6

PR

 

塩狩峠は北海道の旭川から少に北にあります。
1909年(明治42年)の冬、この場所で起きた列車事故の記録があるので、ご紹介しますね。
本などで見聞きした、あくまで私の感想としてご覧下さいませ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

<事故のあらすじ>
汽車が峠にさしかかったあたりで、一番後ろの車両の連結が外れてしまいました。
車両は峠の坂を静かに下り始めます。
その時、偶然に乗客として乗っていた鉄道員の長野政雄さんは、暴走し始めた車両のデッキに出て、ハンドブレーキを回して車両を止めようとしました。
熟年以上の方ならご存知かもしれませんが、昔の列車の車両はね、前後に、家でいうなら小さなベランダみたいなデッキが付いていたんです。

 

 

車両のスピードは落ちたんだけど、完全には止まりません。
そこで彼は、乗客の命を守るために自らの体で車両を止めました。
ガタンと止まった車両から乗客達が外に出てみると、そこには雪を真っ赤にそめた遺体があったそうです。

 

 

それが、2月28日の事でございました。
長野政雄さんという人は、愛知県の水穂村という所で、武士の子として生まれた人だそうです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

このお話をモデルにして、三浦綾子さんが『塩狩峠』という小説を作り、のちに映画化もされ、40年前に乙女だった私は、目を真っ赤にして鼻をすすりながら見たものでございます。

 

 

この物語には、”人間の体で車両は止まるものなのか” とか、” 他人の為に自らの体を犠牲に出来るものなのか、転落ではないか” などの疑問視されている部分があります。
当時の列車事情や状況も、今となっては知るよしもありません。
けれど結果として、彼は身をていして乗客を救った事は事実です。
塩狩峠にはその後、彼の記念碑が立てられました。

 

 

北海道の歴史の事を知るたびに思う事は、『北海道人』とか言うけれど、元はと言えば全国各地からやって来たフロンティア精神を志した人たち、それと自然と生きたアイヌの人たちです。
その人たちの出身地を知る度に、その人が生まれた土地、住んでいた街が、またちょっと好きになる自分がいるのです。

14.2.28塩狩峠.png

 

 

人気ブログランキングに挑戦中です!ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ塩狩峠の本

4

そのおじさんの故郷は福島なんだと。
『私の家のすぐ近くに会津若松城がありましてね、子どもの頃はそこが遊び場でしたよ。家の前の道を会津藩士達が歩いていたと祖父からよく聞いたもんです』
「まあそうですか、会津と言えば、八重の桜ですね」
『そうそう!あれもね、知らないで見るのと知ってて見るのじゃ大違い。なんちゅうかこう・・・(広げた両手を動かしながら)こみ上げるものがありますよ』
おじさんは、八重の桜という言葉で、一段と熱くなったようでした。

 

 

そうだこのあいだ、ちょうどリンゴの事をあれこれ読んでいた中に、余市のリンゴの話しもあった事を思い出しました。
「余市のリンゴは会津藩士が栽培したんですよね」と言ってみると、おじさんは
『そうなんですか!?』とちょと驚いた様子です。

 

 

色んなサイトからの受け売りだけど、覚えていた事を話してみました。
「北海道の余市には、戊辰戦争に負けた会津藩士の人たちが居住させられたそうです。
そこで、リンゴを栽培せよと刀をクワに持ち変えさせられて、それで、すんごい苦労をして、2軒の元会津藩士の農家がリンゴの栽培に成功させて、余市の名産のリンゴの礎を築いたそうですよ」

 

 

『そうなんですか!いやあ知りませんでしたあ』
おじさんは、そんな会津藩士の話しを聞いて、さらに熱くなったみたいでした。
そんなに驚いてくれたもんで、私、さらに調子こいてもう1つ覚えていた受け売りを言いました。
「リンゴを栽培せよと言ったのは、いわば敵国の人間だったわけですから、それはそれは屈辱に耐えての事だったのでしょうね」
『んん・・・』
「そのリンゴに付けた名前がまたいいんですよ。えーと、なんとかの・・あれ?なんだっけ?」

 

ほら、やめときゃよかったのに、ついにいつもの ”あれあれ?”がでてきちゃったのです。
「えーと、なんとかの ”ころも” ??・・つまりその・・・」
もう、その先の話しを忘れてしまいました。
「つまりその、会津藩ゆかりの名前にしたんだそうです」
『・・・・・・そ、そうなんですかあ』
「・・ほ、ほほほ」
『いやあ、感動いたしましたあ』

 

 

惜しかったよね。
せっかく途中まではカッコよかったのにね。
でも、おじさん、ちょっとだけ喜んでくれたからまいっか。

 

 

PR


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 会津藩士が余市で作ったリンゴの名前は『 緋ノ衣(ひのころも)』

そのリンゴの名前は 『 緋ノ衣(ひのころも)』という名前でした。
会津藩主松平容保(かたもり)が孝明天皇から頂いたという「緋の御衣」の色赤と、お城を明け渡す式を行った場に敷かれた緋の毛氈(もうせん=フェルトのようなもの)の赤色を忍んで付けられたそうです。

 

■ 会津藩士は殿様のため

むかーしむかし、それは明治4年の頃、武士の時代が終わった頃の事じゃった-。
武士だった会津藩士も、仕方なく、刀を持つ手をクワにかえ、家族と共に北海道のあちこちに移り住んだ。
その中に、余市に移り住んだ会津藩士たちもおった。

ある日の事、北海道開拓の偉い人、黒田清隆(きよたか)がやって来て言った。
「このアメリカ原産のリンゴの苗を植えるんじゃ」

けれど、元会津藩士達は思った。
「何言っとるだ!清隆は、武士のワシらをこんなめに合わせた薩摩の人間じゃないか、そったら見た事もねえ食いもんなんか、なーんで作らにゃならんのだ」
こうして、配られたリンゴの苗は、何処の家でも、ほったらかしにされて、枯れてしまったんだと。

それから月日は流れ、明治12年の秋の事じゃった。
赤羽源三さんと、金子安蔵さんの家の木に、見た事もない真っ赤な木の実がなったんだと。

そのリンゴのなんと美しいことか。
そこで、会津藩にとって大事な色 「緋の衣(ひのころも)」(19号)という名前を付けた。
もう1つは「国光(こっこう)」(49号)っというリンゴにした。
二人は、皆が枯らしてしまったリンゴの木を、なんと大事に育てていたのじゃった。
こうして余市のリンゴは、今では日本中で食べられるようになったんじゃと。

 

(※ リンゴの名前には19号とか49号とか、番号が名前になっているのを聞いた事はありませんか?
以前、バスガイドさんから聞いた話によると、それはリンゴの木の番号だそうです。
木には1本1本番号が付けられていたんですね。)
・・・・・・・・・・・・・・・・

 

会津藩士たちが戊辰戦争に敗北したあとに北海道各地に渡ったのは、藩主の松平容保の命を守る事と引き換えだったとか。
時が過ぎて、昭和59年の話しになりますが、当時の福島県知事は会津藩最後の藩主、松平容保(かたもり)公の孫にあたる松平勇雄さんでした。
余市の事を知った松平さんは、余市町を訪れて、会津藩士の子孫の方達にお礼をおっしゃったそうです。

「今の自分がいるのは、皆さんのおかげです」
殿様を一目見ようとやって来た老人が、涙をいっぱいためていたという話を聞いた事があります。

 

今でも北海道のあちこちに、会津の精神が残っているのでは。
そんな事を考えると、私もちょっと胸が熱くなります。

 

人気ブログランキングに挑戦中です!おもしろかったらポチっとね
人気ブログランキングへ