北海道・札幌発・だべさ通信5

解体決定 空から見る北海道百年記念塔

北海道百年記念塔
Pocket

見えて来た茶色い塔は、札幌市厚別区にある『北海道百年記念塔』です。
北海道の開道百年を記念して建てられたもので、高さは100年にちなんで100mだそうです。
以前は塔の中にも入れたんだけど、現在では老朽化が進み危険という事で入ることはできません。
北海道は、この塔を解体する事を決めました。

 

北海道百年記念塔

 

 

 

開道百年の時も記念式典

 

今年、北海道は命名150年。
色々な記念行事が開かれていますが、この100年記念塔が建てられた開道百年の時も記念行事が行なわれたんですよ。

 

 

その時はさあ、私10歳。
札幌の小学校の子ども達で大きな鼓笛隊が編成されて、昭和天皇の前で演奏を披露した事を覚えています。
青いベレー帽とスカートだったかな。
今でも、当時の鼓笛隊に参加された方が、札幌のあちこちに住んでいらっしゃるのではないでしょうか。
演奏が終わると、その場に体育座りしなくちゃならなかったんだけど、地面が濡れていたので、”やっぱし座らないとダイメなの?” と思いながらも、みんな仕方なく座ったという悲しい思い出があります。

 

 

北海道百年記念塔は、下から見上げると高くて背中が反り返っちゃいます。
塔の先の向こうの空には真っ白い雲が悠々と動くもので、一瞬、塔がこちらに倒れてくるという恐怖の錯覚に陥ります。
私もみんなも、ワーワー言っていたっけね。

 

PR



 

北海道の本当の意味

 

『北海道百年記念塔』は、『北海道の開道百年を記念』として建てられたと書きましたが、150年となった今、その名前は『北海道命名150年』となりました。『開道百五十年』ではありません。

 

 

北海道には、すでに150年以上も前から和人は住んでいましたし、アイヌの人達は、そのもっともっと前から住んでいました。
子どもの頃は何もわからなかったけれど、よく考えてみると、『開道百年』という呼び方は、当時の日本の偉い人の考え方を象徴しているように思えます。

 

 

『北海道命名150年』は、北海道という名前の名付け親と言われる探検家『松浦武四郎』という人が考えた6つの案から決まった名前だそうです。
松浦武四郎は、アイヌの人たちの協力を得ながら北海道を探検する中で、自分たち(人間)の事をカイと呼んでいたアイヌの人達のことを思い「北加伊道」(ほっかいどう)という文字をあてたと言われています。
けれど、結局その文字は採用されず、現在の『北海道』になりました。

 

 

確かに『ほっかいどう』は松浦武四郎が考えた名前の1つではあるけれど、彼は自分の願った本当の「北加伊道」ではないことに失望したと言われています。
歴史はいつの時代も、強い者たちだけで作られるものです。
百年記念塔が解体されたあとには、小さなモニュメントが作られるとか。
そこからは、もっと暮らしよい新しい北海道が始まったらいいなあ。

北海道の名付け親の松浦武四郎は『北海道』はイヤだったのお話>>

 


北海道ランキング

PR



Pocket

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA