤの花がいっぱい。
ヨイショヨイショと買い物袋を下げて登ってきたので、腰を伸ばすのにちょうどいい。
札幌まつりかあ〜
私の中では、いつもアカシヤと札幌まつりはリンクしています。

 

本当の名前はニセアカシヤ(和名=ハリエンジュ)って言うんですって。
”ニセ” なんて、なんだかニセブランドみたいで気の毒なあと思う。
美味しいハチミツの多くは、そのニセモノからもらっているのに。

 

 

ウィキペディアによると、明治に日本に輸入された当時はアカシヤと呼ばれていたが、あとになって本物のアカシヤが輸入されるようになり、区別するために ” ニセ ” を付けて呼ぶようになったそうです。
アカシヤにしてみたら、『人間の方で名前をまちごーたのに、後になってニセモンだなんて、ナニ言うてんねん!』とドツきたくなっちゃうんでないかい。

 

ニセアカシヤ

 

 

植物が花の咲く時期を知るのは、気温や日の長さの微妙な変化を感じ取とるからと言うけれど、それにしても、すんごいセンサーを持っているもんだと感心しちゃう。
札幌のアカシヤは、6月の今くらいになると、なんだかムズムズとか、ソワソワとかなってくるのかな?

 

 

それにしても、札幌まつりの時には必ずアカシヤが咲きます。
アカシヤが札幌まつりに合わせて咲いてくれているのか、それとも、神様が ” 祭りに花を添えるのじゃ! ” とかなんとか言って、アカシヤを咲かせているのかな。
蝉も大合唱を始めました。
北海道も、いよいよ初夏の到来です。

 

神・・・・”言っとくけどね〜〜、神は優しく 『 花を添えてくださいまし』・・・お願いしてるんだぞえ〜〜〜”

アカシヤ


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



「お母さん、とうとう○○ちゃん、誰かと話し始めたよ」
ぷっくりと一回り大きくなった王子様の動画を長女が送ってきました。

 

 

生まれて2ヶ月が過ぎ、動画の中の彼は、元気に手足をパタパタさせて、しきりに空中を混ぜ混ぜしています。
アア〜〜〜ウウ〜〜〜
確かに、誰かと話しをしているように見えるね。
『赤ちゃんは生まれて少し大きくなると、誰かと話しを始めるよ』
長女は、以前私がそんな話しをした事を思い出したのでしょう。

 

 

自分の子ども達が赤ん坊のとき、家事の合間に声のする方に目をやると、赤ん坊がしきりに誰かと話しをしているように見えた事が何度もありました。
不思議なことに、その視線の先は1点に注がれ、覚えたばかりの高い声、低い声を上手に使ってア〜ウ〜と会話をするのです。
話し相手はいったい誰?
光る大きな羽根を持った妖精か?
それとも、あの世から遊びに来た先祖さまか?

 

 

動画を見ながら、彼の視線の先をマジマジと見ても私には何も見えません。
やっぱりね、純粋無垢な赤ん坊だからこそ、そこにいる誰かが見えるんだろうな。
こんなに嬉しそうに手足をバタつかせているところを見ると、相手はもしや・・・・・・婆ちゃんかも。

 

 

大人になって、世間のしがらみや損得の中で生き始めると、透き通った心に霞がかかってくる。
もし、私の心に何のけがれもなかったら、赤ん坊のようにご先祖様に会うことができるんだろうか・・・・・
はっ・・・やっぱしいいや見えなくて。もし見えたら怖くて眠れなくなっちゃうもん。
赤ん坊って、すごい度胸してるなあ。
これからも、時々やってきて話し相手になってあげて下さい。
あやしてくれてありがとう。

 


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



2

畑のほんの一角にしかなかったはずのミョウガ。
それが5月になってみると、予想外にあちこちから芽を出しました。

こんなにあっても仕方がない。
根っこをほじくりかえしたところ、鉛筆よりも太い根っこが、まあ掘っても掘ってもでてきます。
汗をふきふき、スコップで根っこをほじくり返すこと1時間。
気付けば、根っこばかりで大きなゴミ袋にふたつも。
心の中で、”今日のところはこのへんで勘弁しておいてやるわ” と、ちょっとお情け気分に言ってやった。

 

 

したっけさ、ひと月もしたらなんと、根っこをほじった回りから、ミョウガの芽がわさわさと伸びてきたんです。
結局、前回掘ったのは根っこ集団の中心部だけだったようです。
このままでは、畑が占領されかねない。
ミョウガはまるでSF映画のエイリアンのように、密かに畑の地下を制服しようとしているのであった。

ミョウガの新芽

もうこうなったら容赦しないわ。
スコップで掘ってはポイ掘ってはポイ。
結局、今日もゴミ袋に2つ、根っこをほじくりました。

ミョウガの根

 

数日まえ、ホームセンターに行ったらミョウガの苗が沢山売られていました。
我が家のようにほったらかしにしておくと、2、3年でどんどん増えて畑のエイリアンになってしまうので注意して下さいね。
成長すると、1m以上のジャングルみたいにもなります。
そうだ、鉢植えという方法もあるかも・・。

 

今日ほじくった根っこの山。
ミョウガの根

こちらは、昨年の写真。
地面から花が直接咲いて、このつぼみが普段食べているミョウガです。
ミョウガ


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR