Pocket

セイヨウオオマルハナバチが、花の外側からストローをブスっと刺して蜜を吸い取っちゃってる現場を目撃!

 

 

花から花へ、ブ〜〜ンと大きな羽音をたてて蜜を集めているオオハナマルバチがいました。
体の大きさはソラ豆くらいでしょうか。
最近、北海道では、このセイヨウオオマルハナバチが勢力を増し、もともと北海道に住んでいるエゾオオマルハナバチを脅かしているそうで、『特定外来種』に指定されて駆除の対象になっています。

 

セイヨウオオハナマルバチ
見た目も姿も似ているのに、どーして駆除の対象になっているのかというと、大きな違いは蜜を吸うストローの長さが、色々と影響しているからです。
エゾオオマルハナバチの
ストローは長いので、花に入り込んで蜜を吸うことができる。
そのとき、蜜と一緒に花粉をいっぱい体に付けて運びます。

 

ところがセイヨウオオマルハナバチは、ストローが短いので花の奥までストローを入れられない。
えーい、それじゃあと、容赦なく外側からブスッとストローを差し込んじゃう。
花は、穴を開けられたうえに、花粉は運んでもらえないし蜜は取られちゃう(盗蜜)。
踏んだり蹴ったりですね。

 

セイヨウオオマルハナバチは、蜜を作らないトマトの花でも受粉してくれるハチなので、トマトのハウス栽培のために輸入されたのが始まりだそうです。
ところが、そのうちハウスから逃げ出すハチが現れました。
彼らだって、美味しい蜜のある花の方がいいに決まってるもね。
ストローが届かない花はブスッと刺しちゃう方法で蜜を取る。
逃げ出したセイヨウオオマルハナバチはどんどん増え、ついに「特定外来生物」に指定されたというわけです。

 

両者のハチの見分け方はお尻を見ると、素人の私でもわかりますよ。
エゾオオマルハナバチのお尻は茶色、セイヨウオオマルハナバチのお尻は、ほぼ真っ白です。
こちらは、お尻が茶色だからエゾオオマルハナバチね。
花に穴は開いていないね。

エゾオオハナマルバチ

 

 

こちらがセイヨウオオマルハナバチ。
エンゴサクの花に穴をあけて、外から蜜を吸っています。

セイヨウオオハナマルバチ

あらま、ボツボツと穴だらけ!
エンゴサクが、なんだか痛々しい。

セイヨウオオハナマルバチ

さらに敵もさるもの。
最近は、セイヨウオオマルハナバチとエゾオオマルハナバチは、お互いの違いを乗り越えて結婚するものが現れたそうです!
ここでも、結婚の多様化が進んでいるのね・・・
「特定外来生物」というと、特別な生き物のような感じがするけれど、こんな身近にもジワリジワリと迫ってきているのでした。


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



Pocket

Pocket

PR




今日、桜前線は津軽海峡を越え、ついに北海道に上陸したそうです。
札幌までも、もう少しね。
林の中にも、遅い春がやってきました。
一見すると枯れ葉のジュータンですが、その下では、新芽がひしめき合っているようです。

林

これはエンレイソウが頭をもたげているところ。
エンレイソウ

幸運にも、日のあたる場所を陣地にもてたエンレイソウは、すでにつぼみを抱えていました。
エンレイソウ

ヤマエンゴサクは、これからが見頃。
ひとつひとつの花をよく見ると、下の花から開いていくようですね。
紫色の花びらのようなものは、実は花びらじゃなく、(ほう)と言って、つぼみを包んでいた葉だそうです。
花はというと、の中に見える白いものということになりますね。
ほう・・・・・・

ヤマエンゴサク

 

エンゴサクにはヤマエンゴサクとエゾエンゴサクがあるけれど、これはたぶんヤマエンゴサク。
その特徴と見分け方は、の部分にあるそうです。
の先に切れ込みがあるものがヤマエンゴサク、ないものがエゾエンゴサクだそうです。
今日は、どのエンゴサクを見ても、みんな切れ込みがあるヤマエンゴサクでした。
エゾエンゴサクは、この林には咲かないのか、それともあとから咲くのかな。


カタクリの花にもつぼみ!
カタクリは、8年かかって花が咲くそうです。
キミもやっと咲けるんですね。
カタクリ
華やかな黄色のナニワズ。
雪の下にいるうちに、早くもつぼみを付ける春一番のりの花。

ナニワズ

 

ネコヤナギ??

 

コブシの花も満開。
コブシ
桜の花が咲くまえに、林も一花、咲かせちゃう。

 

人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



Pocket

4

Pocket

長女は、4月に里帰りをして、お産をする予定です。
時々実家に戻る彼女を見ていると、自分の頃に比べて随分と世の中も変わったもんだと思い知らされます。

 

まず、産科の待合室にはご主人と来ている妊婦さんが、あんがい多い。
上の子の世話をしてくれたり、診察室にも入って先生の話を一緒に聞いているようです。
ウチの旦那さんは一度もなかったわ。昔だから責めはしないけどさ。
今ではお産に対する考え方が変わってきたんだね。
優しい男性が増えました。

 

それから、お腹の赤ちゃんが順調に育ってくると母親がもらう母子手帳ってあるっしょ。
今は父子手帳もあるんですって。
その父子手帳を見せてもらったら『○ヶ月のときの赤ちゃんは、約○○グラムです』なんていう赤ちゃんの様子や、
『そろそろ安定してくるころですので、温泉などでリラックスできる外出もよいでしょう』など、母体をいたわる内容も書かれていました。
出産は、もう女だけの仕事ではなくなったんですね。

 

今日は長女に付き添って病院へ行ってきました。
診察が終わって帰るのかと思いきや、
「お母さん、今日は分娩室の見学と説明があるから一緒に見に行こう」って言うんです。
なに、分娩室の見学??そんなのがあるんかい。

 

分娩室なんか見学してどうすんだべ。
遠い昔、自分がお産をしたときの事が思い出されました。
陣痛がきて、絶えて絶えて、生まれる寸前になると分娩台に移動したっけ。
金属の医療器具が生々しく置いてあるような分娩室を想像しながら、長女の後をすごすごついて行きました。

 

大きなデザインガラスの自動ドアが開くと、明るくて落ち付いたフロアがありました。
そこに係の女性がやってきて、「どうぞ、こちらが分娩室ですよ」と案内してくれます。
廊下には、木目の大きなドアのついた部屋がいくつか並んでいて、ドアを開けると、そこはまるで応接室?
静かな音楽が流れていて、中央にあるベッドは優しいピンク色。
陣痛から分娩まで、希望さえすれば家族と一緒に過ごしながらお産ができるんです。
昔の、あの室内の様子からは遠く及ばない最近の医療施設に、私の方がびっくりしちゃいました。

 

この病院では、お産のあとの5日間の入院も、希望すれば落ち着いた個室で過ごすこともできます。
案内の女性が、
「今何週目ですか?そうですか!じゃあお待ちしていますね」と、長女と楽しそうに会話をしながら歩いています。
お産に限ったことではありませんが、周囲の環境や雰囲気が及ぼす精神的な影響も、医療にとっては大切ですね。

 

長女の話によると、友人の○○ちゃんは、家族で泊まることができる病院でお産をしたそうです。
住んでいる所は病院から遠く、二人目のお産ともなると、家にご主人と小さな子を残していくのは心配。
でも家族が一緒だと、母親も小さなお姉ちゃんも、もちろん、ご主人も安心だもね。

 

北海道には産科のない町がいくつもあります。
女性達が安心してお産ができる仕組みがないと、地方の過疎化は止まらないのかもしれない。
お見合いツアーばかりにまどわされるほど、女性達はけっして甘くないのだよ。

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

2

Pocket

PR


札幌地下街オーロラタウンにある『きたキッチン』は、札幌にいながらにして北海道各地の食材や加工品などが買えるお店です。
よく観光地にある『○○にいってきました!』みたいなお土産とはちょっと違う。
食材を送り出してくれた生産者さんの顔が見えるようなアンテナショップです。

じっくり商品を見ていると、広い北海道を、ちょっっぴり旅すた気分になれる。
だからついつい、近くを通るたびに足が向いちゃいます。

 

店内をウロウロ見ていると、目に飛び込んできたのが、シンプルで可愛いデザインの、ひときわ大きなボトルに入ったチーズ。
思わず手にとってみました。
『月のチーズフレッシュフロマージュブラン毎日サイズ』
作っているのは滝上(たきのうえ)の工房です。

 

滝上から来たんだ・・・
北海道のオホーツク海側で、5月から6月にかけて、山一面に芝桜が咲く公園のある場所だよね。
一面ピンク色に染まった公園を、一度は見てみたいなあ・・・・・

 

滝上の地図

 

なになに、フレッシュフロマージュブランとは、フランス語で『白いチーズ』を意味します・・・か。
フランス語はまどろっこしいな。
乳酸発酵しただけのフレッシュチーズ・・・・ヨーグルトに似ていますが酸味がまろやか・・・・
フランスではお砂糖をかけて朝食などに食べられている・・・・か。
なるほど、ヨーグルトっぽいチーズなんだね。
え、脂肪分0(ゼロ)%!!
おまけにこんなに大きいボトルでお値段おてごろ765円。・・・・そそられる・・
たまには自分にご褒美だべさ、買ってこ!

 

月のチーズフレッシュフロマージュブラン

 

 

 

『オホーツクの地域ブランド応援サイト いいものオホーツク』
で、その他の月のチーズが紹介されています。
2007年2月に誕生した、比較的新しい工房の商品だそうです。
ヨーグルト感覚で毎日でも食べられるように、大きなボトルタイプも登場したそうです。

 

さて、どんな味なのか・・・・最近マイブームになってるフルグラと一緒に食べてみよう。
まずはボトルからスプーンですくってみると・・・・
おお、プレーンヨーグルトのような、なめらかで柔らかい感触です。

味は・・・・ん〜〜、ヨーグルトっぽいチーズ!(当たり前だけど)
脂肪分0%なのに、ふだん食べているプレーンヨーグルトよりも、グっとコクと深みがあります。
なんか、すっごい贅沢している気分です。

ジャムを合わせて食べたり、野菜サラダに合わせても、きっと美味しいに違いないね。
月のチーズフレッシュフロマージュブラン

私たちは普段、生活の中では多くの食材や加工品に囲まれてはいるものの、スーパーなどで売られている商品は、その中のほんの一部でしかないということがよくわかります。
実際は、もっと沢山の生産者の方々がいて、それ以上の数の創意工夫した食材や加工品があるという事ですね。

 

道産食品の『きたキッチン』には、北海道をプチ旅行したような出会いがある、ちょっとわくわくするお店です。
道外の方なら、もっと面白いかも。

場所は、札幌地下街オーロラタウンの、ほぼ端っこ。
丸井今井札幌本店の地下からでも入れるし、テレビ塔から地下街に入っても近いですよ。

『月のチーズフレッシュフロマージュブラン毎日サイズ』は765円 (税込)!
道産食品の『きたキッチン』のサイトはこちら

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

Pocket

テレビで、大きなワニがのっそのっそと人間の前を歩いている映像を見ました。
怖いね〜、もしいきなり方向転換してこっちに突進してきたらどーするんだべね。

 

あ、そういえば昨年、私も2匹の大トカゲを見た事を思い出しましたよ。
それは室蘭に行ったときでした。
足元のコンクリートの上に、クネっと動くものが目に入りました。
よく日が当たっていたので、暖まりやすいコンクリートの上で日なたぼっこをしていたのかもしれないね。

その大トカゲは、いきなり人間とはち合わせしたもので、先に気付いた一匹は慌ててコンクリートの割れ目に飛び込んでいきました。
こっちだって慌てさ。

 

そしたらもう一匹も、ハタと気付いたんだべね。
まるで怖いお兄さんのように、肩と両腕をクネクネッとすんごいスピードで動かして行っちゃった。
こんな形の生き物を動物園以外で見るのはせいぜいカナチョロくらいだもんだから、ビビちゃったもね。

 

 

で、その大トカゲってどのくらいの大きさかって???
えーとね、確か、頭が大きくて、胴体からシッポまで入れると40センチ?・・・30センチくらいだったかな?・・・20センチくらいだったかも・・・
そうそう、たしかびっくりして固まっちゃった時に写した写真がありましたよ・・・・。
PR

 

 

ニホントカゲ

 

 

ニホントカゲ

 

 

ニホントカゲ

 

 

■ ヒガシニホントカゲ

全体が薄茶色。
ヘビみたいなウロコでツヤツヤしてる。
目の横から濃い茶色の線が1本スーっと通っています。

 

『ウィキペディアによると、
日当たりの良い斜面などに生息し、特に礫(れき)の多い場所や、墓地や石垣といった場所が好き。冬季になると日当たりの良い斜面の地中や石垣等で冬眠する。』
だそうです。
だからコンクリートの割れ目にいたんだね。
飼育がしやすいこともあって、人気の爬虫類。
ペットショップで売られている事もあるそうです。

 

よくよく写真を見ると、シッポまで入れても、体長はせいぜい25センチくらいだったかもね。
大トカゲに見えたんだけどなあ。
話になると、つい大きくなっちゃうのでございました。スンマセン。

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket