2

Pocket

さっぽろテレビ塔(高さ147.2m)が完成したのは、1957年の8月。
昭和57年と言えば私と同じ歳なもんで、なんだか他人とは思えないんでございます。

PR

 ■ 骨組みしかなかった頃の『さっぽろテレビ塔』があった

写真は今朝の北海道新聞に載っていたもので、札幌のテレビ塔の骨組みだけが完成していた、翌年1957年の第8回雪まつりの様子だそうです。
向こうに見えるのがテレビ塔。
でも、展望室も電光時計もないから、なーんか存在感が薄い。
展望室が付いているのといないのでは、月とすっぽん、お天道さんと番頭さん、くらいも雰囲気が違うんでないかい。

さっぽろテレビ塔

 

電波塔としてだけの役目を考えればこの姿でも十分なんだけど、展望室や時計が付いた姿に見慣れているせいか、やっぱり現在の姿の方がカッコいいわ。
展望室が完成したのは、この年の8月だそう。
鉄骨だけのテレビ塔は、ほんの数カ月間という事になりますね。

こちらが現在のさっぽろテレビ塔。
さっぽろテレビ塔                            (2015/5撮影)

 

■ 時計は松下幸之助さんのサービスで付いていた!

電光時計が取り付けられたのは、それから4年後の1961年。
この時計なんだけどね、以前聞いたシティガイドさんの話によると、札幌のテレビ塔ができた当初は時計を接地する予定はなかったそうです。
そこに、あの松下電器産業(ナショナル、現在のパナソニック)の松下幸之助さんが、「時計を付ければ必ず見てくれる」と言って、寄贈して下さったそうです。

 

当時のお爺ちゃん、婆ちゃんたちが、電気製品はナショナルなら間違いなし!と、絶大なる信用を誇っていたナショナル。
そう言えば、ナショナルの歌もあったんですよ。
♩ あっかるーいナッショナールあっかるーいナッショナール
みーんなうちじゅう なーんでも っナッショーナール〜♩ ・・・

 

当時、設置された時計の数字の下には以前は『National』と書かれていました。
現在は『Panasonic』になっています。
あと、時計の中に、小さく『寄贈』という文字も付いているそうです。
場所は写真の『4』の文字の左下あたり・・・・・見えるか???
このときは夜だっもなあ〜。

 

札幌テレビ塔                                                                                           (2013/11年撮影)

 

大通りまで出かけたときは、必ず時間を確かめるのに見上げちゃう札幌テレビ塔。
さて、テレビ塔と私、どっちが長生きするのかな???

 

テレビ塔の展望室内の写真はこちら

テレビ塔の中には昭和天皇の為に作ったアイスクリームが食べられる雪印パーラーもりますよ

そういえば、テレビ塔のレストランニュー三幸で、景色を見ながら思いで話をした事もあったっけ。テレビ塔のレストランニュー三幸から見た景色はこちら。

面白かったらポチっとね。



人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

Pocket

夕方のJR小樽駅は人の波。
みんな、ホームの中央にあるエスカレーターになだれ込むので、ややもすると、コツンコツンと流れにぶつかってしまいます。

 

左側に止まっている列車は、ニセコ方面に行くんですと。
私が乗って来た列車は終着が小樽なので、沢山の人が乗り込んで行きます。
わわ、すでにこちらも車内はすんごい混みようです。

ニセコ行き列車

英語と中国語?と韓国語?だかわからないけど、とにかく殆どが外国人?
車輛から身を乗り出して手招きしている外国の人もいる。
誰かに向かって「ヘイ、○×△□※ 〜〜〜」って言ってますよ。
通訳しますところ、「ヘイ、こっちの車輛にいるよ〜」 と言っているんだと思いますよ、なんとなく。
ほら、大きなリュックに負けないくらいの大きな青年が、ゆっさゆっさとリュックを揺らして私の横を通り抜けて行きました。

 

 

スキーヤーにとってパウダースノーのニセコは、外国の人たちにとっては今や憧れの場所。
住んでいる人も多くて、日本じゃないみたいです。
いつだったか、ニセコのコンビニに行ったとき、英字新聞も置いてあったのにはビックリしましたよ。

 

私の乗っていた列車が5分ほど遅れて到着したもので、ニセコに行くこの列車は、連絡のために待ってくれていたようです。
お客さんが乗り込むとそろそろ出発。
いってらっしゃい。
この列車は、雪の降る中を走ってきたんだね。
雪がへばりついています。頑張っているね。

ニセコ行き列車

 

 

みんな、ドヤドヤと目的地に向かってまっしぐら。
だからもう回りには誰もいなくなりました。
エスカレーターのむこうに立っている等身大の石原裕次郎さんが出迎えてくれるんでございます。
「迎えに来たよ」
”迎えにって、私のこと?”
「決まっているじゃないか、君の他に誰がいるっていうんだい・・・・」
っていう妄想を描いてみる。

JR小樽駅
小樽駅といえば、大きな窓にズラリと飾られたランプが印象的。
夜になると灯りがともって、駅を降りた瞬間から、雪あかりの演出が始まっているかのようなです。
そのランプを、ホームのベンチの後ろにある大きな窓からも見渡せちゃう。
いつもは見上げるだけだけど、ここからはランプを間近で見ることができますね。

JR小樽駅

 

 

ふだん下から見上げている窓はこんな感じ。JR小樽駅

 

JR小樽駅のランプ

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

Pocket

『小樽雪あかり19』。
手宮会場は、小樽運河とJR小樽駅の中間くらいにあるので、寄り道するのにちょうどよい会場です。

 

小樽運河の会場が、運河沿いの限られた幅のスペースにあるのに対して、こちら手宮会場は、旧手宮線の跡地を公園にした場所なので、雪あかりの作品は自由で大きくて、立体的に作られているように思います。

 

運河会場がガラスの浮き玉がメインなら、こちらは雪と氷のオブジェクトがメインね。
小樽雪あかり

会場はさながら、あかりの美術館のようです。

小樽雪あかり

 

 

氷のキャンドル

 

 

雪あかり 星形の雪のオブジェクト

 

 

小樽雪明かりオブジェ

 

しずくの形をした大きな氷のかたまりも、下からライトをあてると宝石のようだね。

氷のかたまり

 

 

会場の所々に、タイマツのように置かれている丸いキャンドルはワックスボールです。
雪ではないので暑さで溶ける心配もなく、灯りを柔らかく通すさまはとてもきれい。
膨らませた風船を溶けているロウに浸して作るそうです。

ワックスボール

 

 

こちらは、ワックスボールが照らす回廊です。
ワックスボール

 

 

雪あかりオブジェ
大きなオブジェも登場。
クリームのいっぱい乗ったケーキみたいでないかい。
雪あかりオブジェ

 

 

雪あかりオブジェ

 

 

雪あかりオブジェ

 

 

雪あかりオブジェ
途中、会場内でお餅を焼いていました。
一口大という他は形も大きさも色々。お正月のお供えのお餅かな。
写真を撮らせてもらっていたら、お餅を焼いていたおじさんが、
「はい、1つどうぞ」と差し出してくれました。

 

アツアツで、冷えた体の中に落ちて行きます。
あ〜あったかい・・・お腹にカイロが入ったみたいでした。
焼き餅

 

 

雪うさぎ

 

 

キツネの氷のオブジェ

 

花びらが閉じ込められている氷のプレート。
その前には雪のベンチが設けられていて、記念写真を撮るのにはいい場所ね。
女子高生は、まるでモデルさんみたいに、氷のプレートと一緒にパチパチ写真を撮られていました。
雪あかりの路の女子高生たち

 

 

小樽雪あかりの路

いかがでしたでしょうか。
幻想的でロマンチックな 『小樽雪あかりの路』の様子が少しでもお伝えできていれば嬉しいです。
寒いけど、心の中にも、灯りがともってほっこりします。
お餅を頂けば、なおほっこり、間違いなしね。

小樽運河会場のようすはこちらで

『小樽雪あかりの路』2017は、2月12日までの午後5時から9時まで行われています。
この他にも沢山の会場で行われています。
詳しくは、小樽雪あかりの路をご覧下さい。

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへ

スポンサーPR



Pocket

Pocket

2017『小樽雪あかり19』が始まりました。
毎年この時だけは、小樽の街が雪灯りで浮かび上がってとってもきれい。
私はJRで行きやすい小樽運河と、手宮線の会場へ行ってきました。

 

小樽運河に灯りがともるのが5時ですから、手稲駅を4時22分の快速に乗って行きました。
小樽駅には4時50分頃の到着です。

JR小樽駅
小樽運河へ行くにはJR小樽駅からまっすぐ下がればいいので、私のような方向オンチでも大丈夫だもね。
普段は10分も歩けば行けるけど、とにかく観光客が多いのと、すんごく滑りやすい雪道なので15分もかかったでしょうか。

 

小樽運河に到着!
ここから振り向くと、まっすぐ正面に見えるのがJR小樽駅です。
JR小樽駅

 

 

もうすでに沢山の人が来ています。しかも、殆ど、外国語。
それじゃあさっそく、運河を歩いてみることに。
小樽運河

 

 

小樽運河
運河に浮かんでいるのは、灯りをともしたガラスの浮き玉です。
昔は漁師さんが、もっと大きなガラスの浮き玉を使って漁をしていました。
小樽は、その浮き玉を沢山作っていたそうです。
そんな浮き球が現代になってこんなふうに使われるなんて、浮き玉も思ってもみなかったべね。
ひとつひとつがロープに繋げられているので、浮き玉が流されてしまうことはありません。
ガラスの浮き球

 

 

ガラスの浮き球

運河沿いには、道しるべのように、ずっとキャンドルが置いてあります。

小樽運河

 

キャンドル

 

氷のキャンドルは、バケツに水を入れて凍らせます。
これだけ沢山のキャンドルを作るのは相当大変でしょうね。
美しいキャンドルに、みんな、目を奪われているようです。

小樽雪明かり

 

こちらには雪の壁に開けられたくぼみにキャンドルが入れてありました。

小樽雪あかり

 

小樽雪あかり

 

ハートにくりぬいたくぼみに、カップルの雪だるま。
ハートと雪だるま

 

 

雪だるま

 

お店が入っている建物は、昔、倉庫としてい使われていた建物だそうです。

小樽運河の倉庫
小樽運河倉庫小樽運河の倉庫

 

 

小樽雪あかり

 

 

ガラスの浮き球

 

運河を抜けてから、今度はJR小樽駅に戻る途中にある手宮会場に行くことに。
途中の道すがらにも、キャンドルが灯っているから楽しいね。

小樽雪あかりの路

 

 

小樽雪あかりの路

 

風もなく穏やかだったけど、運河の会場を出る頃にはしんしんと冷えてきました。
しっかりまかなってきて(身支度してきて)いかったよ。
厚手のタイツにポカポカベスト着てきたもんね。
皆さんも、お出かけになる場合は寒さ対策をして下さいね。

次は手宮会場へ・・・・

小樽雪あかりの路は、2月12日までの午後5時から9時まで行われています。
詳しくは小樽雪あかりの路のサイト
をご覧下さい。

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

2

Pocket

北海道が凍っちゃってる。
足寄(あしょろ)、江丹別(えたんべつ)、陸別(りくべつ)、根室、あっちこっちで、もうマイナス20度台なんかは当たり前!
昨日のテレビで出ていたおじさんは、
「もうこのへんじゃあ、(あたりまえだから)”マイナス”なんてつけないんだわ」 と言ってました。

 

 

今日の札幌は、風がないせいかあまり寒くは感じないけど、これから明朝にかけての冷え込みではマイナス12度を予想しているそうです。
とくに晴れの日の夜は、日中の暖められた空気が空に逃げるのですんごく冷える。
『放射冷却現象』というやつですね。
これが曇りだとね、雲が空にフタをしてくれるので、そんなに気温は下がらない。

 

 

冬のあいだ、公園のブランコはこうやってグルグル巻きに縛られちゃっています。
地面は雪なので、もしブランコから飛び降りてもフカフカ地面だから面白いかもしれない!
でもね、気温がものすごく下がると素手で鉄の鎖を握ったら、くっついちゃうかもしれないね。
それは、金属はものすごーく冷たくなるので、素手でさわると手の表面の水分が一瞬にして凍ってしまうからだそうです。

 

 

気温がマイナスの所では、むやみに素手で金属にはさわらない事です。
もし体験したかったら、手袋はいて(はめて)、鉄の階段とか、鉄柵とか、ちょっと触ってみるといいかもね。
素手がくっついちゃったときは、はがすのにちょっとばかり痛いよ。

ブランコ

 

これは、我が家の外の水道です。
住宅の水道には元栓がついているので、冬の間は外の水道の元栓を閉じて蛇口を開け、外に露出している管の中の水を抜いておきます。
水道管は凍結を防ぐために、こうしてシートでグルグル巻き。
それから、雪をかぶせておきます。
雪は冷たいけれど、0度以下にはならないから、外の空気よりは暖かいのです。

水道

なんだかんだと言っても冬はやっと折り返し。
日も長くなってちょっと嬉しくなってきましたね。
今が辛抱どきだべさ。

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket