夕方のJR小樽駅は人の波。
みんな、ホームの中央にあるエスカレーターになだれ込むので、ややもすると、コツンコツンと流れにぶつかってしまいます。

 

左側に止まっている列車は、ニセコ方面に行くんですと。
私が乗って来た列車は終着が小樽なので、沢山の人が乗り込んで行きます。
わわ、すでにこちらも車内はすんごい混みようです。

ニセコ行き列車

英語と中国語?と韓国語?だかわからないけど、とにかく殆どが外国人?
車輛から身を乗り出して手招きしている外国の人もいる。
誰かに向かって「ヘイ、○×△□※ 〜〜〜」って言ってますよ。
通訳しますところ、「ヘイ、こっちの車輛にいるよ〜」 と言っているんだと思いますよ、なんとなく。
ほら、大きなリュックに負けないくらいの大きな青年が、ゆっさゆっさとリュックを揺らして私の横を通り抜けて行きました。

 

 

スキーヤーにとってパウダースノーのニセコは、外国の人たちにとっては今や憧れの場所。
住んでいる人も多くて、日本じゃないみたいです。
いつだったか、ニセコのコンビニに行ったとき、英字新聞も置いてあったのにはビックリしましたよ。

 

私の乗っていた列車が5分ほど遅れて到着したもので、ニセコに行くこの列車は、連絡のために待ってくれていたようです。
お客さんが乗り込むとそろそろ出発。
いってらっしゃい。
この列車は、雪の降る中を走ってきたんだね。
雪がへばりついています。頑張っているね。

ニセコ行き列車

 

 

みんな、ドヤドヤと目的地に向かってまっしぐら。
だからもう回りには誰もいなくなりました。
エスカレーターのむこうに立っている等身大の石原裕次郎さんが出迎えてくれるんでございます。
「迎えに来たよ」
”迎えにって、私のこと?”
「決まっているじゃないか、君の他に誰がいるっていうんだい・・・・」
っていう妄想を描いてみる。

JR小樽駅
小樽駅といえば、大きな窓にズラリと飾られたランプが印象的。
夜になると灯りがともって、駅を降りた瞬間から、雪あかりの演出が始まっているかのようなです。
そのランプを、ホームのベンチの後ろにある大きな窓からも見渡せちゃう。
いつもは見上げるだけだけど、ここからはランプを間近で見ることができますね。

JR小樽駅

 

 

ふだん下から見上げている窓はこんな感じ。JR小樽駅

 

JR小樽駅のランプ

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



『小樽雪あかり19』。
手宮会場は、小樽運河とJR小樽駅の中間くらいにあるので、寄り道するのにちょうどよい会場です。

 

小樽運河の会場が、運河沿いの限られた幅のスペースにあるのに対して、こちら手宮会場は、旧手宮線の跡地を公園にした場所なので、雪あかりの作品は自由で大きくて、立体的に作られているように思います。

 

運河会場がガラスの浮き玉がメインなら、こちらは雪と氷のオブジェクトがメインね。
小樽雪あかり

会場はさながら、あかりの美術館のようです。

小樽雪あかり

 

 

氷のキャンドル

 

 

雪あかり 星形の雪のオブジェクト

 

 

小樽雪明かりオブジェ

 

しずくの形をした大きな氷のかたまりも、下からライトをあてると宝石のようだね。

氷のかたまり

 

 

会場の所々に、タイマツのように置かれている丸いキャンドルはワックスボールです。
雪ではないので暑さで溶ける心配もなく、灯りを柔らかく通すさまはとてもきれい。
膨らませた風船を溶けているロウに浸して作るそうです。

ワックスボール

 

 

こちらは、ワックスボールが照らす回廊です。
ワックスボール

 

 

雪あかりオブジェ
大きなオブジェも登場。
クリームのいっぱい乗ったケーキみたいでないかい。
雪あかりオブジェ

 

 

雪あかりオブジェ

 

 

雪あかりオブジェ

 

 

雪あかりオブジェ
途中、会場内でお餅を焼いていました。
一口大という他は形も大きさも色々。お正月のお供えのお餅かな。
写真を撮らせてもらっていたら、お餅を焼いていたおじさんが、
「はい、1つどうぞ」と差し出してくれました。

 

アツアツで、冷えた体の中に落ちて行きます。
あ〜あったかい・・・お腹にカイロが入ったみたいでした。
焼き餅

 

 

雪うさぎ

 

 

キツネの氷のオブジェ

 

花びらが閉じ込められている氷のプレート。
その前には雪のベンチが設けられていて、記念写真を撮るのにはいい場所ね。
女子高生は、まるでモデルさんみたいに、氷のプレートと一緒にパチパチ写真を撮られていました。
雪あかりの路の女子高生たち

 

 

小樽雪あかりの路

いかがでしたでしょうか。
幻想的でロマンチックな 『小樽雪あかりの路』の様子が少しでもお伝えできていれば嬉しいです。
寒いけど、心の中にも、灯りがともってほっこりします。
お餅を頂けば、なおほっこり、間違いなしね。

小樽運河会場のようすはこちらで

『小樽雪あかりの路』2017は、2月12日までの午後5時から9時まで行われています。
この他にも沢山の会場で行われています。
詳しくは、小樽雪あかりの路をご覧下さい。

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへ

スポンサーPR



2017『小樽雪あかり19』が始まりました。
毎年この時だけは、小樽の街が雪灯りで浮かび上がってとってもきれい。
私はJRで行きやすい小樽運河と、手宮線の会場へ行ってきました。

 

小樽運河に灯りがともるのが5時ですから、手稲駅を4時22分の快速に乗って行きました。
小樽駅には4時50分頃の到着です。

JR小樽駅
小樽運河へ行くにはJR小樽駅からまっすぐ下がればいいので、私のような方向オンチでも大丈夫だもね。
普段は10分も歩けば行けるけど、とにかく観光客が多いのと、すんごく滑りやすい雪道なので15分もかかったでしょうか。

 

小樽運河に到着!
ここから振り向くと、まっすぐ正面に見えるのがJR小樽駅です。
JR小樽駅

 

 

もうすでに沢山の人が来ています。しかも、殆ど、外国語。
それじゃあさっそく、運河を歩いてみることに。
小樽運河

 

 

小樽運河
運河に浮かんでいるのは、灯りをともしたガラスの浮き玉です。
昔は漁師さんが、もっと大きなガラスの浮き玉を使って漁をしていました。
小樽は、その浮き玉を沢山作っていたそうです。
そんな浮き球が現代になってこんなふうに使われるなんて、浮き玉も思ってもみなかったべね。
ひとつひとつがロープに繋げられているので、浮き玉が流されてしまうことはありません。
ガラスの浮き球

 

 

ガラスの浮き球

運河沿いには、道しるべのように、ずっとキャンドルが置いてあります。

小樽運河

 

キャンドル

 

氷のキャンドルは、バケツに水を入れて凍らせます。
これだけ沢山のキャンドルを作るのは相当大変でしょうね。
美しいキャンドルに、みんな、目を奪われているようです。

小樽雪明かり

 

こちらには雪の壁に開けられたくぼみにキャンドルが入れてありました。

小樽雪あかり

 

小樽雪あかり

 

ハートにくりぬいたくぼみに、カップルの雪だるま。
ハートと雪だるま

 

 

雪だるま

 

お店が入っている建物は、昔、倉庫としてい使われていた建物だそうです。

小樽運河の倉庫
小樽運河倉庫小樽運河の倉庫

 

 

小樽雪あかり

 

 

ガラスの浮き球

 

運河を抜けてから、今度はJR小樽駅に戻る途中にある手宮会場に行くことに。
途中の道すがらにも、キャンドルが灯っているから楽しいね。

小樽雪あかりの路

 

 

小樽雪あかりの路

 

風もなく穏やかだったけど、運河の会場を出る頃にはしんしんと冷えてきました。
しっかりまかなってきて(身支度してきて)いかったよ。
厚手のタイツにポカポカベスト着てきたもんね。
皆さんも、お出かけになる場合は寒さ対策をして下さいね。

次は手宮会場へ・・・・

小樽雪あかりの路は、2月12日までの午後5時から9時まで行われています。
詳しくは小樽雪あかりの路のサイト
をご覧下さい。

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



4

旦那さんが昭和49年ころに小樽で写したモノクロ写真。
可愛い女の子が写っていますね。
知らない子だったそうですが、写真を撮らせてくれたんですと。

昭和の写真

手袋は、毛糸のボッコ手袋をはいています。
私たちの年代の道民は、こんな形をしてる手袋の事をボッコ手袋と呼んでいました。
”棒のようにまっすぐになった手袋” ってことでしょうかね。

今は殆ど5本指の手袋かなと思ったけど、楽天で探してみたら可愛いボッコ手袋が沢山りますね。
でも、名前が違う『グローブ』って言うみたいですよ。
へ〜、野球するみたい。
PR

 

そうそう、北海道弁では手袋は ”はめる” ではなく ”はく” と言います。
どうしてだべかね。
前足???んなワケないけどさ。

 

まったく見ず知らずの人に、なつっこい笑顔で写真を撮らせてくれたなんて、この時代ならではでしょうね。
今の時代なら難しいかも。
肖像権の侵害!個人情報の流出!人さらい!とか思われるかもしれないっしょ。

 

さらに、後ろに写っている『反町医院』がいい雰囲気。
内科、小児科、皮膚科・・とか書いてあります。
玄関はガラスのはまった戸。電話番号は、ただの2010だった。

 

今でこそ、病院は○○科と専門的な科目に分けられているけれど、昔は具合がわるくなったときも、怪我をしたときも、お医者さんはなんでもみてくれました。
っていうか、何でもみてもらってた。

 

女の子の履いてるズボンやオーバーの肌触りがなんとなくわかるのは、自分の同じような格好をしていたからなんだべね。
着膨れしてモコモコしているのは、中にきっとセーターと、厚手のシャツを着ているからだと思う。
ももしきも履いてたと思う。
きっと反町医院の近所の子だね。今、50代の前半くらいになられたのでないでしょうか。

昭和の石狩川付近の写真

石狩川の渡船場の跡と氷橋を渡る人の記事

小樽運河、D51、昭和40年代の写真

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



4

スポンサーPR

海がすぐそこ。北海道では、もっとも古い駅の1つ 『JR銭函(ぜにばこ)駅』です。
私の住んでる街の手稲駅から普通列車に乗ると、次が稲穂駅=星置駅=ほしみ駅(ここまでが札幌市)=銭函駅と4つ目の駅になります。
昔は『手稲駅』の次が『銭函駅』でした。

銭函駅

 

 

ニシンが穫れていた頃、お金がガッポガッポ入ってきたので、あちこちの家には『銭函』があったそうです。
それで駅の名前も『銭函』にしちゃった。
駅のホームには おお・・・っきな『銭函』が置いてありますね、よく見ると左側にも。

銭函駅

 

 

銭函は、住所は小樽市ですが、十分に札幌までの通勤圏内。
しだいに人口も増えて、これからは駅の改装も予定されているそうです。

 

 

考えてみると、何度も汽車(列車)で小樽まで行っているのに、銭函駅は通過ばかり。
車で通れば、なおさら駅に入る事もない。
今度ゆっくり、列車に乗って行ってみよう。
もしかしたら、銭函にあやかれるかもしれないもね。

銭函駅

 

 

銭函駅

 


人気ブログランキングへスポンサーPR