2

ピ~ポ~ピ~ポ~・・・・あら、まただ・・・・
今日は朝から救急車がよく通るな、もうこれで3回目。
だれか、転んだのかな?

私の住んでいるあたりは坂道が多いので、やはり思うのは雪道での転倒事故。
昨日降った雪が固まって、アスファルトの上は凍ってツルツル。
若い頃はさ、ツルっと滑ってもササッ!クルッ!っと身をかわせた(時もあった)のに、今じゃ踏み出した1歩が命取り。
ここで今一度、冬道の歩き方を考えてみましょう。

 

■ 雪道を歩くには冬靴にこだわる

○ まずは滑りにくい靴に頼る。

滑ってもすぐに体勢を戻す事でき若い頃。万が一転んでも、条件反射てきに地面に手をつく事ができましたよね。
なのに今では、その俊敏さがちょっと怪しい。
手が先に出ないということは、おでこで地球を受け止める事になります。

また、片足がツーっとすべったら、そのままアレ〜っと股は広がらないのに足だけが持っていかれて股関節が大変な事になっちゃうかもしれません。

大惨事にならないためにも、ここは靴に頼っちゃいましょう。
なるべく靴底が広くて、凸凹のしっかりしている靴がいいね。
おしゃれなデザインもいいけれど、まずは転ばないようにするのが一番だもね。

 

■ 雪道は状況に応じて歩き方を変える

○ 凸凹道では いつもより小股で、太ももを上げて上から踏み下ろし、接地面積を広く確保しましょう。
道産子なら自然と身に付いている冬道の歩き方だけど、小さめの歩幅は大股歩きよりも体重移動が楽。
しっかりと足を上げる事で、凸凹のつまづきをしにくくできるし接地面積が広いと体が安定しますもね。

私がいつか体験したのは、道路の小さな凸凹にもつまづいちゃったこと。
いつも歩きなれている道と言えども、雪道になると踏まれたり溶けたりしているから、凸凹の道は気を使いますよね。
自分が思ったより足って上がってないみたい。
だから、ちょっと意識して足を上げながら歩きましょう。

 

○ ツルツル道はすり足で進もう
一見すると何も見えないと思っても、よく見ればアスファルトの上に、うすーい透明な氷が広がっている時がありますね。そんなときは恐怖さえ感じちゃいます。
スケートリンクのような状態の時は、寒くてもポケットには手を入れず、両手を横に広げてすり足すり足、綱渡りみたいにバランスをとったりなんかしてみましょ。
多少、カッコ悪くてもさ、けがをするよりいいじゃん。腰を低くして進みましょう。

 

 

○ 目も、若い頃より見えにくくなっていることに、気付いていない事がよくあります。
太陽の光や、雪に反射した照り返しも意外と眩しかったりする時があります。

そんなときって、例えば歩道から車道に1歩踏み出す所や、地下鉄に降りる階段の入り口、スーパーの出入り口など、ふみ固められた所の雪が微妙にツルっと凍っていても、よく見えない。
だから無防備に足をのっけてすくわれちゃうわけね。
危なそうな所だな・・・と思ったら、ひと呼吸おいてから用心深く動きましょう。

PR

 

■ 転ぶことも想定する

○ もし、転んだときに備えて、帽子やお尻までかかるコートを着るといいんでないかい。
あと、リュックを背負っていると、仰向けに転んだときにクッションの役目をしてくれて、頭が直接地面にぶつかるのを防いでくれると聞いた事があります。
リュックの中身はペチャンコだけど、頭を守ってくれるかも。

 

○ ストレッチで、体を柔らかくしようと思います。
転ぶときってさ、どんな体勢になるかわかんないっしょ。
腕があっち向いちゃうかもしれないし、足がバレリーナみたいに広がっちゃうかもしれないし。
雪道に限らず、体を柔らかくしておくに、こしたことないもね。
寝るまえに、10分くらい色々やっています。
足の筋肉ストレッチもしなくっちゃ。

中高年の皆さん、転んでケガをしないように、この冬も乗り切りましょうね!

 

※足元が不安な方やご高齢の方にはクッションの入ったラ・クッションパンツもあるそうですよ。

 

ほおづき

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



2

PR


血管年齢を調べる検査を受けました。
PWV、ABI検査というそうです。

 

実は去年、57歳の時も検査をしたんですが、その時の血管年齢の結果は、無惨にも
『あなたの血管年齢は68歳です』ですと!
ガガ~ン・・・・・

 

先生「ぽぷらさん、運動してますか?」
私「いえ、あまり・・・・」
先生「塩辛いものは食べていませんか?」
私、「塩辛とか好きで・・・」
先生「ん〜・・・・」
トホホ・・・・だんだん背中がまるくなってきちゃいました。

さて、血管年齢を調べるには、2つの検査を同時に行います。

 

 

■PWV検査とは 血管の硬さを計る検査

PWV検査(脈波伝播速度)は、心臓の拍動(脈波)が動脈の中を流れる速度を計ります。
早いほど動脈硬化が進んで硬くなっているそうです。

例えば、私の動脈が土管だとする。
血液がカーブにさしかかっても、硬い土管の中を容赦なく突き進む血液の圧力で、しだいにヒビが入ってしまいます。

一方、動脈がゴムだとするでしょ。
したら血液の流れはどうなるしょう。
カーブにさしかかっても、ゴムは血液の圧を上手に吸収してボヨ〜ンと伸びてくれます。
血管が柔らかいので、血液はカーブも柔軟に曲がる事ができるわけです。

固い血管が流れるスピードに比べると、柔らかい血管の方は、あちこちにクッションされながら流れるので遅くなるる。
PWV検査は、同じ距離を流れた血液のスタートからゴールまでの早さを計測し、その時間差を利用したものです。
動脈硬化は進むほど血管の柔軟性がなくなるので、ゴールに到達するまでの時間が早いのです。

 

 

■ ABI検査とは血管の詰まり具合を計る検査

動脈硬化が進んでいない健康な血管だと、寝た状態で両腕と両足の血圧を測ると、足首のほうが少し高いそうです。
でも、動脈が狭窄や閉塞で狭くなっていると血圧は低下。
ABI検査は、血圧の変化を調べ、血管の詰まりの程度を測定する検査です。

 

 

■ 検査は簡単!ほんの10分ほど。

ベッドに寝て、両手首と両足首にの4カ所に血圧計のベルト(カフ)をはめて、それから胸に1つ心電図を付けました。
プシュ〜〜〜血圧計のベルトが膨らむと、
あ、あ、あ、あ・・・ほどよい圧が気持ちいい・・・
プシュ〜・・・圧が引いて、これでおしまいです。
検査時間は10分くらいかな。
出来ればもう一回してくれないべか。
まるでマッサージ機でもまれているみたいに気持ちがいいです。

 

さて、先生に呼ばれて結果発表、その値は・・・・
「えーと、ぽぷらさんの血管の検査結果ですが、ハイこれ」
目の前に出された血管の検査結果の紙には・・・・
『あなたの血管年齢は60歳です!(!は気持ちでつい付けちゃった)』
って書かれているじゃありませんか!

 

おお!8歳も若返った!
68歳を越えていたらどうしようと、ハラハラしてました。

 

それでもまだ実年齢より老けているのにうれしいなあ。
先生「ま、歳相応の許容範囲になりましたね。運動したんですか?」
え、は、はい、ウォーキング(買い出しともいう)を少し・・・・

血管測定結果

 

正直、何が原因かはわかりません。
年齢のせいか、以前よりも食べられなくなったって事があるかもね・・・。

PWV検査、ABI検査の費用は、1000円以下でしたよ。

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



2

スポンサーPR


人は1日に15分間の笑いで40kcalのエネルギーを消費するそうです。

ある実験では、40分間の落語でたくさん笑ったあとは免疫力が増加し、鎮静作用はリュウマチ患者が服用する1週間分に相当したとか。
心の底からおかしくなくても、作り笑いでも有効だそうですヨ。

 

 

そういえば乙女の頃は、鉛筆が転がっただけで笑い転げたもんだけど、年齢とともに、笑う回数が減っていますね。
そうそう、それにさ、顔の表情筋ってあるっしょ。
これがさあ、もはやすっかり引力におまかせしてるもね。

まぶたにほっぺた。口元なんて黙っていてもヘの字になってる。
おばさんはね、怒ってないのよ、これが普通の真面目顔。
なのに怒って見えるみたいなんだなこれが。
ちゃんと笑った顔に魅せようと思うと、必死で口元を吊り上げなくっちゃならない。

 

 

特売商品がとっくに売れちゃっていたら、口をヘの字に曲げちゃうし、雑草をつまんで虫がついてきたら、ヒエ〜っベシベシ!!と みけんにシワを寄せて虫にやつあたり。
ゴミステーションをカラスが散らかしていたら、こんちくしょー!と怖い目つきもしちゃう。
あら、表情筋が下がっているのは、引力のせいばかりではなさそうですね。
これ以上の垂れ下がりを食い止めるためにも、普段からの笑顔で筋肉を引き締めとかなくっちゃいかない。

 

世の中には、笑顔の素敵な女性の先輩に出会う事があります。
そういう方は、とても美しく見えますね。
私も小さな事などいイラっとせずに、心おおらかに毎日を過ごさなくっちゃ。
笑顔は、見ているこちらの心も和ませてくれるから不思議。
自分の為にもなって、相手の為にもなる一石二鳥のしあわせ健康法ですね。

 


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



6

スポンサーPR


道路を歩くと、お〜っと・・・またつまづいた。
なんだべ、私の行くてをはばむものは。
と、そんなリアクションで振り向いてみる。
けれど、何かが転がっているわけでもない。

 

 

私はちゃんと足を上げている(つもり)のにつまづいちゃうということは、たぶんここ数年にわたって道路のデコボコが大きくなってきたからだと思う。
家の床のデコボコもそうだ。最近は、テレビの台が膨らんだらしく、足の小指をぶつける事が多くなった。
つまづいたときに足首がカクっとなったり、転びそうになった時は手が出る前にコケたりもする。
やっぱし、デコボコの方が拡大しているに違いない。

 

 

いろんな情報によると、そのデコボコをスムーズに歩くためには、体の上下を繋いでいるお腹の奥の筋肉、大腰筋を、より鍛える事が大事らしい。
それには、もも上げ体操や、歩幅を広く大きく一歩踏み出して5秒ほどキープする体操がよいようだ。

 

 

それじゃあ、もも上げ開始 イチ!ニイ!・・・
なんぼくらいすればいいの?なになに30回を2セットか、楽勝さ・・・・・
3,4・・・・・・・21,22・・・
しかし、この丸太のような立派は足は、か細くなった私の大腰筋の耐久性をすんなり上回っていたのであった。
とりあえず、今日はこのへんにしといてやるわ。
世の中のデコボコが、もう少し平らになるのには、さらなる筋トレが必要になりそうだ。

 


人気ブログランキングへ
ポチっとして頂けると嬉しいです。スポンサーPR



2

スポンサーPR


 

突然ですが、盲腸は人の体にとって大切な臓器であるという事が、去年わかりました。

 

去年かい!

 

それまで、盲腸は必要ないものとされていたので、盲腸炎になったときはもちろん、そうじゃなくても何かのついでに取っちゃったなんて事もありました。
それが昨年になって、『実は大事な臓器だった』と証明されたそうです。

 

 

盲腸は、大腸と小腸の境目にある、小さな虫垂というところ。
私の友達にも、子どもの頃に盲腸炎になって、盲腸を取っちゃった人がいます。
でも実は、腸内には免疫力を高めるリンパ球というものがいっぱい存在していて、このリンパ球の基地こそが盲腸であったというのです!!
あちゃ〜〜・・・・

 

なので、盲腸を取っちゃった人は、取っていない人よりも、病気になりやすいそうです。
”人の体に、ムダなものなんてないよ” と思っていた方たち。
その考えは正しかったのです!

 

 

医学に限らず、研究が進むと、昔の常識がどんどんくつがえりますね。
今、私達が常識だと思っている事の中にも、実はそうでないという事が、いっぱい隠れているに違いないですね。
もしかして、『スイカの種を食べると盲腸になるというのは迷信である』というのは、迷信ではなかった・・・
なんて事にも、なりかねないですね。

 


人気ブログランキングへスポンサーPR