2

夕方の4時ころ、手稲駅を通ったら、カッコいい列車が止まってる。
特急 スーパーとかち。札幌 = 帯広を結ぶ列車です。
手稲の車輛基地をでて、
これから札幌駅へ向かうようです。
あとから時刻表を見たら、この列車は18:32分に札幌駅発、帯広21:21分着のスーパーとかち7号ではないな?と思いました。

 

スーパーとかち

 

8年くらいまえに、初めてスーパーおおぞら(札幌 = 帯広 =釧路)という特急列車に乗ることになったときは興奮しました。しかもそれが、振子特急というものだと知ってさらに興奮!
なんかしらないけど、すごいねすごいね、でも振子特急ってなに??

 

振り子特急とは・・・
車やオートバイ、自転車なんかもそうだけど、カーブになると遠心力で体が傾きますよね。
スピードが早いほど、オートバイなんか地面スレスレまで傾いちゃう。
つまり、車輛を傾けて走行すれば、早さを落とさずに曲がることができるわけです。
急カーブにさしかかる ==  振子の原理で車輛が傾く==スピードを落とさなくてもいい ==  ということは、早く目的地に行ける== 特急!!

 

 

そうなのかっ!!
それで、実際に乗ってみると、
お!・・おお〜〜〜〜〜〜
あ!・・・おお〜〜〜〜〜〜
カーブになると自分の体がナナメになるのがわかりました。
ブランコに乗って振られているような感覚です。カッコいい・・
どころが一緒に乗っていた婆ちゃんが、ひどく酔っちゃって・・・
途中で「降りる〜〜」と何度も言っていた婆ちゃんを思い出します。
婆ちゃんは列車を降りてからも大変でした。
どうも、当時の振子特急はその独特の揺れに酔う人が続出したそうです。

 

 

ウィキペディアによると、この車輛キハ261系気動車は、『2014年(平成26年)8月30日ダイヤ改正をもって本系列の車体傾斜装置の使用は取りやめられ2015年度以降の本系列の増備分については車体傾斜装置を搭載しない』とありました。
現在は、早さよりも乗り心地の良さが大切にされる時代になったということでしょうか。

 

 

 

ところで、先頭車輛にもドアが付いていますよね。
これは、実際に起きた事故の教訓から、非常口として付けられるようになったそうです。
使われない扉であってほしいですね。

 


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



2

札幌市の中に、少なくても33頭のヒグマがいる事がわかったそうです。
札幌市の地形は、南側が山で北側が平野。
特に南区は殆どが山で、札幌市の中でも敷地面積は一番広く、なんと支笏洞爺国立公園の一部が含まれています。
意外にも、札幌の広さの4分の一は支笏洞爺国立公園です。
だからヒグマがいると言ってもね、そっちの広〜い公園の奥に住んでいるので、人間の方から山奥に足を踏み入れない限りは遭遇することはありませんでした。

 

 

ところがです。
北海道新聞によりますと、今回の調査で確認されたクマたちは、札幌の市街化区域からなんと約4キロ圏内をウロウロしていたっていうじゃありませんか!
マジですか!そんな近くにいるんなら、人間が食べられちゃうかもしれないべさ!

 

 

以前は、
『クマは臆病な動物なので、山に入るときは大きな音でラジオを流すとか、クマよけの鈴を付けて人間の居場所を知らせれば、熊は近寄りません』と言われてきました。
でも今は違う。
『クマよけの鈴の音は、エサを持っている又はエサになる人間の居場所をクマに知らる事になるので、注意して下さい』だって。
どういうふうに注意したらいいんだべか・・・

 

 

クマの世界も世代交代を繰り返すうちに、” 人間なんてチョロイもんよ・・・・ ” と感じる新人類ならぬ新クマ類の子ども達が誕生し、その子たちが市街地にやってくるようになったのではとも言われています。
それなら、わざわざ円山動物園に行って入場料を払わなくてもクマを見られる・・・・
とか言ってる場合じゃございません。
このままではクマも人間も、その先にあるのは悲しい運命だけ。

 

北海道の6月は、ちょうど笹の子採りのシーズンです。
もしヒグマに遭遇したら・・・・注意してください・・・
札幌市では、ヒグマと人間との共生を目指すため、A4判のパンフレットを作ったそうです。
でも、クマは読んでくれるかな。無料で配布しているんですけど。

 


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



2

「豆パンてあるべや」旦那さんが言いました。
『豆パン?!それがどしたの?』

 

「知ってたか?豆パンてな、北海道だけなんだとよ。テレビでやってたわ」
『ええ〜!ウッソほんと〜』わけのわからない答えになった。
私は今まで、豆パンは全国共通とばっかり思ってました。

 

豆パンは、『金時豆の甘納豆』を混ぜ込んだパンです。
アンパンと同じような丸い形で、甘納豆はそのままコロンコロンと入っていて、外から見てもデコボコと甘納豆が見えるので、すぐ豆パンとわかる。

パンメーカーの大手、山崎製パンでも、もちろん『豆パン』を作ってる。
だからコンビニやスーパーには必ずあります。
北海道ではアンパン、ジャムパン、クリームパン、豆パン・・・と、堂々と肩を並べてる。豆パンはそれくらい、北海道では普通のパンです。

 

北海道のテレビ番組 ”どさんこワイド” によると、豆パンは1940年(昭和15年)に北海道帝国大学(今の北大)農学部の教授らからの提案によって、ロバパン(北海道では老舗のパンのメーカー)が共同で開発したのが始まりだそうです。
それがね、山崎製パンでも今年の3月から全国発売しているそうですよ。

 

 

豆パン、食べたくなったね!
私が好きな豆パンは、セイコーマートのやわらかーい『しっとり豆パン』。
婆ちゃんが入院しているときに、「うんまい うんまい」って食べた豆パンです。

大きな甘納豆は噛みごたえがあって、しっとりふわふわのパン生地とのコントラストがいい感じ。
豆も沢山入っているから腹持ちもいい。

豆パン
豆パン

 

そういえば、豆の生産が日本で一番多いのが北海道だったもね。
北海道に住んでいるのだから、もっと沢山、美味しいお豆を食べなくっちゃ。
全国の皆さんにも豆パンの美味しさが伝わりますように、ヤマザキさん、頼みますよ〜。

豆パン


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



2

『104年ぶりに江差にニシンが戻って来た!』
ニュースで報じられるほど、それは北海道にとってはすごいニュース。
ニシンは北海道に開拓のクワが入るずっと以前から、北海道の産業を支える大切な魚でした。
中でも江差(えさし)は特別たくさんのニシンが獲れたもんで、『江差の春(五月)は江戸にもない』って言われるくらい、ニシンの時期は賑わっていたんだって。

 

 

本州の年貢といえばお米だったでしょ。
北海道の松前藩の場合は、アイヌの人たちからの交易品の他に、ニシンも大事な年貢だったそうです。
沢山獲れたニシンの殆どは肥料等に加工されて送られる。
だからニシンは漢字の書き方が2つある。
『鰊』と『鯡』。
ニシンは魚だけれど、お金になるのでニシンにあらず。
それで『鯡』という漢字が出来たって、ガイドさんに教えてくれました。
なるほど〜〜〜。

 

でも、そんなに沢山獲れたニシンが昔のように獲れなくなって100年あまり。
そして先日、再び江差の海岸が、郡来(くき)によって白く濁っているのが発見されたのでございます!
その大きさは幅150m長さは50mほどだったとか。
郡来とは、ニシンが海岸近くに集まって産卵をする時に、海が精子によって白く濁る現象です。
この郡来を起こしているのは、不思議なお婆さんが、またもや瓶を海に投げ込んだからではないでしょうか。

 

は?・・・・・・

実ですね、むかしむかし、江差が飢饉で苦しんでいたころ、不思議なお婆さんがいて、江差の かもめ島 のそばで瓶(とっくりみたいだったらしい)を投げたら郡来が起こり、ニシンの群れが現れたというのです。
それからというもの江差では、お婆さんを神様と讃え『姥神大神宮祭』が行われるようになったそうです。
100年という時が過ぎ、お婆さんはニシンの獲れなくなったこの世に再び現れ、スペアに持っていた瓶を、こそっと海に投げ入れたに違いありません。
お婆さん、ありがとう。

 

ってなワケはない。
これは長年続けて来たニシンの孵化事業の努力が実ったのですね。
6cmほどに大きく育った稚魚を放流するんだそうです。
小樽にもニシンが戻ってきたしね。
ニシンの郡来が、北海道の春の風物詩になる日も、そう遠くはないかもしれません。

 

昔、江差の人々を救ったという、おばあさんが投げた瓶は、今でも瓶子岩(へいしいわ)となって江差の海岸に残っています。
学生だった頃の旦那さんが撮った写真。
右に見える岩が、お婆さんの投げた瓶です。怪力!!
もう、お婆さんに頼らなくても大丈夫ですね。

瓶子岩

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



2

写真の整理も兼ねて、礼文島での写真を、思い出しながらupしたいと思います。

こちらは礼文島の最北端スコトン岬。
スコトンとは、アイヌ語で『大きな谷』。
ちゃんとした名前だとスコトン トマリ。
トマリは『入り江』という意味だそうだから『大きな谷のある入り江』ということですね。
スコトン岬

向こうに見える島はトド島、漢字で『海馬』。
建物らしきものは見えるけれど、あれは漁師さんたちの作業小屋などで、人は住んでいないそうです。スコトン岬名前の通り、このあたりにはトドが住んでいて、漁師の網にかかった魚を食べてしまうので、島では特別な許可を持った漁師さんが、鉄砲を持って船に乗り駆除を行っています。
でも友人の話によると、トドはとっても賢い動物だから、そうとわかるとすぐ海に入っちゃう。
あんなに体は大きいのに、水面からは顔だけしか出さない。
さらに、波はトドの姿をゆらゆらよ隠してしまうので、とっても難しい猟だそうです。

スコトン岬

 

 

私達が行ったときには、トド肉が串焼きで売られていました。
味も感触もクジラ肉とよく似ていて硬くて淡白。
クジラ肉、食べたことないですか?
私が子どもの頃はね、とにかく値段が安い庶民の食材でした。
お刺身で食べれば柔らかいけど、焼くとこれが硬いもんだから、歯をグイ〜〜って引きちぎってたべたの。お弁当によく入っていてさ・・・・・
あ、話がそれてしまいましたが、トド肉は牛で言うなら、ジャーキーっぽい感じですね。

トドの肉

スコトン岬の周辺は緩やかな丘になっていて、北の地だからこそ平地でも見られる高山植物の花がそこいらへんに咲いています。

これはピンクのクチバシのような花びらのヨツバシオガマ。ヨツバシオガマ

 

イブキトラノオ イブキトラノオ

 

カタネナデシコ
カタネナデシコ

 

??

 

 

ヤマブキショウマ


次回へ続く>>

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR