2

Pocket

本州では春一番が吹きましたね。
ニュースでは飛行機が強い風で機体を大きく揺らしながら離陸する様子を映し出していました。
”ああ、春が来たんだ・・・ここにももうすぐ春がくる・・・春の足音が!!・・・そう思うと心の中は、すでに空を舞っているような開放感を感じる。
乗客の皆さんは おっかなかっただろうけどね。

 

 

こちら札幌はというと。
ふう〜〜寒い、西から横殴りの風。
また吹雪いているよ・・・・いやいや、春一番・・・・と思う事にしようか。
枯れ葉がみんな同じ方を向いちゃってるね。
帽子をかぶっていないと、髪の毛が目の前で大暴れ。

枯れ葉

 

 

手稲の駅前通りも、降った雪は舞い上がるし、雪が横から顔に貼り付いてくる。
クソ〜・・・こ、これも、春一番・・・・・・・・という事にしてやる。

手稲駅前通り

 

春一番とは、北日本と沖縄以外の地域で2月から3月にかけて、その年に初めて吹く南から吹く強い風のことだそうです。

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

Pocket

昔、海賊と言われた男が、手稲(札幌)に潜んでいたというお話です。
手稲区役所1階にある、手稲資料室で見た手稲の歴史の一部をご紹介します。

 

■ 事件の発端になった尼港(にこう)事件

その男の名前は『江連力一郎(えづれりきいちろう)』。
彼は陸軍軍曹で、柔道、剣道、空手など、武術を極めた人物であった。

ときは、大正9年、日本軍がロシアシベリアに出兵中、ロシア沿海州のニコラエフスクという街がパルチザン(ゲリラ軍)の襲撃を受けた。

これによって、女性を含む700人にも及ぶ市民や日本軍守備隊が殺害された。
いわゆる尼港事件(にこう事件)である。
この事件は、日本の社会にとって大きな衝撃になった。

 

■ 海賊と言われた由縁は大輝丸事件

この事件によって、江連力一郎の復讐が始まる。
江連は、軍部や実業家などから資金を得て、大輝丸(740トン)という船を用意する。
ウィキペディアによると、当初『オホーツク海への砂金の採取』 という名目で、失業者や学生などど60人の乗組員を集めたとされている。

大輝丸は小樽を出航したのち、途中、進路を変え、その後ロシア船を襲い乗組員を殺害(資料によると、甲板に並べて首を切ったと書かれてました)、船荷を強奪、(船に積んでいるものをかっさらった)。
まさに、海賊となったのだった。

■ 軽川(現在の札幌市手稲)に潜伏

小樽に帰港した江連だったが、乗組員の告発によって、警察は江連を『海賊』として全国に指名手配する。
そして、大正11年(1922)、手稲の光風舘(こうふうかん)に、愛人とその兄の3人でいる所を発見され、警察官の急襲を受け、軽川(現在のJR手稲駅)で逮捕された。

 

※光風舘は明治25年(1892)に開業した温泉旅館でした。
手稲の国道5号線から山の方(南)に少し登った所。
昔は、国道から光風舘までの道路は石畳、両側が桜並木になっていて、5月の桜の時期は、そりゃそりゃきれいだった・・・と、旦那さんが言っていました(歴史の生証人か?!)。
当時は、札幌の奥座敷と言われる定山渓温泉までの道のりがまだまだ大変な頃、手稲の温泉旅館だった光風舘はとても賑わっていたそうです。

 

昭和の初期には徳川喜久子(とくがわきくこ)姫(昭和5年に18歳で高松宮妃)が学生のころ、夏休みをここで過ごされたそうです。
それだけ、立派な旅館だったのでしょうね。
現在、光風舘は存在していません。

資料室に展示されていた光風舘の写真です。
ここに潜伏していたのか!
光風舘

 光風舘

光風舘
手稲区役所の歴史資料室、時間のあるときにそっと覗いてみると、へ〜とか、ほ〜とか思えるものがあって、けっこうおもしいよ。

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

2

Pocket

新年が開けて一息ついて、手稲神社には、あずましく(コセコセせずに落ち着いて)お参りをする人達がやってきます。
私もしばらくぶりに神様とお話をするといたしましょう。
まずは東側の鳥居をくぐって・・・

 

しめ縄

 

やや、見慣れないボンボリがあるよ。
"" ぽぷらよ〜 あんたよくわかったね〜 ""
おや、その声は手稲神社の神様!
よくわかったもなにも、すぐ目の前にズドンと置かれておりましたので、いやがおうでもわかってしまいまする。

おみくじ

 

おみくじ

"" これはだね〜、今年初めて登場した おみくじボンボン じゃよ ””
『おみくじボンボン!へ〜、またシャれた名前をお付けになりましたね』
”” これはワシが付けた愛称だ。 本当の名前は知らん、宮司にきいとくれ ””
そ、そうでございましたか・・・

 

”” いえね、毎年毎年 正月になると、おみくじを引く人がたくさん来るベさ ””
んん

 

”” したらほれ、神は人気あっから、おみくじを結ぶ場所が足りなくなっちゃうんだなこれが! だから今年から新アイテムが登場したってわけよ。 ま、モテる神は辛いのお〜  おーホッホッホ・・ ”
さ、さようでございましたか。

手稲神社

 

PR

 

実は神様、今年の初詣なんでございまするが・・・・
”” んんどしたの? 今年はなんだかさえない顔しておるのお。また顔のたるみが進んだのか ””
はい、とくにアゴのあたりが・・・・・・
って、なに言わせんですっ!

 

実は昨年、婆ちゃんを亡くしまして、今は『忌中』なんでござりまする。
”” なに! 婆ちゃんが逝ったとな!? なーんて、知っとるよ。 あんた看取ったんだってな。あきよ婆ちゃんが言っておったよ ””
婆ちゃんに会ったんですか!
”” まあね。 一応、神の領域だからな ””

手稲神社

 

神社は 『人の死は穢れ(けがれ)』とされていて、『忌中』の間は神社に来てはダメと聞いておりまする。
しかも鳥居さえもくぐっちゃダメとも聞いておりまする。
けれど、神様、人の死は穢れなのでしょうか。

 

結婚式やお宮参りなど、おめでたいときにだけ活躍しといて、人が亡くなったときには神社に来るななんて、それってどういうこと?
それともなにかい?お賽銭をくれなくなったらダメよってことかい?

””  おいおい、ぽぷらよ、何を興奮しておるのじゃ、いいか、神の話をよ〜く聞くのじゃ。

手稲神社
穢れというのは、何も、亡くなった人に対して言っておるのではない。
大切な家族を失った悲しみや苦しみが、まだまだ心の中で渦をまいておらんか?
そんなとき、平常心でいられる人間がどこにいよう。

 

人は必ず家族の死を認めなければならない時が来る。
じゃが人間は、時が経つにつれて、ほんの少しづつではあるけれど、心は落ち着きを取りもどし、再び生きる気力を取り戻そうする生き物なのじゃ。
神が言う『穢れ』とは、動揺したり悲しみにうろたえる人の心のことを言うんじゃよ。そんな時に神の前に来たところで落ち着かないべさ、だから、無理するんでない ということよ””

 

そうだったのですか!
さすが手稲神社の神様、今まで、お賽銭が少ないと言う神様をケチくさいと思っておりましたが、今のお言葉でポイントアップ!目がさめました。
”” 一言多いが、ま、よかろう ””

 

”” ついでに言っておくが、『喪中』と『忌中』は違うからね。これは一般的な話だけどね、『喪中』はたいてい1年間。『忌中』は、親でだいたい四十九日(50日)と言われておる。『忌中』が終われば、『喪中』でも、お参りに来てもいいよん ””

 

なるほど、それじゃ神様、今回はお参りは控えさせていただきまする。
鳥居もくぐっちゃってゴメンネ。
”” なんもなんも。 だいたい今やネットで参拝できる時代じゃ、神は寛大なのじゃよ。
落ち着いたら、また話をしに来ておくれよ。あ、賽銭も頼むよ””
はは〜〜〜 m( __ __ )m

あの、神様。

""  なに  ""

婆ちゃんに会ったら、よろしく言ってください。

""  任しなさい  ""

 

2011年から神様と話した初詣の様子はこちら

2016

2015

2014

2013

2012

2011

手稲神社面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

Pocket

札幌の日中の気温は、最高で午後1時ころのプラス3.3度でしたが、今朝8時の気温はマイナス5,3度だったそうです。
今夜もシバれそうですよ。

 

この町、札幌の手稲には『星置』という地域があって、そこに流れる川の名前も星置川。
小学生の頃、何度も遊んだこの星置川にも、不思議なお話があるそうなので、ご紹介します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それはむかしむかしの、ある夜のことでございます。
空から、一筋の光線を描いて、流れ星が川めがけて落ちてきました。
その衝撃は凄まじく、地面は陥没、川には大きなくぼみができてしまったもので、その落差が滝になってしまいました。
このころから、人々はこの川のことを『星置川』、衝撃でできた滝を『星置の滝』と呼ぶようになったのです。

さて、明治25年1月13日はものすごく寒い日で、星置川は一面 氷に覆われてしまいました。
その日の午後1時頃のことでした。
急に川の氷が割れたかと思うと、2匹の黒い大蛇がニョキっと顔を出しました。
ヘビ達は氷から這い上がるやいなや、急いで海の方向へと行ってしまいました。

 

 

その様子を間近で見ていた星置の人達は、ヘビたちのあまりの大きさに仰天!
大蛇の全長は5、6メートルはあり、胴回りは33センチ以上あったと言います。

え、そんなに?!
ま、とにかく、大蛇だったのです。
人々は『あのヘビ達はきっと滝の沢の主に違い』ないと言い、星置の滝の傍に祠(ほこら)を建てました。

 

するとそこに、今度は白いヘビが住み着くようになりました。
白ヘビはそれからしらばくの間は住んでいたそうですが、それからはしだいに人々の記憶から消えていったとさ。

おわり 『稲穂・金山 よもやま話 第三集』に出ていたお話より。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大スペクタクルな流れ星衝突のお話といい、胴回り33センチ以上の大蛇といい・・・・・
なななんとも感想に困る地元民でございます。

 
なぜ『33センチ以上』などいう、細かくて鋭い数字がでてきたのでしょうか。
きっとね、昔はセンチではなく尺貫法。
1尺(約30.30cm)という単位が、たとえになりやすいので
『1尺以上はあったんでないかい!』っていう長さが、この数字になったのかもしれないですね。

 

人々にとって、自然は神秘的であったり恐怖であったりするがゆえに、想像力がかき立てられ、不思議な世界へといざなわれていくのかもしれません。
キラリと見えた流れ星が星置川に落ちるように見えたのかもしれないし、氷の割れめから顔を出したウナギのようなカラスヘビかアオダイショウが、恐怖におののく人の目には胴体が1尺以上の大蛇に見えたのかもしれない。

 

さらに意地悪な考え方をすると、『逃がした魚はおおきかった』的な話の流れが、いつしか雪だるまのように大きくなって、隕石の衝突にまで発展したのかもしれません。

 

そんな人間達のザワザワをよそに、星置の滝はいつもと変わらない姿を見せているはずです。
でも私は密かに願っている。
いつしかこの滝のあたりで、隕石のぶつかった痕跡が見つかるかもしれないということを。

星置の滝

星置の滝、その他のようすはこちらで

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket

2

Pocket

JR手稲駅の南口から、『サッポロテイネ』スキー場に行くバスが出ています。
冬の間は毎日、スキーやボードを抱えたカッコイ若者達が並んでる。

 

『サッポロテイネ』のある手稲山は、札幌冬季オリンピックの会場としても使われた山で、現在でも、当時の回転コースや女子大回転のコースを滑ることができます。
他に、初心者コースから『北壁』って言われてる上級者向けコースまで色々。
目的のコースのある場所のバス停で降りればいいわけね。

サッポロテイネ行きJRバス時刻表

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

手稲駅南口発サッポロテイネスキー場までの今期 時刻表(2016~17)です。
わわ、見にくい!
写真の下に時刻を記載いたしました。

サッポロテイネ行きJRバス時刻表

平日 9:10  10 :15   12:10   14:10   16:10

日曜 8:40  9:10  9:40  10:15  11:10   12:10   13:10   14:10              15:10   14:10

くわしいアクセスは SAPPORO TEINE のこちらのページで
PR


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私?滑ったさー、なんたって昔の手稲の小学校はスキー授業があったからね。
手稲っ子はみんな、スキーが滑れた!
エッジを効かせてシュッシュッシュルシュル~~~~ってなもんよ。

時々ボーゲンしてたかも・・・

よく考えてみたら、ほとんどボーゲン・・・・・

ずっとボーゲンだったかな??

コースはなだらかな『白樺コース』で、それでも止まらず、木と激突したこともあったような。

まま、とにかく、札幌は災害にも匹敵するという50年ぶりの大雪です。
手稲山は、スキーやボードを楽しむ人にとっては、きっと天国みたいになってると思いますよ。

 

JR手稲駅南口

 

面白かったらポチっとね。


人気ブログランキングへスポンサーPR



Pocket