2

Pocket

さっぽろテレビ塔(高さ147.2m)が完成したのは、1957年の8月。
昭和57年と言えば私と同じ歳なもんで、なんだか他人とは思えないんでございます。

PR

 ■ 骨組みしかなかった頃の『さっぽろテレビ塔』があった

写真は今朝の北海道新聞に載っていたもので、札幌のテレビ塔の骨組みだけが完成していた、翌年1957年の第8回雪まつりの様子だそうです。
向こうに見えるのがテレビ塔。
でも、展望室も電光時計もないから、なーんか存在感が薄い。
展望室が付いているのといないのでは、月とすっぽん、お天道さんと番頭さん、くらいも雰囲気が違うんでないかい。

さっぽろテレビ塔

 

電波塔としてだけの役目を考えればこの姿でも十分なんだけど、展望室や時計が付いた姿に見慣れているせいか、やっぱり現在の姿の方がカッコいいわ。
展望室が完成したのは、この年の8月だそう。
鉄骨だけのテレビ塔は、ほんの数カ月間という事になりますね。

こちらが現在のさっぽろテレビ塔。
さっぽろテレビ塔                            (2015/5撮影)

 

■ 時計は松下幸之助さんのサービスで付いていた!

電光時計が取り付けられたのは、それから4年後の1961年。
この時計なんだけどね、以前聞いたシティガイドさんの話によると、札幌のテレビ塔ができた当初は時計を接地する予定はなかったそうです。
そこに、あの松下電器産業(ナショナル、現在のパナソニック)の松下幸之助さんが、「時計を付ければ必ず見てくれる」と言って、寄贈して下さったそうです。

 

当時のお爺ちゃん、婆ちゃんたちが、電気製品はナショナルなら間違いなし!と、絶大なる信用を誇っていたナショナル。
そう言えば、ナショナルの歌もあったんですよ。
♩ あっかるーいナッショナールあっかるーいナッショナール
みーんなうちじゅう なーんでも っナッショーナール〜♩ ・・・

 

当時、設置された時計の数字の下には以前は『National』と書かれていました。
現在は『Panasonic』になっています。
あと、時計の中に、小さく『寄贈』という文字も付いているそうです。
場所は写真の『4』の文字の左下あたり・・・・・見えるか???
このときは夜だっもなあ〜。

 

札幌テレビ塔                                                                                           (2013/11年撮影)

 

大通りまで出かけたときは、必ず時間を確かめるのに見上げちゃう札幌テレビ塔。
さて、テレビ塔と私、どっちが長生きするのかな???

 

テレビ塔の展望室内の写真はこちら

テレビ塔の中には昭和天皇の為に作ったアイスクリームが食べられる雪印パーラーもりますよ

そういえば、テレビ塔のレストランニュー三幸で、景色を見ながら思いで話をした事もあったっけ。テレビ塔のレストランニュー三幸から見た景色はこちら。

面白かったらポチっとね。



人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

Pocket

夕方のJR小樽駅は人の波。
みんな、ホームの中央にあるエスカレーターになだれ込むので、ややもすると、コツンコツンと流れにぶつかってしまいます。

 

左側に止まっている列車は、ニセコ方面に行くんですと。
私が乗って来た列車は終着が小樽なので、沢山の人が乗り込んで行きます。
わわ、すでにこちらも車内はすんごい混みようです。

ニセコ行き列車

英語と中国語?と韓国語?だかわからないけど、とにかく殆どが外国人?
車輛から身を乗り出して手招きしている外国の人もいる。
誰かに向かって「ヘイ、○×△□※ 〜〜〜」って言ってますよ。
通訳しますところ、「ヘイ、こっちの車輛にいるよ〜」 と言っているんだと思いますよ、なんとなく。
ほら、大きなリュックに負けないくらいの大きな青年が、ゆっさゆっさとリュックを揺らして私の横を通り抜けて行きました。

 

 

スキーヤーにとってパウダースノーのニセコは、外国の人たちにとっては今や憧れの場所。
住んでいる人も多くて、日本じゃないみたいです。
いつだったか、ニセコのコンビニに行ったとき、英字新聞も置いてあったのにはビックリしましたよ。

 

私の乗っていた列車が5分ほど遅れて到着したもので、ニセコに行くこの列車は、連絡のために待ってくれていたようです。
お客さんが乗り込むとそろそろ出発。
いってらっしゃい。
この列車は、雪の降る中を走ってきたんだね。
雪がへばりついています。頑張っているね。

ニセコ行き列車

 

 

みんな、ドヤドヤと目的地に向かってまっしぐら。
だからもう回りには誰もいなくなりました。
エスカレーターのむこうに立っている等身大の石原裕次郎さんが出迎えてくれるんでございます。
「迎えに来たよ」
”迎えにって、私のこと?”
「決まっているじゃないか、君の他に誰がいるっていうんだい・・・・」
っていう妄想を描いてみる。

JR小樽駅
小樽駅といえば、大きな窓にズラリと飾られたランプが印象的。
夜になると灯りがともって、駅を降りた瞬間から、雪あかりの演出が始まっているかのようなです。
そのランプを、ホームのベンチの後ろにある大きな窓からも見渡せちゃう。
いつもは見上げるだけだけど、ここからはランプを間近で見ることができますね。

JR小樽駅

 

 

ふだん下から見上げている窓はこんな感じ。JR小樽駅

 

JR小樽駅のランプ

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket