2

「豆パンてあるべや」旦那さんが言いました。
『豆パン?!それがどしたの?』

 

「知ってたか?豆パンてな、北海道だけなんだとよ。テレビでやってたわ」
『ええ〜!ウッソほんと〜』わけのわからない答えになった。
私は今まで、豆パンは全国共通とばっかり思ってました。

 

豆パンは、『金時豆の甘納豆』を混ぜ込んだパンです。
アンパンと同じような丸い形で、甘納豆はそのままコロンコロンと入っていて、外から見てもデコボコと甘納豆が見えるので、すぐ豆パンとわかる。

パンメーカーの大手、山崎製パンでも、もちろん『豆パン』を作ってる。
だからコンビニやスーパーには必ずあります。
北海道ではアンパン、ジャムパン、クリームパン、豆パン・・・と、堂々と肩を並べてる。豆パンはそれくらい、北海道では普通のパンです。

 

北海道のテレビ番組 ”どさんこワイド” によると、豆パンは1940年(昭和15年)に北海道帝国大学(今の北大)農学部の教授らからの提案によって、ロバパン(北海道では老舗のパンのメーカー)が共同で開発したのが始まりだそうです。
それがね、山崎製パンでも今年の3月から全国発売しているそうですよ。

 

 

豆パン、食べたくなったね!
私が好きな豆パンは、セイコーマートのやわらかーい『しっとり豆パン』。
婆ちゃんが入院しているときに、「うんまい うんまい」って食べた豆パンです。

大きな甘納豆は噛みごたえがあって、しっとりふわふわのパン生地とのコントラストがいい感じ。
豆も沢山入っているから腹持ちもいい。

豆パン
豆パン

 

そういえば、豆の生産が日本で一番多いのが北海道だったもね。
北海道に住んでいるのだから、もっと沢山、美味しいお豆を食べなくっちゃ。
全国の皆さんにも豆パンの美味しさが伝わりますように、ヤマザキさん、頼みますよ〜。

豆パン


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



遊歩道を歩いていると、まるで雪でも降ったかのように、白いものがいっぱい落ちています。
小さな花びらのようだけど・・・

 

ナナカマド

 

ナナカマド

 

見上げると・・・おおナナカマド!
ナナカマドの花びらの白い道・・・・いいねいいねムードあるわあ。

 

ナナカマド
林の中をゆっくり歩けば聞こえてきます。
ミ〜ンミ〜ン  セミの合唱、始まったなあ・・・
目の前をスーっと飛んで来たのはトンボ・・・トンボ?
もうトンボってかい??
これはシオヤトンボっていうトンボのメスのようで、4月〜7月ころにかけて見る事ができるそうです。
トンボと言えば、夏から秋にかけて現れると思っていたのは間違いでしたね。

シオヤトンボのメス

 

 

ナナカマドは涼しい所が好きだそうで、本州では標高の高いところで見られるそうですが、北海道では街路樹としてもあちこちで見られます。
燃えにくいナナカマドの花言葉は『あなたを見守る』『慎重』だそうだから、街路樹にはうってつけ!
そのせいか、北海道の市町村では『市町村の木』にしているところがいっぱい。
旭川市、江別市、室蘭市、苫小牧市、稚内市、砂川市、白糠町、利尻富士町、三笠市などなど、他にも多数ありました。

ナナカマド

 

ナナカマド
もうこうなったら北海道の木にしちゃってもいいんでないかい?
ナナカマドは、それくらい、北海道では親しまれている木なんですね。
明日から6月。
ナナカマドの花が終わって実を付ける準備を始めると、北海道にもそろそろ初夏がやってくるってことだべね。


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



婆ちゃんの納骨を済ませました。お墓は札幌にあります。
昨日は朝から雨が降ったり止んだりだったもので、旦那さんが草刈りをしたお墓までの踏み分け道も、足元が所々ぬかるほどでした。
濡れた石段はピカピカ光って、滑らないようにと まだら模様をこんなにしっかり見たのは初めてかもしれないです。

 

遠くから運動会の放送が聞こえてきました。
そうか運動会やってるんだ。
雨で一日延期になっていたんだもね。きっとグラウンドも濡れて大変だべね・・・・・・
”12時に僧侶がお墓に到着する前には、お墓の中に骨を納めておいて下さい”
とのお寺からのお話で、身内や親戚の叔母さまたちが集まったのが11時半を過ぎた頃。
石屋さんが墓石の中央の石をずらすと中は土間の空洞になっていて、手前には、爺ちゃんと思われる白い骨がありました。
準備ができたところで、石屋さんが白い ”さらし” でできた幅広の納骨袋を広げました。
「両端を持っていただけますか?」
はい・・
旦那さんと私が袋の両端を持って広げると、その中に石屋さんが骨を移しました。
それから袋の出口をクルクルと折り畳んでから白いベルト状のひもを袋の底から上げて上でしばります。
「結び方は自由ですので結んで下さい。袋は ”さらし” でできているので、半年もすれば自然に返りはじめると思います」

 

 

私が蝶々結びにしたあと、”さらし” の袋に入った婆ちゃんは、爺ちゃんの奥に置かれました。
この時、骨箱に一緒に入っていた『血脈(”けちみゃく”と読むそうです)』と書かれた書き物も一緒に入れました。
(骨箱には他に埋葬許可書も入っていて、後日、役所に提出)
『血脈』とは、” 仏様から弟子、そのまた弟子へと受け次がれてきた証 ” という意味のもだそうです。

 

 

納骨の形式も色々あるようで、旦那さんの話しによると、本州の親戚のおじさんのお墓は骨箱のまま収納するようになっていたとか。
他にも、袋に入れず骨をそのまま土の上に置いて土に返すという形式もあるそうです。

 

 

婆ちゃんをお墓に納めて、ずらしていた墓石の石を元に戻し、供物をあげていたところに、ちょうどお坊さまが到着しました。
お経をあげて頂いて、お参りをして無事終了です。
あとは、自宅で簡単な会食となりました。

 

地方の習慣や宗派などによって、また考え方やしきたりも色々あると思いますが、北海道の場合は合理的に済ませる場合が多いかと思います。
石屋さんの話で印象的だったのが「最近では、お坊さまには頼まずに、家族だけでの納骨が半分くらいですかねえ」と言っていたことでした。

 

 

お墓を守る人は、必ずしも同じ名字とは限らなくなり、墓石に刻まれる文字も、○○家ではなく、『愛』とか『永遠』などの名字にとらわれない文字が目につくようになりました。
それから訪れる人もいない無縁仏や墓じまいをしたあとの更地も増えたかな。
一生をその地で暮らした昔とは違い、現代は日本中のあちこちに家族がいます。
簡単にお墓参りができる時代ではなくなりました。
それに、子どもの数も少ないから、一人っ子同士の結婚ともなれば、お墓を背負う肩の荷が重いね。
家系を重んじ一族が生き続けた証が、子孫達にとっての足かせになってしまうこともある。
お墓ってなんだろう・・・・

 

それはこの先の時代の流れが決めていくことなのでしょう。
とりあえず、婆ちゃんは今ごろ、「やーや、やっと来たわ」
と、爺ちゃんと話していることでしょう。

 

 

 


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



セイヨウオオマルハナバチが、花の外側からストローをブスっと刺して蜜を吸い取っちゃってる現場を目撃!

 

 

花から花へ、ブ〜〜ンと大きな羽音をたてて蜜を集めているオオハナマルバチがいました。
体の大きさはソラ豆くらいでしょうか。
最近、北海道では、このセイヨウオオマルハナバチが勢力を増し、もともと北海道に住んでいるエゾオオマルハナバチを脅かしているそうで、『特定外来種』に指定されて駆除の対象になっています。

 

セイヨウオオハナマルバチ
見た目も姿も似ているのに、どーして駆除の対象になっているのかというと、大きな違いは蜜を吸うストローの長さが、色々と影響しているからです。
エゾオオマルハナバチの
ストローは長いので、花に入り込んで蜜を吸うことができる。
そのとき、蜜と一緒に花粉をいっぱい体に付けて運びます。

 

ところがセイヨウオオマルハナバチは、ストローが短いので花の奥までストローを入れられない。
えーい、それじゃあと、容赦なく外側からブスッとストローを差し込んじゃう。
花は、穴を開けられたうえに、花粉は運んでもらえないし蜜は取られちゃう(盗蜜)。
踏んだり蹴ったりですね。

 

セイヨウオオマルハナバチは、蜜を作らないトマトの花でも受粉してくれるハチなので、トマトのハウス栽培のために輸入されたのが始まりだそうです。
ところが、そのうちハウスから逃げ出すハチが現れました。
彼らだって、美味しい蜜のある花の方がいいに決まってるもね。
ストローが届かない花はブスッと刺しちゃう方法で蜜を取る。
逃げ出したセイヨウオオマルハナバチはどんどん増え、ついに「特定外来生物」に指定されたというわけです。

 

両者のハチの見分け方はお尻を見ると、素人の私でもわかりますよ。
エゾオオマルハナバチのお尻は茶色、セイヨウオオマルハナバチのお尻は、ほぼ真っ白です。
こちらは、お尻が茶色だからエゾオオマルハナバチね。
花に穴は開いていないね。

エゾオオハナマルバチ

 

 

こちらがセイヨウオオマルハナバチ。
エンゴサクの花に穴をあけて、外から蜜を吸っています。

セイヨウオオハナマルバチ

あらま、ボツボツと穴だらけ!
エンゴサクが、なんだか痛々しい。

セイヨウオオハナマルバチ

さらに敵もさるもの。
最近は、セイヨウオオマルハナバチとエゾオオマルハナバチは、お互いの違いを乗り越えて結婚するものが現れたそうです!
ここでも、結婚の多様化が進んでいるのね・・・
「特定外来生物」というと、特別な生き物のような感じがするけれど、こんな身近にもジワリジワリと迫ってきているのでした。


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



PR




今日、桜前線は津軽海峡を越え、ついに北海道に上陸したそうです。
札幌までも、もう少しね。
林の中にも、遅い春がやってきました。
一見すると枯れ葉のジュータンですが、その下では、新芽がひしめき合っているようです。

林

これはエンレイソウが頭をもたげているところ。
エンレイソウ

幸運にも、日のあたる場所を陣地にもてたエンレイソウは、すでにつぼみを抱えていました。
エンレイソウ

ヤマエンゴサクは、これからが見頃。
ひとつひとつの花をよく見ると、下の花から開いていくようですね。
紫色の花びらのようなものは、実は花びらじゃなく、(ほう)と言って、つぼみを包んでいた葉だそうです。
花はというと、の中に見える白いものということになりますね。
ほう・・・・・・

ヤマエンゴサク

 

エンゴサクにはヤマエンゴサクとエゾエンゴサクがあるけれど、これはたぶんヤマエンゴサク。
その特徴と見分け方は、の部分にあるそうです。
の先に切れ込みがあるものがヤマエンゴサク、ないものがエゾエンゴサクだそうです。
今日は、どのエンゴサクを見ても、みんな切れ込みがあるヤマエンゴサクでした。
エゾエンゴサクは、この林には咲かないのか、それともあとから咲くのかな。


カタクリの花にもつぼみ!
カタクリは、8年かかって花が咲くそうです。
キミもやっと咲けるんですね。
カタクリ
華やかな黄色のナニワズ。
雪の下にいるうちに、早くもつぼみを付ける春一番のりの花。

ナニワズ

 

ネコヤナギ??

 

コブシの花も満開。
コブシ
桜の花が咲くまえに、林も一花、咲かせちゃう。

 

人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR