2

Pocket

■ 札幌は観測以来125年ぶりの暑さ

札幌は連日30度越え。
7月上旬のこの時期に3日以上の真夏日が続いたのは、観測以来実に125年ぶりだそうです。
今日(10日)もすでに、正午の気温は30度。
こうなるといったい何年ぶりになるのかな。

 

ただ、札幌は夜になれば幾分涼しくなります(昨日はの夜は21度だったそう)が、それに比べて、九州は夜になっても気温が下がらないので、大雨で避難されている方たちは、大変 辛い思いをされていることと思います。一日も早く復旧いたしますように。
だから、札幌が暑いと言っても、な〜んもさ・・・・・と思わなくてはいけませんね。

PR



■ 北海道の方言『なんもさ』は深い

『なんもさ』は、北海道人の好きな方言NO1なんですと。
言われてみれば、そうかも〜〜と しみじみ思う。
なぜなら『なんもさ』身近な人や親しい人、時には自分の心の中でも言ったりもするからさ。

 

標準語で訳せば「どういたしまして」とか「いやいや、大した事はないさ」っていう意味になります。
でも、『なんもさ』は深い。
楽しいとき、悲しいとき、そして、切ないときにも、自分に小さな勇気を灯してくれる言葉だからです。

 

例えばこう使います。

○「このあいだ、お土産どうもね」
「なんもなんも」=「喜んでくれたら嬉しいよ」(^-^)・・・みたいな嬉しさを共有する軽いノリの『なんもさ』。

 

○「入学祝いを頂き、有難うございました」
「いいえなんもなんも」= 『いえいえどういたしまして、心ばかりです』 (~_~) と、親しい仲にもちょっとあらたまった『なんもさ』。

 

○「お父さん、長いあいだ、育ててくれてありがとう」
「いや、なんもだ・・」 = 「お礼なんて言われるほどじゃないよ」 (´_`。) お父さんの照れ隠しの『なんもさ』

 

○「あんたも苦労して大変だったんだね」
「なんもさ・・」(´艸`*) = 「色々な苦労を乗り越えながらも、自分をしっかり見つめている、強さの『なんもさ』

 

○ 「母さん、お前には苦労のかけっぱなしだったな」
「なんもだよお父さん」(=^_^=) = 『あなたと生きて来た事は苦労とは思っていませんよ』という いたわりの『さんもさ』

 

「なんもさ」は、基本的に、『その言葉の否定文』になる。
でも ” あなたと心を共有したい” という思いや ”こんなことくらい平気だ・くじけない・めげない” という『強い意志』や『希望』の言葉でもあるです。

 

北海道の方言『なんもさ』が、本州のどのあたりから来た言葉なのかはわかりません。
でも今では道民にとっても大切な言葉であることは確かですね。
きっと日本の各地にも、心がポッキリ折れそうになった時に自分を励ます大切な言葉が存在しているのではいでしょうか。

 

紫ツメクサ

 


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR




Pocket

5

Pocket

北海道には『つっぺ』っていう方言があります。
鼻血が出るときがあるっしょ。そういうときはティッシュをよじって鼻に栓をしますよね。
北海道ではそれを「ツッペ」って言うんです。
鼻水がすんごい時もツッペするかも。
『ツッペ』は『栓をする』というような意味だけど、鼻のとき以外はあまり使わないかもね。

 

 

 

このあいだ、バスの添乗員さんから聞いた話しなんだけど、『つっぺ』という言葉は、山口県や広島県では『引き分ける』とか『これで損得なしよ』みたいな意味として使われているそうです。
ということはもしや、北海道弁の『つっぺ』も、そっち方面から来た言葉なのかな?
山口、広島のツッペと北海道のツッペを、むりやり結びつけたい衝動にかられました。

 

 

鼻血が出る・・・・・・・下からティッシュを詰める・・・・・・鼻血は途中までは流れるけれど、ティッシュはかろうじて鼻血が流れ落ちるのを食い止める・・・・・・つまりは鼻血とティッシュの引き分けか?
なんとなく、関係ありそでなさそで・・・・

 

 

北海道の方言を深くひもといていくと、それは先人達が残した故郷の軌跡なのかもしれないです。
世代が変わるにつれて、方言はしだいに影が薄くなっていくけれど、たまには思い出してみるのもいいかもね。
私はまだまだ普通に使っているけどさ。

 

 

北海道弁=鼻ちょしながら歩いたら てっくり返ってさ、服は破れるし鼻血は出るしで、もう わや さ。急いでツッペしたけどさ。したら母さん何ちゅったと思う?『どうせ ちょうしこいて歩いてたんだべさ、鼻血のついたティッシュは、ちゃんと包んで投げなよ』だと。

通訳=鼻をいじりながら歩いていたら転んでしまって、服は破れるし鼻血は出るしでもう大変なことになっていたんです。急いでティッシュで鼻に栓をしましたよ。それを聞いた母親がなんと言ったと思います?『どうせカッコつけて歩いていたんでしょ。鼻血のついたティッシュは、ちゃんと包んで捨てなさいよ』ですと。

 

 


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



Pocket

6

Pocket

スポンサーPR


なんだか 2,3日前から、左目がゴロゴロして いずかったんです。
やっぱし・・・めっぱができちゃったみたいだ。

 

■ めっぱ は いずい 

『いずかった=いずい』というのは、なんかこう痛いような かゆいような もどかしいような・・・そんな感覚の時に言う北海道弁です。

 

『めっぱ』というのは、『ものもらい』の事。
北海道でも若者たちは使わないかもしれないね。
ものもらいができたときって、うづくような痛がゆいようなヘンな違和感、なんか気になるう〜〜〜ってなるっしょ。
それそれ、その感覚が『いずい』です。

 

鏡を見てみると、ははーん、上のまぶたがちょびっと膨れて赤くなってる。美人が台無し。
なんだか目ヤニも・・・・あ・・・かゆい・・・

 

 

 

■ ものもらい の原因

『めっぱ』とか『ものもらい』とか言われているものは、イボのようになる『麦粒腫(ばくりゅうしゅ)』と細菌による『霰粒腫(さんりゅうしゅ)』という病気の総称だそうで、多くは後者の麦粒腫(ばくりゅうしゅ)だそうです。

 

汚れた手で目をこすった覚えがなくても、体力や抵抗力が弱くなった時に、常在菌(黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌)が、悪さし始めて ものもらいを作っちゃうそうです。
睡眠不足やストレスも、抵抗力を落としてしまうので、結局は『ものもらい』の原因です。

 

 

 

■ バカは井戸に落としていた?

旦那さんが子どもの頃、祖母から聞いた話しだそうだけど、祖母が子どもの頃は、ものもらいができると、井戸に言って「バカ落ちれ〜!」って叫んで治していたんですって。
明治、大正という時代は、気合いで治していた時代だったんですね。

 

ああ・・・めっぱ・・・いずい・・

私の めっぱ の原因は、年齢による体力低下と夜更かしのし過ぎかもね。
井戸はないけど、気合でなんとか治しちゃるわ。

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

4

Pocket

スポンサーPR

全国から人が集まって開拓された北海道は、方言のデパートみたいな所かもしれませんね。
場所によっては、同じ県、同じ村から団体で入植した所もあるので、その地域独特の言葉も少なからずあるようです。

 

 

昨日のテレビを見ていましたら、山形では『こわいこわい』は『疲れた疲れた』という意味になるという話をしていたので、”そうか、山形弁だったのね” と小さな発見をしたところです。
北海道人も、たいてい『こわい』と言という言葉を使います。

 

 

階段を駆け上がったり、長い距離を走ったり、体がしんどくなったときに、私たちは『あーこわい』とか『こわいこわい』なんて言います。
標準語にすれば『疲れた』となるのでしょうが、『疲れた』の範囲は広くて、こういう場合はどーもしっくりきません。
『生きるのに疲れた』は『こわい』ではなく、『仕事が多忙で疲れる』も『こわい』ではありません。

 

 

『疲れる』という大きな範囲の中の、身体的にしんどい状態のとき『こわい』を使います。
色に例えるなら、『赤』という大きな範囲の中の、『燃えるような赤』『紅の赤』『薄紅色の赤』・・・のような詳細てきな感じでしょうか。
微妙なニュアンスの違いが多くある日本語ですが、さらに掘り下げたところにある細かな感覚を、方言は持っているのでないかな・・・と思います。
山形弁が使えてよかった。でなかったら、「こわいこわい」を表現する言葉を知らなかったもんね。

ムラサキツメクサ

 


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

4

Pocket

テレビを見ていたら、岩手県のお婆ちゃんが
「いや〜もう 歩くと ”こわい” から家にいるんですよ」とインタビューに答えていました。
”こわい” って言ってる!
思わず次男に「このお婆ちゃん ”こわい” って言ってるね、北海道弁の ”こわい” は東北から来たんだね」と話しました。

 

 

次男は「へ〜そうなの。自分はあんまり言わないけど」だと。
『使わないの? それじゃああんたは ”こわい” ときはなんて言うのさ」
「疲れた〜とか、しんどかった〜・・だよ」
プチ 衝撃・・・
北海道じゃ標準語だとばっかし思っていたのに、最近の若者道産子は ”こわい” を使わないんだ。

 
PR

 

 

”こわい” は、ただの ”疲れた” とはちょっと違う。
例えば駅の階段を急ぎ足で駆け上ったとする。
途中まではまったく余裕・・・と思っていたら、中盤にさしかかると息が切れてきて、最後は意地で駆け上がる。
そうなるとハアハアと肩で息をしちゃって、胸も苦しい、次の足取りもおぼつかない。
そんなとき、道産子なら誰でも
『は〜 こわい』って言うのに決まっているじゃないか・・・・と思っていたのに。

 

 

次男いわく、婆ちゃんと話すときは ”ばくる(交換する)” だの、 ”こわい(疲れた)”だのと言うけれど、友達同士では使わないんだと。
そうか、使い分けはしているんだね。
そう言われりゃ私だって、初対面の方と話すときは標準語だけど、身近な間柄ではいつもの言葉に戻っちゃうもね。
婆ちゃんにいたっては、岩手の親戚との会話を聞いても、なに話してるんだかチンプンカンプンだし。

 

 

たとえ遠くの地にいても、親しい人と話すときは、普通に方言言わさるっしょ。
だから正真正銘、方言は自分を取り戻す、心の故郷にちがいないべさ。

 


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket