白糠町(しらぬかちょう)は、道東の太平洋側にある町。
私は、通り過ぎたことしかないんだけれど、ちょうど札幌市内で『しらぬかまるごと体験マルシェ』っていう催しがあったので、立ち寄ってみました。

 

白糠のアクセス地図

 

 

チーズやお酒など北海道ならではの海産物などが並んでるその隅で、小さな布にアイヌの刺繍を縫っている女性がいます。

独特の模様が美しいね、思わず覗き込んでしまいました。

 

 

「一緒にやりませんか?」
え、いえいえ、私は見ているだけで・・・
「体験コーナーですからどうぞどうぞ、ここに座って下さい」
こう見えても私、細かな作業はものすご〜くヘタくそなんでございます。

 

 

小さな布にはちゃんと線が書いてあります。
「この通りにチェーンステッチをすればいいんですよ」
小さな布は、コースターになるようです。

 

 

「アイヌ刺繍は、縫い始めと縫い終わりには必ずこのように止めるんです」
先生がお手本を見せてくれました。
それは、刺繍の端は、必ず長い十字を作ること。
「これは、魔除けの意味なんですよ」
そうなんですか・・・・

アイヌ刺繍

 

縫い始めは先生がお手本を見せてくれたけど、ここからは自分でやらねば・・・・
そうは言ってもねえ、刺繍なんていったい何十年ぶりだべか。
あ、曲がった・・あ、大きさが違う・・・今度はミミズみたいになったべさ。
まいったなあ・・・

糸がなくなったもんで、針に新しい糸を通すことに・・・・・通らない!極度の老眼!!
見かねた先生が、「糸通しをどうぞ」って差し出してくださる始末・・・縫う前にそっからかい!

 

そうこうしている間にも、となりの奥様は美しくできあがり!
”わあ〜、すてきですね!”
「いえいえ・・曲がっちゃって・・・でも嬉しい〜」奥様は美しく出来上がったコースターをバッグに入れて席を立ちました。
まもなく、あとから来た奥様もできあがり。
私は結局、ここまで縫うのに1時間かかったのであった!
なんちゅう不器用さ。これじゃあ指導して下さる先生も困っちゃったべね。
で、でも、貴重な体験をさせて頂きました。
ありがとうございました。
アイヌ刺繍

札幌の南区にあるアイヌ文化交流センターに行ったとき、アイヌの人達の洋服に、白老や日高など、地域によって異なるという話を聞いた事がありました。
私が今回教えて頂いた刺繍の地域は白糠ですから、道東地方という事になります。
さっそく、以前のブログをみてみましたら、似てる!!
道東の地域に住むアイヌの人達の文様でした。

アイヌ文化交流センターに行ったこと

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへ

スポンサーPR



PR

 

『母が恋しい』と書いて、『母恋(ぼこい)』と読む。
そんな地名があるのが室蘭です。

 

■ 1日40個限定の『母恋めし』の中身は

今年5月、室蘭の道の駅『みたら』で購入した『母恋めし』です。
『母恋めし』は、テレビなどでも紹介されたこともあって大人気!
店員さんのお話によると、普通は、1日に40個しか作らないお弁当で、母恋駅と道の駅『みたら』などの数カ所にしか配られないそうです。
この日は、道の駅『みたら』に10個が入荷したそうです。

母恋めし

 

風呂敷に包まさってる(包んである)ところがいい感じ。お弁当のパックを開けると、中身がひとつひとつ、袋に入っています。

 

大きなホッキの切り身が入っているホッキ飯のおむすびが2個。
そのうちの1つは、ホッキの貝殻の中に入ってて情緒ある~。それから、香りがいいスモークチーズと、半熟がいいあんばいのくんせい卵(味つき卵)。
ナスのお漬け物。
口直しにハッカ飴が添えてあるところが、またいいんでないかい。

母恋めし

 

(おいしいたれ 田舎のプレスリーという万能タレも購入しました↓
醤油とソースを合わせたみたいな味でしたよ)母恋飯

 

母恋めし

 

 

■『母恋』に秘められたアイヌの物語

そんな『母恋めし』のお弁当に、母恋にまつわるアイヌ物語のパンフが入っていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

”母恋の語源はアイヌ語の「ポク・オイ」(ポクセイ・オ・イ)ホッキ貝の沢山ある場所の意味です。
また、室蘭民話「チケウの海の親子星」では餓えに苦しむ村人のためにチケウの海(地球岬)に食べ物を探しにきたコタンの長老夫婦が神様の宝物、金屏風を盗みにきたと勘違いした番人に殺されてしまいました。長老夫婦を探しにきた娘の話を聞き間違いとわかった神様は村人に沢山のホッキ貝を与えました。アイヌの村人たちは、娘が何日もかかって、おとうさん、おかあさんを探したあたりを「母恋」と呼ぶようになりました。

母恋めし物語

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アイヌの物語を知ってから食べると、ひと味もふた味も、ホッキの味が心にしみてくるんでないかい。

 

『道の駅みたら』はこんなところ。

 

母恋の地図

<母恋めし=1060円>

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



秋も深まり、そろそろ、シシャモ漁の準備が始まったようです。
テレビのニュースによると、今年は台風の影響もあって、去年よりさらに少ない漁獲量になるそうです。

アイヌの伝説によると、シシャモは神様がくれた魚。
先日見た絵本によると、それは女神様だったそうで、ご紹介させて下さいね。

 

 

■ シシャモが生まれたアイヌの伝説
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔々、兄妹の神様がいました。
あるとき、雷の神の兄が何処かに行ってしばらく戻らない日が続いたもので、妹の女神は心配になって下界の様子を見てみました。
するとそこから見えた村人達は皆、辛そうな表情をしています。

心配になったもので下界に降りて村の村長に理由を訪ねたところ、村長が言うには、『村には食べ物がなく、神様にお願いしているにもかかわらず、願いが通じず村は飢餓に苦しんでいる』との事でした。
猟をして暮らすアイヌの人達にとって、食べ物はみな神様から頂くものなのです。

アイヌ伝説

 

 

女神は、兄の大切にしていた柳の木の葉をつんでカゴに詰め、ふくろうの神に川に流してもらいました。
すると、葉の1枚1枚が魚になって泳ぎ始め、人々は、その魚のことを『ススハム』(のちのシシャモ)と呼びました。

アイヌ伝説

 

 

自分の大切にしている柳の葉を取ってしまったことを知った兄は激怒。
悲しみにくれる女神の涙を、魚になったシシャモ達は、そっと口で受け止めたんですと。
でもシシャモが川に来たとこで、村人達は餓えをしのぐ事ができました。

その後、兄の神は、女神が行った事を許し、他の神たちとも強力して村人たちが食べ物に困らないようにしたという事です。

= おわり =

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
PR

 

■ シシャモは世界に北海道の太平洋側だけ

今は、シシャモは人間が養殖して川に放流しています。
1年半ほどは海で暮らし、それからまた川に戻ってきます。
海に戻る習性があるところは、鮭の生涯に似ていますね。

世界でも、北海道の太平洋側にしかいないという珍しいシシャモが食べられるなんてすんごいですよね。
とは言っても、私たち道産子でも、そんなにしょっちゅう食べられる魚ではないけどね。

 

 

■ 『カラフト シシャモ』と『シシャモ』は別のもの

スーパーでよく売られているシシャモは、よく見ると、『カラフト シシャモ』と書いてありませんか?

それは、シシャモじゃなくて『カペリン』という魚です。
カペリンはシシャモによく似ているし、本物のシシャモが多く獲れないなどの理由から、『カラフト シシャモ』って名前にしちゃったらしい。

私はそのことを知らなかったときは『カラフト シシャモ』と『シシャモ』は、同じ魚だと思っていました。
同じように惑わされてしまっている人も多いんじゃないかな?

よーく見ると、ちーっちゃく『カラフト』って文字が付いていますよ。
『カラフトシシャモ

『カラフトシシャモ』は1串200円くらいだけど、『シシャモ』は1000円以上と、ぐんと値段が高い。
知らないお客さんに ”なしてこんなに違うのよ” って思われてしまったら、お店のおじさんが ”ハ〜” っとため息ついて、涙がポロって落ちちゃうかも。
それを見た串に刺さったシシャモは、涙をパクっと受け止めてくれるかな。

シシャモ
<広尾町で食べたシシャモ>

シシャモとカラフトシシャモ(カペリン)の違い

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



2

PR

 

畑のフキが大きくなりました。
食べると瑞々しいシャクシャクとした歯ごたえと、何とも言えない青臭さがクセになります。
大きな葉っぱが空に広がって、コロポックルが見上げたら、こんなふうに見えるのでしょうか。

 

 

コロポックルは、”フキの下にいる人”とか”竪穴に住む人”とかいう意味だそうで、北海道に住んでいたと言われる伝説の小人です。
以前、何かで読んだアイヌ伝説のお話の中に、コロポックルの話がありました。

 

 

= 昔々アイヌの村に、大変な飢饉が起きたときの事です。
アイヌの若者の家に、知らないうちに食べ物が届けられるようになりました。

ある夜の事、若者は家の中に食べ物を差し出す小さな手を見つけました。
いったい誰なんだろう。始めのうちは我慢していた若者でしたが、どうしても知りたくなりました。
そしてとうとうある日のこと、いつものように食べ物を置いていくその小さな手をいきなり掴んで引っ張りました。すると、そこに現れたのはなんと、小さな小さな裸の若い娘でした。

 

 

若者がビックリしている間に、娘は泣いて逃げて行ってしまいました。
それからというもの、娘は二度と、若者の前に現れることはありませんでしたとさ・・・・おしまい  =

 

 

その内容は、個々のお話によって少しずつ違うようですが、大まかなあらすじは変わらないようです。
実際コロポックルは背の高さが1メートルほどの小さな種族で、樺太や千島列島の方から来た人たちではないかと言われています。
フキのほとんどは、畑にあるよな背丈だけれど、足寄町に生える巨大な『ラワンブキ』は背の高さが3mにもなるそうです( 去年行ったけど見れなかったんだよ )。
だからもしかしたらだけどね、北海道にはラワンブキがもっと沢山生えていたのかもしれませんよね。
そしたらほら、昔から言われている『フキの下にコロポックルが10人も入る』というお話しもうなずける。
何よりも、そのお話の舞台となった場所が北海道の北の果て、稚内に近い宗谷の泊内(とまりない)という所には、コロポックルが住んでいたあとらしき跡も残っているそうです。

 

 

ところで、寒い北海道なのに、な〜して娘が裸なのさね〜。男の人が伝説にサービスしちゃったんでないの?
きっと洋服着てたよね。
恥ずかしがりやのコロポックルたちは今でも、山奥のフキの森で、暮らしているのかもしれません。
コロポックルは伝説だけど、コロコロポッコリならここにおります・・ほらここに、私だけど。

11.5.29huki002.jpg

 

 

11.5.29huki001.jpg

 

ポチっとして頂けるとランクup。励みになります。
人気ブログランキングへ