札幌市平岸霊園合同納骨塚、設備を増やして遺骨受入れを再開中

Pocket

PR



平岸霊園にある『札幌市合同納骨堂』です。
納骨堂に納められている人達は、ひと昔前までは身寄りのない方が殆どでしたが、近年では墓のじまいをした親族の遺骨や、家制度のお墓を望まない人、少子世代で墓守をすることができないなど、様々な理由で、合同納骨塚を利用する人が急激に増えてきたそうです。
この納骨堂は設置してから20年以上、すでに6000体の埋蔵数を越えているそうです。私のね、
姉と義兄も、ここにいます。

 

それでね、このたび新しい納骨塚ができました。
画面に見える建物は既存の納骨塚、左側にお奥に見えるのが、新しい合同収納塚です。平岸霊園合同納骨堂

 

■ 新しい合同納骨塚の設置

新たな『札幌市合同納骨塚』は、既存の納骨堂のそばに立てられました。
中央に見える黒い『納骨塚』の碑は以前からここにあったもので、その後ろにある建物が合同納骨塚です。
シンプルな平屋の石造り。

平岸霊園合同納骨堂

 

 

■ 遺骨の管理者が札幌市民であれば入ることができる

札幌市のサイトによると、納骨塚に入る人(亡くなった方)は札幌市民でなくても、遺骨を管理する人(骨を持っている人)が札幌市民であればよいそうです。
たとえば地方から札幌に来て働いている人が、故郷の親やご先祖をここの納骨塚に納めることはできるわけです。

現在、北海道の人口の約3分の1が札幌市民であることを考えると、これからますます合同納骨塚の利用は増えそうですね。

 

■ 一度入ったらもう出られません

平岸霊園の『札幌市合同納骨塚』に埋葬されたら、あとになって ”やっぱし別に移したい” って言ってもダメ。
札幌市のページには、”合葬のため埋蔵後の焼骨の引き取りはできません” と書かれています。
骨はみんなと一緒に混ざっちゃうってことなんだべね。
『合同納骨塚』に納めるときは、ちゃんと考えて納得することが大事ですね。

 

■ 駅近だから、便利がいいね

場所は地下鉄南北線「南平岸」駅地下鉄を降りてから徒歩10~15分くらいだから、気がむいたらいつでも会いに行ける。
春のお彼岸、北海道は、まだまだ雪に埋まっているけど、ここなら大丈夫。
平岸霊園はすんごく広いけど、合同納骨塚は事務所のすぐ裏手にあります。

詳しくは平岸霊園合同納骨塚の遺骨受入れについて >>

霊園は、なんだかもう秋の気配です。ナナカマドの紅葉


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA