2

Pocket

『104年ぶりに江差にニシンが戻って来た!』
ニュースで報じられるほど、それは北海道にとってはすごいニュース。
ニシンは北海道に開拓のクワが入るずっと以前から、北海道の産業を支える大切な魚でした。
中でも江差(えさし)は特別たくさんのニシンが獲れたもんで、『江差の春(五月)は江戸にもない』って言われるくらい、ニシンの時期は賑わっていたんだって。

 

 

本州の年貢といえばお米だったでしょ。
北海道の松前藩の場合は、アイヌの人たちからの交易品の他に、ニシンも大事な年貢だったそうです。
沢山獲れたニシンの殆どは肥料等に加工されて送られる。
だからニシンは漢字の書き方が2つある。
『鰊』と『鯡』。
ニシンは魚だけれど、お金になるのでニシンにあらず。
それで『鯡』という漢字が出来たって、ガイドさんに教えてくれました。
なるほど〜〜〜。

 

でも、そんなに沢山獲れたニシンが昔のように獲れなくなって100年あまり。
そして先日、再び江差の海岸が、郡来(くき)によって白く濁っているのが発見されたのでございます!
その大きさは幅150m長さは50mほどだったとか。
郡来とは、ニシンが海岸近くに集まって産卵をする時に、海が精子によって白く濁る現象です。
この郡来を起こしているのは、不思議なお婆さんが、またもや瓶を海に投げ込んだからではないでしょうか。

 

は?・・・・・・

実ですね、むかしむかし、江差が飢饉で苦しんでいたころ、不思議なお婆さんがいて、江差の かもめ島 のそばで瓶(とっくりみたいだったらしい)を投げたら郡来が起こり、ニシンの群れが現れたというのです。
それからというもの江差では、お婆さんを神様と讃え『姥神大神宮祭』が行われるようになったそうです。
100年という時が過ぎ、お婆さんはニシンの獲れなくなったこの世に再び現れ、スペアに持っていた瓶を、こそっと海に投げ入れたに違いありません。
お婆さん、ありがとう。

 

ってなワケはない。
これは長年続けて来たニシンの孵化事業の努力が実ったのですね。
6cmほどに大きく育った稚魚を放流するんだそうです。
小樽にもニシンが戻ってきたしね。
ニシンの郡来が、北海道の春の風物詩になる日も、そう遠くはないかもしれません。

 

昔、江差の人々を救ったという、おばあさんが投げた瓶は、今でも瓶子岩(へいしいわ)となって江差の海岸に残っています。
学生だった頃の旦那さんが撮った写真。
右に見える岩が、お婆さんの投げた瓶です。怪力!!
もう、お婆さんに頼らなくても大丈夫ですね。

瓶子岩

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

2

Pocket

写真の整理も兼ねて、礼文島での写真を、思い出しながらupしたいと思います。

こちらは礼文島の最北端スコトン岬。
スコトンとは、アイヌ語で『大きな谷』。
ちゃんとした名前だとスコトン トマリ。
トマリは『入り江』という意味だそうだから『大きな谷のある入り江』ということですね。
スコトン岬

向こうに見える島はトド島、漢字で『海馬』。
建物らしきものは見えるけれど、あれは漁師さんたちの作業小屋などで、人は住んでいないそうです。スコトン岬名前の通り、このあたりにはトドが住んでいて、漁師の網にかかった魚を食べてしまうので、島では特別な許可を持った漁師さんが、鉄砲を持って船に乗り駆除を行っています。
でも友人の話によると、トドはとっても賢い動物だから、そうとわかるとすぐ海に入っちゃう。
あんなに体は大きいのに、水面からは顔だけしか出さない。
さらに、波はトドの姿をゆらゆらよ隠してしまうので、とっても難しい猟だそうです。

スコトン岬

 

 

私達が行ったときには、トド肉が串焼きで売られていました。
味も感触もクジラ肉とよく似ていて硬くて淡白。
クジラ肉、食べたことないですか?
私が子どもの頃はね、とにかく値段が安い庶民の食材でした。
お刺身で食べれば柔らかいけど、焼くとこれが硬いもんだから、歯をグイ〜〜って引きちぎってたべたの。お弁当によく入っていてさ・・・・・
あ、話がそれてしまいましたが、トド肉は牛で言うなら、ジャーキーっぽい感じですね。

トドの肉

スコトン岬の周辺は緩やかな丘になっていて、北の地だからこそ平地でも見られる高山植物の花がそこいらへんに咲いています。

これはピンクのクチバシのような花びらのヨツバシオガマ。ヨツバシオガマ

 

イブキトラノオ イブキトラノオ

 

カタネナデシコ
カタネナデシコ

 

??

 

 

ヤマブキショウマ


次回へ続く>>

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

2

Pocket

PR

礼文島で仕事をしている旦那さんの友人がやってきました。
もう10年も島で暮らしているのだから、休みのときは島の隅々を探検しているんだろうなあと思いきや、なかなかそうもしていられないんですと。
私の『島の様子はかわったでしょうね』と問いに、
彼は「いやあ、なんも変わってないよ。新しいトンネルはできたけどね」と言いました。


礼文島は、北海道の最北にあって、多くの観光客の人が訪れる島だけど、観光ズレしていない素朴さな島。
その位置的なこともあって、平地で貴重な高山植物が沢山見られるため、『花の浮き島』って言われています。
大きなリュックを背負った若者たちが、心を癒しにくる所でもあります。
すぐとなりには利尻島があって、両島へ行く船は稚内の港から出ています。


日本の最北の島だけど、昔からアイヌの人達は住んでいたし、江戸時代にはすでに和人も住んでいたそうです。
伝説もけっこうあるもね。
『北海道の昔ばなし』という本に載っていた、礼文島に残る伝説のお話をご紹介しますね。

■ 利尻昆布は神様のお告げで食べられるようになった

むかしむかし、礼文島に、とても信心深い漁師の夫婦が住んでいたんですと。
漁師は、毎日必ず漁に出かけるまえには神社に寄って、お供え物をしてから漁に出て行きました。
” 今日も魚が獲れます様に・・・ ”
けれど、漁師の願いもむなしく、魚はしだいに獲れなくなりました。
毎日毎日、漁師は漁に出るのですが、さっぱり魚がとれません。
その日も、魚はたったの2匹でした。

 

漁師は、神様のお供えする分と自分たち夫婦の分と、3匹は欲しかったのですが、2匹ではどうしようもありません。
仕方なく、1匹を神様へ、残りの1匹を、夫婦ふたりで分け合う事にしたのです。
それから何日たっても魚は獲れず、そのうち冬がやってきました。
仲間の漁師たちもやはり魚は獲れず、村人達は少ない食料で冬を越さなければなりませんでした。
それでも漁師は、神様へのお供え物だけは絶やしませんでした。

 

ある日、漁師が神社を通りかかったとき、神のおつげがありました。
”” この先しばらくの間は、魚は獲れないであろう。そのかわり、海の岩肌にくっついている黄金草を取るのじゃ。この海藻が、お前を救うであろう〜〜・・””

漁師は神様に言われた通りに船を出し、岩肌のあたりを覗いてみると、そこにはびっしりと長い海藻がくっついていました。
漁師は、自分だけが独り占めをしてはいけないと思い、漁師仲間と一緒に取りました。
それが昆布でした。

 

ここの昆布は特別高く売れて、文字通りの黄金草となりました。
それが有名な『利尻昆布』だったんですって。
= おしまい =

 

それにしても、この漁師さん、いい人だね。
神様も、毎日お供え物をもらっちゃうし、手を差し伸べたくなったんだべね。
私だったら、魚が2匹しか獲れなかったら、当然、神様には我慢してもらうしかないべさやって思っちゃうけどなあ。

ああ、懐かしいなあ〜。また行きたいなあ〜。
あれからもう何年たつかしら・・・

なんだか急にムズムズして、以前礼文島に行ったときの写真を引っ張り出してきました。
これは、礼文島の澄海岬(すかいみさき)です。
透明度はハンパじゃない。

澄海岬                             <2007 / 7>

こちらは猫岩。猫が背中を丸めている後ろ姿に見えるっしょ。
猫岩
こちらが礼文島の民宿から見えた利尻島の利尻富士でございます。
利尻富士
旅人を見送る民宿の人達。
♩とおい〜 せかいに〜 旅に〜 でようか〜
ここは〜 礼文だ〜 わたしの島だ〜 ♩
って歌を歌いながら、
『いってらっしゃ〜い』と言って見送ってました。
礼文島                                                                                                       <2008 / 6>

 

こちらは見送られる若者達。
『いってきま〜す』と言って、別れを惜しんでいました。
若いっていいなあ〜〜。

礼文島

 

最北の島、礼文島、またいつか、訪ねてみたいと思います。

 

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

2

Pocket

北海道の人なら誰でも知っている、冬の使者、雪虫。
たった1週間〜10日くらいの間、まるで雪が降っているかのように飛び交うことは、北海道民なら誰でも知ってる。
でもね、それ意外の時はどーしているの?

その姿と暮らしを、先日のテレビ『NHKダーウィンが来た!』で初めて知りました。
雪虫は、世代を変えるごとに、姿、かたちを七変化。
最後は蟻の巣から飛び立っていくんですよ。
忘れないうちに、書いていかなくっちゃ。

 

 

雪虫

 

雪虫

 

 

■ 1番目の雪虫の役目

初冬に飛ぶ、白いフワフワの雪虫を『1番雪虫』とする。
彼らの本名は『トドノネオオワタムシ』。
現れるのは、初雪の降る、2~4週間くらい前です。

 

彼らの寿命はたったの1週間ほど。
人に触れただけでも死んじゃうか弱い1番雪虫たちは、ふわふわと漂っているように見えるけれどもそうじゃない。
実は、ヤチダモという木を目指して飛んでいるのです。
食事よりも大事な目的を果たすため、1番雪虫たちには、もともと口は必要ないそうです。
そして、ヤチダモにたどり着くことができた者は、そこで赤ちゃん(2番目の雪虫)を生む。

(ヤチダモの冬芽)ヤチダモの冬芽

 

■ 2番目の雪虫の役目

2番目の雪虫は、白いフフワフワの『1番雪虫』とはまったく違うアブラムシの姿。
オレンジのメスと、緑のオスの赤ちゃんは、10日ほどで大人になり、今度は卵を生みます。
卵を産み終えると、初雪が降る。
雪虫は季節を先読みして、雪が降る前に、卵を産み終える計算をしているそうです。

 


■ 3番目の雪虫の役目

卵で冬を越した3番雪虫。
春になって孵化した姿は、おお!ちょっとだけ白いフワフワが付いている!
でも、彼らの役目は、栄養の豊富なヤチダモの樹液をいっぱい吸う事なのだ。
それから赤ちゃん(4番目の雪虫)を産む。

 

■ 4番目の雪虫の役目

夏に生まれた『4番雪虫』たち。
彼らの体には白いフカフカが付いていて、まるで初冬の1番雪虫に似ています。
でも、集団にはならないので、人の目にはあまり触れることなく、今度はトドマツに向かって旅を始めます。

やっとの思いでトドマツに到着!
ここでまたまた赤ちゃん『5番雪虫』を産む。

 

 

■ 5番目の雪虫の役目

5番雪虫はすんごいよ。
またまたアブラムシの姿をした5番雪虫は、トドマツの下に向かって降りて行く。
するとそこに、トドマツの根っこに巣を作っている蟻がやってきて、5番雪虫をくわえて巣に運んでいく。
このとき、5番雪虫は待ってましたとばかりに、運ばれやすいように、手足を縮こましているんですよ。
やるねー。

 

巣に運ばれた5番雪虫は、トドマツの根っこの樹液を吸って、お尻からアリ達の大好きな甘い汁を出してあげる。
そして、初冬の季節がやってくるまで、さらに世代を重ねていくんですと。

気温の変化を感じると、そろそろヤチダモに引っ越ししなくっちゃと思うんだべね。
5番雪虫は、ここで赤ちゃん『1番雪虫』を産むわけです。
1番雪虫たちは、初雪の降る少し前になると、なんと、蟻の巣から飛び立っていくんですよ。
そしてフワフワと飛び回る姿こそ、私がよく知ってる雪虫です。
あ、そうか!
トドマツの根っこにいる大きな綿を付けた虫!
トトマツの根 大綿のムシ・・・・
『トドノネオオワタムシ』!!
そ、そうだったのかあ〜!

 

雪虫

 

 

雪虫

 

 

雪虫

 

 

これで1年が過ぎましたね。
それにしても、数世代にわたって、姿やかたちを変えて、しかも蟻とも共存しているなんて、不思議な虫ですね。

 

番組では、どうして同じ場所で一生を過ごさないのかという理由も語っていました。
ヤチダモの木は、夏の間は栄養が豊富だけれど、秋になると極端に栄養が少なくなってしまうため、それ以外の季節は、ヤチダモほどじゃないけど樹液の吸えるトドマツで暮らす、ということでした。

雪虫

 

知れば知るほど、不思議な生き物、雪虫。
もし自分が雪虫だったら、どの世代に生まれたらいいかしら・・・・・
ん・・・
つまらない事を考えてしまったわい。

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

2

Pocket

北海道が凍っちゃってる。
足寄(あしょろ)、江丹別(えたんべつ)、陸別(りくべつ)、根室、あっちこっちで、もうマイナス20度台なんかは当たり前!
昨日のテレビで出ていたおじさんは、
「もうこのへんじゃあ、(あたりまえだから)”マイナス”なんてつけないんだわ」 と言ってました。

 

 

今日の札幌は、風がないせいかあまり寒くは感じないけど、これから明朝にかけての冷え込みではマイナス12度を予想しているそうです。
とくに晴れの日の夜は、日中の暖められた空気が空に逃げるのですんごく冷える。
『放射冷却現象』というやつですね。
これが曇りだとね、雲が空にフタをしてくれるので、そんなに気温は下がらない。

 

 

冬のあいだ、公園のブランコはこうやってグルグル巻きに縛られちゃっています。
地面は雪なので、もしブランコから飛び降りてもフカフカ地面だから面白いかもしれない!
でもね、気温がものすごく下がると素手で鉄の鎖を握ったら、くっついちゃうかもしれないね。
それは、金属はものすごーく冷たくなるので、素手でさわると手の表面の水分が一瞬にして凍ってしまうからだそうです。

 

 

気温がマイナスの所では、むやみに素手で金属にはさわらない事です。
もし体験したかったら、手袋はいて(はめて)、鉄の階段とか、鉄柵とか、ちょっと触ってみるといいかもね。
素手がくっついちゃったときは、はがすのにちょっとばかり痛いよ。

ブランコ

 

これは、我が家の外の水道です。
住宅の水道には元栓がついているので、冬の間は外の水道の元栓を閉じて蛇口を開け、外に露出している管の中の水を抜いておきます。
水道管は凍結を防ぐために、こうしてシートでグルグル巻き。
それから、雪をかぶせておきます。
雪は冷たいけれど、0度以下にはならないから、外の空気よりは暖かいのです。

水道

なんだかんだと言っても冬はやっと折り返し。
日も長くなってちょっと嬉しくなってきましたね。
今が辛抱どきだべさ。

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket