2

昔の手稲駅(札幌)の写真が新聞に載っていました。
上の写真は昭和9年にできたばかりの2代目の手稲駅。
線路側から撮影されたものだそうです。

 

そうそう、丸太で作られたログハウスふうだったっけ。
今考えてみると、おしゃれな駅舎だったんだね。
この2代目の駅舎からが、私の記憶に残る手稲駅です。
ショートヘアが可愛い女の子だったっけなあ~~

 

昔の手稲

 

手稲駅は、札幌 = 小樽(手宮) 間の開通と同時にできた駅で、最初は『軽川(がるがわ)』という名前で誕生しました。
当時の鉄道の主な目的は石炭を運ぶことだったので、最初は簡易停車場だったそうです。
新聞によると、現在の手稲駅の1日の平均利用者数は、北海道の他の主要都市、旭川・函館・小樽などの街を飛び越えて、札幌駅に継ぐ2位だそうです。

 

 

次に記事の下の写真。
汽車の車輛みたいに見えるけど、これは馬鉄(ばてつ)です。
つまり、動力は馬なんです。
よく乗ったしょって?
まあ時々ね・・・・なんて、そんな事あるわけございません!
馬鉄は昭和の始め頃のお話ですからね。
ま、せいぜい 1.2度くらいかな・・・・・って、違う違う!

 

手稲駅の北側は、今でこそ街だけど、当時は遥か彼方まで続く泥炭地でした。
泥炭とは石炭になりかけた粘土のような土で、地盤が弱い土壌です。
その広い土地の上にまーっすぐ線路が敷かれて、馬が客車を引いたのです。
正式には馬車鉄道と言いました。

 

ここに最初にクワを下ろした人は、今の手稲がこんなになるなんて想像もしてなかったと思う。
でも私たちは、少ない写真や記録から、当時の人も面影を少しは知る事ができる。
昔、自分の故郷に住んでいた人たちがどんなふうに暮らしていたかがわかると、
見慣れた景色が、いっそう大切なものに見えてくるね。

昔の手稲駅舎から現在の駅舎まで >>


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



札幌も、もうすぐ桜が満開!
私の住んでいる手稲区にある軽川(がるがわ)の桜づつみも、そろそろ見頃を迎えようとしています。
青空が広がった今朝の8時ころに、自転車をこいで行ってみました。
家からだと20分くらいで到着、ピンクの直線が手稲山への道しるべのように桜が浮き上がっていました。

 

手稲山とこいのぼりと桜

 

 

手稲山とこいのぼりと桜

 

 

いつからか、小さな軽川に大きな鯉のぼりが泳ぐようになって、橋の上からカメラを覗くと、桜と鯉のぼりと残雪が残る手稲山、ファインダーを覗いてみると季節がギュギュっと詰まってる。
今朝はあまりにも穏やかだったもので、鯉のぼり達はシシャモの一夜干しみたいに元気がイマイチでしたけどね。
子どもの日のために力を蓄えているのかな。

手稲山とこいのぼりと桜

 

手稲山とこいのぼりと桜
PR



遠くに見える手稲山は標高が1023m。
先日の記事で紹介させて頂いた、札幌冬季オリンピックの会場のひとつになった山です。
まだまだ雪が残っていて、完全に消えるのは毎年6月に入ってからです。

 

軽川緑地の桜は、『桜づつみモデル事業』として、軽川の河川敷に桜が植えられました。
毎年、桜の木が少しずつ大きくなって、お花見に来るのも楽しみ。
手稲は昔、この川の名前から軽川(がるがわ)と呼ばれていました。
開拓のクワは、この軽川を中心に、手稲山を仰いで始まったんですね。

札幌手稲区の軽川桜隄

思わず足を止めたくなる手稲軽川の桜づつみ。
お近くの方、チラっと寄ってみませんか?

 

今日の桜は8分咲きといったところでしょうか。
この暖かさで、開花も加速しそうです。
5月5日の子どもの日には、ちょうど満開でないかい。

スズメ

軽川緑地の桜づつみはJR手稲駅から、徒歩で15分くらい。
北海道札幌市手稲区前田5条9丁目
鯉のぼりたちが張り切って泳いでくれるといいですね。


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



CDの古いデータを見直してみることにしました。
写真がデジタルになってからは、バッシャバッシャと惜しみなく撮れるから楽しいもね。
CDは、2005年から。
花や山など、同じようなカットやらピンボケやら、なんもかんも、おかまいなしに詰め込んでいます。なんだかなー。

 

これは2007年の7月に撮った現役時代の手稲山ロープウェイです。
手稲山ロープウェイは、札幌冬季オリンピック(1972)が開催される2年前に出来たロープウェイ。
手稲山には滑降・大回転・回転など、いくつものコースが作られ、オリンピックの開催中は、手稲山の山頂(1023m)まで、選手や競技関係者たちを運ぶのに大活躍したそうです。

 

手稲山ロープウェイのゴンドラ

 

オリンピックのあと、ロープウェイは札幌市の運営からスキー場を運営していたテイネオリンピアに引き継がれたのですが、36年が過ぎた2008年に運行を終了しました。

 

ゴンドラ正面の上部分には札幌市のマークが、窓の下には札幌オリンピックのプレートが付いています。
札幌市から経営が変わってからも、36年間、ずーっとこのプレートを付けていたんですね。
写真を撮った時には、気にもしてなかった。
手稲山ロープウェイの山頂部分は崖になっているので、実際に下から乗ってみると、最後の最後で迫って来る崖に ”おお〜〜”っとちょっとビビった事を思い出しました。

 

こちらが、そのときの手稲山の山頂です。
前方に見えるのは、各放送局のアンテナ。

手稲山山頂

 

この写真は、2010年の夏。
使われなくなった手稲山ロープウェイの山麓駅です。

 

 
手稲山には、今でもスキーのコースがたくさんあって、冬の手稲駅は国際的になりました。
東京オリンピックに続けと、札幌はなんだかザワついています。
もしかしたら、新しいロープウェイの誕生となるのかもしれませんね。

 

 


人気ブログランキングに登録中

スポンサーPR



2

本州では春一番が吹きましたね。
ニュースでは飛行機が強い風で機体を大きく揺らしながら離陸する様子を映し出していました。
”ああ、春が来たんだ・・・ここにももうすぐ春がくる・・・春の足音が!!・・・そう思うと心の中は、すでに空を舞っているような開放感を感じる。
乗客の皆さんは おっかなかっただろうけどね。

 

 

こちら札幌はというと。
ふう〜〜寒い、西から横殴りの風。
また吹雪いているよ・・・・いやいや、春一番・・・・と思う事にしようか。
枯れ葉がみんな同じ方を向いちゃってるね。
帽子をかぶっていないと、髪の毛が目の前で大暴れ。

枯れ葉

 

 

手稲の駅前通りも、降った雪は舞い上がるし、雪が横から顔に貼り付いてくる。
クソ〜・・・こ、これも、春一番・・・・・・・・という事にしてやる。

手稲駅前通り

 

春一番とは、北日本と沖縄以外の地域で2月から3月にかけて、その年に初めて吹く南から吹く強い風のことだそうです。

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



昔、海賊と言われた男が、手稲(札幌)に潜んでいたというお話です。
手稲区役所1階にある、手稲資料室で見た手稲の歴史の一部をご紹介します。

 

■ 事件の発端になった尼港(にこう)事件

その男の名前は『江連力一郎(えづれりきいちろう)』。
彼は陸軍軍曹で、柔道、剣道、空手など、武術を極めた人物であった。

ときは、大正9年、日本軍がロシアシベリアに出兵中、ロシア沿海州のニコラエフスクという街がパルチザン(ゲリラ軍)の襲撃を受けた。

これによって、女性を含む700人にも及ぶ市民や日本軍守備隊が殺害された。
いわゆる尼港事件(にこう事件)である。
この事件は、日本の社会にとって大きな衝撃になった。

 

■ 海賊と言われた由縁は大輝丸事件

この事件によって、江連力一郎の復讐が始まる。
江連は、軍部や実業家などから資金を得て、大輝丸(740トン)という船を用意する。
ウィキペディアによると、当初『オホーツク海への砂金の採取』 という名目で、失業者や学生などど60人の乗組員を集めたとされている。

大輝丸は小樽を出航したのち、途中、進路を変え、その後ロシア船を襲い乗組員を殺害(資料によると、甲板に並べて首を切ったと書かれてました)、船荷を強奪、(船に積んでいるものをかっさらった)。
まさに、海賊となったのだった。

■ 軽川(現在の札幌市手稲)に潜伏

小樽に帰港した江連だったが、乗組員の告発によって、警察は江連を『海賊』として全国に指名手配する。
そして、大正11年(1922)、手稲の光風舘(こうふうかん)に、愛人とその兄の3人でいる所を発見され、警察官の急襲を受け、軽川(現在のJR手稲駅)で逮捕された。

 

※光風舘は明治25年(1892)に開業した温泉旅館でした。
手稲の国道5号線から山の方(南)に少し登った所。
昔は、国道から光風舘までの道路は石畳、両側が桜並木になっていて、5月の桜の時期は、そりゃそりゃきれいだった・・・と、旦那さんが言っていました(歴史の生証人か?!)。
当時は、札幌の奥座敷と言われる定山渓温泉までの道のりがまだまだ大変な頃、手稲の温泉旅館だった光風舘はとても賑わっていたそうです。

 

昭和の初期には徳川喜久子(とくがわきくこ)姫(昭和5年に18歳で高松宮妃)が学生のころ、夏休みをここで過ごされたそうです。
それだけ、立派な旅館だったのでしょうね。
現在、光風舘は存在していません。

資料室に展示されていた光風舘の写真です。
ここに潜伏していたのか!
光風舘

 光風舘

光風舘
手稲区役所の歴史資料室、時間のあるときにそっと覗いてみると、へ〜とか、ほ〜とか思えるものがあって、けっこうおもしいよ。

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR