2

『104年ぶりに江差にニシンが戻って来た!』
ニュースで報じられるほど、それは北海道にとってはすごいニュース。
ニシンは北海道に開拓のクワが入るずっと以前から、北海道の産業を支える大切な魚でした。
中でも江差(えさし)は特別たくさんのニシンが獲れたもんで、『江差の春(五月)は江戸にもない』って言われるくらい、ニシンの時期は賑わっていたんだって。

 

 

本州の年貢といえばお米だったでしょ。
北海道の松前藩の場合は、アイヌの人たちからの交易品の他に、ニシンも大事な年貢だったそうです。
沢山獲れたニシンの殆どは肥料等に加工されて送られる。
だからニシンは漢字の書き方が2つある。
『鰊』と『鯡』。
ニシンは魚だけれど、お金になるのでニシンにあらず。
それで『鯡』という漢字が出来たって、ガイドさんに教えてくれました。
なるほど〜〜〜。

 

でも、そんなに沢山獲れたニシンが昔のように獲れなくなって100年あまり。
そして先日、再び江差の海岸が、郡来(くき)によって白く濁っているのが発見されたのでございます!
その大きさは幅150m長さは50mほどだったとか。
郡来とは、ニシンが海岸近くに集まって産卵をする時に、海が精子によって白く濁る現象です。
この郡来を起こしているのは、不思議なお婆さんが、またもや瓶を海に投げ込んだからではないでしょうか。

 

は?・・・・・・

実ですね、むかしむかし、江差が飢饉で苦しんでいたころ、不思議なお婆さんがいて、江差の かもめ島 のそばで瓶(とっくりみたいだったらしい)を投げたら郡来が起こり、ニシンの群れが現れたというのです。
それからというもの江差では、お婆さんを神様と讃え『姥神大神宮祭』が行われるようになったそうです。
100年という時が過ぎ、お婆さんはニシンの獲れなくなったこの世に再び現れ、スペアに持っていた瓶を、こそっと海に投げ入れたに違いありません。
お婆さん、ありがとう。

 

ってなワケはない。
これは長年続けて来たニシンの孵化事業の努力が実ったのですね。
6cmほどに大きく育った稚魚を放流するんだそうです。
小樽にもニシンが戻ってきたしね。
ニシンの郡来が、北海道の春の風物詩になる日も、そう遠くはないかもしれません。

 

昔、江差の人々を救ったという、おばあさんが投げた瓶は、今でも瓶子岩(へいしいわ)となって江差の海岸に残っています。
学生だった頃の旦那さんが撮った写真。
右に見える岩が、お婆さんの投げた瓶です。怪力!!
もう、お婆さんに頼らなくても大丈夫ですね。

瓶子岩

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



江差の『かもめ島』から撮影したという写真。
江差は道南にある町で、北海道が開拓されるずっと前から栄えた所で、『北海道の文化発症の地』と言われている所です。


かもめ島は、空から見るとカモメが羽ばたいているように見えるので『かもめ島』って呼ばれる小さな島。
ホントだ、カモメに見えるね。
昔は完全な島だったらしいけど、今は繋がっています。

江差の地図

■ 昭和49~50年ころの江差、かもめ島からの写真

旦那さんの話によると、正面の堤防の先に見えるのは赤い灯台だったそうですが、グーグルで見たところ現在は灯台はなく、あったとおぼしき所が四角く継ぎ当てされているようでした。

 

昭和の江差 かもめ島からの写真

 

PR

 

■  瓶子岩(へいしいわ)はお婆さんが投げた瓶

写真の右に見えるしめ縄がかけられている岩は、瓶子岩(へいしいわ)。
(私は最初、びんこ岩って読んじゃった)
写真では岩のもう片方が写っていませんが、岩の根元は削られて、風船のように細くなっています。

旦那さんはこの岩を見たときの形が、女性の横顔のように見えて思わず写真に撮ったそうですが、実はこの岩は、なんと瓶の化石なんです!
んなワケないっしょと思われるかもしれませんが・・・・
昭和の江差 かもめ島からの写真

 

 

江差には、『お婆さんの伝説』が残っていて、瓶子岩は伝説から500年を過ぎてもなお、語り継がれている物語の証なのです。

昔々、大変な飢饉に苦しんでいた江差の村に、予言者のようなお婆さんがやってきました。
あるとき、不思議なお爺さん(翁(おきな))から瓶を渡され、言われた通りに海に投げ入れると、なんと海が白くにごりました。
この白いものは郡来(くき)と言って、ニシンの群れが産卵のために海岸に押し寄せてくる現象です。
白く濁るのは、ニシンの精子が海に漂うためです。
こうしてお婆さんは村人たちを救いました。

 

詳しい内容はこちら
江差の『姥神大神宮渡御祭』は婆ちゃんを祀った祭り

 

もう、おわかりですね。
この岩こそ、その時に投げ入れた瓶なのです。
ほら、だんだん瓶に見えてきたっしょ・・・もう瓶にしか見えない!

 

数年前に江差に行ったとき、この写真の事を知っていたらなあ~と思うと、ちょっと惜しい・・・・
江差の町の中心部は、現在『いにしえ街道』という奇麗に整備された町並みになっています。

 

旦那さんがフィルムで撮影していた時代のネガが、そのまま段ボールにあるらしいので、これから少しずつ見てみるのもいいかもね、なんて話しているこのごろです。

昭和の石狩川付近の写真

石狩川の渡船場の跡と氷橋を渡る人の記事

小樽運河、D51、昭和40年代の写真

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



2

PR


宝探しと聞くとインディ・ ジョーンズの『魔宮の伝説』なんかが思い出されて、わくわくする。
いつだったか、歴史好きの近所のおじさんが、「手稲の山にもな、埋蔵金が埋まってるらしいぞ」なんて真顔で言ってました。

 

まさかね~。
その話を旦那さんとしたとき、私はツバを眉にチョイチョイ(マユツバ)するそぶりをしちゃったくらい。
とはいえ、本当だったら面白いね。
その話を聞いてから、手稲山が宝の山に見えてたもね。

 

昨日、読んだ本に書いてあった鉱山の埋蔵金の話には、夜更けというのにワクワクしました。
その内容は、北海道の南、八雲には、鉱山の隠し金が眠っているというものです。

 

■ 昭和まで続いた鉛川鉱山

八雲には、1968年(昭和43年)まで続いた鉛川鉱山があった。
その歴史は、延宝年間(1673ー80年)ころに始まり、当時は遊楽部鉱山と呼ばれ、大量の金や銀、鉛、亜鉛などを採掘していたことに始まる。
その後、鉱山は繁栄し幕府直轄を経て、明治維新前には日本で初めてダイナマイトの爆破作業による採掘も行った鉱山である。

 

■ 明治維新が埋蔵金のきっかけに

明治に変わろうとしていたとき、榎本武揚軍は北海道に上陸、函館の五稜郭を占領しようとする。
戊辰戦争が始まったのだ。
もしや、次は鉛川鉱山も占領するのではないか。
鉱山の責任者は、金銀の固まり20個を、雄鉾岳 (おぼこだけ)に隠すよう、アイヌの親子に頼んだのだというのだ。

 

親子は、雄鉾岳の山麓の、あるキリの木の下に金塊を埋めた。
しかしその後、榎本武揚軍が鉛川鉱山に侵入することはなく、戊辰戦争は集結した。
ところが、金塊を探す段階になって、どうしても金塊を埋めたはずのキリの木が見つからないのだ。
金塊は、とうとう見つからないまま現在に至っている。

 

■ 金塊が埋められている場所

この話には続きがあって、当時ピリカベツ駅逓を経営していた老人の話が付け加えられている。

「ワシが若かったころ、金を探しにやってきたという山師が、金塊を埋めたというアイヌの先導で雄鉾岳に行き、2週間も探したが、見つからなかったという話じゃ。ところが昭和になって、鉱山の若い奥さんが、墓のそばの畑をおこしていたら金の粉が見つかったんだよ。隠したのは金塊じゃなくて、砂金だったかもしれん」

 

鉱山が閉山したのち、墓地の下の川のそばにあった協同浴場を壊していたときのことである。
男湯のタイルの下から、なんと金の櫛が見つかったのだ。
これは神のものに違いないと一時は祠に祀ってあったのだが、この櫛を盗もうとした男がその櫛に触れた途端に電気にでもうたれたように動けなくなった。

 

(※八雲町のホームページには、「金の櫛」とされているものの写真が載ってました。)

※ 鉛川鉱山には温泉が発見されていて、鉱山の保養所として2つの浴場があったが、現在は、八雲町が新たに掘削した温泉『おぼこ荘』がある。

 

金塊を埋めたとされるときから約150年。
その桐の木は今どのくらい大きくなっているんでしょうね。
温泉に浸りながら、山の様子を眺めてみたいものです。

もしかしたら灯台下暗し。
湯船の傍かもしれないし、金の端っこが土の中からちょろっと見えたりなんかもするかもしれない。
そしたら黙って拾っちゃおうかな。
それとも、発見者のAさんとして、新聞に登場しちゃおうかしら。
これだから宝探しはワクワクしちゃうね。

 

八雲 雄鉾岳 地図

 

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



4

JR北海道が、道南の江差線のうち、木古内 ー 江差の間(42,1キロ)を廃止する事になりました。
お客さんの数の減少や経費などを考えると、やむを得ない事なんでしょうね。

でも、江差という所は北海道ではとても古くから栄えた所と聞いています。
明治維新のずっとまえから、沢山の人が住んでいました。
そんな江差には、今も残る婆ちゃん伝説が残っています。

我が家にある古い本に書かれている内容をご紹介します。

 

・・・・・・・・・・・・・

 

昔々、ここに住む人々は、寒さと霧で五穀が育たず、餓死する者が耐えませんでした。
ある時、津花という浜に ”折居(おりえ)”という婆ちゃんが住むようになりました。
なんと、このあ婆ちゃんは天変地異をよくあてる予言者だったので、村人達は婆ちゃんを、とても慕っていました。

 

ある日の事、鴎島(かもめ島)方向から一筋の光が、婆さんの家を照らすので、

婆ちゃんが光の方向に歩いていくと、岩の上に、知らない爺ちゃんがいるじゃないですか。
爺ちゃんが言いました。
「婆さん、この瓶に入った白い水をやっから海にまきな。そうすればニシンという魚の群来(くき)がくる。これで村人を救いなさい。したらね(ではさいなら)」爺ちゃんは白い水の入った瓶を婆さんに渡し、(年寄りなのに)あっという間に消えてしまいました。
その爺ちゃんはもしかしたら、神様だったのかもしれないですね。
”群来(くき)”というのは、春に海岸に寄ってきて産卵するニシンの白子が、あたりの海の色を白くする現象で、私は2月に小樽へ昔へ向かう汽車(列車)から見た事がありますが、海岸からほどない所の1部分が、まるで温泉の素を入れたかのように白く濁っていました。

さて、婆ちゃんは、さっそくその事を村人に話すと、その白い水を海にまきました。
するとどうでしょう。とたんに海は沸き立ち、ニシンの群れがどんどん押し寄せてくるじゃないですか!

 

人々は、こうして豊になりました。でもその後、婆ちゃんの姿は見えなくなってしまいました。

「おりえ婆ちゃんはもしや、神様の使いだったんでないかい!?」
「そうだそうだ、そうだったんだべさ」ありがたやありがたや・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PR



こうして始まったのが、『江差姥神大神宮祭』です。
ニシンで賑わう江差の様子は、内地(本州)の人をも驚かすほどで、その豊かさは
『江差の春は江戸にもない』とい言われるほどの賑わいだったそうです。

姥神大神宮には、今でも、伝説の婆ちゃんの絵が飾られているはずです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ちょうど今日、8月9日から、『江差姥神大神宮祭』が始まったそうです。
爺ちゃん(神?)、いじけるんでないよ。

現在、江差の町中心部は、『いにしえ街道』として整備されています。
江差のいにしえ街道
江差町いにしえ街道08/06/29撮影

 

人気ブログランキング
に挑戦中です!ポチっとして頂けるとランクup。励みになります。

人気ブログランキングへ