Pocket

今年も、礼文島に住んでいる旦那さんの友人から生ウニが届きました。
本当にありがたい・・・・・・
礼文島は利尻島と並んである北海道の北の島です。

北海道で食べられているウニは、『バフンウニ』と『ムラサキウニ』の2種類です。
どちらも、漁期が夏の間の数カ月と限られているので、生のウニを食べられるのはその間だけ。

 

■ エゾバフンウニとムラサキウニの違い

こちらは、バフンウニを網焼きしているところの写真です。

焼きバフンウニ
バフンウニは、トゲトゲが短くてずんぐりむっくり。
『バフン』ていうのは『馬糞』のこと。
形が似ているからなんだべね。
身は、どちらかというと小ぶりだけれど、色はオレンジしたものが多くて味も濃い感じがします。
まろやかで、まるでクリームみたいに濃厚です。
そうそう、地元の人はバフンウニのことを『ガンゼ』って言ってました。

 

 

ムラサキウニは、トゲトゲが長い。
色は少し色は薄くて身は大きいのが多いみたい。
味は、バフンウニに比べると普通・・・・・(普通という表現が贅沢すぎ!)
どちらも、地元の海の利尻昆布を食べて育つから、そりゃーもう高級品です。
でも雑食性だから、基本的はなんでも食べるんですと。

 

 

■ ウニの食べている部分は卵巣と精巣。

ウニは、内側にへばりついている黄色い部分を食べるけど、それはウニの生殖巣、つまり卵巣と精巣だそうです。
でもね、素人がちょっと見でメスの卵巣とオスの精巣を見分けるのは難しいみたいです。
いづれにしても子孫繁栄の部分を食べているのね。申し訳ないけど、美味しくてゴメンネ。

 

 

■ ウニの中に混じっている黒い部分

ウニを割ると、食べる部分の他に、黒いツブツブみたいなものもが入っていますね。
知らなかったときは、ウニの!!か!・・・・・なんて思いました。
でもね、それはウニが食べた海草だそうです。
だから、少しくらい口に入っちゃっても大丈夫。
気にしないで食べちゃう人もいるそうですから。

以前、トゲトゲのついたウニを割ったとき、はっちゃき(一生懸命)で取り除いたら、食べる部分が少なくなっちゃって悲しくなった。そのときに知っていたらなあ。

 

 

■ ミョウバン不使用だから板に乗っていない

ウニは身が柔らかくて、すぐに溶けてしまいます。
だから、板の上に乗っているウニは、形が崩れてしまわないように、ミョウバン(凝固剤の役目)を使っているそうです。
形はきれいでしっかりしているけど、ミョウバン独特の苦みが出ちゃう。
ウニが嫌いという人は、もしかしたら原因はミョウバンの味かもね。
ちなみに、この礼文のウニはミョウバンを使っていないので、板ではなくて塩水に浸した状態で販売されています。

 


というわけで、いっただっきます。

生ウニの入っているパックは二重構造。
塩水の中のウニは、ザルに入った状態で取り出しやすようにつまみが付いてる。
これを持ち上げるとほら〜〜〜。考えてるな〜。

 

このパックには、エゾバフンウニとムラサキウニの両方が入っているようです。
確かに、小さくで色の濃い身と、大きくてポツポツした身が入っています。

 

生ウニ

 

 

生ウニ

 

この大きい身はムラサキウニ(だと思う)。
玄米ご飯の中央にある小さめで身がしまっているのがエゾバフンウニ(だと思う)。ま、口 に入れればどっちも美味しいけどさあ〜

 

生ウニ

 

 

礼文島


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



礼文島のウニ通販

Pocket

Pocket

礼文島の南には、桃によく似た形をした、その名も桃岩があります。
礼文島の地図

 

 

桃岩

 

小高い丘を登っていくと見えて来る。
なるほどねー、てっぺんのチョボっと尖っているところなんて、なかなかいいんでないかい。

 

この場所は江戸時代、アイヌの戦場になった場所だと伝えられています。
でも今は、旅人が心を癒しにくる場所になりました。

 

ここまでくると、そこは展望台。
左側には猫が背を向けて座っているように見える猫岩が見える。
背中のまがりあんばいが、ちょっと切なくてかわいい。
桃岩 展望台

 

左側はというと、元地(もとぢ)の漁港、その向こうに縦長の岩、『地蔵岩』が見える。
礼文島
この岩は、岸壁の一部だと思ったらそうじゃなくて、おせんべいみたいに薄い独立した1枚の岩でした。
岩との間が崩れたのか、それとも、地蔵岩ってくらいだから、自分で離れて一歩前に出たのか、不思議・・・

 

地蔵岩

 

地蔵岩

きれいな海岸を見るのもよし。
礼文島ならではの花を見るのもよし。
縄文人やアイヌの人に思いをはせるのもいいね。
でも、利尻昆布を食べて育ったウニを食べるのも外せないかも。

ウニ焼き

 

 

友人は、カモメのことをゴメって言ってました。
方言かどうかはわからないけど、カモと身近で暮らしている漁師さんたちは、普通にゴメって言ってるみたいです。

カモメ

 

 

カモメ
またいつか、必ず行ってみたいなあと思っています。
旅人の多くは、大きなリュックを背負って歩いて回っていました。

でも、そんなに体力ないわという方のために、島には貸し自転車がありましたよ。
でも島は平坦ではないので、ちょっと体力いるかも。
私が島の散策で使ったのはバスでした。
途中で降りて、あとは散策しながら戻るというパターンです。

礼文島へは、稚内からフェリーで2時間ほどです。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

Pocket

PR

 

北海道の最北端の島、礼文島。

礼文島にいる友人の話・・・
「島に来た旅行客がさ、『礼文島は花の浮き島っていうから、島が全部、花でいっぱいなのかと思ってきたけど、タダの島でしょ』と言っていたもなあ、ま、タダの島だけどよ」

 

ああ、もったいない。
私もね、なーんも知らなかった。
でも、礼文に咲く花の多くは、本州のアルプスや北海道の大雪山系など、普通のおばさんの足ではなかなか見られない高山植物が簡単に見られて、さらに礼文島でしか見られない固有種、レブンアツモリソウとか、レブンコザクラとか、レブンウスユキソウなどの花が見られるってわかったときは、ちょっとラッキーと思ったもね。

 

自然ばかりじゃなく、礼文島の船泊遺跡からは縄文人が住んでいて、本州の人達との交流があったことがわかっているし、アイヌの人達も昔から住んでいたこともわかっています。
北海道が蝦夷地と呼ばれていたときから、多くの和人との交流もありました。
でもなんてたって美味しいものものがあるしね。

礼文島では、なかなか長期で滞在することができなくて、頑張っても1泊。
それでも、夏には沢山の花を見る事ができましたよ。
今思うと、少しでも下調べをしておけば、もっと楽しめたろうなあと悔やまれます。

沢山の中から、7月初めころに行ったときに出会った花たちです。

 

『レブンコザクラ』
礼文島を代表する花の1つ。
サクラソウ科の花で、背の高さは20cmほど(礼文町の花図鑑参考)
写真の花の高さは15cmくらいでした。
花は芝桜そっくり。
レブンコザクラ

 

 

『イワベンケイ』
漢字では岩弁慶。
この花を切って何日も吊り下げておいてもしおれない。
それでおて土に挿すと活着するので、その強さを弁慶に例えたもの。

イワベンケイ

 

 

『ミヤマオダマキ』
オダマキ(苧環)とは、昔、麻糸を巻いた道具で、形が似ているから。
とっても繁殖力の強い花です。
よく似たミヤマオダマキは、我が家の回りにも咲いているけど、同じかな?

ミヤマオダマキ

 

『ハクサンチドリ』
枯れたあとも花が残り、天然のドライフラワーになる。

ハクサンチドリ

 

 

『レブンウスユキソウ
礼文町の「町花」。エーデルワイスも同じ仲間。
花の大きさは1cmくらいで、白い粉雪を降らせたようなモコモコっぽい花です。

レブンウスユキソウ

 

『チシマフウロ』
色は控えめのうす紫色で群生して咲きます。チシマフウロ

 

 

 

『サクラソウモドキ』
サクラソウモドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

『レブンアツモリソウ』
初めて礼文に行ったときの季節は6月の中くらいで、ちょうどレブンアツモリソウの見頃でした。
レブンアツモリソウ

礼文島の自然はとても厳しく監視されていて、私が一人で散策していたときも、監視員の方に会いました。
レブンアツモリソウは、礼文島に咲く花の中でも特に貴重な花で、この花の咲く場所には、盗難防止のための監視カメラが取り付けてあり、監視員もいます。

 

 

さらに、絶滅を防ぐために、株分けされて北大の植物園でも育てられています。
なので、レブンアツモリソウが見たいときは、札幌でも見られるって事ですね。
北大植物園のレブンアツモリソウ

面白かったらポチっとね。

スポンサーPR



Pocket

2

Pocket

写真の整理も兼ねて、礼文島での写真を、思い出しながらupしたいと思います。

こちらは礼文島の最北端スコトン岬。
スコトンとは、アイヌ語で『大きな谷』。
ちゃんとした名前だとスコトン トマリ。
トマリは『入り江』という意味だそうだから『大きな谷のある入り江』ということですね。
スコトン岬

向こうに見える島はトド島、漢字で『海馬』。
建物らしきものは見えるけれど、あれは漁師さんたちの作業小屋などで、人は住んでいないそうです。スコトン岬名前の通り、このあたりにはトドが住んでいて、漁師の網にかかった魚を食べてしまうので、島では特別な許可を持った漁師さんが、鉄砲を持って船に乗り駆除を行っています。
でも友人の話によると、トドはとっても賢い動物だから、そうとわかるとすぐ海に入っちゃう。
あんなに体は大きいのに、水面からは顔だけしか出さない。
さらに、波はトドの姿をゆらゆらよ隠してしまうので、とっても難しい猟だそうです。

スコトン岬

 

 

私達が行ったときには、トド肉が串焼きで売られていました。
味も感触もクジラ肉とよく似ていて硬くて淡白。
クジラ肉、食べたことないですか?
私が子どもの頃はね、とにかく値段が安い庶民の食材でした。
お刺身で食べれば柔らかいけど、焼くとこれが硬いもんだから、歯をグイ〜〜って引きちぎってたべたの。お弁当によく入っていてさ・・・・・
あ、話がそれてしまいましたが、トド肉は牛で言うなら、ジャーキーっぽい感じですね。

トドの肉

スコトン岬の周辺は緩やかな丘になっていて、北の地だからこそ平地でも見られる高山植物の花がそこいらへんに咲いています。

これはピンクのクチバシのような花びらのヨツバシオガマ。ヨツバシオガマ

 

イブキトラノオ イブキトラノオ

 

カタネナデシコ
カタネナデシコ

 

??

 

 

ヤマブキショウマ


次回へ続く>>

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

2

Pocket

PR

礼文島で仕事をしている旦那さんの友人がやってきました。
もう10年も島で暮らしているのだから、休みのときは島の隅々を探検しているんだろうなあと思いきや、なかなかそうもしていられないんですと。
私の『島の様子はかわったでしょうね』と問いに、
彼は「いやあ、なんも変わってないよ。新しいトンネルはできたけどね」と言いました。


礼文島は、北海道の最北にあって、多くの観光客の人が訪れる島だけど、観光ズレしていない素朴さな島。
その位置的なこともあって、平地で貴重な高山植物が沢山見られるため、『花の浮き島』って言われています。
大きなリュックを背負った若者たちが、心を癒しにくる所でもあります。
すぐとなりには利尻島があって、両島へ行く船は稚内の港から出ています。


日本の最北の島だけど、昔からアイヌの人達は住んでいたし、江戸時代にはすでに和人も住んでいたそうです。
伝説もけっこうあるもね。
『北海道の昔ばなし』という本に載っていた、礼文島に残る伝説のお話をご紹介しますね。

■ 利尻昆布は神様のお告げで食べられるようになった

むかしむかし、礼文島に、とても信心深い漁師の夫婦が住んでいたんですと。
漁師は、毎日必ず漁に出かけるまえには神社に寄って、お供え物をしてから漁に出て行きました。
” 今日も魚が獲れます様に・・・ ”
けれど、漁師の願いもむなしく、魚はしだいに獲れなくなりました。
毎日毎日、漁師は漁に出るのですが、さっぱり魚がとれません。
その日も、魚はたったの2匹でした。

 

漁師は、神様のお供えする分と自分たち夫婦の分と、3匹は欲しかったのですが、2匹ではどうしようもありません。
仕方なく、1匹を神様へ、残りの1匹を、夫婦ふたりで分け合う事にしたのです。
それから何日たっても魚は獲れず、そのうち冬がやってきました。
仲間の漁師たちもやはり魚は獲れず、村人達は少ない食料で冬を越さなければなりませんでした。
それでも漁師は、神様へのお供え物だけは絶やしませんでした。

 

ある日、漁師が神社を通りかかったとき、神のおつげがありました。
”” この先しばらくの間は、魚は獲れないであろう。そのかわり、海の岩肌にくっついている黄金草を取るのじゃ。この海藻が、お前を救うであろう〜〜・・””

漁師は神様に言われた通りに船を出し、岩肌のあたりを覗いてみると、そこにはびっしりと長い海藻がくっついていました。
漁師は、自分だけが独り占めをしてはいけないと思い、漁師仲間と一緒に取りました。
それが昆布でした。

 

ここの昆布は特別高く売れて、文字通りの黄金草となりました。
それが有名な『利尻昆布』だったんですって。
= おしまい =

 

それにしても、この漁師さん、いい人だね。
神様も、毎日お供え物をもらっちゃうし、手を差し伸べたくなったんだべね。
私だったら、魚が2匹しか獲れなかったら、当然、神様には我慢してもらうしかないべさやって思っちゃうけどなあ。

ああ、懐かしいなあ〜。また行きたいなあ〜。
あれからもう何年たつかしら・・・

なんだか急にムズムズして、以前礼文島に行ったときの写真を引っ張り出してきました。
これは、礼文島の澄海岬(すかいみさき)です。
透明度はハンパじゃない。

澄海岬                             <2007 / 7>

こちらは猫岩。猫が背中を丸めている後ろ姿に見えるっしょ。
猫岩
こちらが礼文島の民宿から見えた利尻島の利尻富士でございます。
利尻富士
旅人を見送る民宿の人達。
♩とおい〜 せかいに〜 旅に〜 でようか〜
ここは〜 礼文だ〜 わたしの島だ〜 ♩
って歌を歌いながら、
『いってらっしゃ〜い』と言って見送ってました。
礼文島                                                                                                       <2008 / 6>

 

こちらは見送られる若者達。
『いってきま〜す』と言って、別れを惜しんでいました。
若いっていいなあ〜〜。

礼文島

 

最北の島、礼文島、またいつか、訪ねてみたいと思います。

 

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket