2

Pocket

北海道の人なら誰でも知っている、冬の使者、雪虫。
たった1週間〜10日くらいの間、まるで雪が降っているかのように飛び交うことは、北海道民なら誰でも知ってる。
でもね、それ意外の時はどーしているの?

その姿と暮らしを、先日のテレビ『NHKダーウィンが来た!』で初めて知りました。
雪虫は、世代を変えるごとに、姿、かたちを七変化。
最後は蟻の巣から飛び立っていくんですよ。
忘れないうちに、書いていかなくっちゃ。

 

 

雪虫

 

雪虫

 

 

■ 1番目の雪虫の役目

初冬に飛ぶ、白いフワフワの雪虫を『1番雪虫』とする。
彼らの本名は『トドノネオオワタムシ』。
現れるのは、初雪の降る、2~4週間くらい前です。

 

彼らの寿命はたったの1週間ほど。
人に触れただけでも死んじゃうか弱い1番雪虫たちは、ふわふわと漂っているように見えるけれどもそうじゃない。
実は、ヤチダモという木を目指して飛んでいるのです。
食事よりも大事な目的を果たすため、1番雪虫たちには、もともと口は必要ないそうです。
そして、ヤチダモにたどり着くことができた者は、そこで赤ちゃん(2番目の雪虫)を生む。

(ヤチダモの冬芽)ヤチダモの冬芽

 

■ 2番目の雪虫の役目

2番目の雪虫は、白いフフワフワの『1番雪虫』とはまったく違うアブラムシの姿。
オレンジのメスと、緑のオスの赤ちゃんは、10日ほどで大人になり、今度は卵を生みます。
卵を産み終えると、初雪が降る。
雪虫は季節を先読みして、雪が降る前に、卵を産み終える計算をしているそうです。

 


■ 3番目の雪虫の役目

卵で冬を越した3番雪虫。
春になって孵化した姿は、おお!ちょっとだけ白いフワフワが付いている!
でも、彼らの役目は、栄養の豊富なヤチダモの樹液をいっぱい吸う事なのだ。
それから赤ちゃん(4番目の雪虫)を産む。

 

■ 4番目の雪虫の役目

夏に生まれた『4番雪虫』たち。
彼らの体には白いフカフカが付いていて、まるで初冬の1番雪虫に似ています。
でも、集団にはならないので、人の目にはあまり触れることなく、今度はトドマツに向かって旅を始めます。

やっとの思いでトドマツに到着!
ここでまたまた赤ちゃん『5番雪虫』を産む。

 

 

■ 5番目の雪虫の役目

5番雪虫はすんごいよ。
またまたアブラムシの姿をした5番雪虫は、トドマツの下に向かって降りて行く。
するとそこに、トドマツの根っこに巣を作っている蟻がやってきて、5番雪虫をくわえて巣に運んでいく。
このとき、5番雪虫は待ってましたとばかりに、運ばれやすいように、手足を縮こましているんですよ。
やるねー。

 

巣に運ばれた5番雪虫は、トドマツの根っこの樹液を吸って、お尻からアリ達の大好きな甘い汁を出してあげる。
そして、初冬の季節がやってくるまで、さらに世代を重ねていくんですと。

気温の変化を感じると、そろそろヤチダモに引っ越ししなくっちゃと思うんだべね。
5番雪虫は、ここで赤ちゃん『1番雪虫』を産むわけです。
1番雪虫たちは、初雪の降る少し前になると、なんと、蟻の巣から飛び立っていくんですよ。
そしてフワフワと飛び回る姿こそ、私がよく知ってる雪虫です。
あ、そうか!
トドマツの根っこにいる大きな綿を付けた虫!
トトマツの根 大綿のムシ・・・・
『トドノネオオワタムシ』!!
そ、そうだったのかあ〜!

 

雪虫

 

 

雪虫

 

 

雪虫

 

 

これで1年が過ぎましたね。
それにしても、数世代にわたって、姿やかたちを変えて、しかも蟻とも共存しているなんて、不思議な虫ですね。

 

番組では、どうして同じ場所で一生を過ごさないのかという理由も語っていました。
ヤチダモの木は、夏の間は栄養が豊富だけれど、秋になると極端に栄養が少なくなってしまうため、それ以外の季節は、ヤチダモほどじゃないけど樹液の吸えるトドマツで暮らす、ということでした。

雪虫

 

知れば知るほど、不思議な生き物、雪虫。
もし自分が雪虫だったら、どの世代に生まれたらいいかしら・・・・・
ん・・・
つまらない事を考えてしまったわい。

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

2

Pocket

PR

 

今年も冬の使者、雪虫が飛び始めました。
羽根を広げても5ミリほど、飛ぶ様子はお世辞にもスピーディーとは言えない雪虫達。
その中に、白い綿毛をいっぱい付けてフワフワと漂う雪虫がいます。
遠目で見ると、まるで雪のよう。

雪虫

 

 

雪虫は、蜂みたいに人を刺わけでも、カメムシみたいに臭い匂いを出すわけでもないので、異常発生さえしなければ、まあまあ許せちゃう。
『晩秋の風物詩』とか『雪の妖精』とか言われて、親しまれている虫です。

 

 

でもね、雪虫が飛ぶと、その後やってくる長い冬の事が頭をよぎるので、ちょっと切なくなっちゃう虫でもあります。
ああ、そろそろ雪が降ってくるのか・・・・とか思いながら見ちゃう。

■ 雪虫はアブラムシ

背中からお尻にかけて、白い綿毛のようなものをつけてフワフワ飛んでいる雪虫達の本名は『トドノネオオワタムシ』というアブラムシの仲間。
世代交代をしている間、こんなに白い綿毛をつけて集団で飛ぶのは、今の時期に生まれたトドノネオオワタムシだけだそうです。
飛ぶのはあまり得意じゃないせいか、風のない日中や夕方になると、特に沢山現われます。
我が家のあたりは木が多いこともあって、ポワンと口を開けて歩いたり、自転車に乗っていたりすると、目に入っちゃったりするもね。
鼻息を荒くして自転車こいでたら、吸い込んじゃった事もあったわ。

 

 

■ 雪虫は1年で世代交代をしている

春に生まれたトドノネオオワタムシには、雪虫のような白い綿毛がなく、1年の間に世代交代を経て、秋のこの時期に生まれた世代にだけ、白い綿毛ができるそうです。

しかもね、この世代の雪虫のオスの寿命はたったの1週間ほど、それも口がないんだと。
その間に、彼らはカップルになって卵を生んで残さなくっちゃならないので、食事なんかしてる場合じゃないってことなんだべかね。
メスも、卵を生んだら死んでしまうそうです。
だから、ふわふわ漂っているように見えるけど、本当は一生懸命に飛んでいるのであった。

 

 

■ 人の体温でも死んじゃうか弱い雪虫

飛び方はあまり器用じゃないので、いつのまにか洋服にくっついていたりします。
捕まえようと思ったら、両手でパッと簡単に捕まえることもできちゃう。
でも熱さにはとても弱いそうで、人間の素手で触れられただけでも、死んでしまうそうです。

白い綿毛の部分も、触ってみるとペタ・・っとなっちゃって元には戻らないもね。
それはもう、彼らにとって死を意味する事だったんですね。

雪虫が、あたりを飛び回っているのは10日ほどでしょうか。
観光などで北海道に来たとき、もしそんな場面にぶつかってしまっても慌てないで下さいね。
雪が降る前の北海道の風物詩です。
外出から帰ったら、コートを優しくほろってから入る事をお薦めします。
何か白いものがホワワ〜ンとが飛んだら、それは雪の妖精かもしれませんヨ。

雪虫

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket