2

Pocket

『104年ぶりに江差にニシンが戻って来た!』
ニュースで報じられるほど、それは北海道にとってはすごいニュース。
ニシンは北海道に開拓のクワが入るずっと以前から、北海道の産業を支える大切な魚でした。
中でも江差(えさし)は特別たくさんのニシンが獲れたもんで、『江差の春(五月)は江戸にもない』って言われるくらい、ニシンの時期は賑わっていたんだって。

 

 

本州の年貢といえばお米だったでしょ。
北海道の松前藩の場合は、アイヌの人たちからの交易品の他に、ニシンも大事な年貢だったそうです。
沢山獲れたニシンの殆どは肥料等に加工されて送られる。
だからニシンは漢字の書き方が2つある。
『鰊』と『鯡』。
ニシンは魚だけれど、お金になるのでニシンにあらず。
それで『鯡』という漢字が出来たって、ガイドさんに教えてくれました。
なるほど〜〜〜。

 

でも、そんなに沢山獲れたニシンが昔のように獲れなくなって100年あまり。
そして先日、再び江差の海岸が、郡来(くき)によって白く濁っているのが発見されたのでございます!
その大きさは幅150m長さは50mほどだったとか。
郡来とは、ニシンが海岸近くに集まって産卵をする時に、海が精子によって白く濁る現象です。
この郡来を起こしているのは、不思議なお婆さんが、またもや瓶を海に投げ込んだからではないでしょうか。

 

は?・・・・・・

実ですね、むかしむかし、江差が飢饉で苦しんでいたころ、不思議なお婆さんがいて、江差の かもめ島 のそばで瓶(とっくりみたいだったらしい)を投げたら郡来が起こり、ニシンの群れが現れたというのです。
それからというもの江差では、お婆さんを神様と讃え『姥神大神宮祭』が行われるようになったそうです。
100年という時が過ぎ、お婆さんはニシンの獲れなくなったこの世に再び現れ、スペアに持っていた瓶を、こそっと海に投げ入れたに違いありません。
お婆さん、ありがとう。

 

ってなワケはない。
これは長年続けて来たニシンの孵化事業の努力が実ったのですね。
6cmほどに大きく育った稚魚を放流するんだそうです。
小樽にもニシンが戻ってきたしね。
ニシンの郡来が、北海道の春の風物詩になる日も、そう遠くはないかもしれません。

 

昔、江差の人々を救ったという、おばあさんが投げた瓶は、今でも瓶子岩(へいしいわ)となって江差の海岸に残っています。
学生だった頃の旦那さんが撮った写真。
右に見える岩が、お婆さんの投げた瓶です。怪力!!
もう、お婆さんに頼らなくても大丈夫ですね。

瓶子岩

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

2

Pocket

写真の整理も兼ねて、礼文島での写真を、思い出しながらupしたいと思います。

こちらは礼文島の最北端スコトン岬。
スコトンとは、アイヌ語で『大きな谷』。
ちゃんとした名前だとスコトン トマリ。
トマリは『入り江』という意味だそうだから『大きな谷のある入り江』ということですね。
スコトン岬

向こうに見える島はトド島、漢字で『海馬』。
建物らしきものは見えるけれど、あれは漁師さんたちの作業小屋などで、人は住んでいないそうです。スコトン岬名前の通り、このあたりにはトドが住んでいて、漁師の網にかかった魚を食べてしまうので、島では特別な許可を持った漁師さんが、鉄砲を持って船に乗り駆除を行っています。
でも友人の話によると、トドはとっても賢い動物だから、そうとわかるとすぐ海に入っちゃう。
あんなに体は大きいのに、水面からは顔だけしか出さない。
さらに、波はトドの姿をゆらゆらよ隠してしまうので、とっても難しい猟だそうです。

スコトン岬

 

 

私達が行ったときには、トド肉が串焼きで売られていました。
味も感触もクジラ肉とよく似ていて硬くて淡白。
クジラ肉、食べたことないですか?
私が子どもの頃はね、とにかく値段が安い庶民の食材でした。
お刺身で食べれば柔らかいけど、焼くとこれが硬いもんだから、歯をグイ〜〜って引きちぎってたべたの。お弁当によく入っていてさ・・・・・
あ、話がそれてしまいましたが、トド肉は牛で言うなら、ジャーキーっぽい感じですね。

トドの肉

スコトン岬の周辺は緩やかな丘になっていて、北の地だからこそ平地でも見られる高山植物の花がそこいらへんに咲いています。

これはピンクのクチバシのような花びらのヨツバシオガマ。ヨツバシオガマ

 

イブキトラノオ イブキトラノオ

 

カタネナデシコ
カタネナデシコ

 

??

 

 

ヤマブキショウマ


次回へ続く>>

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket