Pocket

私は実際に行ってみて、すんごいな〜と思った所の1つに、洞爺湖有珠山ジオパークがあります。
ジオパークとは地球的規模に価値がある遺産として認められた所をいうそうです。
洞爺湖有珠山ジオパークは日本で最初の世界ジオパーク。

 

洞爺湖周辺は、今まで何度も火山活動を繰り返してきたそうで、ここは2000年(平成12年)の有珠山の爆発によって地形が大きく変形し、道路や建物も火山灰に埋もれたり、地面の隆起や陥没で崩れてしまった所を、そのまま保存してあります。

 

 

こちらは以前撮った写真。
湯気が上がっていますね。
小高い山がいくつもある中に、折れている電柱があります。
50キロ制限のプレートが付いている、ってことは、ここはけっこう広い舗装道路だったんですね。

 

 

次はこちらの写真。
手前が大きく陥没していいて、その向こうに建物が見えます。
この建物はね、北海道銘菓『わかさいも』の当時の工場です。
何度か見学したことがあります。
帰り際に、出来立ての美味しい ”わかさいも” がもらえたんですよ。
もちろん、現在は別な工場で作られて、今でも北海道の名菓です。
( ” いも ”だけど、原料は大福豆の話し)

 

洞爺湖有珠山ジオパーク

 

さて、次はこちら。
大きな穴の斜面からは、もんもんと水蒸気が上がっています。
その中をよく見ると、外に飛び出してしまった土管が見えます。
下の写真は、道路だったところ。センターラインが残っているのでわかります。
地球は大きな生き物なんですね。

 

 

このとき、洞爺湖温泉から乗ったタクシーの運転手さんは地元の方で、
「私が生まれてから、噴火で、2度も家をなくしてしまったよ。それでも、ここがいいんだな~」って話をしていた事を思い出します。
四半世紀に一度は噴火すると言われている有珠山なのに、愛着を持って火山と共に生きているんだなあって思いました。

洞爺湖有珠山ジオパーク

 

※そうそう余談ですが、北海道民の多くの人は(私も)、洞爺湖(とうやこ)の事を、『どうやこ』と『と』に濁点を付けて呼んでいます。
なしてかわからないけどね。

 

洞爺湖有珠山ジオパーク

 


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

Pocket

旅行の秋ですね〜。北海道を旅行される方も多いと思います。
北海道の東の湖、摩周湖には、巨大なザリガニが住んでいるというお話をご存知でしょうか。
1メートルくらいもあった!なんていう噂もある。
まっさか〜〜〜、マユツバでないの〜〜・・と、始めは私も疑いましたが、本当かもよ。

 

摩周湖                                      摩周湖展望台からの景色             <2010/7>

 

摩周湖には、もともとエゾサンショウウオくらいしか住んでいなかったそうです。
それがね、食料不足を補おうと1926年以降ニジマスやウチダザリガニ、ヒメマスが放流されました。
ウチダザリガニは、アメリカからやってきたそうですよ。

 

 

普通のザリガニの大きさは、せいぜい15~18センチくらいなのに、摩周湖のザリガニが1メートルだなんて、そんな大きなザリガニがいることがどうしてわかったのでしょう。
それはね、”ニジマスやヒメマスを捕るために仕掛けた密猟者の網に、巨大なザリガニが捕獲されたことがある”  からです。
1975年に見つかったザリガニの体長は47cmもあったそうで、こりゃ1メートルもまんざらウソでないかも・・・・となったわけです。
摩周湖で生物を捕獲するには、特別な許可を得なければならないので、勝手に湖畔に降りる事はできません。
だからこの話しは、あくまでウワサ・・・・・。

 

 

現在でも、ウチダザリガニは繁殖していることが確認されているそうです。
餌が豊富で天敵もいないので、どんどん巨大化したのかな。
怪獣みたいになったザリガニ達は、今でも摩周湖の霧にまみれて、湖底に潜んでいるのかもしれません。
信じるかどうかは、あなたしだいですよ・・・・・

 

 

摩周湖にはこんな言い伝えも・・・
■カップルで摩周湖を訪れ、霧で湖面が見えなければ2人の卯ぃは永遠。
■未婚者が霧のかからない摩周湖を見ると婚期が遅れる。
■お金持ちが摩周湖を訪れると霧に閉ざされ、貧乏人が訪れると晴れる。

 

摩周湖

摩周湖展望台からの景色 <2010/7>


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

2

Pocket

台風18号は北海道に上陸。
道南から稚内へと、まるで計画的のように北海道を横断しました。

 

今回の台風18号のたどった道は、気象庁の地図を見ると、まさに札幌を直撃。
どうなることやらと様子を伺っていたところ、夕方になったとき風がピタッと止みました。
それまでゴーゴーと吹き荒れていた風も、ゆさゆさと葉をこすり合わせていた木も、何事もなかったかのようにシ〜〜ン。

 

 

「虹が出ているぞ」
うわあホントだ!
南東の空には、片手で めいいっぱいに なぞったような大きな虹。
これはもしや、台風の目の中に入ったってことなのかな??

 

 

こういう場合の映画ではさ、自分勝手なメンバーが「オレは先に行く」とか言って、みんなが止めるのも聞かずに行動しちゃうんだよね。
「行ってはダメだ、これはきっと台風の目に違いない!外に出ると危険だ!」
「フン、お前の好きなようにはさせないぞ、オレは早くここから脱出するんだ、あばよ」
そのうち再び台風が暴れ出し、自分勝手なそいつは、ついに台風の餌食になってしまうのであった・・・みたいな。

虹

 

空想はさておいて、しばらくすると再び風が強くなり、雨も降ったけれど、結局そーでもなく、台風は通り過ぎ去って行ったようです。

 

一昔前までは、北海道には台風はやってこないというのが常識でした。
『 ”昨年 北海道には幾つ台風がきたでしょう”
3つ?4つ?
ブッブー
台風は北海道にやってくる頃には温帯低気圧に変るので、答えは ”台風はこない” でした~』
なんて問題もあったくらい。
それが今じゃ、町をかまかし(まぜこぜ)、川は氾濫。
台風のおかげで良いことも、多分あると思うけどなあ。


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

2

Pocket

秋が始まると、キノコが好きな人達にとっては天気と山のあんばいが気になりますね。
そういう私も手稲山の下で育ったせいか、雨あがりの落ち葉の匂いがすると、山の中に入ってみたくなります。
それでね、行ってみました偵察に。
したらさ、ほら、落葉キノコが生えていましたよ。

落葉キノコ

北海道では、みんなラクヨウって言ってます。
本来ラクヨウとはカラマツのことで、このカラマツのある場所に生えるキノコなのでラクヨウって言ってるわけです。
松の多くは雪が降っても葉っぱが青々しているけれど、カラマツは葉を落としてしまいます。

 

 

落葉という名前が付いているのは『葉を落とすから』という意味なんでしょうね。
細かな松の葉が落ちた地面は、そりゃもうフッカフカです。
落葉キノコは、そんな場所が好きなんだべね。

 

 

秋の雨が降ると、翌日はキノコはググって伸びるみたい。
茶色の傘でナメコのようにヌルっとしていて、傘の下はスポンジみたいなフワフワしている物で覆われていて肉厚です。
採る時期が送れて大きくなりすぎると、傘の下に小さな虫がいっぱい付いちゃいます。
虫にとっても美味しいんだべね。
この落葉キノコはちょうど食べごろだね。偵察に行っていかった~。


落葉キノコ

採った落葉キノコはゴミを取ったら水にしばらく浸します。
そうすると、くっ付いていたゴミや小さな虫が取れるもね。
それからよく洗ってササっと湯がく。
私は麺つゆと混ぜて醤油漬けにします。

秋がきたな〜・・・って感じ。

 

 


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

Pocket

バッタ
PR




草の中からバッタが飛び出しました。
”しょうゆバッタ”だね。
イナゴの仲間らしいけれど、私は子どものころからそう呼んでいます。

 

 

■ しょうゆバッタは総称

バッタを捕まえると、口から醤油色の液体を出すのを見たことはないですか?
”しょうゆバッタ” というのはバッタの種類ではなくて、身の危険を感じるとそのような液体を出すバッタの総称だそうです。
しょうゆの量は、ほんの一滴分と言うか、ぷっくりと口から盛り上がる程度ですね。
子どもの頃は追いかけてでも捕まえたのに、今では、あの骨格と、お腹のフガフガした感触は思い出すだけで遠慮したくなります。

 

 

■しょうゆの正体は食べ物を消化させたもの

ところで、その ”しょうゆ”の正体を知ったのは大人になってからです。
あれはバッタの胃の内容物だそうですよ。
バッタは危険を感じたとき、”こうなったら最後の手段!!” と、胃の中で消化させていた食べ物を口から戻して ”どうだ、キモチわりいだろ〜〜” と見せつけ、相手を驚かしているそうです。
だからね、匂いもするんですって。

 

 

この写真は以前、息子がバッタを捕まえたときのものです。
捕まったバッタは、ビクともしないで死んだフリしてやんの。
逆さまにしたって動かない、見よこの腕の開きあんばいの名演技。
息子がチョイチョイと触っても、グワ~~っと腕は開いたままでした。
でもきっと、バッタは心の中で ”ちょすな ちょすな (触るな)”って、ドキドキしたべね。

バッタ

 

それでね、逃がす前に写真をもう一枚・・・と思ったらさ、手がさっきと違うの。
油断したんだべね、ちょっと動かしちゃってるっしょ。
でもこのとき、口からしょうゆは出しませんでした。
死んでることになっていたもんね。

 

バッタ

 

今でも子ども達には ”しょうゆバッタ” っていう名前で語り継がれているのでしょうか。
バッタは子ども達にとって、いつまでも夏休みのアイドルであってほしいと思います。

 


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket