Pocket

札幌の日中の気温は、最高で午後1時ころのプラス3.3度でしたが、今朝8時の気温はマイナス5,3度だったそうです。
今夜もシバれそうですよ。

 

この町、札幌の手稲には『星置』という地域があって、そこに流れる川の名前も星置川。
小学生の頃、何度も遊んだこの星置川にも、不思議なお話があるそうなので、ご紹介します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それはむかしむかしの、ある夜のことでございます。
空から、一筋の光線を描いて、流れ星が川めがけて落ちてきました。
その衝撃は凄まじく、地面は陥没、川には大きなくぼみができてしまったもので、その落差が滝になってしまいました。
このころから、人々はこの川のことを『星置川』、衝撃でできた滝を『星置の滝』と呼ぶようになったのです。

さて、明治25年1月13日はものすごく寒い日で、星置川は一面 氷に覆われてしまいました。
その日の午後1時頃のことでした。
急に川の氷が割れたかと思うと、2匹の黒い大蛇がニョキっと顔を出しました。
ヘビ達は氷から這い上がるやいなや、急いで海の方向へと行ってしまいました。

 

 

その様子を間近で見ていた星置の人達は、ヘビたちのあまりの大きさに仰天!
大蛇の全長は5、6メートルはあり、胴回りは33センチ以上あったと言います。

え、そんなに?!
ま、とにかく、大蛇だったのです。
人々は『あのヘビ達はきっと滝の沢の主に違い』ないと言い、星置の滝の傍に祠(ほこら)を建てました。

 

するとそこに、今度は白いヘビが住み着くようになりました。
白ヘビはそれからしらばくの間は住んでいたそうですが、それからはしだいに人々の記憶から消えていったとさ。

おわり 『稲穂・金山 よもやま話 第三集』に出ていたお話より。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大スペクタクルな流れ星衝突のお話といい、胴回り33センチ以上の大蛇といい・・・・・
なななんとも感想に困る地元民でございます。

 
なぜ『33センチ以上』などいう、細かくて鋭い数字がでてきたのでしょうか。
きっとね、昔はセンチではなく尺貫法。
1尺(約30.30cm)という単位が、たとえになりやすいので
『1尺以上はあったんでないかい!』っていう長さが、この数字になったのかもしれないですね。

 

人々にとって、自然は神秘的であったり恐怖であったりするがゆえに、想像力がかき立てられ、不思議な世界へといざなわれていくのかもしれません。
キラリと見えた流れ星が星置川に落ちるように見えたのかもしれないし、氷の割れめから顔を出したウナギのようなカラスヘビかアオダイショウが、恐怖におののく人の目には胴体が1尺以上の大蛇に見えたのかもしれない。

 

さらに意地悪な考え方をすると、『逃がした魚はおおきかった』的な話の流れが、いつしか雪だるまのように大きくなって、隕石の衝突にまで発展したのかもしれません。

 

そんな人間達のザワザワをよそに、星置の滝はいつもと変わらない姿を見せているはずです。
でも私は密かに願っている。
いつしかこの滝のあたりで、隕石のぶつかった痕跡が見つかるかもしれないということを。

星置の滝

星置の滝、その他のようすはこちらで

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

Pocket

先日、貸し出し図書で読んだ本の中に、『札幌祭りでゾウが大暴れした』という、ウソのような本当のお話が載っていたので紹介しますね。

事件が起きたのは昭和32年(1959年)の6月15日。
札幌祭りでのことでした。
今から60年ほど前ね、ありゃあ、私の生まれた年だわね。

 

■ タバコの火の不始末で満員のテントが炎上

PR

 

今でこそ、札幌祭り(北海道神宮祭)は中島公園でも行われているけど、昔は、創成川べりで行われていたそうです。
このあたりはまさに札幌の中心部。狸小路やススキだってすぐ近くだもね。
そこにはサーカス小屋のテントや猛獣小屋、あと、ストリップ小屋なども設けられていたそうです。

 

中でも南4条側に設けられたサーカス小屋は超満員、500人収容のテントなのに、その倍以上のお客さんでごった返していたんですと。
そんな中、一人の観客が捨てたタバコの吸い殻がテントに燃え移り炎上。
あっというまにサーカス小屋は炎に包まれてしまいました。

 

さらに火は、となりの猛獣小屋にも燃え移ったから大変!
結局、ライオン5頭、トラ2頭、猿6匹、犬2匹が煙りに巻かれて焼死。
その後はストリップ小屋にも火が移り、ストリッパーも洋服を着る間もなく逃げ出したんですって。

 

 

■ ゾウが民家に突進

2歳ゾウのユウコはこのとき出番の前だったので、鎖を解かれていたそうです。
ちょうどそのときに火が燃え移ったもんだから驚いて、火の粉をかぶりながらもテントの外に逃げ出しました。
それを見た人達は、更にパニック!ユウコもパニック!

 

結局、南4条から南6条にまで逃げて民家に突進、女の子を踏んでケガを負わせてしまいました。
結局この火事で亡くなった人はいなかったけど、50人もの人がケガをしたそうです。
この事件がきっかけで、昭和37年から札幌祭りのイベント会場は中島公園で行われるようになりました。

 

札幌祭りと言えば、ずっと以前から中島公園というのが私の中で定番でしたが、そんなきっかけがあったとは、ちーとも知らなかった。
昭和32年と言えば、札幌のテレビ塔が完成したばかり。
いきなりこんな火事を見ることになるとは、テレビ塔はびっくりしたべね。

 

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket