4

PR

 

今が旬のアスパラ。
北海道の岩内町には、『日本のアスパラガス発祥の地』の碑が建っています。

13.6.2岩内アスパラ1354-3.jpg

 

 

岩内の郷土資料館の館長さんのお話によると、
「もちろん、グリーンアスパラだってとれましたよ。でも、ホワイトアスパラは加工がしやすいので缶詰にして輸出できたんです」
とのこと。
ほほう、なるほど。
ホワイトアスパラは土を盛り上げて日光を遮断して栽培させたもので、白いまま、土を掘って収穫します。
現在は、土をかぶせないで日光をあてずに栽培する方法もあるそうです。

13.6.2岩内アスパラ1354-2.jpg

 

 

13.6.2岩内アスパラ1354-1.jpg

 
これが当時輸入されていた缶詰。
『スキーアスパラガス』って書いてありますね。輸入先は主にアメリカとの事です。

 

 

今では、アスパラと言えばグリーンアスパラの方が一般的ですね。
まだ、現在のように物流がよくなかった頃、どっかの料理番組で「北海道のアスパラでございます。まずは皮をむいて・・・」と言って、料理の先生がピーラーでグリーンの皮を上からシャッ~とむいた時にはプチショック。
そ、それは違う、違うよ~、せめて下の部分だけにしてと思いました。
今では、ポキっと折れば水がしたたるほど柔らかいアスパラが、あっというまに日本全国に発送できるいい時代ですね。

 

 

「そうそう、この下田喜久三って人はね、スケトウダラから肝油も作ったんですよ。私は子供の頃それを食べさせられましたが、生臭くって参りました」
私よりご年配とお見受けする館長さんは懐かしそうに言っていました。
わたしの頃には、学校の先生が配ってくれた小さくで丸いゼリーのような肝油で、甘くって、美味しかったよ。
そうだ、小学校の時に、肝油を希望者に販売した時があって、それを買っている人がうらやましく思いました。
栄養の事なんて考えないさ、ただ、ハイカラなもんを買ってもらっていいなあってね。

 

 

写真のパネルに書いてあったこと>>
『日本のアスパラガス生みの親、下田喜久三(しもだきくぞう)博士は1895 (明治28)年、岩内町の米国雑貨商の三男として誕生します。  中略
冷害に強い作物の試作に努めるようになり、8年にわたる研究の結果、冷害対策物としてアスパラガスが北海道で栽培できるという確信をもちます。
そこで、1922(大正11)年、岩内の砂丘地40町歩のアスパラガスを植え付けます。これが日本のアスパラガス栽培の始まりです。
また喜久三は、スケトウダラの肝臓に含まれているビタミンAを肝臓を生のまま遠心分離機にかけて抽出する事に成功し、専売特許をとり世界に販売したことでも知られています。 後略  』

 

自慢しちゃうけど、北海道のはホント美味しいから食べてみればいいっしょ!

送料込 北海道のアスパラガスのページ

隠れキリシタンや日本最古のリードオルガンは岩内のページで

 

人気ブログランキングに挑戦中です!ポチっと押すとランクアップ!
人気ブログランキングへ 

6

PR

 

岩内郷土資料館には、『隠れキリシタンのマリア観音像』ではないかと思われている「子育て地蔵尊」が展示してあります。
台の高さも入れると、人の背くらいもあります。
とても貴重で、『隠れキリシタンのマリア観音像』は、日本に3体が確認されているだけだそうです。

13.5.4岩内005マリア像 01.jpg

 

 

この『マリア観音像』は、なんと背負子になっていて、背負って移動したものです。
背中の部分には、背負うようにベルトが付いていますね。
「背中の板をご覧なさい。十字になっているんですよ」
と教えていただいて見てみると、確かに背中にあたる部分の添え木が十字になっています。

13.5.4岩内006マリア像 02.jpg

 

 

こんなに大きくて、しかもすんごく重たいでしょうに、背負って信者のところを回っていたなんて、昔の人は本当にすごかったですね。
マリア様は背負われながら、あちこちの日本の風景をたくさんご覧になったことでしょう。

 

人気ブログランキングに挑戦中です!ポチっと押すとランクアップ!
人気ブログランキングへ岩内の特産品


 

2

PR

 

岩内郷土資料館には、日本最古という1905年製のリードオルガン(足ふみオルガン)が展示されています。
しかもこれがピカピカで、ちゃんと調律もされ、時々演奏もされているというのですからすばらしいです。
その光沢に、思わず手を触れてみたくなりますが・・・・なんと、触ってみてもいいんですって。

 

 

「どうぞ、鳴らしてみて下さい」
ちゅうちょしていると、職員さんがペタルを踏み踏みして鍵盤をポーンと押しました。
空気を含んだような、あの懐かしい音色。
ペタルを踏んでから音が出るまでの、あのちょっとの間がいい!
小学校の教室で、先生の伴奏にあわせて歌を唄った事が思い出されるね。
こんなに立派なオルガンじゃなかったけどさ。

13.5.4岩内002オルガン1.jpg

 

 

13.5.4岩内002オルガン2.jpg

 

オルガンの両脇に、お盆のような小さな台がついていました。
「これはですね、ランプとかロウソクとかの灯りを置いたのだと思います」
なるほど!
うっすらとゆらぐ灯りで演奏されるオルガンの音色は、きっと当時の人たちの心を癒したことでしょう。

 

オルガンを分解した時に、裏側から職人が書いたと思われる落書きがでてきたそうです。
当時の気持ちを素直に書いたその落書きは、人間らしくてほっとします。
オルガンも職人さんも、こんなに大事にされて嬉しいでしょうね。

 

人気ブログランキングに挑戦中です!ポチっと押すとランクアップ!
人気ブログランキングへ

 

2

PR

 

アスパラガス。
普段は”ガス”抜きしちゃって、アスパラって言っています。

 

 

自慢だけど、北海道のアスパラはめっちゃ美味しい。
ちょうど、これからがシーズンですぞ。
岩内町出身の農学博士・下田喜久三という人が、故郷で日本最初のアスパラの栽培に成功しました。

 

 

アスパラというと、グリーンアスパラが多いけれど、当時はおもに輸入向けにホワイトアスパラの缶詰が作られたそうです。
ホワイトアスパラもグリーンアスパラも、基本的には同じもの。
土を盛って、日光をあてないようにすることで、緑にはならずホワイトアスパラができるのです。

 

 

「もちろん、グリーンアスパラも食べましたよ。ただ、缶詰の加工には不向きだったのです」
と、資料館の方が教えて下さいました。

13.5.3岩内資料館 きよアスパラ.jpg

 

 

13.5.4岩内007アスパラ 01.jpg

 

 

当時、輸入用に作られて」いたアスパラの缶詰。
『スキーアスパラガス』という文字は日本語ですね。

13.5.4岩内008アスパラ2.jpg

 

人気ブログランキングに挑戦中です!ポチっと押すとランクアップ!
人気ブログランキングへ岩内の特産品


4

PR

 

昨日は、積丹半島の付け根にある岩内町を尋ねました。
日本で一番の人口密度の時もあったという岩内ってどんなところなんだろうと思っていたからです。

 

岩内郷土資料館に入ると,
「ご案内しましょうか?」と職員のおじさんが声をかけてくれました。

 

入館料、町外の人は大人200円。
その丁寧な説明に、見終わった時には1時間も過ぎちゃってました。

 

 

その1)・・・岩内に人がいっぱい集まったわけ。

江戸時代、北海道の日本海側ではニシンがいっぱい獲れたので、内地(本州)から人々(和人)が、家族を連れて、どんどん北海道にやってきました。
陸はうっそうと原野でしたから、海つたいに船で移動するのが交通手段。
でも、女性は、積丹岬から北の海は『女人禁制』女の人は行ってはいけないきまりでした。
積丹の海には女性嫌いの女神が住んでいて、女の人の乗った船を見つけると、嫉妬で沈没させてしまうからす。
なので、家族が暮らせる平野の岩内に人々が集まり、町ができたそうす。

 

でも、女神の根底にあったものは、未開の北海道で、これ以上北に人々が移住しちゃうと、幕府の目が届かなくなる為と何かの本で読んだ覚えがありました。
北に行ける和人(アイヌの人々は北海道にたくさん住んでいました)は、やん衆と呼ばれた漁をする男達や商人、北方警備についた武士など男達だけ。
とは言っても、遊郭(ゆうかく)はあったんだってさ。

 

 

岩内町は、北海道にとって、とても重要な町として栄えたんですね。

13.5.5岩内地図.jpg

 

 

13.5.3岩内きよ郷土資料館.jpg
※おことわり・・掲載したものは、個人的に得た情報、印象です。真実の確証はありません。ご容赦くださいませ。

 

人気ブログランキングに挑戦中です!ポチっと押すとランクアップ!
人気ブログランキングへ