Pocket

PR

ここは急な坂道。
ご近所では『心臓破りの坂』って言われているらしいです。

 

この坂道が凍ってしまったら、登る車は空回り、下る車はブレーキが効かずにツツツーっと国道まで落ちてしまうかもしれない。
だから冬になると、坂道の急な部分だけがロードヒーティングになります。

 

道路に雪がなければ車がスリップする事はないけれど、こうすることで困った事もあります。
ロードヒーティングされている道路の部分と、されていない部分の境目に、高い段差ができてしまうんです。

 

ほらこれ、アパートの出入り口との間に、大きな段差ができています。
アパートの前はヒーターが入っていないから、降った雪が踏み固められるので地面より高くなってしまいます。
しかも段差の境目の部分は、ロードヒーティングの余熱とか、タイヤで磨かれたりとかして、テッカテカのツルッツル。

 

この段差は10センチ以上ありそうですね。
あまりに段差が高くなっちゃうと、車がお腹をすって壊れちゃう。
だから本当は、削っておかないと危ないんだけどね。

凍った坂道

車も大変だけど、歩くほうも、歳をとったら命がけよホント。
若いときは、いくら足元が滑ったって、反射的にパっとバランスをとってスタスタ歩けたし、ズルっと転びそうになっても、とっさに手をグルグルっと回して持ちこたえられたもんです。
なのにさ、最近の私は平地でもヨロけるときがるもんね。
ヨロけたときには、”なんだべ!” とか言いながら後ろを振り返り、道路のせいにしちゃうわけ。
こうやって、歳をとっていくんだべかね。

 

そういえば、この坂の上に住んでいる知り合いのおばあさんは、冬のあいだ家を出るときはいつもタクシーを使うそうです。
引っ越しも考えなきゃとも言っていたっけ。

 

坂の上は眺めもいいし、自然もいっぱい。
子ども達を育てるには、とても環境のよい所です。
でも暮らしって、住む人自身の状況が変わっていくものだから、昔と同じ生活というわけにはいかなくなるもんね。

 

は〜、やっと半分くらい登ったかしら。
下から車が来たら危ないから、ツルツルだけど左の氷の段のに上がった方がいいかしらと、登ってみました。
ヨイショ・・・・おお、こっちの方がなお危ない。
これは、自分の運動神経を信じるよりも、ドライバーさんを信じた方が安全かもしれない。


面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

Pocket

実家の場所は、札幌の中でも雪の多い所です。
除雪は一昨年まえから業者さんにお願いしているのですが、それでも、今年の雪はケタちがい。
細かなところの除雪はしなくちゃならず、私たちが訪ねた時も、姉が家の裏の雪をせっせと除雪しているところでした。
母と一緒に生活してくれている姉には感謝しなくちゃ。

 

あのお宅の物置に積もっている雪はすんごいね。
70センチくらいはあるかしら。

物置に積もった雪

傍にある公園は、冬の間は雪捨て場になっています。
ご近所の人達が、それぞれ雪を捨てにやってきます。

おお、なんだこの雪の壁は。
除雪機の跳ね上げた雪が要塞のようになっていますよ。
その間にあるのは通路はまるで渓谷のよう。

 

雪の公園

 

 

雪の公園

 

 

渓谷を抜けると、そこは雪国の雪に埋もれた公園であった。
あの赤く見えるのはもしや背の低いジャングルジム。

雪の公園

 

 

背の低いブランコ。
んなわけはございません。雪で埋もれているんです。
子どもは楽しいかもしれないけれど、大人はそれどころじゃないよね。

 

雪の公園
1月が終わると、冬将軍は最後の力を振り絞って、またまたドカっと雪を振らせるだろうな・・・・
雪かきで肩もギクギクしてるし、ハ〜・・・・と、ちょっと弱気になる。

しかーし、こっちは絶対に負けませんわよ。
春になれば寝てたって、雪は溶けてくれるもね。

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket