Pocket

札幌の日中の気温は、最高で午後1時ころのプラス3.3度でしたが、今朝8時の気温はマイナス5,3度だったそうです。
今夜もシバれそうですよ。

 

この町、札幌の手稲には『星置』という地域があって、そこに流れる川の名前も星置川。
小学生の頃、何度も遊んだこの星置川にも、不思議なお話があるそうなので、ご紹介します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それはむかしむかしの、ある夜のことでございます。
空から、一筋の光線を描いて、流れ星が川めがけて落ちてきました。
その衝撃は凄まじく、地面は陥没、川には大きなくぼみができてしまったもので、その落差が滝になってしまいました。
このころから、人々はこの川のことを『星置川』、衝撃でできた滝を『星置の滝』と呼ぶようになったのです。

さて、明治25年1月13日はものすごく寒い日で、星置川は一面 氷に覆われてしまいました。
その日の午後1時頃のことでした。
急に川の氷が割れたかと思うと、2匹の黒い大蛇がニョキっと顔を出しました。
ヘビ達は氷から這い上がるやいなや、急いで海の方向へと行ってしまいました。

 

 

その様子を間近で見ていた星置の人達は、ヘビたちのあまりの大きさに仰天!
大蛇の全長は5、6メートルはあり、胴回りは33センチ以上あったと言います。

え、そんなに?!
ま、とにかく、大蛇だったのです。
人々は『あのヘビ達はきっと滝の沢の主に違い』ないと言い、星置の滝の傍に祠(ほこら)を建てました。

 

するとそこに、今度は白いヘビが住み着くようになりました。
白ヘビはそれからしらばくの間は住んでいたそうですが、それからはしだいに人々の記憶から消えていったとさ。

おわり 『稲穂・金山 よもやま話 第三集』に出ていたお話より。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大スペクタクルな流れ星衝突のお話といい、胴回り33センチ以上の大蛇といい・・・・・
なななんとも感想に困る地元民でございます。

 
なぜ『33センチ以上』などいう、細かくて鋭い数字がでてきたのでしょうか。
きっとね、昔はセンチではなく尺貫法。
1尺(約30.30cm)という単位が、たとえになりやすいので
『1尺以上はあったんでないかい!』っていう長さが、この数字になったのかもしれないですね。

 

人々にとって、自然は神秘的であったり恐怖であったりするがゆえに、想像力がかき立てられ、不思議な世界へといざなわれていくのかもしれません。
キラリと見えた流れ星が星置川に落ちるように見えたのかもしれないし、氷の割れめから顔を出したウナギのようなカラスヘビかアオダイショウが、恐怖におののく人の目には胴体が1尺以上の大蛇に見えたのかもしれない。

 

さらに意地悪な考え方をすると、『逃がした魚はおおきかった』的な話の流れが、いつしか雪だるまのように大きくなって、隕石の衝突にまで発展したのかもしれません。

 

そんな人間達のザワザワをよそに、星置の滝はいつもと変わらない姿を見せているはずです。
でも私は密かに願っている。
いつしかこの滝のあたりで、隕石のぶつかった痕跡が見つかるかもしれないということを。

星置の滝

星置の滝、その他のようすはこちらで

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

2

Pocket

先日、貸し出し図書で読んだ本の中に、『札幌祭りでゾウが大暴れした』という、ウソのような本当のお話が載っていたので紹介しますね。

事件が起きたのは昭和32年(1959年)の6月15日。
札幌祭りでのことでした。
今から60年ほど前ね、ありゃあ、私の生まれた年だわね。

 

■ タバコの火の不始末で満員のサーカスのテントが炎上

PR

 

今でこそ、札幌祭り(北海道神宮祭)は中島公園でも行われているけど、昔は、創成川べりで行われていたそうです。
このあたりはまさに札幌の中心部。狸小路やススキだってすぐ近くだもね。
そこにはサーカス小屋のテントや猛獣小屋、あと、ストリップ小屋なども設けられていたそうです。
札幌まつりでストリップ小屋!

 

中でも南4条側に設けられたサーカス小屋は超満員、500人収容のテントなのに、その倍以上のお客さんでごった返していたんですと。
そんな中、一人の観客が捨てたタバコの吸いガラがテントに燃え移り炎上。
あっというまにサーカス小屋は炎に包まれてしまいました。

 

さらに火は、となりの猛獣小屋にも燃え移ったから大変!
結局、ライオン5頭、トラ2頭、猿6匹、犬2匹が煙りに巻かれて焼死。
その後はストリップ小屋にも火が移り、ストリッパーも洋服を着る間もなく逃げ出したんですって。

 

 

■ ゾウが民家に突進

2歳ゾウのユウコはこのとき出番の前だったので、鎖を解かれていたそうです。
ちょうどそのときに火が燃え移ったもんだから驚いて、火の粉をかぶりながらもテントの外に逃げ出しました。
それを見た人達は、更にパニック!ユウコもパニック!

 

結局、南4条から南6条にまで逃げて民家に突進、女の子を踏んでケガを負わせてしまいました。
結局この火事で亡くなった人はいなかったけど、50人もの人がケガをしたそうです。
この事件がきっかけで、昭和37年から札幌祭りのイベント会場は中島公園で行われるようになりました。

 

札幌まつりと言えば、ずっと以前から中島公園というのが私の中で定番でしたが、そんなきっかけがあったとは、ちーとも知らなかった。
昭和32年と言えば、札幌のテレビ塔が完成したばかり。
いきなりこんな火事を見ることになるとは、テレビ塔はびっくりしたべね。

 

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

4

Pocket

旦那さんが昭和49年ころに小樽で写したモノクロ写真。
可愛い女の子が写っていますね。
知らない子だったそうですが、写真を撮らせてくれたんですと。

昭和の写真

手袋は、毛糸のボッコ手袋をはいています。
私たちの年代の道民は、こんな形をしてる手袋の事をボッコ手袋と呼んでいました。
”棒のようにまっすぐになった手袋” ってことでしょうかね。

今は殆ど5本指の手袋かなと思ったけど、楽天で探してみたら可愛いボッコ手袋が沢山りますね。
でも、名前が違う『グローブ』って言うみたいですよ。
へ〜、野球するみたい。
PR

 

そうそう、北海道弁では手袋は ”はめる” ではなく ”はく” と言います。
どうしてだべかね。
前足???んなワケないけどさ。

 

まったく見ず知らずの人に、なつっこい笑顔で写真を撮らせてくれたなんて、この時代ならではでしょうね。
今の時代なら難しいかも。
肖像権の侵害!個人情報の流出!人さらい!とか思われるかもしれないっしょ。

 

さらに、後ろに写っている『反町医院』がいい雰囲気。
内科、小児科、皮膚科・・とか書いてあります。
玄関はガラスのはまった戸。電話番号は、ただの2010だった。

 

今でこそ、病院は○○科と専門的な科目に分けられているけれど、昔は具合がわるくなったときも、怪我をしたときも、お医者さんはなんでもみてくれました。
っていうか、何でもみてもらってた。

 

女の子の履いてるズボンやオーバーの肌触りがなんとなくわかるのは、自分の同じような格好をしていたからなんだべね。
着膨れしてモコモコしているのは、中にきっとセーターと、厚手のシャツを着ているからだと思う。
ももしきも履いてたと思う。
きっと反町医院の近所の子だね。今、50代の前半くらいになられたのでないでしょうか。

昭和の石狩川付近の写真

石狩川の渡船場の跡と氷橋を渡る人の記事

小樽運河、D51、昭和40年代の写真

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

Pocket

江差の『かもめ島』から撮影したという写真。
江差は道南にある町で、北海道が開拓されるずっと前から栄えた所で、『北海道の文化発症の地』と言われている所です。


かもめ島は、空から見るとカモメが羽ばたいているように見えるので『かもめ島』って呼ばれる小さな島。
ホントだ、カモメに見えるね。
昔は完全な島だったらしいけど、今は繋がっています。

江差の地図

■ 昭和49~50年ころの江差、かもめ島からの写真

旦那さんの話によると、正面の堤防の先に見えるのは赤い灯台だったそうですが、グーグルで見たところ現在は灯台はなく、あったとおぼしき所が四角く継ぎ当てされているようでした。

 

昭和の江差 かもめ島からの写真

 

PR

 

■  瓶子岩(へいしいわ)はお婆さんが投げた瓶

写真の右に見えるしめ縄がかけられている岩は、瓶子岩(へいしいわ)。
(私は最初、びんこ岩って読んじゃった)
写真では岩のもう片方が写っていませんが、岩の根元は削られて、風船のように細くなっています。

旦那さんはこの岩を見たときの形が、女性の横顔のように見えて思わず写真に撮ったそうですが、実はこの岩は、なんと瓶の化石なんです!
んなワケないっしょと思われるかもしれませんが・・・・
昭和の江差 かもめ島からの写真

 

 

江差には、『お婆さんの伝説』が残っていて、瓶子岩は伝説から500年を過ぎてもなお、語り継がれている物語の証なのです。

昔々、大変な飢饉に苦しんでいた江差の村に、予言者のようなお婆さんがやってきました。
あるとき、不思議なお爺さん(翁(おきな))から瓶を渡され、言われた通りに海に投げ入れると、なんと海が白くにごりました。
この白いものは郡来(くき)と言って、ニシンの群れが産卵のために海岸に押し寄せてくる現象です。
白く濁るのは、ニシンの精子が海に漂うためです。
こうしてお婆さんは村人たちを救いました。

 

詳しい内容はこちら
江差の『姥神大神宮渡御祭』は婆ちゃんを祀った祭り

 

もう、おわかりですね。
この岩こそ、その時に投げ入れた瓶なのです。
ほら、だんだん瓶に見えてきたっしょ・・・もう瓶にしか見えない!

 

数年前に江差に行ったとき、この写真の事を知っていたらなあ~と思うと、ちょっと惜しい・・・・
江差の町の中心部は、現在『いにしえ街道』という奇麗に整備された町並みになっています。

 

旦那さんがフィルムで撮影していた時代のネガが、そのまま段ボールにあるらしいので、これから少しずつ見てみるのもいいかもね、なんて話しているこのごろです。

昭和の石狩川付近の写真

石狩川の渡船場の跡と氷橋を渡る人の記事

小樽運河、D51、昭和40年代の写真

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

2

Pocket

旦那さんが片付けをしていたらでてきた写真。
高校生の時に写したという、石狩川、江差、小樽の写真です。
今日はその中で、石狩川付近の写真をUPします。

 

■  昭和49年~50年ころの石狩川付近の写真

年期の入った木造の漁船が置いてあります。
「ああ、それは船の墓場だよ」
船の墓場・・・

この写真は、石狩川の川岸に集められた、役目を終えた漁船だそうです。

昭和の石狩川付近の壊れた船

 

石狩川にあった廃船 

 

 

漁師さんでしょうか。
川の傍で作業をしていますが、手前に見えるのは木製のソリ。
足は、スキーのように前がカーブしているので、これにロープをつけて引っ張ると、雪の上でもうまく滑ります。
引っ張られたソリの跡が2本ついていますね。

昭和の石狩川付近で作業する人

 

 

このおじさんは漁師さんかな?
それとも石狩川には渡船場があったので、艀(はしけ)の船長さん?
川の向こう岸がすんごく遠いですね。
そう簡単には渡れないので、は昭和53年まで渡船場がありました。
でもね、冬になると川が凍ってしまうので、渡し船が使えないっしょ。
そしたらびっくり、凍った川を歩いて渡っていた時代もあったんですって。

昭和の石狩川の渡船場

 

 

■  石狩川は日本でも大きい川

昔の石狩川は、大雨や台風のたびに氾濫する暴れ川。
幾度となく整備され続け、現在では随分と川の長さが短くなったそうですが、それでも日本で3番目(ウィキペディアによりますと)に長い川(268km)。
(※ついでに第4位はやはり北海道の天塩川(てしおがわ)256km)
流域面積は2位だそうです。

地図に、海から少し川に入った所に、コブみたいに出っ張った川がありますが、あそこは、昔、石狩川だったところです。

石狩川の地図

PR

 

■ 昔は道としての石狩川があった

それから、これは私の祖母から聞いた話ですが、秋になるとそ上する鮭の大群で、向こう岸までが鮭でギュウギュウになったそうです。
「ボッコ(棒)を立てても倒れないくらいだったよ〜」
って言ってた事を思い出しました。

北海道の開拓に欠かせなかったのも石狩川。
道がまだ整備されていなかった頃は、石狩川が物資や人の輸送には欠かせない道でした。
地図を見ると、石狩川に沿って町ができていることがわかりますね。
物資や材木を川をつたって運ぶ事ができたからですね。
ちなみに、海から石狩川をたどっていくと、『月形』という町があります。
月形には『樺戸集治監(つきがたかばとしゅうちかん)』ていう言う刑務所がありました。
ここに連れて行かれる囚人たちも、船で送られたそうです。

札幌にも、石狩川から支流の豊平川を通って物資が運ばれてきましたが、現在でも残る二条市場は、漁師さんたちの荷下ろしをした場所から生まれた市場だそうです。
川は、人の血管のようなものですね。

月形 『樺戸(かばと)集治監』の記事

石狩川の渡船場の跡と氷橋を渡る人の記事

小樽運河、D51、昭和40年代の写真

次回は江差のかもめ島付近の写真をUPする予定です。
昭和の江差、かもめ島から見た風景と瓶子岩

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket