札幌の日中の気温は、最高で午後1時ころのプラス3.3度でしたが、今朝8時の気温はマイナス5,3度だったそうです。
今夜もシバれそうですよ。

 

この町、札幌の手稲には『星置』という地域があって、そこに流れる川の名前も星置川。
小学生の頃、何度も遊んだこの星置川にも、不思議なお話があるそうなので、ご紹介します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それはむかしむかしの、ある夜のことでございます。
空から、一筋の光線を描いて、流れ星が川めがけて落ちてきました。
その衝撃は凄まじく、地面は陥没、川には大きなくぼみができてしまったもので、その落差が滝になってしまいました。
このころから、人々はこの川のことを『星置川』、衝撃でできた滝を『星置の滝』と呼ぶようになったのです。

さて、明治25年1月13日はものすごく寒い日で、星置川は一面 氷に覆われてしまいました。
その日の午後1時頃のことでした。
急に川の氷が割れたかと思うと、2匹の黒い大蛇がニョキっと顔を出しました。
ヘビ達は氷から這い上がるやいなや、急いで海の方向へと行ってしまいました。

 

 

その様子を間近で見ていた星置の人達は、ヘビたちのあまりの大きさに仰天!
大蛇の全長は5、6メートルはあり、胴回りは33センチ以上あったと言います。

え、そんなに?!
ま、とにかく、大蛇だったのです。
人々は『あのヘビ達はきっと滝の沢の主に違い』ないと言い、星置の滝の傍に祠(ほこら)を建てました。

 

するとそこに、今度は白いヘビが住み着くようになりました。
白ヘビはそれからしらばくの間は住んでいたそうですが、それからはしだいに人々の記憶から消えていったとさ。

おわり 『稲穂・金山 よもやま話 第三集』に出ていたお話より。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大スペクタクルな流れ星衝突のお話といい、胴回り33センチ以上の大蛇といい・・・・・
なななんとも感想に困る地元民でございます。

 
なぜ『33センチ以上』などいう、細かくて鋭い数字がでてきたのでしょうか。
きっとね、昔はセンチではなく尺貫法。
1尺(約30.30cm)という単位が、たとえになりやすいので
『1尺以上はあったんでないかい!』っていう長さが、この数字になったのかもしれないですね。

 

人々にとって、自然は神秘的であったり恐怖であったりするがゆえに、想像力がかき立てられ、不思議な世界へといざなわれていくのかもしれません。
キラリと見えた流れ星が星置川に落ちるように見えたのかもしれないし、氷の割れめから顔を出したウナギのようなカラスヘビかアオダイショウが、恐怖におののく人の目には胴体が1尺以上の大蛇に見えたのかもしれない。

 

さらに意地悪な考え方をすると、『逃がした魚はおおきかった』的な話の流れが、いつしか雪だるまのように大きくなって、隕石の衝突にまで発展したのかもしれません。

 

そんな人間達のザワザワをよそに、星置の滝はいつもと変わらない姿を見せているはずです。
でも私は密かに願っている。
いつしかこの滝のあたりで、隕石のぶつかった痕跡が見つかるかもしれないということを。

星置の滝

星置の滝、その他のようすはこちらで

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



江差の『かもめ島』から撮影したという写真。
江差は道南にある町で、北海道が開拓されるずっと前から栄えた所で、『北海道の文化発症の地』と言われている所です。


かもめ島は、空から見るとカモメが羽ばたいているように見えるので『かもめ島』って呼ばれる小さな島。
ホントだ、カモメに見えるね。
昔は完全な島だったらしいけど、今は繋がっています。

江差の地図

■ 昭和49~50年ころの江差、かもめ島からの写真

旦那さんの話によると、正面の堤防の先に見えるのは赤い灯台だったそうですが、グーグルで見たところ現在は灯台はなく、あったとおぼしき所が四角く継ぎ当てされているようでした。

 

昭和の江差 かもめ島からの写真

 

PR

 

■  瓶子岩(へいしいわ)はお婆さんが投げた瓶

写真の右に見えるしめ縄がかけられている岩は、瓶子岩(へいしいわ)。
(私は最初、びんこ岩って読んじゃった)
写真では岩のもう片方が写っていませんが、岩の根元は削られて、風船のように細くなっています。

旦那さんはこの岩を見たときの形が、女性の横顔のように見えて思わず写真に撮ったそうですが、実はこの岩は、なんと瓶の化石なんです!
んなワケないっしょと思われるかもしれませんが・・・・
昭和の江差 かもめ島からの写真

 

 

江差には、『お婆さんの伝説』が残っていて、瓶子岩は伝説から500年を過ぎてもなお、語り継がれている物語の証なのです。

昔々、大変な飢饉に苦しんでいた江差の村に、予言者のようなお婆さんがやってきました。
あるとき、不思議なお爺さん(翁(おきな))から瓶を渡され、言われた通りに海に投げ入れると、なんと海が白くにごりました。
この白いものは郡来(くき)と言って、ニシンの群れが産卵のために海岸に押し寄せてくる現象です。
白く濁るのは、ニシンの精子が海に漂うためです。
こうしてお婆さんは村人たちを救いました。

 

詳しい内容はこちら
江差の『姥神大神宮渡御祭』は婆ちゃんを祀った祭り

 

もう、おわかりですね。
この岩こそ、その時に投げ入れた瓶なのです。
ほら、だんだん瓶に見えてきたっしょ・・・もう瓶にしか見えない!

 

数年前に江差に行ったとき、この写真の事を知っていたらなあ~と思うと、ちょっと惜しい・・・・
江差の町の中心部は、現在『いにしえ街道』という奇麗に整備された町並みになっています。

 

旦那さんがフィルムで撮影していた時代のネガが、そのまま段ボールにあるらしいので、これから少しずつ見てみるのもいいかもね、なんて話しているこのごろです。

昭和の石狩川付近の写真

石狩川の渡船場の跡と氷橋を渡る人の記事

小樽運河、D51、昭和40年代の写真

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



2

PR


宝探しと聞くとインディ・ ジョーンズの『魔宮の伝説』なんかが思い出されて、わくわくする。
いつだったか、歴史好きの近所のおじさんが、「手稲の山にもな、埋蔵金が埋まってるらしいぞ」なんて真顔で言ってました。

 

まさかね~。
その話を旦那さんとしたとき、私はツバを眉にチョイチョイ(マユツバ)するそぶりをしちゃったくらい。
とはいえ、本当だったら面白いね。
その話を聞いてから、手稲山が宝の山に見えてたもね。

 

昨日、読んだ本に書いてあった鉱山の埋蔵金の話には、夜更けというのにワクワクしました。
その内容は、北海道の南、八雲には、鉱山の隠し金が眠っているというものです。

 

■ 昭和まで続いた鉛川鉱山

八雲には、1968年(昭和43年)まで続いた鉛川鉱山があった。
その歴史は、延宝年間(1673ー80年)ころに始まり、当時は遊楽部鉱山と呼ばれ、大量の金や銀、鉛、亜鉛などを採掘していたことに始まる。
その後、鉱山は繁栄し幕府直轄を経て、明治維新前には日本で初めてダイナマイトの爆破作業による採掘も行った鉱山である。

 

■ 明治維新が埋蔵金のきっかけに

明治に変わろうとしていたとき、榎本武揚軍は北海道に上陸、函館の五稜郭を占領しようとする。
戊辰戦争が始まったのだ。
もしや、次は鉛川鉱山も占領するのではないか。
鉱山の責任者は、金銀の固まり20個を、雄鉾岳 (おぼこだけ)に隠すよう、アイヌの親子に頼んだのだというのだ。

 

親子は、雄鉾岳の山麓の、あるキリの木の下に金塊を埋めた。
しかしその後、榎本武揚軍が鉛川鉱山に侵入することはなく、戊辰戦争は集結した。
ところが、金塊を探す段階になって、どうしても金塊を埋めたはずのキリの木が見つからないのだ。
金塊は、とうとう見つからないまま現在に至っている。

 

■ 金塊が埋められている場所

この話には続きがあって、当時ピリカベツ駅逓を経営していた老人の話が付け加えられている。

「ワシが若かったころ、金を探しにやってきたという山師が、金塊を埋めたというアイヌの先導で雄鉾岳に行き、2週間も探したが、見つからなかったという話じゃ。ところが昭和になって、鉱山の若い奥さんが、墓のそばの畑をおこしていたら金の粉が見つかったんだよ。隠したのは金塊じゃなくて、砂金だったかもしれん」

 

鉱山が閉山したのち、墓地の下の川のそばにあった協同浴場を壊していたときのことである。
男湯のタイルの下から、なんと金の櫛が見つかったのだ。
これは神のものに違いないと一時は祠に祀ってあったのだが、この櫛を盗もうとした男がその櫛に触れた途端に電気にでもうたれたように動けなくなった。

 

(※八雲町のホームページには、「金の櫛」とされているものの写真が載ってました。)

※ 鉛川鉱山には温泉が発見されていて、鉱山の保養所として2つの浴場があったが、現在は、八雲町が新たに掘削した温泉『おぼこ荘』がある。

 

金塊を埋めたとされるときから約150年。
その桐の木は今どのくらい大きくなっているんでしょうね。
温泉に浸りながら、山の様子を眺めてみたいものです。

もしかしたら灯台下暗し。
湯船の傍かもしれないし、金の端っこが土の中からちょろっと見えたりなんかもするかもしれない。
そしたら黙って拾っちゃおうかな。
それとも、発見者のAさんとして、新聞に登場しちゃおうかしら。
これだから宝探しはワクワクしちゃうね。

 

八雲 雄鉾岳 地図

 

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



PR

 

『母が恋しい』と書いて、『母恋(ぼこい)』と読む。
そんな地名があるのが室蘭です。

 

■ 1日40個限定の『母恋めし』の中身は

今年5月、室蘭の道の駅『みたら』で購入した『母恋めし』です。
『母恋めし』は、テレビなどでも紹介されたこともあって大人気!
店員さんのお話によると、普通は、1日に40個しか作らないお弁当で、母恋駅と道の駅『みたら』などの数カ所にしか配られないそうです。
この日は、道の駅『みたら』に10個が入荷したそうです。

母恋めし

 

風呂敷に包まさってる(包んである)ところがいい感じ。お弁当のパックを開けると、中身がひとつひとつ、袋に入っています。

 

大きなホッキの切り身が入っているホッキ飯のおむすびが2個。
そのうちの1つは、ホッキの貝殻の中に入ってて情緒ある~。それから、香りがいいスモークチーズと、半熟がいいあんばいのくんせい卵(味つき卵)。
ナスのお漬け物。
口直しにハッカ飴が添えてあるところが、またいいんでないかい。

母恋めし

 

(おいしいたれ 田舎のプレスリーという万能タレも購入しました↓
醤油とソースを合わせたみたいな味でしたよ)母恋飯

 

母恋めし

 

 

■『母恋』に秘められたアイヌの物語

そんな『母恋めし』のお弁当に、母恋にまつわるアイヌ物語のパンフが入っていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

”母恋の語源はアイヌ語の「ポク・オイ」(ポクセイ・オ・イ)ホッキ貝の沢山ある場所の意味です。
また、室蘭民話「チケウの海の親子星」では餓えに苦しむ村人のためにチケウの海(地球岬)に食べ物を探しにきたコタンの長老夫婦が神様の宝物、金屏風を盗みにきたと勘違いした番人に殺されてしまいました。長老夫婦を探しにきた娘の話を聞き間違いとわかった神様は村人に沢山のホッキ貝を与えました。アイヌの村人たちは、娘が何日もかかって、おとうさん、おかあさんを探したあたりを「母恋」と呼ぶようになりました。

母恋めし物語

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アイヌの物語を知ってから食べると、ひと味もふた味も、ホッキの味が心にしみてくるんでないかい。

 

『道の駅みたら』はこんなところ。

 

母恋の地図

<母恋めし=1060円>

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



秋も深まり、そろそろ、シシャモ漁の準備が始まったようです。
テレビのニュースによると、今年は台風の影響もあって、去年よりさらに少ない漁獲量になるそうです。

アイヌの伝説によると、シシャモは神様がくれた魚。
先日見た絵本によると、それは女神様だったそうで、ご紹介させて下さいね。

 

 

■ シシャモが生まれたアイヌの伝説
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔々、兄妹の神様がいました。
あるとき、雷の神の兄が何処かに行ってしばらく戻らない日が続いたもので、妹の女神は心配になって下界の様子を見てみました。
するとそこから見えた村人達は皆、辛そうな表情をしています。

心配になったもので下界に降りて村の村長に理由を訪ねたところ、村長が言うには、『村には食べ物がなく、神様にお願いしているにもかかわらず、願いが通じず村は飢餓に苦しんでいる』との事でした。
猟をして暮らすアイヌの人達にとって、食べ物はみな神様から頂くものなのです。

アイヌ伝説

 

 

女神は、兄の大切にしていた柳の木の葉をつんでカゴに詰め、ふくろうの神に川に流してもらいました。
すると、葉の1枚1枚が魚になって泳ぎ始め、人々は、その魚のことを『ススハム』(のちのシシャモ)と呼びました。

アイヌ伝説

 

 

自分の大切にしている柳の葉を取ってしまったことを知った兄は激怒。
悲しみにくれる女神の涙を、魚になったシシャモ達は、そっと口で受け止めたんですと。
でもシシャモが川に来たとこで、村人達は餓えをしのぐ事ができました。

その後、兄の神は、女神が行った事を許し、他の神たちとも強力して村人たちが食べ物に困らないようにしたという事です。

= おわり =

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
PR

 

■ シシャモは世界に北海道の太平洋側だけ

今は、シシャモは人間が養殖して川に放流しています。
1年半ほどは海で暮らし、それからまた川に戻ってきます。
海に戻る習性があるところは、鮭の生涯に似ていますね。

世界でも、北海道の太平洋側にしかいないという珍しいシシャモが食べられるなんてすんごいですよね。
とは言っても、私たち道産子でも、そんなにしょっちゅう食べられる魚ではないけどね。

 

 

■ 『カラフト シシャモ』と『シシャモ』は別のもの

スーパーでよく売られているシシャモは、よく見ると、『カラフト シシャモ』と書いてありませんか?

それは、シシャモじゃなくて『カペリン』という魚です。
カペリンはシシャモによく似ているし、本物のシシャモが多く獲れないなどの理由から、『カラフト シシャモ』って名前にしちゃったらしい。

私はそのことを知らなかったときは『カラフト シシャモ』と『シシャモ』は、同じ魚だと思っていました。
同じように惑わされてしまっている人も多いんじゃないかな?

よーく見ると、ちーっちゃく『カラフト』って文字が付いていますよ。
『カラフトシシャモ

『カラフトシシャモ』は1串200円くらいだけど、『シシャモ』は1000円以上と、ぐんと値段が高い。
知らないお客さんに ”なしてこんなに違うのよ” って思われてしまったら、お店のおじさんが ”ハ〜” っとため息ついて、涙がポロって落ちちゃうかも。
それを見た串に刺さったシシャモは、涙をパクっと受け止めてくれるかな。

シシャモ
<広尾町で食べたシシャモ>

シシャモとカラフトシシャモ(カペリン)の違い

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR