絵ハガキでしか見た事のない高千穂峡。
どの写真も左から滝(真名井の滝)の落ちている光景ばかりなので、画面の外はもしかして、なーんにもなくてショボイんでないの??
などと、勝手に言いたい事を言ってた私でございました。
ところが実際行ってみると、あとからあとから車やバスが入ってくる。
お土産屋さんはもちろん、お休み処も沢山の人で賑わっています。

 

高千穂峡

 

そんな中、私たちの車は真名井の滝から近い『御塩井駐車場』の、残り少ないスペースに入れることができました。
駐車料金は500円。
他にも無料の駐車場もあるようです。
ゆっくり散策を楽しむなら、ちょっと離れた無料の駐車場もいいですよね。
高千穂の観光マップを見たら、滝だけにとどまらず、あちこちと散策する処がいっぱいあるところでした。
高千穂峡の見どころや駐車場などが載ってるマップはこちらが便利

 

高千穂峡

 

高千穂峡

 

滝は、橋の上からすぐに見えました。
あれか!ドドドっと流れ落ちる水が深緑の水面に消えていきます。
ボートが葉っぱみたい。
さっそく向こうに行ってみよう。

高千穂峡

 

こちらは遊歩道の途中にある小さな社。
置かれていたのはこの地の土で作られたという素焼きの ” まがたま ”です 。
100円ですって、旦那さんは1つ買いました。
まがたま

 

さらに奥に進むと、おお~~、ここが絵はがきで見た事のある撮影スポットだね。
滝もさることながら、渓谷がまた見ごたえがあります。
高千穂峡

 

それにしても、ボート混み混み。

 

ここで
= 高千穂峡のできかた =

もともとあった渓谷に、阿蘇の軽石流(火砕流)がドドドーっと流れ込み、それが冷え、長く角張った柱状節理と言われる岩が作られた。
そこからさらに長い時間のなかで川が浸食され、深い谷ができたのである。
高さ80〜100mもの断崖が7kmも続いている。

そうだったのか、ショボイとか思っていてゴメンナサイ。
やっぱし、この目で見るのが一番だよね。
高千穂峡は、溶岩の浸食によって作られた芸術的な渓谷だったのですね。

 

柱状節理は、北海道の層雲峡などでもよく知られています。
多くの場合は六角形。
六角形は不思議な形です、雪の結晶も蜂の巣も六角形。
六角形は自然界の究極の形なんだそうです。

 

高千穂峡は柱状節理の上にさらに岩盤が乗っていて面白い。
自然の芸術作品のすごさを感じました。
こちらも食欲もすごさを感じる・・・あーおいし。みそだんご

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



2

九州の真ん中あたり、阿蘇には大きなカルデラがある。
大観峰への道(阿蘇大観峰へのアクセス)は、野焼きをされた おまんじゅうのような山の中を走りました。

大観峰

大観峰
途中の見どころ、雲がかかると、その先が幻想的に見える通称『ラピュタの道』は、昨年の地震によって通行止めになっていました。

大観峰
気を取り直して再スタート。
大観峰の事は、私はあまりよく知らなかったもので、旦那さんから地図で教えてもらって初めて、おお~~~~っと反っくり返りました。
すんばらしい・・
大観峰に行くと、阿蘇の雄大なカルデラが見られるんですもね。
カルデラとは、昔、火山が爆発してできたくぼみの事。
そこに水が溜まるとカルデラ湖になるわけね。

 

 

北海道でよく知られている湖だと霧の摩周湖。
あと、クッシーが住んでいるという屈斜路湖。
洞爺湖、支笏湖、クッタラ湖・・・
阿蘇と同じように、カルデラの中に町がある所もありますよ、赤井川村というところ。
火山の国、日本はカルデラが沢山ありますね。

大観峰

 

 

大観峰展望所のゲートに到着。大観峰時刻はすでに夕方です。
掲示板があるよ。
大観峰展望所のゲートの開いている時間は、8:30~17:00までだって。
今、何時?4時45分だべさ!
とにかく行ける所まで行ってみよう。

 

旦那さんは、売店のあるあたりからの景色を見ています。
「向こうまで行かないの?」
「俺はいい、お前、行けるとこまで行ってこい!」
したら行ってくるね!
旦那さんを残し、スタスタ歩いてみたものの、一番先まで行くには、この短い足では時間が足りない。
ウウ・・・
このあたりまでか・・・・。
でも、そのカルデラのくぼみのフチ、外輪山の美しさを、しばし立ち止まり、脳裏に焼き付ける事ができました。

大観峰

 

 

大観峰

 

左から根子岳(1433m)、高岳(1592m)、中岳(1506)、鳥帽子岳(1337m)、杵島岳(1321m)。
この五つの山は阿蘇五岳と言って、お釈迦様が寝ている姿に見えるそうです。
ジ~~~・・・・
おお、見える!
向かって左の根子岳がお顔ですね。ありがたやありがたや・・・・

 

 

展望台に設置されている掲示板に、『野原を黒く変える早春の風物詩『野焼き』は山をヤブカや病害虫から防ぐことができる』とありました。
そう言えばここに登ってくる道すがら、道路の脇から野焼きの煙りがもんもんと上がっていたもね。

 

展望台のフェンスは午後5時で閉まっちゃうけれど、手前の駐車場には車を止める事ができます。
奥まで行かれなくても、なかなか見ごたえのある風景です。

阿蘇大観峰へのアクセス、売店の営業時間など、その他の詳細を知るなら、阿蘇大観峰茶店のサイトが便利です。

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



島原城から城下の武家屋敷へ。

島原城武家屋敷街には無料の駐車場がありました。
駐車場の向かい側が島原第一中学校という学校で、この門が立派!
さすが!と、武家屋敷を見る前にまずびっくり。

 

武家屋敷街の間に水路が流れていてとてもきれいです。
この水は飲料水などの生活用水で、2キロ離れた杉谷村の水ノ権現(熊野神社)という所から引いたそうです。
コレラや赤痢などにならないように、水質もしっかり管理されていたとか。
400年近くが過ぎても、今なお奇麗な水が流れているなんてすごいですね。

島原 武家屋敷 用水路

 

 

 

 

さっそく山本さまというお武家様のお宅を拝見です。
左の玄関は家の人、右側はお客様のための玄関だそうです。
では私は左の玄関から・・・・お邪魔します。

島原 武家屋敷

土間の玄関、1段ステップがついています。
ステップの下は収納になっているのかな。

 

 

こんにちは・・・
”おやいらっしゃい”
針仕事、せいがでますね。
そちらの部屋は『居間』。居間?
でも、4畳半しかない。
居間は今のリビングという考え方とはちょっと違うようです。

島原 武家屋敷

 

 

奥の広くて立派な部屋にご主人がいらっしゃる。
失礼いたします。
”おお、よく来られた。蝦夷から参ったとな、そりゃ道中ご苦労であった”

 

いえいえ、とんでもございません。
お宅を拝見いたしたく、参上つかまつりました。
”そうかそうか、ま、ゆっくりしていかれよ。当家は何もごちそうは用意しておらぬが、近所にて、『かんざらし』のうまい店がある。そこで休んでいかれるがよかろう”
それはそれはご丁寧に、ありがとうござりまする。

島原 武家屋敷

 

障子と欄間が絵の額縁を思わせる景色ですね。
日本人の美学を感じちゃう。
では失礼して、その『寒ざらし』とか申すものを頂きに参りまする。

 

 

 

武家屋敷の家々の中に、お土産物屋さんを兼ねたお休み処がありました。
おお!もう『島原名物かんざらし』の文字しか目に入りません。
『かんざらし』ってなんでしょう。
食べてみるしかないしょやね。

「あの、『かんざらし』っていうのを食べてみたいのですが」
注文したのは私だけなのに、お店の女性は旦那さんにもお茶を出して下さいました。
恐縮でございます。

 

それは見た目、甘い蜜に入った白玉だんご。
「あの、『かんざらし』ってなんですか?」
「もち米で作った おだんご で、これを冷やしたものなんです。なので『寒ざらし』っていうんですよ」
なるほど。
女性は、観光客からきっと何度も聞かれたでしょうに、とても丁寧に教えて下さいました。
寒ざらし

 

寒ざらし

 

ひんやり冷たくて、白玉だんごが柔らかい。
それにこの蜜もおいしいです。
「三温糖と黒砂糖を作っているんですよ」
そうなんですか。口当たりが柔らかい感じがするもね。
ごちそうさまでした。

島原 武家屋敷 マップ

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR