4

Pocket

PR



内地から送ってもらった玄米。
以前はお米屋さんに精米をお願いしていたけれど、近所のホーマックの前に便利なコイン精米機が登場してからは、ずっと利用しています。(DCMホーマック発寒追分店)
けっこう人気で、土日は順番を待っている人もいるくらいです。
今日精米したお米は30キロ。
私はさすがに持てないもので、旦那さんに運んでもらいましょう。

コイン精米機 

 

それでは コイン精米機の使い方

1) まず、何キロのお米を精米するのかを確認して、お金を入れる。
30キロだから料金は400円ね、チャリ〜ン。

 

コイン精米機 

 

 

 

ガガガガガ・・・・お米投入口が開きました。

コイン精米機 

2) 玄米を投入! ザザザザ====
30キロ全部入りました。

 

3) お米のつきあんばいは、無洗米、上白、標準・・・あと5部づきとか3部づきとか、色々あるので好みのボタンを押す。
上白でお願いします。ポチッ!
ガガガガガ・・・・・・・・・・
機械が動き出しました。
投入口に入れられた玄米は、まるでアリ地獄のように、”た、助けてくれ〜〜〜”” と、なすすべもなく吸い込まれ、機械の中に消えてゆく。

コイン精米機 

 

4)玄米は機械の中を通りながら表面を少しずつ削られて、精米が完了すると右側の出口から落ちてきます。
袋を置いてスタンバイしておこう。

 

しばらくすると、お米がいきなりシャワーのように、ほらきたあ〜〜〜〜
バラバラバラバラ・・・・・

初めてのときは、ここであせったもね。
””わわ、、床にお米が落ちるウ〜〜〜!!””って、受ける袋を必死で抑えたも。

 

コイン精米機 

 

 

でもご安心を。
お米は床には落ちず、ちゃんと出口でたまって待っててくれる。
受ける袋の準備ができたら、足元のペタルを踏むとザザザザ・・・・っと落ちる仕掛けです。
ハイおわり。

コイン精米機 

 

ところで、玄米を精米すると糠がとれますよね。
この糠は、精米機の裏に溜められています。
ドアの入り口には ” ご自由にどうぞ ” と書いてありますよ。欲しい方はすきなだけお持ち帰りOKなんです。
糠漬けを漬けたいとか、畑の肥料に使いたいとか、そういう方は精米をしなくっても、タダでもらってくると重宝かもね。

コイン精米機 

 


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



Pocket

Pocket

PR



黒いものが目の前をスーっと通りました。
!!
その黒い者は事務所の玄関に飛んでいくと、ガラスにぶつかってワタワタしています。
急いでホウキを持ち、その怪しい黒いものをベシっと叩く。
ポトッ・・・落ちた。

 

目をこらしてみると・・・ハエ?・・・ハエだ!
あらやだわ、家のどこかで冬眠していたのかしら。
ハエはヤバイと思ったのかコロコロ宙返りするように動きだし、こっちに向かって飛んで来たので、慌ててしゃがむようにしてホウキを振り回しベシベシベシ!!

 

すると、今度こそポタっと落ちた。
やった!
ハエよ、こっちは一見すると、ただやみくもにホウキを振り回していたように見えたかもしれないが、実はちゃんと、あんたを狙っていたんだよ。
寝ぼけていたあんたが悪いのさ。
おーっほっほっほ。

 

落ちたハエはピクリとも動かない。
念のためにホウキの先でチョイチョイ・・・・。
やったね、このまま外に掃き出してしまえ。
シュシュッ
ハエはホウキの枝に転がされ、シュっと外に放り出されるはずだったのに、どうしたことか戸口のレールの間に挟まってしまいました。
シュシュッ、シャッシャッシャ・・・・・
出てこない。

 

仕方ない、ティッシュでハエをつまみ上げ、ポイ。
ティッシュから空中に放り出され、弧を描いたハエ。
ところが息を吹き返したように地面スレスレで急上昇!
ええ〜〜!

 

も、もしかして、死んだフリをしていたのか?
ハエはクルリと一回転してから私にアッカンベーをして(ように見えて)目の前から消えた。
やられた、あんなにベシベシやったのに、ティッシュでしっかりつまんだのに、アイツは死んでいなかったのか。
ハエごときに騙されちゃうなんて、あーくやしい。

 

ハエは冬のあいだ、小さなすき間で冬眠しているそうです。
日が暖かくなってきたのを感知して、動き出したのですね。
それから、死んだフリもするんですと。
まったくもって許しがたい。
皆さんも、騙されないで下さいね。

 


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



Pocket

Pocket

PR

ここは急な坂道。
ご近所では『心臓破りの坂』って言われているらしいです。

 

この坂道が凍ってしまったら、登る車は空回り、下る車はブレーキが効かずにツツツーっと国道まで落ちてしまうかもしれない。
だから冬になると、坂道の急な部分だけがロードヒーティングになります。

 

道路に雪がなければ車がスリップする事はないけれど、こうすることで困った事もあります。
ロードヒーティングされている道路の部分と、されていない部分の境目に、高い段差ができてしまうんです。

 

ほらこれ、アパートの出入り口との間に、大きな段差ができています。
アパートの前はヒーターが入っていないから、降った雪が踏み固められるので地面より高くなってしまいます。
しかも段差の境目の部分は、ロードヒーティングの余熱とか、タイヤで磨かれたりとかして、テッカテカのツルッツル。

 

この段差は10センチ以上ありそうですね。
あまりに段差が高くなっちゃうと、車がお腹をすって壊れちゃう。
だから本当は、削っておかないと危ないんだけどね。

凍った坂道

車も大変だけど、歩くほうも、歳をとったら命がけよホント。
若いときは、いくら足元が滑ったって、反射的にパっとバランスをとってスタスタ歩けたし、ズルっと転びそうになっても、とっさに手をグルグルっと回して持ちこたえられたもんです。
なのにさ、最近の私は平地でもヨロけるときがるもんね。
ヨロけたときには、”なんだべ!” とか言いながら後ろを振り返り、道路のせいにしちゃうわけ。
こうやって、歳をとっていくんだべかね。

 

そういえば、この坂の上に住んでいる知り合いのおばあさんは、冬のあいだ家を出るときはいつもタクシーを使うそうです。
引っ越しも考えなきゃとも言っていたっけ。

 

坂の上は眺めもいいし、自然もいっぱい。
子ども達を育てるには、とても環境のよい所です。
でも暮らしって、住む人自身の状況が変わっていくものだから、昔と同じ生活というわけにはいかなくなるもんね。

 

は〜、やっと半分くらい登ったかしら。
下から車が来たら危ないから、ツルツルだけど左の氷の段のに上がった方がいいかしらと、登ってみました。
ヨイショ・・・・おお、こっちの方がなお危ない。
これは、自分の運動神経を信じるよりも、ドライバーさんを信じた方が安全かもしれない。


面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

Pocket

実家の場所は、札幌の中でも雪の多い所です。
除雪は一昨年まえから業者さんにお願いしているのですが、それでも、今年の雪はケタちがい。
細かなところの除雪はしなくちゃならず、私たちが訪ねた時も、姉が家の裏の雪をせっせと除雪しているところでした。
母と一緒に生活してくれている姉には感謝しなくちゃ。

 

あのお宅の物置に積もっている雪はすんごいね。
70センチくらいはあるかしら。

物置に積もった雪

傍にある公園は、冬の間は雪捨て場になっています。
ご近所の人達が、それぞれ雪を捨てにやってきます。

おお、なんだこの雪の壁は。
除雪機の跳ね上げた雪が要塞のようになっていますよ。
その間にあるのは通路はまるで渓谷のよう。

 

雪の公園

 

 

雪の公園

 

 

渓谷を抜けると、そこは雪国の雪に埋もれた公園であった。
あの赤く見えるのはもしや背の低いジャングルジム。

雪の公園

 

 

背の低いブランコ。
んなわけはございません。雪で埋もれているんです。
子どもは楽しいかもしれないけれど、大人はそれどころじゃないよね。

 

雪の公園
1月が終わると、冬将軍は最後の力を振り絞って、またまたドカっと雪を振らせるだろうな・・・・
雪かきで肩もギクギクしてるし、ハ〜・・・・と、ちょっと弱気になる。

しかーし、こっちは絶対に負けませんわよ。
春になれば寝てたって、雪は溶けてくれるもね。

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

2

Pocket

朝のゴミ出し、あら、あんまり冷えてないね。
天気予報では-4度くらいだったはず。
きっと風がないからだね。

そのかわり、手稲は数日ぶりにつもったつもった、真下に落ちる、綿より軽そうなふわふわ粉雪。
20cmくらいでしょうか。

雪かきスコップ

 

雪かきしようとスコップに手を伸ばしたら、小さな雪の結晶がまだ溶けずに形が残っていました。

樹枝状の雪の結晶

 

 

樹枝状の雪の結晶

 

おお!
老眼の見た目じゃわからんかったけど、写真になってマジマジ見ると、このかたちはイラストやセーターの編み目模様によく登場する雪の結晶に似ているんでないかい?!

雪の結晶
さっそく調べてみる。

■ 結晶のかたちは、空の水蒸気の量と気温の関係で決まる

水蒸気が少ない上空では、雪の結晶は平べったいただの六角柱だけれど、水蒸気が多くなるにつれ、凸凹ができ、しだいに花のようなかたちになり、それから枝のような複雑なかたちに変化するそうです。

 

この結晶は、その中でも複雑なかたち『樹枝状』によく似ているね。
『樹枝状』になるには水蒸気が多くて、しかも気温が−10〜20度という条件が重なったとき。
『樹枝状』になるかならないかは、水蒸気と気温の偶然の出会いによるものであった。
なんだかロマンチックだべさ!

雪の結晶

 

 

 

雪の結晶

 

 

雪投げスコップでポイっと雪を投げると、スローモーションのように舞い上がる。
軽い!
振り回すことだって出来る!
舞い上がった雪は朝日を通しキラキラ光って、それを見ている私のほっぺたやおでこに落ちて、ひんやりと冷たい。
きれいきれい、いつもこんな軽い雪だったら許してやってもいいかしら・・・・・・

 

などと思ったら大間違い!
危なかった、ちょっとメルヘンチックになるところだった。
今日の雪は軽かったから、ま、勘弁してやるわ。

子どもソリ

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket