北海道・札幌発・だべさ通信5

室蘭散歩8)昔の室蘭の風景写真

Pocket

スポンサーPR

 

室蘭のスーパーに、古き良き時代の写真パネルが展示してありました。

最初はこちら、『昭和33年、円形校舎が生まれたころ』
この時代に円形校舎とは、ハイカラですね。
1958年といえば、遊具で遊んでいる子どもたちは、私よりも5歳くらい年上のようです。
写真の下に、包帯を巻いている男の子の姿が見えますね。

昔の室蘭

 

 

ケガをしちゃったようだけど、みんなと一緒に遊んでいるところを見ると、まあまあ元気なんだと思う。
昔の包帯は、伸び縮みしなかったもね。
だから顔や頭をケガすると、みんな、こんなふうにグルグル巻きにされちゃったのだ。

 

 

『水族館の人気者 豆汽車』
でもこの ”汽車”は、列車の鼻の先が丸く尖っています。
新幹線なのに ”汽車” って書いてありますが、北海道人は、鉄道の事を、みーんな ”汽車” と呼ぶのです。
年配であればあるほど言うかも。
私もね、『札幌へ汽車で行く』とか言っちゃう。

 

 

日よけのある新幹線、いいね。
室蘭水族館は現在、海から離れて作られていますが、この当時は海に面してあったんですね。

昔の室蘭

 

 

『むろらん港まつりの鼓笛隊』
なっつかしい〜!
私も、同じ服装をして手稲の小学校の鼓笛隊に入っていました。
沢山の人が見にきていますね。
写真の中央の少し右側に、小さな子と話しをしているおじさんがいます。
もしかして、ランニングシャツに腹巻き??
当時はこれが、普通のかっこうだったもね。

昔の室蘭

 

 

『浜町通りの風景』(昭和44年)
” 祝 アーケード完成 ” の文字が見えます。
大勢のタコたちも、お祝いに駆けつけたようです。
薬局の看板でしょうか、『アリナミン』て看板が見えます。
調べましたら、アリナミンAは1965年に発売されていたそうです。

昔の室蘭

 

 

『終着駅のにぎわい 室蘭駅』
室蘭駅は、室蘭本線からちょっと脇道に入るので、来た線路を戻るかっこうになります。
そんな交通の不便さもあって、現在では、隣の『東室蘭駅』周辺の方が室蘭の街の中心になっているようです。

昔の室蘭

 

 

『1959年 千歳町映画館』
タイルばりの壁や、縦長のドアがおしゃれ。
写真の中央に見える男性たちは、入場券を買っているんですね。

昔の室蘭

 

 

最後は 『昭和13年 泉町からのぞむ大町商店街』
今となってはこの町並みを見る事はできないけれど、所々に昭和の建物が残っているのを見かけました。
そんな雰囲気を探してのんびり歩くのも、いいかもしれないね、室蘭。

昔の室蘭

 


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

2 Comments

  1. 匿名

    アーケードの完成風景 タコ軍団?が釘付けになりました なしてタコ?・・・
    町のマスコットキャラクターだったんですかね 謎
    映画館の外壁がタイルに見えるような?

    Reply
  2. ぽぷら

    どうしてタコ軍団なのでしょう。
    もしかしたらタコがいっぱい穫れたからとか。
    映画館は、私も雰囲気あるなあと思いました。
    きっとタイルですよね。

    Reply

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA