Pocket

白糠町(しらぬかちょう)は、道東の太平洋側にある町。
私は、通り過ぎたことしかないんだけれど、ちょうど札幌市内で『しらぬかまるごと体験マルシェ』っていう催しがあったので、立ち寄ってみました。

 

白糠のアクセス地図

 

 

チーズやお酒など北海道ならではの海産物などが並んでるその隅で、小さな布にアイヌの刺繍を縫っている女性がいます。

独特の模様が美しいね、思わず覗き込んでしまいました。

 

 

「一緒にやりませんか?」
え、いえいえ、私は見ているだけで・・・
「体験コーナーですからどうぞどうぞ、ここに座って下さい」
こう見えても私、細かな作業はものすご〜くヘタくそなんでございます。

 

 

小さな布にはちゃんと線が書いてあります。
「この通りにチェーンステッチをすればいいんですよ」
小さな布は、コースターになるようです。

 

 

「アイヌ刺繍は、縫い始めと縫い終わりには必ずこのように止めるんです」
先生がお手本を見せてくれました。
それは、刺繍の端は、必ず長い十字を作ること。
「これは、魔除けの意味なんですよ」
そうなんですか・・・・

アイヌ刺繍

 

縫い始めは先生がお手本を見せてくれたけど、ここからは自分でやらねば・・・・
そうは言ってもねえ、刺繍なんていったい何十年ぶりだべか。
あ、曲がった・・あ、大きさが違う・・・今度はミミズみたいになったべさ。
まいったなあ・・・

糸がなくなったもんで、針に新しい糸を通すことに・・・・・通らない!極度の老眼!!
見かねた先生が、「糸通しをどうぞ」って差し出してくださる始末・・・縫う前にそっからかい!

 

そうこうしている間にも、となりの奥様は美しくできあがり!
”わあ〜、すてきですね!”
「いえいえ・・曲がっちゃって・・・でも嬉しい〜」奥様は美しく出来上がったコースターをバッグに入れて席を立ちました。
まもなく、あとから来た奥様もできあがり。
私は結局、ここまで縫うのに1時間かかったのであった!
なんちゅう不器用さ。これじゃあ指導して下さる先生も困っちゃったべね。
で、でも、貴重な体験をさせて頂きました。
ありがとうございました。
アイヌ刺繍

札幌の南区にあるアイヌ文化交流センターに行ったとき、アイヌの人達の洋服に、白老や日高など、地域によって異なるという話を聞いた事がありました。
私が今回教えて頂いた刺繍の地域は白糠ですから、道東地方という事になります。
さっそく、以前のブログをみてみましたら、似てる!!
道東の地域に住むアイヌの人達の文様でした。

アイヌ文化交流センターに行ったこと

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへ

スポンサーPR



Pocket

Pocket

PR

 

『母が恋しい』と書いて、『母恋(ぼこい)』と読む。
そんな地名があるのが室蘭です。

 

■ 1日40個限定の『母恋めし』の中身は

今年5月、室蘭の道の駅『みたら』で購入した『母恋めし』です。
『母恋めし』は、テレビなどでも紹介されたこともあって大人気!
店員さんのお話によると、普通は、1日に40個しか作らないお弁当で、母恋駅と道の駅『みたら』などの数カ所にしか配られないそうです。
この日は、道の駅『みたら』に10個が入荷したそうです。

母恋めし

 

風呂敷に包まさってる(包んである)ところがいい感じ。お弁当のパックを開けると、中身がひとつひとつ、袋に入っています。

 

大きなホッキの切り身が入っているホッキ飯のおむすびが2個。
そのうちの1つは、ホッキの貝殻の中に入ってて情緒ある~。それから、香りがいいスモークチーズと、半熟がいいあんばいのくんせい卵(味つき卵)。
ナスのお漬け物。
口直しにハッカ飴が添えてあるところが、またいいんでないかい。

母恋めし

 

(おいしいたれ 田舎のプレスリーという万能タレも購入しました↓
醤油とソースを合わせたみたいな味でしたよ)母恋飯

 

母恋めし

 

 

■『母恋』に秘められたアイヌの物語

そんな『母恋めし』のお弁当に、母恋にまつわるアイヌ物語のパンフが入っていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

”母恋の語源はアイヌ語の「ポク・オイ」(ポクセイ・オ・イ)ホッキ貝の沢山ある場所の意味です。
また、室蘭民話「チケウの海の親子星」では餓えに苦しむ村人のためにチケウの海(地球岬)に食べ物を探しにきたコタンの長老夫婦が神様の宝物、金屏風を盗みにきたと勘違いした番人に殺されてしまいました。長老夫婦を探しにきた娘の話を聞き間違いとわかった神様は村人に沢山のホッキ貝を与えました。アイヌの村人たちは、娘が何日もかかって、おとうさん、おかあさんを探したあたりを「母恋」と呼ぶようになりました。

母恋めし物語

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アイヌの物語を知ってから食べると、ひと味もふた味も、ホッキの味が心にしみてくるんでないかい。

 

『道の駅みたら』はこんなところ。

 

母恋の地図

<母恋めし=1060円>

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket