Pocket

カワウソ

PR



先日、対馬でカワウソが発見されましたね。
2月にツシマヤマネコの調査のために設置していたカメラに偶然にも姿が写り、糞を調べたらなんと、2匹はいるらしいことがわかったそうです。
絶滅したと思われていた『ニホンカワウソ』だといいですね。

 

 

■北海道にもいたニホンカワウソ

 

ニホンカワウソは、昔は日本のあちこちに住んでいたんですと。
対馬から遠く離れた北海道にも、沢山いたという話しを聞いたことがあります。

今から28年ほど前の1989年6月に、車で跳ねられたと見られるカワウソの死体が見つかりました。
もしかしたら「ニホンカワウソ」かも!!

 

「ニホンカワウソ」の特徴、頭から鼻に伸びる線が短く、尾っぽの付け根から太い三角形だそう。
そこでよくよく調べてみたら、どーも人に飼われていたカワウソでないかい?という結果になったそうです。

 

■ 北海道に残っているカワウソの話し

北海道に残るカワウソの昔話をご紹介しますね。

昔、空知川のそばの芦別という所に一軒の農家がありました。
ある夜、外で女の人が泣く声が聞こえるので、農家の人は不思議に思いました。
こんな夜にいったい誰が泣いているんだべ?
その声が毎晩聞こえるようになったもので、川辺に行ってみる事にしました。

すると、川辺の石の上に、長い髪を洗っている見知らぬ美しい女の人がいるじゃあないですか。
どうしたんだ?こんな夜に・・・・
女の人は洗った髪を結うと、いつのまにか消えてしまいました。

 

 

あれ、どこ行った?農家の人がキョロキョロしていると、今度はその石の上にカワウソが姿を現し、鳴き始めました。
ありゃ、この声は毎晩聞こえてくる、あの鳴き声だべさ。

 

人が泣くような声を出していたのはカワウソだったのです。
するとそこに、もう一匹のカワウソが現れました。
二匹は楽しそうに川辺で遊んでいるうちに、川の中に姿を消しました。
さっきの女の人、もしかしたらカワウソが人間に化けてたのか??

 

その話を聞いた知り合いの人が言いました。
「ああ、そのカワウソは昔ここに住んでいた若い夫婦かもしれないって話しだ。
それと言うのもよ、旦那がこの川で死んじまったのよ。若妻はそうとう悲しかったんだべな。旦那の後を追って、川に身を投げたんだと。
そのころからさ、大きなカワウソが姿を見せるようになったのは。
だからあのカワウソは、きっとその若い婦夫さ、みんな噂してるよ」


今でもどこかで、ニホンカワウソが暮らしていてほしいなあ〜。

 


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

2

Pocket

PR




うわあ〜、こんな大きな牡蠣は初めて見た!
私の手のひらがすっぽり隠れてしまいそうな大きさです。

 

鳥取県の皆生(かいけ)漁港から来たという『夏輝』(なつき)というブランドの天然岩ガキを、お裾分けして頂きました。
中国山地の養分をたっぷり含んだ川の水が海に注がれ、その豊かな海で『夏輝』は育てられているんですね。

 

 

 

さっそく酒蒸しにしてみました。
旦那さんが牡蠣の殻こじ開け作戦を開始。
ここか? カチャカチャ・・・
こっちか? カチャカチャ・・・・
素人目には、殻の合わさった部分が、なかなかわからない貝あります。
貝殻はゴツゴツしてて、軍手をはめていないと誤ってケガをしそう。
仕方ない、ペンチでちょびっと殻を割っちゃおう。
旦那さんが殻の先の方をバリっと割る。
私は横で、口をヘの字にて見る。
旦那さんがグググーっと貝殻を開く。
私も、おお〜〜!!と言わさる。
熱を通したので牡蠣は少し縮こまったけど、それでもこんだけ大きいよ。

 

 

レモンをかけて、テレビでよく見るシーンのようにペロンモグモグ・・なんてもったいない!
半分ずつ食べて、2度、味を楽しむ貧乏性でございます。
その美味しさはもう、ご想像通り。

鳥取の岩牡蠣 夏輝

 

鳥取からわざわざ北海道の我が家に来てくれた 『夏輝』(なつき)ちゃんに会って、もっと鳥取のことが知りたくなりました。

PCで検索、鳥取県・・・・・
ポチポチ・・白兎神社・・・そうか 因幡の白うさぎの神話がある所だったのか。
なになに、水木しげるロード!妖怪神社!ゲゲゲの妖怪楽園!ああ、知ってる知ってる、テレビでよく見る!
江島大橋・・こ、これも写真か何かで見たことある! あのすんごい坂の道路でしょ!、登ってみたい!
三佛寺投入堂・・・こんな険しい場所によく作ったもんだ。
私は鳥取県と聞いて、すぐには鳥取砂丘しか思い浮かびませんでした。(鳥取県の方すみません)鳥取の岩牡蠣 夏輝そうそう、たしか、全国で初めて手話条例ができた所が鳥取県ですよね(手話の先生に教わりました)。
それから北海道の釧路市に行くと『鳥取』っていう所があります。そこは鳥取県の人が移住して開拓をした所だそうです。

1つのきっかけから、世界が少し広くなるかも。
なつきちゃん、私は行ってみたくなりましたよ鳥取に。


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

6

Pocket

ピンポ~ン。家のインターホンが鳴りました。

 

” ガヤガヤ・・・・ みなさ〜ん、ここが最後のおうちで〜す ”
来た来た、浴衣姿が可愛らしい女の子から、ベビーカーに乗った赤ちゃんまで。
今日は、町内で復活した行事 ” ろうそく出せ ” です。
” ろうそく出せ ” は、子ども達が家々を回ってお菓子をもらって回る習慣です。
当日集まった子ども達は26人だそうで、保護者の数まで合わせると総勢40人にもなるんでない?

 

 

玄関にでると、子供会のお母さんが言いました。
”みなさ〜ん、いっしょうけんめい歌いましょう~! ”
本来なら、” ろうそくだせ ” は、外で歌って家の中にいる人に知らせる意味があったのですが、今は、家人が外に出てから始まるのね。
私は子ども達の歌声を独り占めで聞く、なんとも贅沢な観客です。

 

 ろーそくだーせーだーせーよお〜〜 ♩
うわあ、予想以上の凄まじさ。
幼稚園の たんぽぽ組 ひとつくらいの人数が、私の目の前1mから大合唱。
授業参観でもなかった至近距離だわ。

 

だーさーないとひっかくぞぉ〜! 
子ども達の大音響に、私のタレぎみのほっぺたが小刻みに震えた気がする。
去年よりも体が大きくなった分、声も大きくなったのかな?

 

おーまーけーにー くいつくぞぇ~   ピタッ!
ほっ・・・・ハイ、ご苦労様。
お菓子をどうぞ・・・・・
「ありがとうございます!」はいどうぞ。
「ありがとう!」はいどうぞ。
「どうも、ありがと」はいどうぞ・・・・・・

 

子ども達は、可愛い浴衣を着ている子が何人もいました。
でも、目についたのが、子ども達が持っている可愛いいちょうちん。
小紋柄だったり、カラフルな縦模様だったり。

私が子どもの頃はみんな同じ模様だったよなあ。
でも探してみたら、昔と同じような提灯がありました。
これこれ!→

ちょうちんの中にロウソクを灯して、上部についている針金の部分に割り箸みたいな棒を付けて持ちます。
この棒がね、なしてか緑色だったっけ。
嬉しくてね、つい、ゆさゆさ振りながら歩くっしょ。そのうち提灯に火が移ってボワ〜〜〜っと燃えて、おしまい。
悲しかったけど、今思えば危ないことしてたよね。
でも、それで、火は危ないもんだって覚えたのかも。

したっけさ、今や子どもちょうちんはLEDライト。
デザインも、キティちゃんだったり→
アンパンマンだったり→ してるのね。
”ろーそくだせ” の大合唱で、家ごと ” みそぎ ” を受けたみたい。
なんかいいこと、あるかしら。


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

Pocket

PR



今年も ”ろうそくだせ ”の季節がやってきました。
今年は、27人もの子ども達が我が家にやってくるんだと。

 
いつごろからかは知らないけれど、札幌は8月7日の七夕の夜になると、子ども達が近所の家々の玄関先で♩ろうそくだーせ ー♩って歌を歌い、おやつをもらうという習慣がありました。
私が子どもの頃も、友達や兄弟で回ったんですよ。ハロウィンに似ているっしょ。

 

でも、今では人々の生活が変わりましたね。
昔は小さな町内単位でしたから、近所の人はみんな顔見知り。
でも今は、夜に子どもたちだけで知らない家々を回るなんてありえない。
” ろうそくだせ ”のことを知らないお宅は多いでしょうし、それならまだしも、怪しいおっさんが出てきてさ
『お嬢ちゃん、おじちゃんの家に入らないかい・・・ヒッヒッヒ』てなことにでもなったら大変!!

 

そんなワケで、北海道でも ” ろうそくだせ ”の習慣が残る地域は少なくなり、このあたりもすっかり消えてしまいました。
ところが、方法を見直して数年前から子供会で復活。
あの懐かしい歌を、子ども達が歌うようになりました。

 

町内の子供会で行なう ” ろうそくだせ ” の方法は
○ 子ども達は、子供会の保護者と一緒に回る。
○ 回る家々は、あらかじめ回覧板などで協力してくれるお宅を募って決めておく。
○ 協力する家は、子供会で決めた金額分のおやつを用意して待つ。(今回はひとり50円分)
○ 子どもたちは協力宅の玄関先で大きな声で ♩ ろうそくだーせ ーだーせーよ〜〜〜♩  と大きな声で歌を歌い、おやつをもらう。

 

午前中に西友に行って袋菓子を買い、それをバラして袋に詰め替えました。
ハイ、できあがり、準備万端。
今年の ” ろうそくだせ ” はね、7日にこだわらない日曜日、明日の夜にやってきます。

 

お菓子


北海道ランキング

スポンサーPR



Pocket

Pocket

先日、内地からのお客様が来たときに、そばつゆで出したのがこの『めんみ』。

めんみ

以前、内地から嫁いできた人が、「北海道に来て美味しいって思ったのが『めんみ』」って言っていたのを思い出したもので、あえて『めんみ』を用意してみました。
『めんみ』はキッコーマンから販売されている、濃縮タイプのそばつゆです。
もう随分まえから使われている道民のお墨付きみたいな存在。
北海道限定で販売されていたんて、大人になるまで、ちーとも知らなかった。
今では色んなそばつゆがあるけれど、『めんみ』は今も健在です。

 

 

おそばを茹でて、お客様には何も言わずに『めんみ』を薄めて出しました。
したっけさ、
「ぽぷらちゃん、このつゆ、美味しいね、なんちゅうの?」とおばちゃんが聞いてきました。
おお!やっぱし?!
初めての味に、お客様の女性軍団は盛り上がりました。

 

 

「これ、お土産に買っていきたわ」
なるほど!主婦にとって めんつゆ は必需品だもね。
『めんみ』は確かに、本州へのお土産にはいいかもしれない!!

 

 

ということで、みんなでスーパーに買い出し。
棚にズラリと並んでいた『めんみ(360m)』を12本全部と、お徳用サイズ(1.8L)2本をお買い上げ。
『めんみ』たちは津軽海峡を渡って行きました。
今頃は、「北海道の味だよ〜」なんて言われながら、おソバにチョイチョイと使われているのかな。
キッコーマンめんみ >>

人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



Pocket