2

Pocket

『104年ぶりに江差にニシンが戻って来た!』
ニュースで報じられるほど、それは北海道にとってはすごいニュース。
ニシンは北海道に開拓のクワが入るずっと以前から、北海道の産業を支える大切な魚でした。
中でも江差(えさし)は特別たくさんのニシンが獲れたもんで、『江差の春(五月)は江戸にもない』って言われるくらい、ニシンの時期は賑わっていたんだって。

 

 

本州の年貢といえばお米だったでしょ。
北海道の松前藩の場合は、アイヌの人たちからの交易品の他に、ニシンも大事な年貢だったそうです。
沢山獲れたニシンの殆どは肥料等に加工されて送られる。
だからニシンは漢字の書き方が2つある。
『鰊』と『鯡』。
ニシンは魚だけれど、お金になるのでニシンにあらず。
それで『鯡』という漢字が出来たって、ガイドさんに教えてくれました。
なるほど〜〜〜。

 

でも、そんなに沢山獲れたニシンが昔のように獲れなくなって100年あまり。
そして先日、再び江差の海岸が、郡来(くき)によって白く濁っているのが発見されたのでございます!
その大きさは幅150m長さは50mほどだったとか。
郡来とは、ニシンが海岸近くに集まって産卵をする時に、海が精子によって白く濁る現象です。
この郡来を起こしているのは、不思議なお婆さんが、またもや瓶を海に投げ込んだからではないでしょうか。

 

は?・・・・・・

実ですね、むかしむかし、江差が飢饉で苦しんでいたころ、不思議なお婆さんがいて、江差の かもめ島 のそばで瓶(とっくりみたいだったらしい)を投げたら郡来が起こり、ニシンの群れが現れたというのです。
それからというもの江差では、お婆さんを神様と讃え『姥神大神宮祭』が行われるようになったそうです。
100年という時が過ぎ、お婆さんはニシンの獲れなくなったこの世に再び現れ、スペアに持っていた瓶を、こそっと海に投げ入れたに違いありません。
お婆さん、ありがとう。

 

ってなワケはない。
これは長年続けて来たニシンの孵化事業の努力が実ったのですね。
6cmほどに大きく育った稚魚を放流するんだそうです。
小樽にもニシンが戻ってきたしね。
ニシンの郡来が、北海道の春の風物詩になる日も、そう遠くはないかもしれません。

 

昔、江差の人々を救ったという、おばあさんが投げた瓶は、今でも瓶子岩(へいしいわ)となって江差の海岸に残っています。
学生だった頃の旦那さんが撮った写真。
右に見える岩が、お婆さんの投げた瓶です。怪力!!
もう、お婆さんに頼らなくても大丈夫ですね。

瓶子岩

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

Pocket

江差の『かもめ島』から撮影したという写真。
江差は道南にある町で、北海道が開拓されるずっと前から栄えた所で、『北海道の文化発症の地』と言われている所です。


かもめ島は、空から見るとカモメが羽ばたいているように見えるので『かもめ島』って呼ばれる小さな島。
ホントだ、カモメに見えるね。
昔は完全な島だったらしいけど、今は繋がっています。

江差の地図

■ 昭和49~50年ころの江差、かもめ島からの写真

旦那さんの話によると、正面の堤防の先に見えるのは赤い灯台だったそうですが、グーグルで見たところ現在は灯台はなく、あったとおぼしき所が四角く継ぎ当てされているようでした。

 

昭和の江差 かもめ島からの写真

 

PR

 

■  瓶子岩(へいしいわ)はお婆さんが投げた瓶

写真の右に見えるしめ縄がかけられている岩は、瓶子岩(へいしいわ)。
(私は最初、びんこ岩って読んじゃった)
写真では岩のもう片方が写っていませんが、岩の根元は削られて、風船のように細くなっています。

旦那さんはこの岩を見たときの形が、女性の横顔のように見えて思わず写真に撮ったそうですが、実はこの岩は、なんと瓶の化石なんです!
んなワケないっしょと思われるかもしれませんが・・・・
昭和の江差 かもめ島からの写真

 

 

江差には、『お婆さんの伝説』が残っていて、瓶子岩は伝説から500年を過ぎてもなお、語り継がれている物語の証なのです。

昔々、大変な飢饉に苦しんでいた江差の村に、予言者のようなお婆さんがやってきました。
あるとき、不思議なお爺さん(翁(おきな))から瓶を渡され、言われた通りに海に投げ入れると、なんと海が白くにごりました。
この白いものは郡来(くき)と言って、ニシンの群れが産卵のために海岸に押し寄せてくる現象です。
白く濁るのは、ニシンの精子が海に漂うためです。
こうしてお婆さんは村人たちを救いました。

 

詳しい内容はこちら
江差の『姥神大神宮渡御祭』は婆ちゃんを祀った祭り

 

もう、おわかりですね。
この岩こそ、その時に投げ入れた瓶なのです。
ほら、だんだん瓶に見えてきたっしょ・・・もう瓶にしか見えない!

 

数年前に江差に行ったとき、この写真の事を知っていたらなあ~と思うと、ちょっと惜しい・・・・
江差の町の中心部は、現在『いにしえ街道』という奇麗に整備された町並みになっています。

 

旦那さんがフィルムで撮影していた時代のネガが、そのまま段ボールにあるらしいので、これから少しずつ見てみるのもいいかもね、なんて話しているこのごろです。

昭和の石狩川付近の写真

石狩川の渡船場の跡と氷橋を渡る人の記事

小樽運河、D51、昭和40年代の写真

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket