『カササギ どこから来たの』のタイトルで、今朝の北海道新聞に、見覚えのある白黒の鳥の写真が載っていました。
あ、この鳥、今年の6月に苫小牧に行ったときに初めて見た鳥だわ。

 

勇払の公園に行ったときに、たまたま目の前をスーっと滑空する鳥がいたので、キョロキョロしていると、また、スーっと飛んで行きました。
その姿もかっこうも、カラスそっくり。
色が抜けちゃったカラスかと思ったくらい。
違うところは、体の大きさがちょっと小さく、白黒というところ。
こちらがその時の写真です。

 

カササギ

 

新聞記事によると、
『カササギの繁殖地は九州北部だったが、1990年代後半から苫小牧で繁殖している』とのことでした。
ところが不思議なことに、九州と北海道の間の地域には生息していない。
しかも苫小牧なのはどうしてなのか。

 

 

その後の調査で、苫小牧のカササギはロシアの鳥との遺伝子が強いということがわかったそうです。
ということは、苫小牧にいるカササギは、九州にいる鳥達の親戚ではなく、ロシア船に乗ってやってきたのではないかと考えられる。

PR

 

以前、カササギを見てから調べてみてちょっとわかったことは、カササギはもともと日本にはいなかったそうで、『豊臣秀吉が日本に連れて帰ってきたのかもしれないという説』があることです。
苫小牧で見たカササギは、このときの子孫ではないのか??と思ったけど、違いましたね。

 

最初に日本にやってきてから、もう何世代にもわたって九州に住んでいるカササギと、最近ロシアからやってきたカササギ。
この2つのグループは、お互いに言葉が通じるのかな・・・なんて思ったりしましたが、どうなんでしょうね。

 

最近では、札幌や小樽でも目撃されているそうです。
カササギはとっても賢い鳥だそうですが、カラスの仲間なら納得。
これは増々、近所のカラス達との生存競争が激化しそうですぞ。

6月にUPした時のカササギの写真と記事
北海道のカササギも豊臣秀吉が連れてきた?
はこちら。

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



2

ボルタは、鉄鋼の町、室蘭で生まれた小さな人形。
脇役でしかないただのネジやボルトたちが、とても愛らしい姿を見せてくれます。

すでに沢山の種類のボルタが発売されていますが、今日発売されたのが、『ファイターズボルタ』の第1弾『二刀流ボルタ』。
日本ハムファイターズの大谷選手をモデルに、ピッチャーとバッターがカッコよく表現されていますね。

 

ファイターズボルタ人形

 

■ ボルタはボルトやネジでできた鉄の人形

室蘭は、鉄鋼業の全盛期だった昭和を経て、その工場群は今『日本5大工場夜景』の1つと言われるくらいの夜景のスポットになり、観光客を魅了しています。
私もいつか見たいと思っているんだけどね。

そんな中で生まれたボルタは、身長5~6センチのめんこい人形。
ボルトやネジ、ワッシャーやナットなどを組み合わせ、沢山のスタイルの人形が販売されています。
こちらは、室蘭の「道の駅みたら室蘭」の店内に販売されていたボルタたち。

ボルタ
ボルタ
ネジは大小さまざまね。
太さや長さをうまく使い分け、曲げ方のあんばいがまたイイ感じの手足になっています。
ネジの頭のプラス部分のバッテンが目に見えちゃうから面白い。
ちょっと見、カエルっぽいから愛嬌もある。

 

胴体はボルトね。
普段、大きなボルトをじっくり見ることはそんなにないね。
それだけだとボルトだけれど、ボルタになるとちゃんと胴体になって見えます。
ワッシャーは、ボルタの土台。
いつもはボルトの間に挟まれてるのに、まさか人形の台になるなんて思ってもみなかったべね。

■ それぞれのボルタにはストーリーがある

ボルタは毎月のように新しいボルタが仲間入りしているそうで、室蘭の「道の駅みたら室蘭」に行ったときに見た種類は多くてびっくりでした。
選ぶのに随分迷ってしまいました。
ボルタの魅力のひとつは、それぞれにテーマがあることです。
たとえば『書道をするボルタ』とか『うちわパタパタのボルタ』『ラインダンスのボルタ』などなど・・・

そしてこれ、タイトルは『ラブ・イズ・オーバー』
おお~!
恋に破れ、赤い花束を片手に、ヒザをつき、ガックリうなだれるボルタ。
花は小さな電球です。
この『ラブ・イズ・オーバー』のボルタを見たとき、なんとも哀愁漂う姿に、ついつい自分が重なりました。
♩ラブ・イズ・オーバ〜・・・悲しいけれど〜・・・♩
と思わずくちずさみ、慰めてあげたくなって買っちゃった。
ラブ・イズ・オーバーのボルダ

 

ラブ・イズ・オーバーのボルダ

PR

 

■ 単純な組み合わせから生まれる想像力

ボルタは、部品が単純なだけにシンプル。
だから、ボルタを見た人それぞれが、思い思いの想像力で、彼らの感情を感じることができる。

決して表舞台に出ることのない縁の下の力持ちたちが表現する人間くささが、ボルタを人気者にさせているのかもしれないですね。

ボルタは「道の駅みたら室蘭」の他、「市役所売店」「地球岬売店シナダ」「室蘭フェリーターミナル売店」などで販売されています。
『ファイターズボルタ』第1弾は、大谷翔平選手モデルと中田翔選手モデルの2種類で、オフィシャルショップや公式通販サイトで販売だそうです。

 

面白かったらポチっとね。

スポンサーPR



PR

 

『母が恋しい』と書いて、『母恋(ぼこい)』と読む。
そんな地名があるのが室蘭です。

 

■ 1日40個限定の『母恋めし』の中身は

今年5月、室蘭の道の駅『みたら』で購入した『母恋めし』です。
『母恋めし』は、テレビなどでも紹介されたこともあって大人気!
店員さんのお話によると、普通は、1日に40個しか作らないお弁当で、母恋駅と道の駅『みたら』などの数カ所にしか配られないそうです。
この日は、道の駅『みたら』に10個が入荷したそうです。

母恋めし

 

風呂敷に包まさってる(包んである)ところがいい感じ。お弁当のパックを開けると、中身がひとつひとつ、袋に入っています。

 

大きなホッキの切り身が入っているホッキ飯のおむすびが2個。
そのうちの1つは、ホッキの貝殻の中に入ってて情緒ある~。それから、香りがいいスモークチーズと、半熟がいいあんばいのくんせい卵(味つき卵)。
ナスのお漬け物。
口直しにハッカ飴が添えてあるところが、またいいんでないかい。

母恋めし

 

(おいしいたれ 田舎のプレスリーという万能タレも購入しました↓
醤油とソースを合わせたみたいな味でしたよ)母恋飯

 

母恋めし

 

 

■『母恋』に秘められたアイヌの物語

そんな『母恋めし』のお弁当に、母恋にまつわるアイヌ物語のパンフが入っていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

”母恋の語源はアイヌ語の「ポク・オイ」(ポクセイ・オ・イ)ホッキ貝の沢山ある場所の意味です。
また、室蘭民話「チケウの海の親子星」では餓えに苦しむ村人のためにチケウの海(地球岬)に食べ物を探しにきたコタンの長老夫婦が神様の宝物、金屏風を盗みにきたと勘違いした番人に殺されてしまいました。長老夫婦を探しにきた娘の話を聞き間違いとわかった神様は村人に沢山のホッキ貝を与えました。アイヌの村人たちは、娘が何日もかかって、おとうさん、おかあさんを探したあたりを「母恋」と呼ぶようになりました。

母恋めし物語

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アイヌの物語を知ってから食べると、ひと味もふた味も、ホッキの味が心にしみてくるんでないかい。

 

『道の駅みたら』はこんなところ。

 

母恋の地図

<母恋めし=1060円>

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



苫小牧の『ぷらっとみなと市場』の横に、『ほっき資料館』という建物があったので、食堂のお姉さんに聞いたら「無料でいつでも入れますよ」と教えてもらいました。
そこでさっそく行ってみる事に。

 

苫小牧ホッキ資料館

 

 

 

ん?いきなり出迎えてくれたのは、『ホッキ音頭』と書かれた手ぬぐいを付けたカップル!?

 

苫小牧ホッキ資料館

 

 

おお~、こっちでも楽しそうにホッキ音頭を踊っている!?

苫小牧ホッキ資料館

 

 

これは真実の口じゃなく、『真実のホッキ?』

苫小牧ホッキ資料館

 

 

そして、沢山の絵馬ならぬ絵ホッキ。

苫小牧 ホッキ資料館

 

 

ここは確か、『ほっき資料館』だったはず。
あとで思えば、ちゃんとした資料のパネルも壁に貼られていたんですよね。
でもね、資料見るより他の物が目移りしちゃって。

きわめつけは『一念発起(ホッキ)の鐘』
この名言、なるほどそうきたか。

苫小牧 ホッキ資料館

 

重ねて申しますが、もちろんちゃんとしたホッキ貝の資料も展示してありました。

 

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



1

苫小牧の海の駅 『ぷらっとみなと市場』。
一歩入れば、穫れたての魚や野菜がわんさかある。
すりこぎ棒みたいな大きな山わさびに、脱走を試みる毛ガニなど、市場は歩いてみるだけで楽しいね。

苫小牧ぷらっと

 

苫小牧市場

 

苫小牧市場

 

苫小牧ぷらっと市場

 

苫小牧ぷらっと市場

 

■ 苫小牧はホッキ貝の水揚げが日本一

苫小牧と言えばホッキ貝の水揚げ日本一!
ホッキ貝はげんこつみたいにふっくらした2枚貝で、漢字で書くと『北寄貝』。
字のとおり、東北から北海道にかけて獲れる、北の海の貝です。

 

 

特に、苫小牧のホッキ貝はおっきいの。
それは、資源保護のために、9センチメートル以上のものだけを水揚げするというルールがあるからだそうです。
そんな徹底した管理が、苫小牧のホッキをさらに有名にしたんだね。

 

こちらは以前、ホッキむき体験をした時の写真です。(2015年撮影)

ホッキ貝 

 

 

ホッキ貝

 

■ 長生きのホッキ貝

ホッキ貝は30年も生きるそうで、長生きの人間に例えて ”お婆さんのような貝” という事で、本当の名前は ウバガイ ” 姥貝(うばがい)” と言うそうです。
しかも、”バカ貝科の中のウバ貝”。
”バカ貝科”って、いい加減だけど、ちゃんとした科目なんですって。
でも食べたらホント美味しいんですよ。

 

■ ぷらっとみなと市場のホッキカレー

奥の食堂街で、お昼ご飯はホッキカレー。
このホッキとカレーのコラボがまた合うんだわ。

ホッキカレー

 

 

ホッキカレー

 

このお店のホッキカレーは、入っているホッキの数によって値段が違うようです。
ホッキが1つ入りなら870円、2個入りなら1180円。
ホッキのカツとセットになっている豪華版もあるね。
口に入れると、とても柔らかい。
ダシがよく出て、風味が口の中いっぱいに広がりました。

ホッキカレー

 

この『ぷらっとみなと市場』の向かい側には、ホッキカレーで超有名なマルトマ食堂があります。
そちらのすんごいホッキカレーの様子はこちらです。
苫小牧マルトマ食堂のホッキカレーとマルトマ丼

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR