台風が日本列島を通る理由には、それなりの事情があった

Pocket

PR



「今朝の空、すごかったぞ」
朝まで起きていた旦那さんが、朝日の写真を見せてくれました。
おお〜ホントだすんごいね。
散々暴れた台風5号は、低気圧に変わってそろそろ北海道にやってきたようです。

2017年8月の手稲の朝日

 

台風5号は日本列島をなめるように北上しては、各地に被害を残していますね。
テレビで台風の進路の図がでると、どーして列島の下から陸の方に曲がるのかとか、あっちにググ~~と行ってよと思うんだけど、なしてか居座ったりするもね。
いじわる!
なして日本に沿って進んじゃうの?
それは日本が地球上のココにあるがあるがゆえの運命らしい。

 

■  台風がまっすぐ進めないのは貿易風、偏西風、太平洋高気圧のせい

頭の中に地球の中にある日本列島を想像して下さい。
赤道の上の空には西(大陸側)に向かってに吹く貿易風(←←←←)、そこから北に上がり、日本列島の空には、逆に東(海)に向かって吹く偏西風(へんせいふう)(→→→→)が帯のように流れています。

 

さて、赤道の北側に台風ができたとします。
この台風は北に行きたい!って思いました。
北に進む台風だけど、赤道あたりの上空のは西に流れる貿易風(←←←←)が吹いているので、台風は西に流されながらも北に進みました。

 

ところが、ちょど日本列島の南あたりに来たところで、今度は逆に東に吹いている偏西風(→→→→)にグググ~~っ押され、流されるようになったんです。
このあたりがちょうど沖縄から九州、四国あたり。
台風の進路地図でよく見る、あのカーブがそれそれ。

 

今度は東に流され始めた台風は、海の方に行っちゃうのかあ・・・と思ったら、ここからが更なる追い打ち!
太平洋には太平洋高気圧という、空気がググっと下に押される下降気流の固まりがあったのです。
東に流されるはずの台風は、この太平洋高気圧で押されてしまい、すんなり通り抜けることができない!
どうするどうする・・・・・と、台風が踏ん張っているのが本州あたり。
この進路こそが、日本列島の空で起きていることだったのです。

 

最初は西に流され、日本の南側あたりで今度は東、そしたら次は太平洋高気圧で足踏み状態。
日本列島は、地球のこの場所にある限り、こういう運命をたどらなくてはならないのであった。ガガーン・・

 

■ 台風が日本にもたらしてくれるもの

日本人は太古の昔から、いったいどれだけの数の台風を受け入れ続けてきたんでしょう。
数十年、数百年に一度という災害を、はるか昔には何度も経験していることは、歴史の資料や地質などからもわかっているようですね。

 

でも、台風の大雨によって大量の水を蓄えることができるのも事実ですね。
地面にしみた水は、木の根や草、苔などによって、水をしみ込ませたスポンジのように水を蓄え、緑を豊かにしてくれて、もちろんダムにもいっぱい水を貯めてくれる。
それに、強い風が吹くことで海の中がかまかされるので(かきまぜられるので)、新しい酸素が海中に行き渡り、生き物たちもリフレッシュするんですと。

 

その豊かさによって、日本は緑豊かな木の国になり、海の恵みを得ているわけです。
台風は、日本列島をリセットしている立役者なのかもしれないです。
そうは言ってもさ、ものには限度っちゅうもんがあるしょやね。
そこんところ、台風に誰か言ってやってくれない?


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA