Pocket

いつだったかNHKの番組 ”ひるブラ” でやっていたんですけど、川の中のカニの形をした露天風呂で子ども達が楽しそうにしていた場面をみました。
なーんていい所なんだ。
そこは大分県竹田市にある長湯温泉の『ガニ湯』でした。

PR



 

長湯温泉は花王バブよりすごい炭酸泉

長湯温泉は、日本一の炭酸泉で有名な所だそうです。
入浴剤のバブってあるっしょ、泡のブクブク出るやつね。
それの天然バージョンなんですって。

 

炭酸ガスの泡が皮膚から浸透して血行を良くし、疲れを癒す。
長湯温泉の炭酸ガス濃度は、花王のバブのなんと7倍なんですと。
心筋梗塞をやった旦那さんは、この高濃度炭酸ガスの温泉に、以前からとても興味があったようでした。

 

ガニ湯はワイルドで開放的な温泉

それでね、この『ガニ湯』なんですけど、温泉施設があるわけではないんだけれど長湯温泉のお湯が川から湧いています。
ここの露天風呂は、昔から、地域の人達に親しまれてきたそうです。
長湯温泉のお湯につかるまえに、この『ガニ湯』に寄ってみたかったんです。

ガニ湯

 

 

おお!あったあったガニ湯。
ガニ湯へ行くには、道路の反対側にある『ガニ湯入り口』という看板から降りて道路の下をくぐると行く事ができました。

ガニ湯

 

ガニ湯

 

なんと、道路の下が脱衣所になっている。

ガニ湯

 

そこに、海パンをはいているお兄さんとすれ違いました。
両腕を組み、肩を振るわせながら、「お~~さむ!!」とつま先立ちで駆け上がっていきました。
ガニ湯に入ったんだね。
どんなお風呂かな〜〜

 

ガニ湯

 

ガニ湯のお湯の大きさは三畳間くらいでしょうか。
お湯は、濁った緑色をしています。
お風呂の内側には長い年月を思わせる湯の花が波のように付いていました。

 

ガニ湯

 

 

石でできたカニの口もとから温泉が出ています。
それがさ、このお湯の出方がまたカニらしい。
お湯がドバドバ出ているんじゃなくて、ボコボコ・・・・・・ボコボコ・・・・ボコボコ・・と、まさにカニ。
でも昔は石の間から自然とボコボコと湧いていたそうですよ。

 

 

どんなあんばいかな〜〜手を入れてみる。
ぬるいっしょ!
暖かめの温水ブールくらい??
このお湯に、さっきの若者が入っていたのか。
そりゃ寒いわ。

ガニ湯

 

ガニ湯

 

ガニ湯がいつもこの温度だとしたら、この季節に暖まるといのはちょっとムリ。
だからテレビでは、子ども達が海パンで遊んでいたのかも。
夏なら、最高だね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

= 切ないガニ伝説 =

ガニ湯には『ガニ伝説』というものがあるそうで、それがまたイケてる。
むかしむかし、長湯温泉を流れる川にガニが住んでいたんだと。
ガニは、村の色白の娘に恋をした。
そして、自分が人間になって、娘を嫁にしたいと思うようになった。

そんなガニの気持ちを知ったあるお寺の僧が言った。
「寺の鐘を百回聞けば、人間に生まれ変われるであろう」
それを知ったガニが喜んだことは言うまでもない。

そこで、娘が湯をあびに来た時に、僧が鐘を突き始めた。
ガニは、川の中で心を踊らせながら、鐘の音を数えていたにちがいないね。

そしたらさ、鐘を突いていた僧も、娘のあまりの美しさに一目惚れ。
ガニを人間にしてやるのが惜しくなった。
僧は鐘を九十九まで突いたところで言った「ウッシッシ 娘はオレがもらう」(ウッシッシとは言わなかったかもしれないけど)。

ガガ〜〜〜〜ン
なんちゅう僧侶じゃ。

そして、僧が娘に近づいたとたん、いきなり空が雲で覆われたかと思う雨が降り出し、ダダーン! と、僧とガニの上に雷が落ちた。

 

しばらくして川の水が引くと、ガニの形をした大きな岩が現れ、無数の泡の湯が湧きだしていた。
以来人々はそこをガニ湯と呼ぶそうになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美しい人間の娘を嫁にする事はできなかったけど、村人たちにはこれかもずっと愛され続けるガニ湯になったことは間違いないですね。

= ガニ湯 案内 =
営業時間=24時間
定休日=無休
利用料金=無料
駐車場=とくになし・・でも近くに止められた

 

ガニ湯 map

そして、車はサイダーのような長湯温泉(ラムネ温泉)へ。

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

Pocket

札幌の日中の気温は、最高で午後1時ころのプラス3.3度でしたが、今朝8時の気温はマイナス5,3度だったそうです。
今夜もシバれそうですよ。

 

この町、札幌の手稲には『星置』という地域があって、そこに流れる川の名前も星置川。
小学生の頃、何度も遊んだこの星置川にも、不思議なお話があるそうなので、ご紹介します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それはむかしむかしの、ある夜のことでございます。
空から、一筋の光線を描いて、流れ星が川めがけて落ちてきました。
その衝撃は凄まじく、地面は陥没、川には大きなくぼみができてしまったもので、その落差が滝になってしまいました。
このころから、人々はこの川のことを『星置川』、衝撃でできた滝を『星置の滝』と呼ぶようになったのです。

さて、明治25年1月13日はものすごく寒い日で、星置川は一面 氷に覆われてしまいました。
その日の午後1時頃のことでした。
急に川の氷が割れたかと思うと、2匹の黒い大蛇がニョキっと顔を出しました。
ヘビ達は氷から這い上がるやいなや、急いで海の方向へと行ってしまいました。

 

 

その様子を間近で見ていた星置の人達は、ヘビたちのあまりの大きさに仰天!
大蛇の全長は5、6メートルはあり、胴回りは33センチ以上あったと言います。

え、そんなに?!
ま、とにかく、大蛇だったのです。
人々は『あのヘビ達はきっと滝の沢の主に違い』ないと言い、星置の滝の傍に祠(ほこら)を建てました。

 

するとそこに、今度は白いヘビが住み着くようになりました。
白ヘビはそれからしらばくの間は住んでいたそうですが、それからはしだいに人々の記憶から消えていったとさ。

おわり 『稲穂・金山 よもやま話 第三集』に出ていたお話より。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大スペクタクルな流れ星衝突のお話といい、胴回り33センチ以上の大蛇といい・・・・・
なななんとも感想に困る地元民でございます。

 
なぜ『33センチ以上』などいう、細かくて鋭い数字がでてきたのでしょうか。
きっとね、昔はセンチではなく尺貫法。
1尺(約30.30cm)という単位が、たとえになりやすいので
『1尺以上はあったんでないかい!』っていう長さが、この数字になったのかもしれないですね。

 

人々にとって、自然は神秘的であったり恐怖であったりするがゆえに、想像力がかき立てられ、不思議な世界へといざなわれていくのかもしれません。
キラリと見えた流れ星が星置川に落ちるように見えたのかもしれないし、氷の割れめから顔を出したウナギのようなカラスヘビかアオダイショウが、恐怖におののく人の目には胴体が1尺以上の大蛇に見えたのかもしれない。

 

さらに意地悪な考え方をすると、『逃がした魚はおおきかった』的な話の流れが、いつしか雪だるまのように大きくなって、隕石の衝突にまで発展したのかもしれません。

 

そんな人間達のザワザワをよそに、星置の滝はいつもと変わらない姿を見せているはずです。
でも私は密かに願っている。
いつしかこの滝のあたりで、隕石のぶつかった痕跡が見つかるかもしれないということを。

星置の滝

星置の滝、その他のようすはこちらで

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket