Pocket

白糠町(しらぬかちょう)は、道東の太平洋側にある町。
私は、通り過ぎたことしかないんだけれど、ちょうど札幌市内で『しらぬかまるごと体験マルシェ』っていう催しがあったので、立ち寄ってみました。

 

白糠のアクセス地図

 

 

チーズやお酒など北海道ならではの海産物などが並んでるその隅で、小さな布にアイヌの刺繍を縫っている女性がいます。

独特の模様が美しいね、思わず覗き込んでしまいました。

 

 

「一緒にやりませんか?」
え、いえいえ、私は見ているだけで・・・
「体験コーナーですからどうぞどうぞ、ここに座って下さい」
こう見えても私、細かな作業はものすご〜くヘタくそなんでございます。

 

 

小さな布にはちゃんと線が書いてあります。
「この通りにチェーンステッチをすればいいんですよ」
小さな布は、コースターになるようです。

 

 

「アイヌ刺繍は、縫い始めと縫い終わりには必ずこのように止めるんです」
先生がお手本を見せてくれました。
それは、刺繍の端は、必ず長い十字を作ること。
「これは、魔除けの意味なんですよ」
そうなんですか・・・・

アイヌ刺繍

 

縫い始めは先生がお手本を見せてくれたけど、ここからは自分でやらねば・・・・
そうは言ってもねえ、刺繍なんていったい何十年ぶりだべか。
あ、曲がった・・あ、大きさが違う・・・今度はミミズみたいになったべさ。
まいったなあ・・・

糸がなくなったもんで、針に新しい糸を通すことに・・・・・通らない!極度の老眼!!
見かねた先生が、「糸通しをどうぞ」って差し出してくださる始末・・・縫う前にそっからかい!

 

そうこうしている間にも、となりの奥様は美しくできあがり!
”わあ〜、すてきですね!”
「いえいえ・・曲がっちゃって・・・でも嬉しい〜」奥様は美しく出来上がったコースターをバッグに入れて席を立ちました。
まもなく、あとから来た奥様もできあがり。
私は結局、ここまで縫うのに1時間かかったのであった!
なんちゅう不器用さ。これじゃあ指導して下さる先生も困っちゃったべね。
で、でも、貴重な体験をさせて頂きました。
ありがとうございました。
アイヌ刺繍

札幌の南区にあるアイヌ文化交流センターに行ったとき、アイヌの人達の洋服に、白老や日高など、地域によって異なるという話を聞いた事がありました。
私が今回教えて頂いた刺繍の地域は白糠ですから、道東地方という事になります。
さっそく、以前のブログをみてみましたら、似てる!!
道東の地域に住むアイヌの人達の文様でした。

アイヌ文化交流センターに行ったこと

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへ

スポンサーPR



Pocket

Pocket

早いもので、もう婆ちゃんの四十九日の法要です。
だんどりも一応終えて、あとは明日の法要にお供えする積み団子を作るだけになりました。
作り方は、嫁に来たときに婆ちゃんに教えてもらったんだけど、いつのころからか、それは私の仕事になりました。

 

40個の団子を作るのに、昔は目見当だったっしょ。
だから大小の団子ができちゃって、まるで家族のおしくらまんじゅうみたいだったもね。
でも今はデジタルの計りがあるからとっても便利。
どれも、だいたい同じ大きさのお団子になるもんね。
さてと作るか。
夕方、積み団子作りにとりかかりました。

PR

 

自己流ですが、団子は崩れないから気に入っている作り方ですよ。
4段の積み団子の作り方

材料 = 上新粉(お米の粉)200グラム
水  = 200ccくらい

上新粉

 

■ 上新粉に水をそそぐ

上新粉に水を少しづつ、混ぜながら注いでいく。
(一度に水を入れると柔らかくなりすぎることがあるので。)
お団子の生地はポテポテ(耳たぶ)の柔らかさになったら、ちょうどよいと思います。

積み団子作り

 

 

積み団子作りの上新粉の生地

 

 

 

■ お団子を同じ重さに揃えて40個丸める

積み団子は、我が家の場合は4段で2盛り作ります。
1盛りが20個なので、両方で40個が必要になります。

私は、1つの重さを8グラムくらいにして、まずは19個 + 19個 作ります。
ここまで作ると、残り生地の量がわずかになります。
最後の 1個 + 1個 は、残りの量を調整したいので、同じ重さにこだわらず適当な大きさにして、なるべく全部の量を使い切るようにします。

積み団子作り

 

 

 

■ 団子を積み上げる

適当な大きさに切ったクッキングシートの上に団子を積んでいきます。

土台は10個。
三角形に囲んだお団子の中央に入れるお団子はどうせ見えないので、残りの生地で作った大きさ適当団子を入れます。

1段目は10個。
2段目は6個。
3段目は3個。
4段目は1個。

積み団子

 

 

積み団子

 

 

 

■ シートごとお鍋に入れて蒸す

お団子をそっと持ち上げて、そのまま蒸し器に入れて10分ほど蒸します。

はい、出来ました!
蒸すと、お団子の表面はツヤツヤになります。
お団子同士はくっついているので、少しくらい動かしても崩れないですよ。

さあ、これで明日の準備が整いました。

 

積み団子

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

4

Pocket

買い物帰り。
両手に荷物を下げた家までの距離の、なんと遠いことか。
大根、玉ねぎ、豆腐に卵。
旦那さんの車で行った時や、夏の自転車の時はなんてことはないけれど、この重さが、自分にかかってくるとなると、いくら足を交互に出しても進まない。

 

歩き始めは、健康のためにいいわあ~とか、紅葉がきれいだわあ~とか、季節の変化を感じる余裕もあって、詩人になった気分にさえなる。
けどね、だんだん荷物が地面に吸い付いてきて、寒さで鼻水が垂れてくるっしょ。
途中で、もうそんなこと、どーだってよくなっちゃう。
ああ、家まであと何歩?
1、2、1、2、と足を動かしても、景色が殆ど変わらないんだもん。喪失感さえ感じちゃう。
そしたらさ、大根、玉ねぎ・牛乳が、『ほーらほーら、思いべ~』と肩に食い込んでくるんですよ。

 

 

■ いつもの道も、知らず知らずに歩数が増えてる

時々、いつものスーパーからの歩数を数えたりする。
そうすると、家まではだいたい1400歩くらい。
国道までくると、あと700歩くらいかな・・・とか、ここあでくれば、あと300歩くらいとか、自分を奮起させるため、1、2、3、4、・・・と指を折って数えるわけ。

ところが先日、久しぶりに歩数を数えてながら帰宅したとき、あれれ?
1400歩を過ぎてもぜんぜん家に着きません。
家のドアの前にゴールしたときはすでに1500歩を随分過ぎていました。

 

 

■ 歩数が増えた原因は

なして?その考えられる原因は、

1)『道路が伸びた』
そんなことおまへんやろ~と思うっしょ。
それがさ、時々、荷物に振られてよろめく時があるの。
時々、蛇行歩きしているんだよねきっと。

 

2)『私の足が短くなった』
昔と比べて、背が低くなっているのは事実だ。
病院で3年ほどまえに、何十年かぶりで頭の上にコツンってやる測定器で身長を計ったときがありました。
「ぽぷらさんの身長は・・・・っと、ハイ150.0です」。
え!いつの間にか1.8センチ縮んでるじゃないか!
ちょうど150センチになっていたのだった。
この微妙~な差も、足の長さに影響しているのか。

 

3) 『数をかぞえ違っていた』
ありうる!
けど、何度か計ってみたんだもん。

 

4)『歩幅が狭くなった』これだ!最大の理由は。
気付かぬうちに、ちょぼちょぼ歩いているんだと思う。
しかも、時々つまづいて、その時は道路のせいにして振り返ったりなんかして、『なんだべ』とか文句を言ったりもしている。
きっと足もちゃんと上がっていないんだね。

 

 

■ 適正な歩幅の計算方法がある

歩幅には、適正な長さというのがあるらしく、その計算方法は、

身長×0.45
私の場合は身長が150センチだから、150×0.45=67.5cmという事になる。
身長のだいたい半分くらいだね。
そこで要注意!
歩幅、速度とも60代から急激に低下するらしい。
おお・・・60代から・・・・
そういえば、家までかかる時間も多少遅くなっている。
以前までは汽車(電車)の出発時刻20分前に家に出れば楽勝だったのに、今ではしっかり30分はかけているもね。
という事はつまり、自分は67.5cm以下の歩幅アンド遅歩きになっているという事か。

 

友人が、「50代なんて甘っちょろい、60代になってみ、すんごいから」
って言ってた意味の入り口が、目を覆った指の間から見えちゃった。
1日に6000歩とか10000歩とか歩くのがよいなんて言うけれど、重要なのは歩数に加えて歩幅とそのスピードだそうです。
筋力の衰えと同時にそれは始まる。
歩く事は筋力のバロメーターなのだ。

 

今度、また距離を計ってみよう。
よろけず、数を間違えず、少し大股を意識してフンフンフン・・・とテンポよく。
背の縮んだ分はどうすんのか?
ま、そのへんはしゃーないべさ。

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

Pocket


PR


雲が飛ぶ、今日は秋晴れ。
時々吹く木枯らしのような風が、アスファルトの上の木の葉を、音をたてて滑らせていきます。
事務所の玄関から外を見ていると、枯れ葉たちが風に押されてワサワサーっとこちらに滑ってきました。
そのとき目の前でつむじ風ができ、クルクルっと葉っぱ達がフラメンコを踊ったかと思うと、パサッと落ちて動かなくなりました。
うわあ、なして玄関の前に貯まるかな・・・。

 

 

見ると、その部分は少しくぼんでいるので、”枯れ葉の水たまり” ならぬ ”枯れ葉たまり” になっていました。
あら?白い紙切れが混じってる、玄関の前だし、見栄えわるいね。
でもさ、でもさ、きっとどっかに飛んでくんでない?そうだそうだ、どっかに飛んでいくよ。

 

もう、飛ばされちゃったかな?
しばらくしてから見てみると、枯れ葉たちは飛ばされるどころか、くぼみの中でしっかりとスクラムをくんでいました。
さっきの紙切れはというと、しっかり枯れ葉の中から顔を出してる。
” まだ 飛ばされていないのか・・さっさと何処かに飛んでいっちゃえばいいのに ”
また少し放っておく事に。

 

どうかな?やや!今度はティッシュまでも巻き込んでるしょや!
ティッシュは枯れ葉たちに囲まれて、嬉しそうにヒラヒラさせています。
仕方ない、やっぱし拾いに行こ。
ゴミ袋と火バサミを持って外に出たらまあ、家の回りや道路のわきに点々と生活ゴミが落ちています。
ゴミステーションのゴミが、ずーっと向こうまで風に飛ばされて行っちゃったんだね。

 

チョイチョイと火バサミでつまんで袋に入れ、仕方ないので道路の端に落ちているゴミも拾い、こんなもんでいいかなと思ったとき、ゴミ収集車がやってきました。

このゴミも持っていてほしい!
左手にゴミ袋、右手に火バサミを持ったまま、バタバタと走る。

 

ゴミ回収のお兄さんたちが、ゴミをポンポン回収車に放ってる。

ガガガーーーー・・・・・・
間に合うかな、バタバタ・・・・

 

ガガガーーーー・・・・・・
私が走るより早く、お兄さんたちはゴミを収集車に入れ終わりました。
行かないでよ、ほらここにゴミ袋を持った私がいるでしょ。
「すいませーんすいませーん、これも、お願いしまーす」

 

ガーーーー・・・・・・
「すいませーん」あ、いかった、お兄さん気付いてくれた!
バタバタ・・・・ハアハアハア・・
「これも、お願いします」
ゴミ袋を渡すと、お兄さんは「あ、ありがとうごさいます」と言って、ポイ!っとゴミ収集車に放り入れました。
やった間に合った!次のゴミの日まで持ち越さなくっていかったわ。

 

ギリギリまでゴミとにらめっこをしたのは、ゴミ収集車に間に合わようと走らざるをえなくし、日頃の運動不足を補うための計算された行動であった・・・なんてね。
紅葉

 

枯れ葉

面白かったらポチっとね。

人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

Pocket

だべさ通信は新しく
『だべさ通信5』に なりました。

ブログの設定が、いまいち不慣れでご迷惑をおかけします。
少しずつ、修正いたしますので、よろしくお願い致します。

引き続き、ブログランキングにも参加します。

Pocket