Pocket

PR

 

『北のゆめパスタ』は十勝芽室(めむろ)産の小麦「ゆめちから」を100%使った乾燥ロングパスタ。
形はうどんみたいに平たいね。
この「ゆめちから」という小麦は超強力粉だから生パスタのようなモチモチの食感が楽しめるそうです。

ゆめパスタ

 

 

■ 「ゆめちから」は超強力粉!

強力粉は知っているけど、さらにその上があったなんて。
小麦粉は、薄力粉・中力粉・強力粉の3種類がありますよね。
薄力粉は、ケーキや天ぷらなどの普段の料理によく使うし、中力粉は、うどんを作るのにむいていて、強力粉はパンによく使われます。私は、時々ピザを作るのに使います。

その違いは、小麦粉に含まれるグルテン(タンパク質の一種)の量で、グルテンが沢山含まれているほど強力小麦というわけです。
ピザを作るときは、ねってねって、ベシベシ叩き付けて、ちぎってはこねちぎってはこねを繰り返してまるで格闘。
こうするとね、グルテンが作用して粘り強さが増し、美味しい生地になるんだと。
私にはストレス発散にもなるけどね。

「ゆめちから」小麦には、なんと強力粉をさらに上回る量のグルテンが入っている、だから『超強力粉』!
もっちもちで、しっとりしたパンをつくることができるそうです。

 

 

■ 秘密はむし暑い夏を経験しない秋撒き小麦だから

小麦の多くは春に撒いて秋に収穫するそうです。
でも、小麦はむし暑い夏の暑さが苦手なので、高温多湿の日本では、小麦を沢山作る事が難しい。
そこいくと「ゆめちから」小麦は、秋に種をまいて翌年の7月に収穫する北海道育ちだから夏バテ知らず。
病気にも強いそうです。

 

 

それじゃあ実際に食べてみよう!
フライパンに、オリーブオイルとニンニクと、玉ねぎ、豚肉、畑で穫れたトマトのソースを混ぜてスタンバイ、そこに固めに湯がいた『北のゆめパスタ』を投入!
シャカシャカシャカ・・・・

 

 

頂きます!
・・・あら、ほんとだ。
素人でもわかるモチモチ感。
普段の我が家にはなかった感触です。レストランっぽいぞ。
料理の腕が上がったわ・・・みたいな錯覚にしてくれる、十勝の芽室が育てた、超強力小麦の『北のゆめパスタ』。

北のゆめパスタ

 

 

北のゆめパスタ

 

 

芽室の地図

通販もしてるみたいです。
http://www.ja-memuro.or.jp/news/140425_02.html

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

2

Pocket

十勝川温泉は植物から生まれたモール温泉。
遅い夕食のあとに、露天風呂に浸かって、ハ~っと深呼吸をしてみる。
暗闇にほんわり浮かぶ湯船の色は茶色くて、すくってみるとトロトロしてる。
本当だ、植物の化粧水のようだね。

 

 

太古の昔、植物は長い時間を過ぎるうちに、炭化したものは石炭になりました。石炭までは炭化していない植物は泥炭という地層になりました。偶然、泥炭層の中を温泉が通った時、そこに含まれる植物の有機物が温泉にとけ出し、腰痛や皮膚病、運動障害などに効く、世界でも珍しい温泉になったという事です。

 

 

地面のずーっと下には、人間の生活にとっても役に立つものがいっぱい眠っていますよね。
金銀はもちろん、他の鉱物や石炭に石油。
でもね、人間が鉱物を掘った後の鉱山は、その断面が空気に触れると、途端に化学反応を起こし始めて、硫酸のような有毒物質が出来るのだそうです。だから、鉱山にしみた雨水などは、必ず中和して流さなくっちゃいけない。鉱山が閉山になった後も、坑内を通ってきた水の処理を地球が続く限り、続けていかなければならないのだそうです。
地球は人間に深く傷つけられて、あまりの痛さに硫酸の涙を流しているのかもしれません。

 

 

なのに温泉は、人間はもとより、すべての生き物に優しいね。
”ほら、温泉をあげるよ。どうだい、暖かいだろう”って言ってるみたいでさ。
地球ってえらいよ。
自分はそんな、広い・・いや大きな心は持てないね。
タオルを頭の上に乗せて、あ~気持ちいい。温泉を有り難うね・・って言うくらいかな。
PR

 

 

 

畑はじゃがいもの花がどこまでも続いていました。
よく見ると花の色がピンクのや白いのがあります。
種類の違うじゃがいものようです。

 

 

十勝平野

 

ホテルのロビーにいたヒグマ。
ベシって一撃でやられました・・・てか。

ヒグマの剥製

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket