Pocket

いつだったかNHKの番組 ”ひるブラ” でやっていたんですけど、川の中のカニの形をした露天風呂で子ども達が楽しそうにしていた場面をみました。
なーんていい所なんだ。
そこは大分県竹田市にある長湯温泉の『ガニ湯』でした。

PR



 

長湯温泉は花王バブよりすごい炭酸泉

長湯温泉は、日本一の炭酸泉で有名な所だそうです。
入浴剤のバブってあるっしょ、泡のブクブク出るやつね。
それの天然バージョンなんですって。

 

炭酸ガスの泡が皮膚から浸透して血行を良くし、疲れを癒す。
長湯温泉の炭酸ガス濃度は、花王のバブのなんと7倍なんですと。
心筋梗塞をやった旦那さんは、この高濃度炭酸ガスの温泉に、以前からとても興味があったようでした。

 

ガニ湯はワイルドで開放的な温泉

それでね、この『ガニ湯』なんですけど、温泉施設があるわけではないんだけれど長湯温泉のお湯が川から湧いています。
ここの露天風呂は、昔から、地域の人達に親しまれてきたそうです。
長湯温泉のお湯につかるまえに、この『ガニ湯』に寄ってみたかったんです。

ガニ湯

 

 

おお!あったあったガニ湯。
ガニ湯へ行くには、道路の反対側にある『ガニ湯入り口』という看板から降りて道路の下をくぐると行く事ができました。

ガニ湯

 

ガニ湯

 

なんと、道路の下が脱衣所になっている。

ガニ湯

 

そこに、海パンをはいているお兄さんとすれ違いました。
両腕を組み、肩を振るわせながら、「お~~さむ!!」とつま先立ちで駆け上がっていきました。
ガニ湯に入ったんだね。
どんなお風呂かな〜〜

 

ガニ湯

 

ガニ湯のお湯の大きさは三畳間くらいでしょうか。
お湯は、濁った緑色をしています。
お風呂の内側には長い年月を思わせる湯の花が波のように付いていました。

 

ガニ湯

 

 

石でできたカニの口もとから温泉が出ています。
それがさ、このお湯の出方がまたカニらしい。
お湯がドバドバ出ているんじゃなくて、ボコボコ・・・・・・ボコボコ・・・・ボコボコ・・と、まさにカニ。
でも昔は石の間から自然とボコボコと湧いていたそうですよ。

 

 

どんなあんばいかな〜〜手を入れてみる。
ぬるいっしょ!
暖かめの温水ブールくらい??
このお湯に、さっきの若者が入っていたのか。
そりゃ寒いわ。

ガニ湯

 

ガニ湯

 

ガニ湯がいつもこの温度だとしたら、この季節に暖まるといのはちょっとムリ。
だからテレビでは、子ども達が海パンで遊んでいたのかも。
夏なら、最高だね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

= 切ないガニ伝説 =

ガニ湯には『ガニ伝説』というものがあるそうで、それがまたイケてる。
むかしむかし、長湯温泉を流れる川にガニが住んでいたんだと。
ガニは、村の色白の娘に恋をした。
そして、自分が人間になって、娘を嫁にしたいと思うようになった。

そんなガニの気持ちを知ったあるお寺の僧が言った。
「寺の鐘を百回聞けば、人間に生まれ変われるであろう」
それを知ったガニが喜んだことは言うまでもない。

そこで、娘が湯をあびに来た時に、僧が鐘を突き始めた。
ガニは、川の中で心を踊らせながら、鐘の音を数えていたにちがいないね。

そしたらさ、鐘を突いていた僧も、娘のあまりの美しさに一目惚れ。
ガニを人間にしてやるのが惜しくなった。
僧は鐘を九十九まで突いたところで言った「ウッシッシ 娘はオレがもらう」(ウッシッシとは言わなかったかもしれないけど)。

ガガ〜〜〜〜ン
なんちゅう僧侶じゃ。

そして、僧が娘に近づいたとたん、いきなり空が雲で覆われたかと思う雨が降り出し、ダダーン! と、僧とガニの上に雷が落ちた。

 

しばらくして川の水が引くと、ガニの形をした大きな岩が現れ、無数の泡の湯が湧きだしていた。
以来人々はそこをガニ湯と呼ぶそうになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美しい人間の娘を嫁にする事はできなかったけど、村人たちにはこれかもずっと愛され続けるガニ湯になったことは間違いないですね。

= ガニ湯 案内 =
営業時間=24時間
定休日=無休
利用料金=無料
駐車場=とくになし・・でも近くに止められた

 

ガニ湯 map

そして、車はサイダーのような長湯温泉(ラムネ温泉)へ。

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

Pocket

札幌の日中の気温は、最高で午後1時ころのプラス3.3度でしたが、今朝8時の気温はマイナス5,3度だったそうです。
今夜もシバれそうですよ。

 

この町、札幌の手稲には『星置』という地域があって、そこに流れる川の名前も星置川。
小学生の頃、何度も遊んだこの星置川にも、不思議なお話があるそうなので、ご紹介します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それはむかしむかしの、ある夜のことでございます。
空から、一筋の光線を描いて、流れ星が川めがけて落ちてきました。
その衝撃は凄まじく、地面は陥没、川には大きなくぼみができてしまったもので、その落差が滝になってしまいました。
このころから、人々はこの川のことを『星置川』、衝撃でできた滝を『星置の滝』と呼ぶようになったのです。

さて、明治25年1月13日はものすごく寒い日で、星置川は一面 氷に覆われてしまいました。
その日の午後1時頃のことでした。
急に川の氷が割れたかと思うと、2匹の黒い大蛇がニョキっと顔を出しました。
ヘビ達は氷から這い上がるやいなや、急いで海の方向へと行ってしまいました。

 

 

その様子を間近で見ていた星置の人達は、ヘビたちのあまりの大きさに仰天!
大蛇の全長は5、6メートルはあり、胴回りは33センチ以上あったと言います。

え、そんなに?!
ま、とにかく、大蛇だったのです。
人々は『あのヘビ達はきっと滝の沢の主に違い』ないと言い、星置の滝の傍に祠(ほこら)を建てました。

 

するとそこに、今度は白いヘビが住み着くようになりました。
白ヘビはそれからしらばくの間は住んでいたそうですが、それからはしだいに人々の記憶から消えていったとさ。

おわり 『稲穂・金山 よもやま話 第三集』に出ていたお話より。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大スペクタクルな流れ星衝突のお話といい、胴回り33センチ以上の大蛇といい・・・・・
なななんとも感想に困る地元民でございます。

 
なぜ『33センチ以上』などいう、細かくて鋭い数字がでてきたのでしょうか。
きっとね、昔はセンチではなく尺貫法。
1尺(約30.30cm)という単位が、たとえになりやすいので
『1尺以上はあったんでないかい!』っていう長さが、この数字になったのかもしれないですね。

 

人々にとって、自然は神秘的であったり恐怖であったりするがゆえに、想像力がかき立てられ、不思議な世界へといざなわれていくのかもしれません。
キラリと見えた流れ星が星置川に落ちるように見えたのかもしれないし、氷の割れめから顔を出したウナギのようなカラスヘビかアオダイショウが、恐怖におののく人の目には胴体が1尺以上の大蛇に見えたのかもしれない。

 

さらに意地悪な考え方をすると、『逃がした魚はおおきかった』的な話の流れが、いつしか雪だるまのように大きくなって、隕石の衝突にまで発展したのかもしれません。

 

そんな人間達のザワザワをよそに、星置の滝はいつもと変わらない姿を見せているはずです。
でも私は密かに願っている。
いつしかこの滝のあたりで、隕石のぶつかった痕跡が見つかるかもしれないということを。

星置の滝

星置の滝、その他のようすはこちらで

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

Pocket

PR

 

『母が恋しい』と書いて、『母恋(ぼこい)』と読む。
そんな地名があるのが室蘭です。

 

■ 1日40個限定の『母恋めし』の中身は

今年5月、室蘭の道の駅『みたら』で購入した『母恋めし』です。
『母恋めし』は、テレビなどでも紹介されたこともあって大人気!
店員さんのお話によると、普通は、1日に40個しか作らないお弁当で、母恋駅と道の駅『みたら』などの数カ所にしか配られないそうです。
この日は、道の駅『みたら』に10個が入荷したそうです。

母恋めし

 

風呂敷に包まさってる(包んである)ところがいい感じ。お弁当のパックを開けると、中身がひとつひとつ、袋に入っています。

 

大きなホッキの切り身が入っているホッキ飯のおむすびが2個。
そのうちの1つは、ホッキの貝殻の中に入ってて情緒ある~。それから、香りがいいスモークチーズと、半熟がいいあんばいのくんせい卵(味つき卵)。
ナスのお漬け物。
口直しにハッカ飴が添えてあるところが、またいいんでないかい。

母恋めし

 

(おいしいたれ 田舎のプレスリーという万能タレも購入しました↓
醤油とソースを合わせたみたいな味でしたよ)母恋飯

 

母恋めし

 

 

■『母恋』に秘められたアイヌの物語

そんな『母恋めし』のお弁当に、母恋にまつわるアイヌ物語のパンフが入っていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

”母恋の語源はアイヌ語の「ポク・オイ」(ポクセイ・オ・イ)ホッキ貝の沢山ある場所の意味です。
また、室蘭民話「チケウの海の親子星」では餓えに苦しむ村人のためにチケウの海(地球岬)に食べ物を探しにきたコタンの長老夫婦が神様の宝物、金屏風を盗みにきたと勘違いした番人に殺されてしまいました。長老夫婦を探しにきた娘の話を聞き間違いとわかった神様は村人に沢山のホッキ貝を与えました。アイヌの村人たちは、娘が何日もかかって、おとうさん、おかあさんを探したあたりを「母恋」と呼ぶようになりました。

母恋めし物語

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アイヌの物語を知ってから食べると、ひと味もふた味も、ホッキの味が心にしみてくるんでないかい。

 

『道の駅みたら』はこんなところ。

 

母恋の地図

<母恋めし=1060円>

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

Pocket

秋も深まり、そろそろ、シシャモ漁の準備が始まったようです。
テレビのニュースによると、今年は台風の影響もあって、去年よりさらに少ない漁獲量になるそうです。

アイヌの伝説によると、シシャモは神様がくれた魚。
先日見た絵本によると、それは女神様だったそうで、ご紹介させて下さいね。

 

 

■ シシャモが生まれたアイヌの伝説
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔々、兄妹の神様がいました。
あるとき、雷の神の兄が何処かに行ってしばらく戻らない日が続いたもので、妹の女神は心配になって下界の様子を見てみました。
するとそこから見えた村人達は皆、辛そうな表情をしています。

心配になったもので下界に降りて村の村長に理由を訪ねたところ、村長が言うには、『村には食べ物がなく、神様にお願いしているにもかかわらず、願いが通じず村は飢餓に苦しんでいる』との事でした。
猟をして暮らすアイヌの人達にとって、食べ物はみな神様から頂くものなのです。

アイヌ伝説

 

 

女神は、兄の大切にしていた柳の木の葉をつんでカゴに詰め、ふくろうの神に川に流してもらいました。
すると、葉の1枚1枚が魚になって泳ぎ始め、人々は、その魚のことを『ススハム』(のちのシシャモ)と呼びました。

アイヌ伝説

 

 

自分の大切にしている柳の葉を取ってしまったことを知った兄は激怒。
悲しみにくれる女神の涙を、魚になったシシャモ達は、そっと口で受け止めたんですと。
でもシシャモが川に来たとこで、村人達は餓えをしのぐ事ができました。

その後、兄の神は、女神が行った事を許し、他の神たちとも強力して村人たちが食べ物に困らないようにしたという事です。

= おわり =

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
PR

 

■ シシャモは世界に北海道の太平洋側だけ

今は、シシャモは人間が養殖して川に放流しています。
1年半ほどは海で暮らし、それからまた川に戻ってきます。
海に戻る習性があるところは、鮭の生涯に似ていますね。

世界でも、北海道の太平洋側にしかいないという珍しいシシャモが食べられるなんてすんごいですよね。
とは言っても、私たち道産子でも、そんなにしょっちゅう食べられる魚ではないけどね。

 

 

■ 『カラフト シシャモ』と『シシャモ』は別のもの

スーパーでよく売られているシシャモは、よく見ると、『カラフト シシャモ』と書いてありませんか?

それは、シシャモじゃなくて『カペリン』という魚です。
カペリンはシシャモによく似ているし、本物のシシャモが多く獲れないなどの理由から、『カラフト シシャモ』って名前にしちゃったらしい。

私はそのことを知らなかったときは『カラフト シシャモ』と『シシャモ』は、同じ魚だと思っていました。
同じように惑わされてしまっている人も多いんじゃないかな?

よーく見ると、ちーっちゃく『カラフト』って文字が付いていますよ。
『カラフトシシャモ

『カラフトシシャモ』は1串200円くらいだけど、『シシャモ』は1000円以上と、ぐんと値段が高い。
知らないお客さんに ”なしてこんなに違うのよ” って思われてしまったら、お店のおじさんが ”ハ〜” っとため息ついて、涙がポロって落ちちゃうかも。
それを見た串に刺さったシシャモは、涙をパクっと受け止めてくれるかな。

シシャモ
<広尾町で食べたシシャモ>

シシャモとカラフトシシャモ(カペリン)の違い

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

Pocket

PR

 

登別(のぼりべつ)温泉と言えば地獄谷。
温泉街から徒歩でたったの10分ほどで行けるのに、そこはもう別世界です。

 

赤い岩肌、あちこちから沸き上がる白いゆげ。
何より、あたりに漂う硫黄の匂いが、温泉に来た気分にさせてくれる。

登別温泉地獄谷

 

 

■ 登別温泉の泉質は9種類もある

登別観光協会のページによると、登別温泉は9種類の泉質があるそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○ 硫黄泉・・温泉独特のあの匂い。白く濁ったお湯。
血管を拡張させるので高血圧、動脈硬化や心臓疾患、脳卒中の予防。殺菌作用で皮膚病に効果!
(登別に来た!と感じるお湯だね。)

 

○ 食塩泉・・保温効果抜群!冷え性に。(女性の見方!)

 

○ 明ばん泉・・皮膚や粘膜を引き締めるので、皮膚疾患や粘膜の炎症、水虫、じんま疹に効果。
(もぐって顔のたるみも引き締めてほしい)

 

○ 芒硝(ぼうしょう)・・高血圧症や外傷、動脈硬化症状に。
(血圧高めの中年にはありがたいお湯ね。)

 

○ 緑ばん泉・・良く温まるので、貧血症や慢性湿疹に。
(冷え性で貧血症の方にはもってこい)

 

○ 鉄泉・・貧血症や慢性湿疹によい。
(タオルが赤っぽくなる事もあるそうです。か弱い貧血女性の見方!)

 

○ ラジウム泉・・神経痛、リウマチ、更年期障害。
(お年寄りの見方ですね。更年期障害に悩む女性も是非お試しを・・私か!)

 

○ 酸性鉄泉・・・・殺菌力が強い。湿疹などによいが、皮膚の弱い人は入浴後に真水で洗い流す方がよい。
(効果がすごそう。試してみる価値あるかも)

 

○ 重曹泉・・・角質層を軟らかくするので、皮膚病、切り傷などに良く、美人になれる。
(湯上がりは美しくなり過ぎて、別人になっちゃうかも)

 

 

 

■ 谷間を流れる白い川

地獄谷の直径は約450m、1日に1万㌧の温泉が泉質が湧出しているそうです。

登別温泉地獄谷

 

 

谷の間を温泉が流れていますね。
近くで見るとこんな感じ。

登別温泉地獄谷

 

 

遊歩道を歩いて行ってみます。

登別温泉地獄谷

 

 

登別温泉地獄谷

 

 

『1861年、火薬の原料として地獄谷から硫黄を採掘していた南部藩の家臣が、ここのお湯で目を洗ったら病気が治った。』って書かれた看板がありました。

 

 

 

■ 本当は、女神が作った地獄谷?

さて、遊歩道をもっと奥へ進みましょう。

登別温泉地獄谷

 

 

登別温泉地獄谷

 

 

登別温泉地獄谷

 

 

突き当たりには、ボコボコとお湯が沸いている小さい温泉がありました。
そこに、東南アジア系のご夫婦とおぼしき二人連れがいて
「○×△■※○・・・」と声をかけられたけど、意味がなーんにもわからないので、ここは挨拶するしかないと思いまして『おはようございます』なんて言ってみました。

 

 

したっけさ、後ろからまた静かに声をかけるので振り向くと、カメラを差し出されました。
あ、写真ね!失礼いたしました。
『では写します、ハーイ(日本語)』パチ!
『もう1枚写しますね(日本語)』パチ!
「サンキュー、サンキュー」

登別温泉地獄谷

 

 

さて、この地獄谷を作ったのは、女神様という言い伝えがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔々、登別という所に、きれいな女の赤ちゃんが産まれました。
娘は成長するにしたがって、どんどん美しくなって、人々の評判になりました。
ところが、少女になった頃、娘は原因不明の皮膚病に侵されてしまい、どんどん見にくい姿になっていったのです。
そしてある日、とうとう娘は村から姿を消してしまいました。
人々は、『みにくくなった自分を悲観したんだろう』と噂しました。

ところが真相は、そうではありませんでした。
実は、神様が美しいこの娘を妻にしたくて、年頃になるまで、わざと見にくくしておいたのです。
神様も、ちょっとずっこい事をしちゃうんだね。

 

 

 

妻になった娘はやがて、6人の娘を産みました。
その内の5人は北海道の岬の女神になり、長女は、母が皮膚病で苦しんでいた事を知り、同じ苦しみを持つ多くの人の為にと、登別に皮膚病によく効く温泉を出して、そこの神様になりました。
こうして、登別温泉ができたのでした。

 

 

妻にしたいと娘を見にくくした神様は身勝手だね。
だけど、長女が人間の役に立ちたいと思ったのは、母の病の苦しみ知っていたからこそですね。
不自由や苦しみのない生活からは、何も産まれないのかもしれません。

登別温泉のシンボルは地獄谷の『鬼』だけど、女神様の作った谷の温泉と考えたなら、自分も入って更なる美人になりたいわ・・・なんて思っちゃうさ。

160926jigokudani-6556.png

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket